この世 英語。 「この世」に関連した英語例文の一覧と使い方

イギリスに6年住んで分かった「イギリスはおいしい」

この世 英語

私は時々、私たちが今生きているこの世こそが地獄なのではないかと思います。 周りが豊かになっていくにつれて、インターネットなども普及し、それにつれて心ない発言なども増えてきました。 それに従い、普段の生活から、隣人などとの交流が減り、代わりに人の愚痴・恨み言なども増えているように思います 特に現代日本では。 世界規模でみてみると、今にも戦争が始まりそうな陰鬱な雰囲気が漂っております。 どの国も、どの人も、自分の利益のために躍起になっていると思います。 どの宗教でも隣人愛を唱っているはずなのに… 生活は確かに豊かになりましたが、心は確実に貧しくなっているように思います。 おそらく、こんなことを言っても、「カッコつけやがって」「そんなの綺麗事だ」等と言われ、一蹴されるだけでしょう。 確かに、自分にだって、嫌いな人、合わない人等はいますが、いがみ合いたい・争いたいなんて思っていません。 なぜ自分達で自分達を苦しくしてしまうのでしょうか。 なぜ他人を愛して、お互いを許しあって、お互いが幸せな道を選ぶことができないのでしょうか。 そんな世の中を、諦めなければいけないのでしょうか? 世界を眺めるとおっしゃる通りだと云えるでしょう。 人間は天国を作るよりは地獄が作りやすいです。 地獄は即座に作ることが出来ますが、天国を作りあげて持続させた例は地球規模では無いと言えます。 僕が生まれた時の日本は、観察の対象の地獄ではなく、生き地獄でした。 原爆を二つも落とされ、日本のほとんどの都市が空襲され、僕も低空飛行のB29というアメリカの飛行機が銀翼を真っ赤な炎に反映させてる爆音を聞きながら焼夷弾を投下する下を悲鳴を上げながら逃げ惑ったのです。 1945年7月3日徳島市国民学校四年生のことです。 いま原発はどちらを作る役割? あなたがいま見てるのは観察してる地獄ですね。 生き地獄は接する地獄でそこにしか居場所がないんです。 地球全体を地獄と呼ぶか天国と呼ぶか、エリアを地獄と天国の二つに分けますか。 地球という丸い玉。 生き物が生きてる環境は恵みある天国です。 これを破壊しながら生活基盤を築いてるのが人間です。 さらに破壊しようとしてる人、破壊を食い止めようとしてる人。 破壊した跡を復旧しようとしてる人。 地獄も天国極楽もそこに接する人の状況次第です。 総じていえば世界は地獄と言ってもいいが、極楽も構築が可能です。 天国も地獄も家庭内にもすぐ作り出せます。 あなたのご両親はどちらをあなたに作って与えてくれているでしょうか? こういう世の中ですが、あなたがこれから歩かれる人生航路では、地獄を作らないように歩んで下さい。 天国は自分で構築するささやかな小さな陽だまりぐらいの場所かも知れませんが、あなたが広く歩めば天国は広くなります。 あなたは、悩みや相談ごとがあるとき、誰に話しますか? 友だち、同僚、先生、両親、インターネットの掲示板など相談する人や場所はたくさんあると思います。 そのひとつに、「お坊さん」を考えたことがなかったのであれば、ぜひ一度相談してみてください。 なぜなら、仏教は1,500年もの間、私たちの生活に溶け込んで受け継がれてきたものであり、僧侶であるお坊さんがその教えを伝えてきたからです。 心や体の悩み、恋愛や子育てについて、お金や出世とは、助け合う意味など、人生において誰もが考えることがらについて、いろんなお坊さんからの癒しや救いの言葉、たまに喝をいれるような回答を参考に、あなたの生き方をあなた自身で探してみてはいかがでしょうか。

次の

ヘミングウェイ名言まとめ(日本語、英語)

