年齢 別 平均 年収。 年収の平均値を年齢別・業界別・性別で見る

年齢別の平均年収まとめ【2020年版】給料が高い業種もFPが徹底調査!

年齢 別 平均 年収

スポンサーリンク 年齢別の世帯の平均年間収入・平均年収・平均貯金額 及び を基に、年齢別の1世帯当たりの給与(給料・賞与など)以外の収入も含めた平均年間収入、給与による1人当たりの平均年収、平均貯金額(貯蓄額)のデータを当サイトが推計した結果を紹介します。 平均値なので実感よりも多いと感じる場合もあるかもしれませんが、ライフプランを立てる際や職業上のキャリアを考える場合などの参考にしていただけると幸いです。 なお、当サイトの独自の推計値なので、多少のずれがある可能性はご容赦ください。 年齢別の世帯の平均年間収入・平均年収・平均貯金額の一覧表 年齢別の世帯の平均年間収入・平均年収・平均貯金額 (当サイトによる推計値、単位:万円) 年齢 世帯の 平均年間収入 (1人の)平均年収 平均貯金額 (貯蓄額) 男性 女性 合計 18歳 170 160 100 140 10 19歳 200 180 140 160 10 20歳 240 210 170 190 10 21歳 260 230 190 210 50 22歳 290 260 220 230 80 23歳 310 280 240 250 120 24歳 340 300 260 270 150 25歳 360 320 270 290 190 26歳 380 340 290 310 220 27歳 400 360 300 320 260 28歳 420 380 300 340 300 29歳 440 390 300 350 330 30歳 460 410 300 370 370 31歳 480 430 300 380 410 32歳 500 440 290 390 450 33歳 520 460 290 400 490 34歳 540 470 290 410 530 35歳 550 480 290 420 570 36歳 570 500 290 420 610 37歳 590 510 290 430 660 38歳 600 520 290 440 700 39歳 610 530 290 440 740 40歳 630 540 300 450 780 41歳 640 550 300 450 830 42歳 650 560 300 460 870 43歳 660 570 300 460 920 44歳 670 580 300 470 960 45歳 680 590 290 470 1,020 46歳 690 600 290 470 1,070 47歳 700 610 290 470 1,120 48歳 710 620 290 470 1,180 49歳 710 630 290 480 1,230 50歳 720 640 290 490 1,280 51歳 730 650 290 490 1,340 52歳 730 660 280 490 1,390 53歳 740 660 280 490 1,440 54歳 730 660 280 490 1,490 55歳 720 660 280 490 1,550 56歳 710 650 270 490 1,600 57歳 690 640 270 490 1,640 58歳 670 620 260 480 1,690 59歳 650 600 260 460 1,740 60歳 630 570 250 440 1,790 61歳 600 540 250 420 1,830 62歳 580 500 240 390 1,880 63歳 560 470 230 370 1,910 64歳 530 450 230 350 1,930 65歳 500 430 220 340 1,950 66歳 480 410 210 320 1,970 67歳 470 390 210 310 1,990 68歳 450 380 210 310 1,990 69歳 440 370 210 300 2,000 70歳 420 360 200 290 1,990 71歳 410 360 200 290 1,990 72歳 400 360 200 290 1,970 73歳 390 360 200 290 1,950 74歳 380 360 200 290 1,930 75歳 380 350 200 280 1,900 (注)上記数値は国税庁「民間給与実態統計調査平成26年分調査」及び総務省統計局「平成26年全国消費実態調査」を基に作成した当サイトによる推計値です。 