小豆 ぜんざい。 ぜんざいの小豆が固い!復活させられる?柔らかく煮るコツも紹介

【楽天市場】お茶うけ > おやつ > 小豆ぜんざい:こだわりや山年園

小豆 ぜんざい

ぜんざいのレシピ作り方・あずきの煮方 ゆで方 ぜんざいのレシピ あずきの煮方 冬になると食べたくなる人気のぜんざい(関東では汁粉と呼びます)。 最近は茹で小豆も売られていてそこそこおいしいですが、自分で小豆を煮た手作りの味にはかないません。 小豆(あずき)の煮方・炊き方はやってみると意外に簡単。 小豆を煮ている時に焦がさないように気を付けるのが初心者には一番大事かもしれません。 今回は、北海道産の大納言小豆を自分で煮て、ぜんざいを作ってみました。 ぜんざいを作るポイントは、あずきの煮方一つです。 煮あがったあずきは、水分を多めにすればそのままぜんざいになりますし、水分を飛ばせば粒あんとして利用できます。 ぜんざいのレシピ - 小豆は煮る前に洗う 小豆は煮る前に洗います。 「小豆を研ぐ」という言い方もあるようですが、小豆の場合は特にコメを研ぐように念入りに洗う必要はないようで、ささっと、ゴミや汚れを落とす程度でOKです。 小豆を洗ったら一度水を切ります。 ここで小豆は、水に浸してしばらく置いておく必要はありません。 小豆は皮が軟らかいので、水に浸しておくと逆に柔らかくなりすぎて、煮ている間に崩れやすくなるそうです。 洗った水を捨て、そのまま小豆を鍋に入れて新しい水を注ぎます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮る前にさっと茹でて小豆のあくを取る 小豆に豆の量の約3倍の水を加え、強火で沸騰させます。 でもまだ本格的に煮るのではありません。 いったんあく取りをします。 小豆は皮が軟らかい代わりに、あくがあるので、あく取りが必要なのです。 小豆の鍋が沸騰したら、すぐに火を止め、ざるに小豆をあけて茹でた湯(煮汁)を捨てます。 こうすることによって、小豆の持つあくを取ることができます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮る 次に、小豆を本格的に煮て行きます。 先ほど茹で汁を切った小豆を鍋に戻し、今度は豆の量の4-5倍程度の水を入れます。 強火にかけ、沸騰させます。 沸騰したら火を弱め、沸騰が続く程度の火加減(弱火)で、豆の芯が柔らかくなるまで1~2時間くらい小豆を煮ます。 豆を指ではさんで、楽につぶれるようになったらOKです。 豆に芯を残すと、後の味付けがうまく行きませんので、必ず柔らかくなるまで煮てください。 小豆を茹でている鍋の中の様子を見て、時々浮いてくるあくを取り除き、また、差し水をしてください。 うっかり強火のままにしていると焦げます。 ぜんざいのレシピ - 小豆を煮ながら砂糖で味付けする 小豆が心まで柔らかくなったら、小豆と同じ重さの砂糖と、塩少々を入れてください。 写真を見ると、かなり大量の砂糖を投入しているように見えますが、多分、これでも砂糖の量は足りないと思います。 ただし、これ以降は好みですから、味を見ながら、砂糖の量を加減してください。 この時、火は超弱火にする方が良いです。 砂糖が入ったので、余計に焦げ付き易くなっています。 最初に砂糖を入れ過ぎると、薄めることはできませんから、最初は小豆と同量から始めて徐々に増やすのがポイントです。 お好みの甘さに仕上がったら、ぜんざいの汁の出来上がりです。 ぜんざいのレシピ - 最後の仕上げ さていよいよ、ぜんざいの作り方です。 実は小豆を煮上げた時点で9割がたはできているのですが。 ぜんざいを作るには、炊きあがった小豆に焼きもちや白玉を投入すればOK。 おいしい手作りぜんざいになります。 ちなみにここで言うぜんざいは中部以西のぜんざいで、同じものを関東では「汁粉」と呼びます。 してあります。 あずき餡にするには あずき餡にするには、ぜんざいの状態から汁を捨て、さらに味を見ながら砂糖と塩少々を加えて行きます。 粒を残せば粒餡になります。 木べらなどで小豆を潰しながら仕上げれば、練り餡になります。

