ボキャブラリー 増やす。 英語のボキャブラリーを増やすアプリ4選

使えるボキャブラリーを増やすポイントは「コロケーション」

ボキャブラリー 増やす

英語をペラペラに話したいですか? 英語を上手に話したいのであれば、きちんとした語彙力を身に付けるのは必要不可欠です。 例えば、英語で自分の意見を言うとき、たとえ文法が完璧でも文脈にあった適切な単語を知らないと、相手にうまく感情が伝えられません。 知っている単語を増やすのは、文法などに比べると英語の勉強でも比較的楽しい分野のひとつです。 語彙力を増やすための10の方法と、楽しみながら効率良く単語を身に付けるコツをご紹介します。 まず、単語を暗記する際は、単語同士に共通テーマを持たせると簡単に覚えられます。 自分なりに単語同士をリンクさせて、ノートに書いてグループ別で整理したり、同じページにまとめたりすると良いでしょう。 単語を共通テーマに分けるには、以下の様な方法があります。 トピック別で分ける• 場面別の単語で分ける (例:食べ物に関する単語など)• 同じ句動詞を使うフレーズで分ける (例:動詞の「get」と一緒に使う単語 … get upやget alongなど)• 文法で共通点のある単語で分ける (例:動名詞として使える動詞を集める) 共通テーマが決まったら、ボキャブラリーを増やす方法を見てみましょう。 文字で書く 効率よく覚えるのには実際に単語を使ってみるのがイチバン。 新しい単語を使って文章を書いたり、単語や表現のグループを利用して、物語を書いてみたりしましょう。 外出中で手元に紙とペンがない場合は、頭の中で例文を作ってみるだけでもいいです。 絵を描く 絵を描くのが好きな人は、勉強中の単語に関する絵を描いてみましょう。 絵を描くと、後で単語を思い出す時に役立ちます。 これは視覚タイプで学習する人 に非常に効果的で、たとえ絵があまり得意でなくても、描くことで単語や熟語が記憶に残りやすくなります。 体を使って表現する 勉強中の単語や表現を体を使って表してみましょう。 その単語が必要となる場面を想像しながら演じてみてください。 一緒に勉強する友達がいる人は、ノートに書き留めた単語や表現を動作で表して友達に当ててもらったり、逆に友達にクイズを出してもらって自分が回答したりしましょう。 一人で勉強しているのなら、新しい単語を使って一人二役で実際に誰かとの会話のシチュエーションを想像しながら考えてみるのもいいかもしれません。 暗記カードを作る 英語の暗記カードや自分で作った辞書ノートをを作って、空いた時間に覚えましょう。 毎週新しいカードを作り、今まで覚えた単語をすべて振り返りながら語彙を増やしていきます。 運動感覚で学ぶタイプの人なら、自分でカードを作ることで、より効果的に単語を覚えられます。 色分けする 単語を色分けしましょう。 こうして仲間分けすることで、後で単語を思い出す際に役立ちます。 あとで迷わないように、一貫したテーマで分けていってください。 例えば、動詞、名詞、形容詞を違う色にしたりします。 単語を音で聞いてみる 英語ニュースなどを利用して、新しい単語を文脈の中で聞きましょう。 そうすることによって、その単語の発音や実際の文章でどのように使われているかがわかります。 より自分の生活に密着したものを選ぶ 興味のあるトピックを選ぶことで、より簡単に身に付けられます。 自分にとって役立つまたは関心のある単語をじっくり選びましょう。 現在の生活に関わりのあるトピックを選ぶと、より関連付けながら覚えられます。 例えば、来週会議があるのなら、をいくつか勉強しましょう。 たとえ会議で英語を使うことがなくても、単語を実際の場面と結び付けることで、より覚えられます。 1日何単語覚えるか目標を決める 1日で数多くの単語を覚えようとすると、必ず挫折してしまいます。 「毎日15単語ずつ」など目標を決めて覚えるようにしましょう。 そうすればより確実に頭に残ります。 単語の使われかたを確認する 英語を読んだり聞いたりする際は、勉強中の単語に注目しましょう。 そして、実際にどう使われているかをノートに書き留め、正しい使い方を確認してください。 ただし、各単語だけを書き留めてはいけません。 特に単語同士のつながりを学ぶのなら、その周りにある単語も同様に重要です。 単語力を上げるために上記の方法をすべてを活用する必要はありません。 自分に取って合うものを選んでみてください。 学習スタイルはひとりひとり違うので、あなたにとって役立つ勉強方法が他の人にも役立つとは限りません。 どの方法を使う場合でも、新たに覚えた単語を記録して、学習成果を追っていきましょう。 一番大切なのは、楽しみながら語彙力を高めていくことです!.