世帯の年間収入は2013年12月から2014年11月の年間収入で、勤め先からの給与以外にも事業所得や利子・配当金、児童手当などの給付を含み、退職金や相続による収入、土地建物や株式等の売却は含みません。 世帯主以外の収入も含まれます。 平均年収は2014年分で1年間を通じて勤務した給与所得者の給料や賞与などを含む年収です。 貯金額(貯蓄高)は2014年11月末時点の調査で、株式や投資信託、生命保険などによる貯蓄額も含みます。 項目は分かりやすさの観点から、調査の表現から別の表現に言い換えているものがあります。 (出典) 及び を加工して当サイトが作成 年齢別データの推計方法 年齢階級別の世帯の平均年間収入、平均給与収入、貯金額(貯蓄額)のデータを用いて、多項式による近似式を推計して算出しています。 一部の低い年齢や高い年齢のデータについては定量的な結果に対して、定性的な判断に基づきデータを補正したものがあります。 年齢階級別のデータは平均年齢が判明しないものは階級の中間の値、一定の年齢以下あるいは以上とされている年齢階級の区分で年齢階級の範囲が明確でないものは定性的な判断により適宜年齢を仮定しています。 各データとも増加していく時期、増加のペースが鈍化しやがて減少に転じる時期、減少していく時期の3つの局面が想定できることから、多項式は各時期に対応する3つの式を設定し、時期の転換時期を定量的及び定性的に判断して、1時点あるいは複数時点のデータを用いて、データの推移が滑らかとなるように接続をしています。 多項式はデータの特徴に応じて2次関数、3次関数、4次関数を使い分けています。 年齢別の世帯の平均年間収入・平均年収・平均貯金額の特徴 18歳~21歳(18歳、19歳、20歳、21歳)の平均年収や貯金額 中学校や高等学校を卒業して働き始めるなどして経済的に独立した世帯ですが、給与の水準が低く年収が100万円台から200万円前後にとどまります。 貯金もほとんどない状態です。 22歳~23歳の平均年収や貯金額 大学生が卒業して新卒で会社員となる年齢です。 大学生が社会人1年目となる頃の年齢の年収は200万円~300万円程度が中心になります。 平均的には貯金額は100万円となりますが、実際には貯金が全くない人も多いはずでまだ焦る必要はありません。 24歳~27歳(24歳、25歳、26歳、27歳)の平均年収や貯金額 22歳から働き始めた場合には、社会人として少し経験を積んだ状態で、人によっては第2新卒として転職活動を行う人がいます。 平均年収は上がり始め300万円前後になります。 結婚をして共働きなると、2人分の収入が得られるため世帯収入は多くなります。 平均的な貯金額は200万円前後になります。 28歳の平均年収や貯金額 28歳は転職活動の1つの節目と言われます。 業務経験ではなく、潜在的な能力いわゆるポテンシャルを評価して採用する年齢の節目とされていて、30代になると全くの未経験の仕事には転職しづらくなるとされています。 平均年収では男性が400万円弱、女性が300万円前後になります。 このころから女性の平均年収は頭打ちになります。 企業などの組織内での男女の給与の格差があるという問題のほかに、結婚・出産を境に働き方を変える人が増えてくる時期であることも影響しているとみられます。 平均的な貯金額は300万円程度になります。 29歳~34歳(29歳、30歳、31歳、32歳、33歳、34歳)の平均年収や貯金額 29歳から34歳にかけては会社の中では若手を卒業し中堅となる時期で、責任ある役職を任される人も出てくるようになります。 男性の平均年収は400万円から500万円に向かって増えていきます。 女性の平均年収は300万円程度となっています。 平均的な貯金額は300万円から500万円に増えていきます。 この時期には結婚や出産により家族構成が変化したり、住宅を取得する人が増えます。 女性の人はいったん職を離れる人が多くなります。 35歳の平均年収や貯金額 よく転職年齢の限界と言われる35歳では男性の平均年収は500万円弱となります。 35歳前後までの業務経験がその後のキャリアの方向性を決定づけることも多いです。 同世代との会社内での待遇にも差が大きくなり始める時期です。 大胆なキャリアの転向を図るなら最後のチャンスの時期かもしれません。 もちろん35歳を過ぎた後も転職は可能なのですが、転職の難易度は上がります。 結婚・出産を経た世帯は子育ての時期になります。 平均的な貯金額は600万円弱となります。 36歳~39歳(36歳、37歳、38歳、39歳)の平均年収や貯金額 このころから男性の平均年収は伸びづらくなってきて500万円台前半での推移になります。 