次の

ぜんざいのレシピ

小豆 ぜんざい

米麹のチカラで小豆を糖化させれば、それだけであんこになる……?! 「小豆麹」「発酵あんこ」「発酵小豆」「小豆甘酒」など様々な呼び名を持つこのレシピを初めて知ったとき、目から鱗がボロリと落ちました。 これまで発酵のレシピを目にして、何度こういった気持ちになったことでしょうか(笑)。 最初は甘くならず、失敗…… あるサイトで初めて目にした発酵あんこのレシピはとってもシンプル。 柔らかく炊いた小豆に、同量の米麹を混ぜて、麹甘酒を作るのと同じように保温するというものでした。 すぐに「これは試さねば……!」と思い、小豆が手に入り次第すぐに作ってみたのですが、正直この時はあまり上手く出来なかったんですよね。 汗 同じ麹を使うのだからと、麹甘酒と同等の甘さを期待していたのですが、比べると全然甘みがない。 保温時間を数時間延ばしてみたりもしましたが、あまり変化もなく……。 良く言えば「自然な甘み」。 でもこれをあんこと呼ぶには、あまりにも物足りないような……とちょっとガッカリした気持ちのまま、ブログに書くこともなくネタを放置していました。 でも《砂糖なしで作れる発酵あんこ》、このまま諦めるのはイヤだーー!!と思い、より簡単な方法で再度挑戦してみました。 発酵あんこ、二回目は炊飯器任せで成功! 前回は某サイトのレシピ通り、一度渋きり(アク抜き)をして、その後鍋で炊いて……ということをしたのですが、そこももう端折っちゃえ!と我が家の圧力IH炊飯器頼みで、こんな手順で作ってみました。 使う材料は、小豆と米麹、あとは水と少しの塩だけ。 乾燥小豆1合を、さっと水洗いして炊飯器のお釜へ• 白米1合炊きのラインまで水を入れる• 「玄米熟成モード」で炊飯スイッチオン(表示所要時間は135分!)• 炊き上がった小豆に2カップの水を注ぎ、全体の温度を60度前後にまで下げる• 米麹1合と塩ふたつまみを入れ、しゃもじでよく混ぜる• お釜の上にふわっと手ぬぐいを被せ、保温スイッチをオン 炊飯器の蓋は閉めず、そのまま12~14時間保温• ここではその失敗の原因と対策についてまとめてみます。 小豆が固かった 私のファーストチャレンジ含め《普段から炊飯器で麹甘酒を作り慣れている人》の失敗は、このケースが多いかもしれません。 小豆の表面を覆っている《皮》は食物繊維で出来ています。 米麹の持つ酵素はこの皮を分解することができません。 そのため 最初に小豆をしっかり柔らかくして、皮を破り小豆の中身を米麹に触れさせましょう。 もし炊飯器で小豆を炊きあげた後、まだ少し固いかも?と思ったら、• 水を足してもう一度炊く• マッシャーやすりこぎで粗くつぶす• いっそブレンダーにかける など、もうひと手間掛けてみてください。 小豆麹の甘みは小豆の炭水化物が米麹の酵素によって分解され、糖になることで生まれます。 食物繊維の鎧は、その妨げになってしまうのです。 私が二度目で成功したのは《玄米熟成モード》で時間をかけてしっかり小豆を炊いたからだと、今ならわかります。 こういった長時間の炊飯モードがない炊飯器なら、二度炊きするのが近道です。 麹甘酒づくりでも、使うご飯を白米ではなく玄米にすると甘みが出づらくなります。 炊きあがったばかりのアツアツの小豆にいきなり米麹を混ぜ込むと、この失活が起きてしまう可能性があります。 なので小豆にまず水を混ぜ、温度を一旦60度前後まで下げましょう。 少し面倒ですが、温度計で確認すると安心ですね。 発酵あんこの楽しみ方 そのまま「つぶあん」風(写真左)に食べると、結構しっかり小豆の歯ごたえが残っていて、満足感があります。 ひと手間掛けてブレンダーを使えば「こしあん」風(写真右)に。 普通のあんこは俄然「つぶあん」派の私ですが、 この発酵あんこに関しては断然「こしあん」……!! とはいえ漉し器を使っているわけではないので、若干粒感が残ります。 これで普通のつぶあんとこしあんの間くらいの食感です。 ちなみに愛用ブレンダーはブラウン製。 随分前に買ったので、全く同じ機種はもうありませんが、付属品の種類はこれと一緒。 発酵DIYをやっていると、使う場面が少なくないブレンダー。