次の

デキる人に見られる!日本語の語彙力(ボキャブラリー)を増やす8つの方法

ボキャブラリー 増やす

日本語でも、普段使わない言葉はなかなか出てこなかったり、初対面の人の名前を忘れてしまったりすることがよくあります。 英単語もよく使う言葉は覚えていますが、めったに使わない単語はなかなか覚えられません。 つまり、記憶するためには 繰り返し使うことが必要になります。 覚えていることと忘れてしまうことの差を考えると、人に話したことというのは覚えているものです。 自分の中で整理をして アウトプットした情報は忘れにくくなります。 私自身は、ボキャブラリーを増やすために、 英語の書籍や新聞を読むようにしています。 初めて見る単語は、一度調べても、また出てきたときに忘れてしまっていることがあります。 しかし、あ、見たことがる単語だなという印象で意味を調べることができます。 文脈の中で単語を読んでいると、単語単体の意味を忘れてしまっていたとしても、文章を読むことで意味を想像して思い出すことができます。 これを何度も繰り返すことで単語のイメージが定着してきます。 また、似ている単語を別なところで見たときに連想して記憶を強化できます。 わからない単語を覚えたいときには、その単語を使った文章を繰り返し音で聞いたり、さらにその文章を音読したりすると覚えやすくなります。 また、その単語を使った文章を自分でつくって、人に聞いてもらったりするのも有効です。 アウトプットした情報は単に読んだ時よりも記憶に残ります。 ある程度のレベルになると、新聞を読んでいても、知らない単語に出会う確率は低くなっていきます。 一般的な日常会話はそれで十分だと思いますが、英検1級など上位の英語資格を目指す場合は、を利用して繰り返し学習することも有効です。 その場合、単なる単語だけで記憶していくのではなく、文章の中で覚えるというようにすると、使える言葉になっていきます。 単語だけ覚えても、その言葉の使い方がわからなければ意味がありません。 スラングや新しい言葉は、映画やドラマを見たり、英語圏の人のSNSやブログを読むといいかもしれません。 覚えたら、外国人の友達を作ったり、などでアウトプットしていきましょう。 覚える速さ人によりますが、語彙の習得は時間がかかる作業ですので、地道に毎日繰り返して言葉を増やしていってください。 毎日3語覚えると、一年で約1000語を増やすことができます。 小さなことからコツコツとです! 語彙が増えれば、英語脳の状態でより複雑な思考ができるようになりますので、英会話もさらに楽しいものになるはずです!.

次の

ボキャブラリーの意味は?ボキャブラリーが乏しいってどういうこと?英語の意味や使い方もチェック!

