横田 稔。 yokota minoru profile

価格.com

横田 稔

生涯 [ ] 海兵51期 [ ] 横田は出身で、へ進みとして卒業した。 席次は255名中60番。 では「」乗組み となり、、指導官附らに実務訓練を受ける。 「浅間」乗組み候補生には、戦後『海上護衛戦』を著す、最後の駐米武官補佐官などがいた。 日本近海で航海を行っている最中にが発生したため救護任務に従事。 その後、方面への遠洋航海を行った。 潜水艦 [ ] (13年)12月、任官。 「」、「」乗組み等の初級士官時代を経て、(4年)11月、に進級した。 高等科を卒業し、「」潜水艦航海長兼分隊長に補されたのが潜水艦歴のはじまりである。 海兵51期からはで潜水艦を担当した、、「」を撃沈した「」潜水艦長、「」を雷撃した「」潜水艦長ら18名 が潜水艦を専門とする士官となり、うち12名が戦没、または殉職している。 横田は(昭和11年)5月に「」潜水艦長兼「」潜水艦長になるまでほぼ一貫して潜水艦乗組みが続いた。 「」潜水艦長を経て、甲種学生として潜水艦長教育課程を修了。 「」、「」、「」、「」と潜水艦長を歴任した。 (昭和14年)10月から、(昭和16年)7月まで潜水学校、「」(「伊27」から名称変更)の艤装委員長として11月6日の竣工を迎え、初代艦長となる。 太平洋戦争 [ ] 伊26潜水艦長 K作戦は二式大艇の最初の実戦投入であった。 同艦は第一潜水戦隊第四潜水隊に属したが、すでに日米開戦は目前の時期であった。 11月19日には、方面の偵察にあたるためを出撃した。 訓練は未成であったため、訓練を行いながらの航海であった。 「伊26」は、米艦船の針路によっては電信を発し、に向かうとの接触を回避する役割を担っていたが、、、などに米艦船を認めることは無かった。 の開戦を迎えた直後、「伊26」は米輸送船「シンシア・オルソン」(2140t)を砲撃によって撃沈した。 横田は船員が脱出できるよう配慮したが、37名と推定される乗員は行方不明となっている。 次いで米西海岸での通商破壊戦に向かったが戦果はなかった。 翌年1月にに戻った「伊26」に待っていたのはである。 この作戦はををもって爆撃するもので、潜水艦6隻が誘導、給油、救助待機などの役割を持ち、「伊26」は給油担当の予備艦としてへ向かい、給油中は哨戒を担当した。 横田が雷撃した「」の離脱により、米海軍の太平洋方面実働空母は「」と「の2隻となり、2週間後にが「ワスプ」を撃沈したため一時は「ホーネット」のみとなる。 3月末に日本へ戻り、「伊26」は修理を受けた。 5月から7月にかけて米西海岸で通商破壊戦に従い、商船「コースト・トレーダー」(3286t)を撃沈し、またの通信施設を砲撃している。 8月には方面に出撃し、付近で僚艦5隻と哨戒中に、大型艦2隻などを発見した。 潜航したため一度は姿を見失ったが、翌朝反転して哨戒区に戻ろうとしたところでを発見する。 これが1、3、7によって護衛されていた「」であった。 横田は距離3000メートルから魚雷6本を発射し2本の命中を得て、「サラトガ」を自力航行不能に陥れる。 「伊26」は5時間あまりの制圧攻撃を回避し帰還。 「サラトガ」は1月に「伊6」潜水艦によって4ヶ月以上戦線離脱する損害を受けたのに続き、今度は3ヶ月以上戦線を離脱することとなり、乗艦していた提督は負傷した。 ただし、戦中の日本海軍は「伊26」のこの戦果を認識していなかった。 「」の戦死者には5名が含まれる。 11月13日早朝、付近での哨戒を命じられた「伊26」は「」、「」などを発見した。 これらの部隊は、前夜に日本海軍の「」などと交戦()した部隊で、「ジュノー」はすでに損傷を受けていた。 横田は重巡を攻撃目標としたが、「あわてて撃ってしまった」 ために、三本発射した魚雷は重巡ではなく、一本が「ジュノー」に命中し、同艦は沈没した。 同艦の戦死者は、艦長をはじめとして676名に達し、米海軍四大悲劇のひとつとなった。 再び日本で「伊26」の修理を行い、(昭和18年)1月、へ進出。 への輸送や、の漂流者救助などを行っている。 方面では交通破壊戦に従事し、「レシナ」(4732t)、「コウアラ」(2125t)を撃沈した。 その後 「伊44」は横田の離任後回天作戦に従い、後任艦長は回天を発進させず更迭される。 この写真は1945年4月3日に撮影されたもので、翌日再び回天作戦に出撃する。 しかし18日に撃沈され回天隊員を含む130名全員が戦死した。 8月、横田は第一潜水戦隊()の首席に補された。 第一潜水戦隊司令部は、第17師団をからへ輸送する任務が与えられており、この船団はT2号輸送部隊と称された。 部隊は「」のほか特設艦船3隻、3隻で構成され人員6000名弱、車両170両、軍需品800立方メートルの輸送に成功した。 (昭和19年)1月、「」潜水艦の艤装員長となり、竣工後に初代艦長に就任。 同艦は第一五潜水隊 に所属し、に策応するため付近で米海軍艦艇を待ち受けたが、米海軍の優秀な潜水艦対策に苦しめられた。 同様の任務に従事していた日本海軍の潜水艦は6隻が撃沈され、「伊44」も飛行機と駆逐艦の連動した攻撃に損傷を受け、潜航を続けることができず浮上した。 ここでスコールに恵まれ駆逐艦からの離脱に成功した。 飛行機は上空に留まっていたが、攻撃してこなかったという。 「伊44」修理のため日本へ戻った横田はの実験に立ち会っている。 10月にへ進級。 第十一潜水戦隊参謀に転じ、潜水艦乗員の訓練を担当した。 (昭和20年)7月、第五十二潜水隊司令となるがほどなく終戦を迎えた。 戦後 [ ] 10月、横田は「」の艦長となり、輸送に従事。 で高校教師を務め、に入信し宣教師となった。 横田は入信の理由を「戦争の虚しさをつくづくと感じ、悔い改めようとした」 と述べている。 出典 [ ] 注釈• 横田は1本の命中と報告したが、実際には2本が命中している。 (『艦長たちの軍艦史』406頁、『艦長たちの太平洋戦争 続篇』165頁)• この日「伊26」はリーフに乗り上げ下部発射管三本が故障していたため、使用可能な発射管は3本のみであった。 この原因として海図の不備が指摘されている。 『海軍兵学校沿革』• 『帝国海軍士官入門』159頁• 『艦長たちの軍艦史』405頁• 『太平洋戦争航空史話(上)』100-101頁• 『潜水艦隊』176-180頁• 2012年7月3日閲覧• 『日本海軍潜水艦物語』73-77頁• 『帝国海軍士官入門』光人社NF文庫、2007年。 『潜水艦隊』朝日ソノラマ、1985年。 『艦長たちの太平洋戦争 続篇』光人社、1984年。 『米内光政秘書官の回想』光人社、1989年。 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。 鳥巣建之助『日本海軍潜水艦物語』光人社NF文庫、2011年。 『太平洋戦争航空史話(上)』中公文庫、2002年。 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』 原書房•

