お気遣いありがとう 英語。 「お気遣い」と「お心遣い」の違いは?類語や英語表現も紹介

「お心遣いありがとうございます」の意味と目上への使い方、返信、類語、英語

お気遣いありがとう 英語

「お気遣いありがとうございます」は敬語だがビジネスで使う際には注意が必要! 「お気遣いありがとうございます」は ビジネスシーンで使用可能な表現で、目上の人や上司に対しても使える敬語です。 気遣いに対して感謝を表す言葉であるため、ビジネスシーンでよく使う、または使われる表現の一つとなっています。 しかし、「お気遣いありがとうございます」の「お気遣い」と言う表現は、ビジネス文書(報告書、企画書)やレポートでの使用には向いていません。 ビジネスにおいて口頭で使う以外は「お気遣い」を「ご配慮」や「ご高配(こうはい)」に言い換えて使用する必要があります。 使うシチュエーションに注意を払いながらも、「お気遣いありがとうございます」はビジネスパーソンとして当り前のように使いこなすことが求められます。 「お気遣いありがとうございます」の意味 「お気遣いありがとうございます」というフレーズは家族や友人同士の会話ではほとんど使わないので、あまりなじみがないかと思います。 しかし気を使ってくれた事に対する感謝を示す言葉だということは、容易に想像がつきますよね。 なので全く意味が分からないという方は少ないと思いますが、それでもあやふやな理解だとビジネスシーンでは使い間違う可能性もあります。 この機会に「お気遣いありがとうございます」の意味を、曖昧にではなくしっかりと理解しておきましょう。 「お気遣いありがとうございます」は「気遣い」の前に丁寧語の「お」がついて「お気遣い」となり、その後ろに「ありがとうございます」が続いています。 「お」と「ありがとうございます」の意味は分かると思いますから、ここでは「気遣い」の意味を詳しく見ていきましょう。 「気遣い」は 色々なことに対して気を使うことを意味し、相手が自分に対して気を使ったり、配慮してくれた事を感謝する時に使います。 「お気遣いありがとうございます」の使い方 「お気遣いありがとうございます」の意味が分かったところで、次は使い方を見ていきましょう。 この言葉は 相手が自分の事を心配してくれた時、またはプレゼントをくれた時などに使うことができます。 用途が広いので初めは戸惑うかもしれませんが、下でご紹介する例文を見ながら、少しずつ慣れていきましょう。 このフレーズは報告書や企画書などのビジネス文書、レポートなどには使えないのが注意点です。 会話やメールでのみ使うようにしてください。 丁寧語の「お」がついているので、同僚や部下だけでなく、目上の人や顧客に対しても使うことができます。 「お気遣いありがとうございます」の例文 以下で 「お気遣いありがとうございます」の例文をいくつか見ていきましょう。 慣れないうちは例文をそのまま使えば、間違うことがないので安心です。 慣れてくればシーンに合わせて自分なりのオリジナルな使い方をしていくとよいでしょう。 ・先日私が風邪をひいた時は、お気遣いいただきありがとうございます。 「お気遣いありがとうございます」は、 相手が自分に気を使ってくれた時に使うのが基本です。 例えば自分が風邪をひいた時に「お大事に」などと声をかけてもらった場合、「ありがとうございます」などの代わりに使えばより丁寧な表現になります。 ・すばらしいプレゼントをいただきまして、お気遣いありがとうございます。 「お気遣いありがとうございます」は、精神的に心配してもらったり気を配ってもらった時以外にも、プレゼントをもらうなど、 具体的な物品をもらった時にも使うことができます。 単に「ありがとうございます」では味気ないなと感じた時に、「お気遣いありがとうございます」と言えばより丁寧で心のこもった表現になります。 ・日頃からお気遣いいただきありがとうございます 特定の行為や気遣いに対してではなく、日頃から気を使ってもらっている事に対して 全体的な感謝を述べる時に使うこともできます。 顧客や取り引き先に対してあいさつ代わりに使うとよいでしょう。 「お気遣いありがとうございます」に対する返信の表現 ビジネスシーンでは自分から「お気遣いありがとうございます」というだけでなく、人から言われることもあるでしょう。 そんな時でも戸惑ったりすることなく、 スマートに返信したいところですよね。 どんな言葉を返せばいいか分からない方は、とりあえずいくつかの例文を覚えておけば間違いがないでしょう。 「気遣い」の意味と似ているように見えますね。 実際似ている部分もあるのですが、 「気遣い」は基本的な気配りや最低限の配慮、「心配り」は相手の心を思いやる行為、というニュアンスの違いがあります。 なので両者はどちらを使ってもいいというわけでなく、「気遣い」を使うべき場面と、「心遣い」を使うべき場面に分かれます。 慣れないうちは両者の区別は難しいですが、以下でご紹介する使用例を見ながらコツを掴んでいきましょう。 「お心遣いありがとうございます」の使用例 では具体的に「お心遣いありがとうございます」をどういう場面で使えばいいのか、 使用例をいくつか見ていきましょう。 もちろん自分なりにオリジナルなフレーズで使いこなせればベターです。 ・分かりやすい資料を作って下さり、お心遣いありがとうございます。 相手が自分のために骨を折って、資料を作ったり仕事を手伝ってくれた時に使う例です。 単に「ありがとうございます」などと言うよりも、 より丁寧な表現になります。 ・出産祝いにご祝儀までいただきまして、お心遣いありがとうございます。 「お心遣い」はご祝儀や香典など、 金品をもらった時のお礼の言葉として使うことができます。 この場合「お気遣い」を使うのは正しくないので注意してください。