もちろん、平均年収が大きく伸びる人は伸びるのですが、伸びない人も出てくるため、平均で見るとペースが鈍くなってきます。 女性の平均年収は300万円前後での推移が続きます。 子育てで一息ついて本格的に職場復帰する人も多くなる時期です。 平均的な貯金額は600万円台から700万円台になります。 40歳~44歳(40歳、41歳、42歳、43歳、44歳)の平均年収や貯金額 男性の平均年収は500万円台後半で推移し、女性の平均年収は引き続き300万円前後になります。 景気が悪い場合には人員整理などによって職を離れなければいけなくなるリスクが高まる年代です。 平均貯金額は800万円前後から1000万円前後へと増えていきます。 この時期には貯金がある人とない人で相当な差がついてきます。 45歳~49歳(45歳、46歳、47歳、48歳、49歳)の平均年収や貯金額 平均貯金額が1,000万円の大台に乗る時期です。 49歳の頃には1,200万円強になります。 男性の平均年収は600万円前後、女性の平均年収は300万円弱で推移します。 比較的若い時期に出産している場合には、子供が大学入学に差し掛かる時期で、大学入学を目指す場合には大学受験のための塾の費用や大学の入学金や授業料、生活費の仕送りなどで教育費負担が重くのしかかる時期です。 50歳~54歳(50歳、51歳、52歳、53歳、54歳)の平均年収や貯金額 男性の平均年収がピークを迎える時期です。 会社で重要な役職についていない場合には、役職が変更され給与(給料・賞与など)が大きく下がる場合が出てきます。 女性の平均年収も300万円弱でピークを越えた時期になります。 平均貯金額は1,300万円弱から1,500万円へと増えていきます。 出産時期にもよりますが、子供の教育費が重くのしかかる時期が続きます。 老後の生活に向けて備えることを強く意識する時期になります。 55歳~59歳(55歳、56歳、57歳、58歳、59歳)の平均年収や貯金額 男女とも平均年収は減少していきます。 役員などになっていない場合を除いて、会社では役割が変化し給与(給料・賞与など)が下がることが多くなります。 子供が経済的に独立し子供の教育費の負担がなくなる時期になるため、貯金しやすい時期でもあります。 平均貯金額は1,600万円台から1700万円台になります。 60歳~64歳(60歳、61歳、62歳、63歳、64歳)の平均年収や貯金額 会社員の場合には定年を迎えて現役生活の最後の時期になる人も多くなります。 男女とも平均年収は減少していき、世帯の平均年間収入もかなり減ってきます。 退職金を受け取る人が多くなりますが、もらえる場合にはまとまった収入として貴重なので大切に使わなければいけません。 平均貯金額は1,800万円弱から1,900万円前半となります。 65歳の平均年収や貯金額 65歳は年金の受給開始年齢となり、人生の重要な節目となります。 また、2025年4月には65歳までの継続雇用が義務付けられるようになり、会社員としての人生の重要な転換点になります。 平均的な貯金額は2,000万円弱になります。 66歳~69歳(66歳、67歳、68歳、69歳)の平均年収や貯金額 年金では収入が少なく、家計が苦しい場合には、少しでも長く働いて収入を確保することが重要になります。 男性の平均年収は300万円台後半となりますが、条件が良い場合とみられ、短時間労働の場合にはもっと少なくなると考えられます。 健康上の問題から働くことに制約が出てくる場合もありますし、病気によって医療費がかさむ場合もあります。 女性の平均年収は200万円前後となっています。 貯金額は60代後半にピークに達するとみられます。 70歳以降の平均年収や貯金額 70歳以降は働く人も少なくなっていき、年金が生活の中心となります。 基本的にはこれまでの貯金を取り崩して生活していくことになります。 医療費もかさんでくるため支出には注意しなければいけません。 男性の平均年収は300万円台半ば、女性は200万円前後とみられますが、条件がいい場合が含まれているとみられるため、定年後の再就職、短時間勤務などの場合は平均を下回る場合も多くなります。 まとめ• 世帯の平均年間収入は35歳頃までは比較的増えるペースが早く、50代前半にピークを迎えます。 勤め先からの給与などによる1人当たりの平均年収は男性は50代前半まで増加しますが、女性は30歳前後に300万円前後で頭打ちとなります。 平均貯金額は30歳の時点で400万円弱、40歳の時点で800万円弱、50歳の時点で1,300万円弱、60歳の時点で1,800万円弱とみられ、60代の後半がピークとみられます。

次の

会社規模・年齢別!サラリーマンの平均年収はいくら?