次の

【楽天市場】お茶うけ > おやつ > 小豆ぜんざい:こだわりや山年園

小豆 ぜんざい

スポンサーリンク ぜんざいの小豆が固い原因は? んもーーーどれだけ煮てもいつまで煮ても小豆が柔らかくならない時。 ぜんざいの小豆が固くなってしまった原因は以下のものが考えられます。 ・冷たい水に一晩浸してしまった 小豆は冷たい水に一晩浸けてしまうと、豆が水を吸収して柔らかくなる部分の口が閉じてしまいます。 そうなるといくら煮ても硬いままになってしまうんですよね…。 大豆などとは違い、小豆は皮から水を吸収しないので、冷たい水に一晩浸しておかないようにしてみてください。 ・小豆を水から煮てしまう まだ沸騰しないままの水から小豆を煮てしまうと、やっぱり水を吸わなくなり固いままになってしまうんですよ。 小豆を煮るのって温度調整が大事なんですね~。 ・砂糖を入れるタイミングが早過ぎた 砂糖を入れるタイミングが早いと、その後はいくら煮ても小豆は柔らかくならないんです。 そのため、十分に小豆が柔らかくなってから、砂糖などの調味料を入れていくようにしてみてください。 ぜんざい(おしるこ)の小豆が固いのは、恐らく以上のようなことが理由として考えられます。 小豆が固いのは復活させられる? 固くなってしまった小豆は調味料をいれた後だと、どんなに煮ても柔らかくすることは出来ないんですよね。 つまり小豆が固いままのぜんざいになってしまった、ということなんです…。 でも!小豆が固くなってしまったとしてもまだ捨ててはいけません、まだそれは早ーーーーーーい! 確かに粒あんのぜんざいとして食べることは出来ませんが、とある方法をすることで、固い小豆でも美味しく食べることが出来ます。 その方法はなんと、固い小豆をミキサーなどにかけて、ペースト状にしてしまうこと。 すると硬かった小豆も、こしあんのような状態になるんです。 それを水でちょうどいい加減に溶いて、そこへ焼いた餅を入れれば、こしあんのお汁粉・つまり『御膳汁粉(ごぜんじるこ)』の出来上がりです。 またパンに塗ったりパンケーキにかけたりしてもいいんですよ~~。 スポンサーリンク 私の地元っていうか名古屋とかなら当たり前にたべる「あんトースト」、バターぬってあんこのペーストのせて、おいしーって思ってる間に食べきってますw 固くなった小豆を美味しく食べることが出来るので、捨てないでペーストにして食べるようにするといいですよ。 ちなみに私は普通のぜんざいも好きですが、こしあんの御膳汁粉も大好きなんですよね。 ・小豆はお湯が沸騰してきてから入れる 小豆は水から煮たりすることなく、水洗いしたら、沸騰したお湯にすぐに入れて煮ていくようにします。 すると失敗せずに柔らかくなりやすいですよ。 ・小豆がお湯を吸収してふっくらしてきたら『びっくり水』を入れる 小豆がふっくらとしてきて、鍋の中の水分も少なくなってきたら、小豆がお湯をしっかり吸収した証拠です。 そこへ『びっくり水』つまり差し水を入れてください。 そうすると小豆の芯の方までしっかりと柔らか~くすることができますよ。 ・砂糖など調味料は小豆が十分に柔らかくなってから 砂糖をはじめとした調味料を入れるタイミングは、小豆がすごく柔らかくなってからの方がいいですね。 ちょっと煮すぎかな、くらいの小豆の状態になったら、ようやく砂糖を入れても大丈夫です。 以上のポイントを守ることで、小豆が固いままにならずに、とっても美味しいぜんざいを作ることが出来ますよ。 ぜひコツを掴んで美味しいぜんざい作りに再チャレンジしてみてください。 >>関連記事: 2020-02-07 10:51 電気圧力鍋のクッキングプロでぜんざいを作ってみました。 そのため小豆は沸騰したお湯に入れて煮込んでいき、ふっくらとしてきたら差し水を入れます。 そして十分に柔らかくなったら、砂糖を入れるようにしてみてくださいね。 それでも失敗してしまって、固いままの小豆のぜんざいは、ミキサーでペースト状にしてこしあん状態にしてしまうと美味しくリメイクできます。 >>関連記事.

次の