この世 英語

キリスト教では、その目的が世の救済であるため、では終末を歴史の目的とし キリスト教系の中には、「最後の審判」の時期を、聖書から年代や終末期に起こる出来事(しるし)などから算定しする教団もある。 のの・も、主著『ロマ書』で「(終末にキリストが地上の裁きのために天国から降りてくるという)再臨が『遅延する』ということについて……その内容から言っても少しも『現れる』はずのないものが、どうして遅延などするだろうか。 ……再臨が『遅延』しているのではなく、我々の覚醒(めざめ)が遅延しているのである」と言い、「終末は既に神によってもたらされている」という認識である。 新約聖書にある終末信仰の確立 50年ころパウロはテサロニケ人への第一の手紙を記し、自らのを表明した。 この終末観は初期キリスト教の預言者の言葉である可能性大であるとされている。 テサロニケの信者は下記の予測についての信仰を始めた。 パウロが生きているうちに主のがおきる。 パウロが生きているうちに合図の声とともに主が天から下ってくる。 パウロが生きているうちにキリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえる。 パウロが生きているうちによみがえった死人や眠っていた人たちが天に上げられる。 パウロは生きたままで空中で主に会うことになり、そののちはいつも主と共にいることになる。 54年ころパウロはコリント人への第一の手紙を記し、自らの終末観を表明した。 コリントの信者は再臨の時までパウロが生き残ることと、なる体に変化する世の終わりが近づいてきているという終末信仰を始めた。 95年から96年ごろ著者は不明であるが、ヨハネの黙示録が著され、天にてキリストの支配がはじまったという終末観が表明される。 パウロの死んだ年は65年ころとされるので、それから30年くらい経過した時点での新たな予測の表明が為された。 小アジアの信者は天にてキリストの支配がはじまったという終末信仰を始めた。 キリスト教的な終末信仰が確立した。 仏教 [ ] 仏教におけるは、「この世の終わり」を意味する終末的思想と同意義と見る向きも多い。 では、の年代(ただし諸説あり一致しない)より数えて、正・像・末と三時に分け、その最後の時をの世という。 これは厳密にいえば、「正しい法が隠れ行われなくなること」である。 したがって、世の中の政情不安や天変地異などを含めたものを末法というものではなかった。 しかし、においては、後期に末法に突入するという目測と、へ移り変わっていく不安感、当時の民衆の仏教への理解不足などが相まって、次第に、末法観念が終末論的に転化されていった。 ではで悟ることが・の時代よりも困難になる(一部では不可能とする)が、成仏するための(一部では末法の世にふさわしいものがあるとする)の力(一部では)を求め、せよ」と説く。 は、今が末法であるとして、他の教えを捨ててに帰依するように説いた。 なお、でも末法はあるが、の開祖・は『』において末法思想を方便にすぎないとして否定している。 信仰に見られる下生信仰も、末法思想の一種である。 では、のが、この信仰によるものとされているし、代のに代表される、相次いで勃発した信徒による反乱も、この信仰に基づいている。 この他のように終末を描いた経典も存在する。 ただし、では、・初期を含めて、本来この世の始まりや終わりを説いていない(は時間に終わりがあるか、ないかという問いに対し、意味のない議論()であるとして「答えない」()という態度をとっている)。 さらに大乗経典の中でも、などでは末法の世における救いを力説し、悲観的な見方を根本的に否定している。 平安以降に広がった信仰では、地蔵菩薩が釈尊入滅から弥勒菩薩が現れる間(末法)六道全ての衆生を救う役割を担うとされる。 したがって、これらから仏教における末法思想は、この世の終わりを意味するような終末的思想とは異なることが理解できる。 ヒンドゥー教 [ ] インド亜大陸を中心に信仰されるは、固有の宗教観で知られる。 ヒンドゥーの三大神の一柱である神は、破壊と再生の神とされ、徹底した破壊をその役どころとしている。 破壊が激しいほど、その後にやってくる再生はより大きな可能性を秘めているとのヒンドゥー独特の宗教観がシヴァ神の役どころと言える。 また、シヴァと並ぶ三大神の一柱に位置づけられ、もっとも信仰を集めている神にも終末を担う役割がある。 ヒンドゥーの教えでは(yuga)と呼ばれる思想がある。 この世界は生成と終末を繰り返すとの思想である。 各説あるが「」によれば、ユガは四期に分かれている。 (第一期クリタユガ、第二期トレーターユガ、第三期ドヴァーユガ、第四期カリユガ)この教えによれば、現在こそ、もっとも教えが衰えるカリユガの末期であり。 ヴェシュヌ神の化身が白馬に乗る騎士の姿で現れ、この世界を破壊から再生させるとされる。 百王説 [ ] のの・の手によるとされる「」が、日本ではのを予言したものだという説がにかけて流布し、「 百王説」が論じられた。 これは『古事記』上巻序いかなるも100代までで滅びるという解釈がされる記述があり、すでに初期には『』などでも取り上げられている。 ただし、「百王」の意味は百代ではなく「数多き王」を意味するという解釈も存在した。 その後の、は以来100代に達するとう理解から、折からの政情不安とが相まって、が言及するなど大いに論じられた。 また、室町幕府将軍のも百王説に関心を示していたという。 歴代天皇の数え方については諸説があるが、を正統とする数え方では後のが百代となり、中世にはこれとは別にのを百代とする理解が存在した。 元・会・運・世の説 [ ] 元・会・運・世はにおける世界(時間)のサイクルで、「1元(12万9600年)経つと天地の寿が終わり、再び1元が始まる」とするもの。 1元は12会で、1会は1万800年 (30運)。 1運は360年(12世)で、1世は30年。 11会の時期に「万物(人)皆絶える(絶滅する)」とされる。 この説では万物=人が生まれたのは3会の時期(天が始まってから3万2400年の前後)である。 11世紀で7会に当たり 、4会経ったら人が絶滅し、5会経つと天地が終わるということになる。 この世界観では何度も終末を繰り返しているということになるが、同時に終わりでもない。 備考 [ ]• 古代日本にも世の終わりを意識した考え方はあり、『』巻第二「天地と共に終えむと思いつつ仕え奉りし心違(たが)わぬ」がある(内容としては、天地が終わる時まで奉仕しようと思っていましたが、叶わないようです)。 脚注 [ ]• 2004, p. 920. 2004, p. 495. テサロニケ人への第一の手紙 4:15• 2004, p. 921. コリント人への第一の手紙第15章• 2004, p. 939. ヨハネ黙示録 12:10• 144• 『朱子学と陽明学』 28刷1999年 p. 同『朱子学と陽明学』 p. 同『朱子学と陽明学』 p. 73(図). 同『朱子学と陽明学』 p. 従って、人の歴史は3会から11会までと定まっている。 同『朱子学と陽明学』 p. 参考文献 [ ]• 『室町の王権 - 足利義満の王権簒奪計画』〈 978〉、1990年7月。 関連項目 [ ].