年齢 別 平均 年収

20代の平均年収を見る• 30代の平均年収を見る• 40代の平均年収を見る• 50代の平均年収を見る• 賃金構造基本統計調査(厚生労働省) このページで掲載している年齢別平均年収・給与は、国内最大級の賃金調査である賃金構造基本統計調査にも基づいています。 この調査は毎年7月に実施され、従業員10人以上の民間企業約5万社の回答を集計したものであり、集計労働者数は約2,200万人となります。 この調査で公表されている賃金データは、5歳ごとの年齢階層単位に集計されていることから、1歳ごとの数値を確認することはできません。 例えば、25〜29歳のデータを集計して、27. 5歳の平均値を公表しているということです。 したがって、1歳ごとの平均年収・給与を確認するためには、調査結果のデータを加工する必要があります。 当サイトでは、年齢階層ごとの平均年齢の差から0. 1歳単位の賃金の変動額を導き出し、1歳ごとに算出する処理を実施しています。 正社員の賃金水準 平均年収・給与の水準は、同じ年齢でも正社員か非正規社員かによって大きく異なります。 当サイトでは、正社員の調査結果を用いて算出しています。 ただし、都道府県別の調査結果は、正社員と非正規社員の区別が無いため、全国平均における比率(正社員平均/全体平均)を乗じて変換しています。 都道府県別、業種別 平均年収・給与は、都道府県別に最大約6割の差異があります。 それは、企業が社員の給与を決めるとき、主にその地域ごとの生計費を考慮するからです。 例えば、東京と同水準の生活を沖縄でするためには、住宅費等の物価が安いため、約6割の生計費で実現できます。 したがって、平均年収・給与を確認するときは、都道府県別の違いを意識するする必要があります。 また、業種ごとの違いも確認してみましょう。 通勤手当相当額を平均年収・給与から除外しています。 賃金構造基本統計調査の結果には通勤手当が含まれています。 通常、通勤手当は実際に要した金額が支払われることから、収入として意識している人は少ないと思われます。 したがって、当サイトでは、地方公務員の通勤手当の統計値(平成27年地方公務員給与の実態調査:総務省)を利用して、賃金構造基本統計調査の金額から通勤手当の金額を差し引いています。

次の

【最新版】年齢別の平均年収一覧(全年代対応)

年齢 別 平均 年収

短大卒・大卒の平均年収とは 初めての就職では年収の相場が気になるものです。 大まかな年齢別の年収額が分かれば、人生の計画が立てやすくなります。 結婚や子育て、マイホームを建てる適切な時期なども、考えられるようになるでしょう。 この記事では短大卒と大卒の平均年収を紹介していますが、あくまでも平均なので入社する企業によっては、平均よりも大きな年収の差があるケースもあります。 しかし学歴別の平均年収が分かれば、就職選びに役立つことは間違えないでしょう。 この記事では具体的な数字と実例で、短大卒と大卒の年収を比較しています。 就活の参考にしてください。 新卒の初任給 新卒の平均年収は、学歴別に公開されています。 ここでは短大卒と大卒の、平均の初任給を紹介します。 企業によって学歴別の年収は違いますが、学歴で年収の差があるのは大部分の企業で共通することです。 短大卒の初任給は大卒よりも低いですが、大卒よりも早く働き始めているので、企業によっては通算年収にさほど差がつかないケースもあるでしょう。 ここでは平均の短大卒と大卒の給料を紹介します。 短大卒別 厚生労働省は学歴別による、初任給の統計を公開しています。 それによると高専・短大卒の男性は、18万600円の初任給になっています。 年収に直すと216万7,200円ですが、賞与を加えていません。 賞与額は企業によって異なるので、ここでは純粋な平均給与に基づいた年収だけ紹介しています。 高専・短大卒の女性の初任給の統計は、17万8,400円です。 年収に直すと214万800円です。 こちらも賞与の額は含まれていませんので、実際の年収はもっと高いです。 女性の給与は男性よりも低めですが、仕事内容が男性と違うことが考えられます。 仕事内容が変われば給与が違ってくるのは、どこの会社も同じでしょう。 大卒別 統計では大卒の男性の初任給は20万7,800円です。 年収に直すと249万3,600円です。 こちらの年収にも賞与額は含まれていません。 そのため会社によっては入社一年目であっても、賞与込みの年収では300万円以上になることもあるでしょう。 大卒の女性の初任給は、20万4,100円です。 