ボキャブラリー 増やす

語彙を増やしたい、リーを増やしたい、と思うことがないだろうか。 学生時代に、わたしが何かについて発言したとき、少し離れたところで笑いが起こったことがある。 わたしは訳がわからず、「何で笑ったの?」と聞いたら、「ったらこう言うだろう…」ということで、わたしの発言を先取りして、友達のひとりが(わたしの発言前に)言葉にした…ということだった。 そして、みんなが注目する中、わたしがそのとおりに発言したので、笑いが起こったのだ。 これは、わたしの表現力やリーが貧しかった…ということだろう(笑)。 今回は、語彙を増やす方法について書いてみたい。 おもしろい人は語彙が豊富 話していて、「おもしろい」と感じる人は、語彙が豊富だ。 ここで言う「おもしろい」とは、知的で興味深く感じる…ということだ。 たとえば、話をすることで、「刺激になる」、「新たな洞察を得ることができる」と感じる…ということだ。 このタイプの人は、当意即妙な切り返しができるし、会話の中でウイットを効かすこともできる。 また、たとえ話も上手で、むずかしいことでも、やさしく説明することができる。 おもしろい人には、人的な魅力があるのだ。 語彙の意味 語彙とは何か…だが、 によると、ある特定の範囲(例えば、一つの文学作品や、一個人の発言記録など)において使われる 単語の総体(「彙」は「集まり」の意味)だそうだ。 この記事では、それに「会話の引き出し」という意味を加えたい。 つまり、言葉の選択肢はもちろんだが、表現の選択肢や会話の(テーマの)選択肢も豊富に持っている人のことを「語彙が豊富な人」ということにしたい。 以下、語彙を増やす方法について述べる。 スポンサーリンク 効率よくインプットする 語彙を増やすためには、当然インプットが必要になる。 最近私は、敷衍(ふえん)という言葉を知ったが、インプットをしていたから、その言葉を新しく知ることができたのだ。 インプットの方法にもいろいろある。 読書する 読書をすることは、定番のインプット法だ。 ただし、本の読み方が問題だ。 語彙を増やすためには、多ジャンルの本をたくさん読めばいい…とする意見があるが、この意見にはあまり賛成しない。 興味のないジャンルの本を読むことは、苦痛でしかないからだ。 まずは、興味のあるジャンルの「定番」といわれる本を読むことから始めた方がいいと思う。 そして、繰り返し読むことだ。 私が今行っている読み方だが、「これは…」と思う本については、数日~数週間おいて二度読むようにしている。 以前に、「難しいけれど、二回読めば内容を理解できそうだ…と感じたときに行う」と書いたが、その限りではない。 ピンときた本については、必ず二度読む、ということだ。 出典: とにかく、多くの本を読む、という時期も必要だと思うが、その時期は短くていいと思う。 片っ端から乱読する時期があってもいいと思うが、「何年もそうする必要はない」ということだ。 その後は、良い本をじっくり読む、というスタイルに変えた方がいいと思う。 人の話をきく 人の話をきくことも、インプットになる。 これは、直接の会話でもいいし、メディアの視聴でもいい。 メディアには、専門家や知識人と呼ばれる人が出演し、話をすることがある。 そんなとき、たとえば、この人はどんな言葉や表現を使うのだろうか、どんなロジックやスタイルで話をするのだろうか…与えられた尺の中で、どの部分に結論を持ってくるのだろうか…という点に注目してみる。 この言葉や表現は、上手いな、使えるな…と思ったら、真似をすればいいのだ。 ことわざを知る ことわざを知ることは、効率の高いインプットになると思う。 ことわざは短い表現だが、ことわざには先人の英知が含まれており、「濃い」のだ。 ことわざには、表現のエッセンスがある、といってもいいだろう。 なので、ことわざを知ることは、ダイレクトに「表現の引き出し」を増やすことになると思う。 ある人によれば、ことわざは「」だそうだ。 たしかに、そう言えなくもないだろう。 ことわざを知ることは、効率の高いインプットになるのだ。 雑学チャンピオンではダメ インプットをする、といっても、雑学チャンピオンを目指す…ということではない。 先に、言葉の選択肢はもちろんだが、表現の選択肢や会話の(テーマの)選択肢も豊富に持っている人のことを「語彙が豊富な人」ということにしたい、と書いたが、雑学チャンピオンでは、その入り口付近をうろうろしている…ということにすぎない。 雑学チャンピオンになるぐらいのエネルギーを使うのであれば、広さ(範囲)を絞って深くする方がいいだろう。 重要な範囲に絞って、(ある程度)深堀りする…ということだ。 アウトプットする インプットしたら、アウトプットすることが大事だ。 アウトプットして失敗することで、ブラッシュアップされていくからだ。 たとえば、何かを書くときは、同じ意味でも表現を変えることで、おもしろ味が出る。 また、単調にならないように、同じ語句の繰り返しをしないようにする…ということもある。 ワンパターンの表現では、退屈でおもしろくもなんともないのだ。 たとえば、先に「当意即妙」という言葉を使ったが、「当意即妙に答える」という言葉を別の表現で表すと、「気の利いた返しをする」、「的を射た返答をする」、「機転の利いた返事をする」などとすることができる。 わたしはこの3つぐらいしか思い浮かばないが、もっと思い浮かぶ…という人もいるだろう。 要するに、 アウトプットすることで、バリエーションを考えるようになる、ということだ。 その結果、表現の引き出しが増えることになるだろう。 自分の意見を持つ アウトプットするためには、自分の意見を持つことが大事だ。 ポジションをとる、という意味は、「自分の意見をはっきり述べる」ということだ。 ブログでもそうだと思うが、自分の意見を明確に述べる方がおもしろくなる。 こういう意見もありますが、別の意見もあります、だけでは、ただの意見の紹介に終わってしまい、おもしろみ味に欠ける。 「自分はこう考える」とポジションをとることにより、「そのとおりだ」という共感を集めたり、「いや、違うだろ」という反論を受けたりすることができるのだ。 出典: これは、ポジションをとる、ということだ。 語彙を増やすためにアウトプットする、という文脈で書いているが、ポジションをとって、アウトプットしないと、おもしろくないのだ。 自分の意見を持っていない人は、たとえ語彙が豊富でも、「評論家のような感じだよね…」ということで、リスペクトされないことが普通にある。 これはもったいないことだ。 根本に立ち返り、なぜ語彙を増やすのか…と考えた方がいいかもしれない。 スポンサーリンク まとめ 今回は、語彙を増やす方法について書いてみた。 今回の記事で書いたのは、1)効率よくインプットする、2)アウトプットする、の2つだ。 インプットの方法としては、本や人、ネットからのインプットもあるだろう。 インプットしたらアウトプットだが、アウトプットでは人やブログなどが考えられる。 ネットやの発達でインプットに偏りがちだ…という人も多いと思うが、だからこそアウトプットが重要になってくる。 なので、 アウトプットをより意識するといいだろう。 語彙を増やすためには、インプット…と思うかもしれないが、アウトプットもかなり大事なのだ。 thanxalot.

次の