次の

「お気遣い」と「お心遣い」の違いは?類語や英語表現も紹介

お気遣いありがとう 英語

「気遣い」は英語に直訳できない表現の一つで、日本文化が反映されている言葉だと思います。 英語で「気遣い」や「気を使う」に相当する単語はありませんが、その意味に近い表現は幾つかあるので、それらの適切な使い分けとニュアンスの違いについてご紹介しようと思います。 自分のことばかり考えるのではなく、相手の身になって考えることを表し、日本語の「思いやり」に近い表現です。 」「She is very caring. Thanks! (ベジタリアンのレストランに行くのですか?お気遣いありがとうございます。 ) ・ You need to be more considerate of others. (相手に対して、もうちょっと気を使わないと。 ) ・ He is a very kind-hearted, considerate person. (彼はとても親切で思いやりのある人です。 例えば、病気で寝込んでいる時に友達から「Are you OK? (お気遣いありがとうございます)」と返事をするのがナチュラルでしょう。 」 ・ Thanks for your concern, Mike. (マイクさん、お気遣いありがとうございます。 何かあったら連絡しますね。 ) ・ We really appreciate your concern. (お気遣いに感謝します。 (お気遣いありがとうございます。 でも 自分で何とかやります。 例えば、上司やお客さんと出かけると気を使うが、友達と遊びに行く時は気を使わなくて気楽だと言いたい場合は「I love hanging out with my friends because I can be myself. 」と表すことができます。 」 Hi Jun, 「お気遣いありがとうございます」は、日本語ではメールでも会ったときでも、頻繁に使う慣用句のようなもので、特にビジネスの世界では必須です。 ただ実際のアメリカ人は生活のなかで、Thanks for being so considerate. などの表現をどの程度、どんな場面で使うのかな~って思う。 アメリカのクライアントと見積書のやりとりをメールでするときも、Thanks for your consideration. って私は書いたりするけど、実際って本当に使われてるのかなって思いながら使ってます。 日本人はこういう前置きみたいな言葉がないと気持ち悪いけど、アメリカ人はいきなり本文を書いてくる。 親しい間柄だからか、誰にでもそうなのかわからないけど・・。 ちょっと親切なことをされたときに、you are so caring. って言うのがいい感じなら、今度使ってみようかな。 Congratulations on your new journey! Much love! Aki.