年収に直すと244万9,200円です。 賞与額が年間で50万円あれば、年収300万円に近づきます。 300万円あれば子供がいても、夫と協力すれば家計はそれほど苦しくはないでしょう。 大卒の給料は短大卒よりも多いですが、仕事内容そのものが違っていることが多く、単純に比較できない面もあります。 大手企業に就職した場合の平均年収 企業規模ごとの平均初任給の統計データが公開されていないため、大学卒の平均初任給とボーナス平均のデータをもとに平均年収を計算していきます。 最初に初任給から見ていきましょう。 平成26年の大学卒の平均初任給は、20万4,000円となります。 入社1年目のボーナスについては、夏はほぼ寸志程度です。 冬場に本格的な支給となります。 新卒社員1年目のボーナス平均については、夏のボーナス9万円、冬のボーナス22万円で計算します。 8万円 大手企業大卒の入社1年目の年収は、約276万円となります。 こちらも、統計データが公表されてないため、中小企業新卒者の平均初任給と大企業新卒者のボーナス平均・中小企業平均ボーナスをもとに計算していきます。 まず、初任給ですが、中小企業の平成26年平均初任給(大学卒)は、19万7,000円となります。 中小企業の新卒者のボーナス平均の統計データは、公表されていませんので、大企業の平均ボーナスと中小企業の平均ボーナスの比率で、中小企業新卒者の平均ボーナスを計算します。 三菱UFJリサーチ&コンサルティングのレポートをもとに、大企業ボーナス平均84万円、中小企業ボーナス平均37万円の比率をもとに、中小企業新卒のボーナス平均を計算します。 44 19. 44 = 250万円 中小企業の新卒者の平均年収は、250万円になります。 公務員の場合、国家公務員・地方公務員・独立行政法人と分けられています。 それぞれ、法律によって給料・ボーナスの基準が違います。 そこで、地方公務員(市役所)の一般職・試験採用(大学卒)の新卒者の年収を計算してみましょう。 初任給平均は、17万9,000円になります。 ボーナスについては、 となります。 新卒者の場合、扶養家族がいる人は少ないと思いますので、扶養手当は0円とします。 また、4月1日からの勤務なので、6月1日の基準日間でまでは、3か月未満で計算します。 地域手当支給額は、1. 0とします。 人気企業内定者のESを覗き見! 人気企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。 内定者の回答から、 考え方、アピールポイントを学んでみましょう。 「」では、なかなか見ることのできないESを100社分掲載しています! ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、資生堂など、就活でも人気が高い企業のESを見ることができるため、内定者の回答だけでなく設問確認がしたいという就活生にもおすすめです。 なぜ大卒入社1年目の年収は高いのか 大卒の人は一般的には4年間で、専門知識を習得したと考えられています。 専門知識があればより難しい業務に適応できる可能性が高いと考える企業が多いと推測されます。 複雑な業務を手とり足取り教えることができる企業は、多くはありません。 4年間専門的な勉強をしてきた大卒であれば、基礎知識があるでしょう。 そんな基礎知識を企業は評価しています。 そんな大卒の人材を確保するには、年収を高めに設定するのは当然でしょう。 大学生側も初任給が高い理由をしっかりと認識して、勉強に励むべきでしょう。 企業側が大卒に期待しているのは、総合的な部門での活躍と役職での活躍でしょう。 面接時には口に出して言わなくても、本音では期待している可能性が高いです。 大卒の初任給は平均20万6,100円 男女を合わせた大卒の初任給の平均は、20万6,100円です。 この初任給が多いか少ないかは、人によって意見が分かれるでしょう。 企業はその年の物価に合わせてある程度は初任給を調整しますが、20万6,100円の初任給は妥当でしょう。 週休二日制の企業であれば、日給に直せば9,000円以上です。 日給で9,000円以上であれば、一般的には多いと思われるでしょう。 日給に直しても一般的には多いですが、月給は賞与の額の基本ベースになります。 賞与額を加えて12で割ったら、実質的な初任給はもっと高いでしょう。 企業によっては賞与が平均よりも多いケースがあります。 企業選びの参考の一つにしましょう。 厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査において、男性の学歴別平均年収をみていくと25~29歳の高卒が約380万円、大卒が約415万円となっています。 女性の学歴別平均年収は、同時点で高卒が約316万円、大卒が約382万円です。 高卒と大卒では大卒の平均年収が高いという結果になっていますが、20代のうちはそれほど差が大きくありません。 しかし、高卒と大卒の平均年収は年齢が上がるにつれて差が大きくなっていきます。 男性だと、45~49歳時点の平均年収が高卒で約662万、大卒で約898万円となり差が開いてくるのです。 生涯年収で考えると、高卒と大卒の得られる賃金には大きな差が出るといえるでしょう。 【年齢別】短大卒・大卒の平均年収の推移 では、次に下図をご覧ください。 短大卒と大卒の年齢別平均年収について男女別にまとめたものです。 同年齢の男子の25~29歳の例でみると、大卒と短大卒の年収に36万8200円の差があります。 同年齢の女性の25~29歳の例でみても、29万4000円の年収の開きがあります。 大卒と短大卒の年収の差が広がることはあっても、縮まることは上記の例ではありません。 同じ会社で短大卒が大卒の年収を上回ることは、難しいといえます。 しかし、これらはあくまで「平均」をベースにした話です。 すべての企業で必ずしもこの傾向に当てはまるわけではありません。 短大卒の人は大卒よりも2年早く社会に巣立つことで、それだけ早く社会勉強できます。 大学で学ぶよりも効率よく実践的スキルを身に付け評価されるなど、実を結ぶこともあるでしょう。 平均年収の高い業界 大卒や短大卒など、学校ごとの平均年収を知っておくことも大切ですが、それだけではなく業界ごとの年収を知っておくことも大切です。 業界によって平均年収は変わりますし、年収の高い業界もあれば、それほど高くない業界もあります。 業界内でも企業ごとに平均年収や待遇などは違いますが、平均年収の高い業界であれば高給取りになれる可能性は高いです。 どの業界・どの企業の平均年収が高いのかを調べるには1社1社見ていくこともできますが、それでは時間がいくらあっても足りませんよね。 このでは、21業界200社以上もの企業が紹介されています。 もちろん、業界ごとに代表的な企業の平均年収もまとめられているので、手っ取り早く平均年収を確認したい場合は活用してみると良いでしょう。 平均年収が高い業界としてはどのような業界が挙げられるかを知り、就職の選択肢として考えていきましょう。 では、平均年収の高い業界2つをご紹介します。 商社 平均年収の高い業界としては商社が挙げられ、商社の中でも特に総合商社は年収が高い傾向にあります。 商社は幅広くさまざまな商材を扱う総合商社と専門分野に特化した専門商社に分けられ、どちらも業界としての平均年収は高いです。 しかしより平均年収が高いのは総合商社の方であり、大手の企業であればかなりの金額の年収を得ることもできます。 商社業界は月々の給料も高いですが、それだけではなく手当やボーナスなどが手厚く支払われています。 特に海外赴任の手当てなどは大きく、海外赴任によって給料が倍以上に跳ね上がることも少なくありません。 商社は平均年収が高い業界ですが、同時に激務であることでも知られていますので、就職の際には覚悟を決めておく必要があります。 金融 金融業界も、平均年収が高い業界の一つです。 金融業界とひとくちにいってもさまざまな分野がありますが、特に銀行、保険、証券などは平均年収が高い傾向にあります。 銀行であれば大手のメガバンクなどは給料が非常に高いですし、給料の伸び率も安定して高いです。 保険の場合は営業職などになることが多く、実績に応じて報酬が出るインセンティブ制度を導入している企業も数多くあります。 証券の場合も同様にインセンティブ制度を導入している企業が多く、成果を出せば出すほどに高収入を狙うことができます。 金融業界はどの分野でも人気が高いですし、就職難易度も高いですが、給料だけではなく安定性も高いですし、しっかりと対策をしてから選考に臨むことが大切です。 賃金が高い企業ランキング 賃金の高い企業ランキングについてみていきましょう。 の調査によると、1位はサイバーエージェントで大卒の30歳社員の平均賃金は534. 204円となっています。 2位が大和証券グループ本社で520,449円、3位が第一生命ホールディングスで472,667円です。 サイバーエージェントは、ネットテレビのAbemaTVを運営している企業です。 社内公募制度などやる気のある社員を支援する社風のため、精力的に働いて収入を増やしたいという意図には向いている企業といえます。 