次の

この世は仮想現実!? 人生に起きる苦しいこと辛いことは、すべて幻想なのです。

この世 英語

代表作は、『老人と海』、『誰がために鐘は鳴る』、『武器よさらば』など。 ヘミングウェイ名言 書籍ほど信頼できる友はいない There is no friend as loyal as a book 知的な人々の中に幸福を見いだすことは滅多にない Happiness in intelligent people is the rarest thing I know 勇気とは、窮地に陥ったときにみせる、気品のことである Courage is grace under pressure 誰かを信頼できるかを試すのに一番良い方法は、彼らを信頼してみることだ The best way to find out if you can trust somebody is to trust them 私は話を聞くのが好きである。 注意深く聞くことで、多くを学んだ。 だが、聞こうとしない者は多い I like to listen. I have learned a great deal from listening carefully. Most people never listen 作家の仕事とは、判断を下すことではなく理解しようとすること As a writer, you should not judge, you should understand 愛していない人間と旅に出てはならない Never to go on trips with anyone you do not love -『移動祝祭日 Movable Feast』 人生について書きたいなら、まず生きなくてはならない In order to write about life, first you must live it この世は素晴らしい。 戦う価値がある The world is a fine place and worth the fighting for -『誰がために鐘は鳴る For Whom the Bell Tolls』 人間は、負けるように造られてはいないんだ。 殺されることはあっても、負けることはないんだ Man is not made for defeat. 「今あるもの」で、何ができるかを考えるときである Now is no time to think of what you do not have. Think of what you can do with that there is 自殺しない本当の理由、それは地獄が終われば、人生がどれほど素晴らしいものになるかを常に知っているからである The real reason for not committing suicide is because you always know how swell life gets again after the hell is over とにかく、新しい毎日なんだ Every day is a new day.

次の