次の

「お気遣いありがとうございます」はビジネスで使用可能?使う際の注意点や言い換え表現を紹介

お気遣いありがとう 英語

「お心遣いありがとうございます」の意味と使い方 「お心遣い」の読み方は「おこころづかい」 「お心遣い」の読み方は、 「おこころづかい」です。 「お心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろと気を使うこと」 「お心遣い」の意味は ・人のためを思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」のことを表しています。 「お心遣いありがとうございます」は相手の思いやりに対するお礼・感謝に使う 「お心遣いありがとうございます」は相手から思いやった行動をしてもらったときに、感謝を伝える言葉として使います。 そのため相手から何もしてもらっていないときに使うと不自然になります。 「お心遣いありがとうございます」がビジネスに不向きな2つの理由 「お心遣い」は意味的に"真心"や"おもてなし"を指す 「お心遣い」は意味的に「真心」や「おもてなし」「気持ちのこもった行為」を指します。 ビジネスにおいては、真心というよりも利害関係を意識して行動取るのが普通ですので、「相手の真心に対して感謝する」ということはあまりないでしょう。 「気遣い」や「配慮」の方が使われることが多くなります。 よって、ビジネスシーンで「お心遣いありがとうございます」の使用頻度はあまり高くないでしょう。 「お心遣い」は和語 訓読み なので、口語や手紙、挨拶文に適している また、「お心遣い」は和語です。 和語は柔らかい響きがあり、口語や手紙などで使うのに適しています。 また、ビジネス文章に訓読みの言葉はふさわしくないとされています。 そのため音読みの「ご配慮」などを使いましょう。 「ご配慮ありがとうございます」については後述しています。 「お気遣いありがとうございます」との違い 「お気遣い」の意味は「気を使うこと」「心配や気がかり」 「お気遣い」の読み方は、 「おきづかい」です。 まず「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて「お気遣い」となるため、目上の相手に使います。 「お気遣い」を使う場面は ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき の2つがああります。 「お気遣いありがとうございます」は1つ目の感謝を伝えたいときに使います。 気遣う必要がない、といった場合は「お気遣いはなさらないでください」などと使います。 「お心遣いありがとうございます」の類語・言い換え 「ご配慮ありがとうございます」が定番 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 例文 ・ご配慮いただき誠にありがとうございます。 ・この度は私の体調をご配慮くださり、誠にありがとうございました。 ・日頃より格別のご配慮を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配慮ありがとうございます」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」に対する感謝を表した言葉です。 敬語表現のため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 「配慮」は「はいりょ」と読み、「他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「配意」は「はいい」と読み、「心を配ること、心配、配慮」といった意味があります。 「ご配慮ありがとうございます」などと同じように使うことができますが、あまり一般的ではなく少し堅い言葉となります。 そのため敬意をしっかり払うべき相手や、普段関わりの少ない相手に対して使うと良いでしょう。 例文 ・ご配意をいただき、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配意ありがとうございます」だと少し堅い語に 「ご高配」は 「相手の配慮」に対して敬意を払った言葉になります。 「ご高配」は主にビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 特に取引先や顧客などに対して用いられています。 「ご高配賜りありがとうございます」「ご高配に心より感謝申し上げます」などといった形でもよく使われます。 例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配ありがとうございます」だとより丁寧なニュアンスに 「ご厚情ありがとうございます」はかしこまった挨拶文でも使われる 「ご厚情」は 「厚いなさけ」「心からの不快思いやり」の敬語表現となります。 「ご厚情を賜り」「ご厚情の賜物」など、かしこまった挨拶文でもよく用いられている表現です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。 「ありがとうございます」の代わりに「痛み入ります」を使うのもOK 「痛み入る」は「いたみいる」と読み、 相手の親切や好意に恐縮し、感謝することという意味があります。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 しかし「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなくあくまでも「感謝」の気持ちを表します。 例文 ・ご面倒をおかけすることになり、痛み入る思いです。 ・小暮様のお心遣い、誠に痛み入ります。 ・この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。 皆様のお気遣い痛み入ります。 「お心遣いありがとうございます」への返事・返信 「どういたしまして」は不自然 「心遣い」は相手に対して思いやりの行動です。 それに対して感謝を述べられたときは「どういたしまして」ではなく、ここでも謙遜していることを表現しましょう。 「とんでもないことでございます」「滅相もないことでございます」が定番 「とんでもない」を丁寧にした言葉が「とんでもないことでございます」、「滅相もない」を丁寧にした言葉が「滅相もないことです」です。 「とんでもない」も「滅相もない」も「そんなことはない」といった意味になります。 相手から褒められたりした時や感謝された時に、謙遜や遠慮の意味も含めて「褒められるほどではありません」「感謝されるほどではありません」といった意味合いで使います。 ただ否定の意味合いがある言葉ですので、「感謝したのに否定されてしまった」と思われてしまうことがあるため注意しましょう。 「您」は「あなた」の丁寧な言い方です。 「的」は日本語の「の」にあたります。 」 「お気遣いありがとうございます」の韓国語は「신경써주셔서 감사합니다. 」です。

次の