ただし、賃金が高い企業は残業が多い場合も多いため体力面と精神面でタフさが求められます。 ランキングを参考にして、より詳しく企業研究をするようにしましょう。 大学ごとの平均年収ランキング DODAのによると、文科系と理科系の双方の学部がある大学のうちで1位が東京大学、2位が京都大学、3位が慶應義塾大学となっています。 東京大学出身者の平均年収は729万円です。 京都大学の平均年収677万円とは52万円の差があり、東京大学が唯一700万円台の平均年収となっています。 文科系または理科系のいずれかの学部しかない単科大学のランキングを見てみると、1位が京都薬科大学で815万円、2位が岐阜薬科大学で772万円、3位が明治薬科大学で732万円となっています。 東京大学は4位となっており、この結果から薬科大学出身の平均年収の高さが見て取れます。 また、東京工業大学は単科大学のランキングで6位に入っており、専門性の高い職業につく人が多い大学は年収が高いといえるでしょう。 年齢別の平均年収推移からわかること 学歴別の年収には、常に開きがあります。 学歴別に年収を決める具体的な計算方法は企業によって違うでしょうが、大学を卒業した人材は年収面で入社時点から優遇されているのは確かです。 高卒と短大卒でも年収に開きはありますが、大卒と短大卒ほどの差はありません。 それはなぜでしょうか。 大卒と短大卒の年収の差の理由を、具体的な事例を出して解説します。 大卒者の平均年収は中年層に移行しても高い 若年層であっても大卒と短大卒の年収の開きはありますが、中年層になればより開きは大きくなります。 男性の45~49歳の例でみます。 年収の差は179万4800円です。 同年齢で年収の差が179万円以上あれば、年収の開きはかなり大きいと言えるでしょう。 女性の同年齢のケースでみてみます。 年収の開きは129万3600円です。 男性ほどの差ではありませんが、女性の場合も短大卒と大卒の年収の差は100万円以上です。 中年層になって年収の開きが大きくなるのは、大卒の社員の場合は重要なポストに就いているからだと考えられます。 重要なポストに就けば、役職手当も大きいと推測できます。 独自の制度を設けている場合は年収がアップする場合もある 上記の年齢別一覧はあくまでも統計上の平均なので、すべての会社に当てはまるのではありません。 年功序列制度が歴然と機能していた時代は、上記のような年齢別の平均年収例は参考になっていました。 しかし今は能力給を採用する会社が増えてきて、年齢だけで年収が増えないようになってきました。 IT業界のような技術系の会社では、年齢よりも職種の内容により、年収が左右されることが多いです。 他には歩合の比率が高い会社でも、年齢による年収差はないです。 若くして社長や重役になる人が、当たり前のように登場している時代です。 この時代の流れが進行すれば、技術系の会社の年齢による年収額の平均は、あまり意味がなくなる可能性はあります。 コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか? そんな時は、を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。 コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。 平均年収は大卒の方が高い傾向にある 実力主義が時代の流れになりつつあります。 しかし勤続年数が長い人の収入が増えてくる給与体系は、完全にはなくならないでしょう。 総合職部門においては、これまでのように年功序列が採用されることが多いでしょう。 そうであれば大卒であるメリットはまだまだあります。 大卒の人材は年々経験を積んでいけば、重要な仕事を任されやすいです。 実力主義の時代になってきた今でも、大卒の価値はあります。 少なくても入社段階では絶対に有利です。 採用条件が大卒のみという企業も、まだまだ多いです。 採用条件が大卒のみという会社は、年収が高めの会社が多いです。 平均年収は当然高いですが、将来は重要なポストに就くと仮定すれば、年収はますます高くなります。 大卒というメリットはこれからもあり続けると考えられます。 読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My anaytics」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の