次の

価格.com

横田 稔

1、2年目の初心者ディレクターがバスターミナルへ行き長距離バスに乗る人と一緒に旅する企画。 条件はロケは金土の2日間だけ、バスに乗れるのは1回だけ、つまらなかったらお蔵入りというもの。 過去4回、たびに出たディレクターはそれぞれがもがき苦しみながら出会うべき人に出会い素晴らしい一期一会をスタジオに持ち帰った。 4人と比べて1年目ディレクター井上将司はむさ苦しさに加え欠点があった。 それは声の小ささ。 6月7日、舞台となる松山市駅高速バス乗り場へ到着。 バスを待つ女性からヒゲを指摘されお母さんから旅に同行するように求められた。 決断できない井上はバス乗り場から遠ざかり結局同行はやめた。 情報タイプ:施設 住所:愛媛県松山市湊町5 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 情報タイプ:施設 住所:高知県高知市栄田町2-1-10 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 情報タイプ:書籍• ・ 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 情報タイプ:企業• ・ 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 情報タイプ:その他音楽• ・ 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 情報タイプ:書籍 著者名:ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ• ・ 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 翌日、横田さんは響きがいいという理由で「セブンスデー・アドベンチスト 高知キリスト教会」でヴィオラ・ダ・ガンバの練習を行った。 この日、オルガン担当の片岡恭子さんも駆けつけ音楽知識に乏しい井上のため耳馴染みのある曲「いつくしみ深き」を演奏してくれた。 情報タイプ:商品• ・ 井上ディレクターはヴィオラ・ダ・ガンバを演奏する山下美子さんと共に高知駅に到着。 主宰者の絵本作家・横田稔さんのお宅はリビングが20畳ほどのホールになっていて、以前はリュート奏者のつのだたかしも参加していた。 横田稔さんのデビュー作は「はなののびるおうさま」でドイツ・ライプツィヒ国際図書展の児童書部門銀賞を受賞していた。 その後、横田さんは自身の出版社・草原社を設立。 また、文学者・堀口大學とも親交がありそのおかげで堀口が翻訳したドン・キホーテをアレンジし48部限定の豪華本を全て手作りで世に送り出した。 ヴィオラ・ダ・ガンバはサイズと出せる音域で大きく3種類に分かれ、低音域のバスガンバ、中音域のテナーガンバ、高温域のトレブルガンバがある。 ヴァイオリンやチェロとの違いはフレット。 弦は羊の腸で作ったガット弦を使用している。 頭だけで70〜80万円、楽器は数百万円する。 「耳をすませば」でヴィオラ・ダ・ガンバの演奏を聴く事ができ、作中で演奏していたヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の福沢宏さんも横田さんの友人でこの家で一緒に練習していた。 情報タイプ:映画•

次の

株式会社ワム 代表取締役 横田 稔

横田 稔

生涯 [ ] 海兵51期 [ ] 横田は出身で、へ進みとして卒業した。 席次は255名中60番。 では「」乗組み となり、、指導官附らに実務訓練を受ける。 「浅間」乗組み候補生には、戦後『海上護衛戦』を著す、最後の駐米武官補佐官などがいた。 日本近海で航海を行っている最中にが発生したため救護任務に従事。 その後、方面への遠洋航海を行った。 潜水艦 [ ] (13年)12月、任官。 「」、「」乗組み等の初級士官時代を経て、(4年)11月、に進級した。 高等科を卒業し、「」潜水艦航海長兼分隊長に補されたのが潜水艦歴のはじまりである。 海兵51期からはで潜水艦を担当した、、「」を撃沈した「」潜水艦長、「」を雷撃した「」潜水艦長ら18名 が潜水艦を専門とする士官となり、うち12名が戦没、または殉職している。 横田は(昭和11年)5月に「」潜水艦長兼「」潜水艦長になるまでほぼ一貫して潜水艦乗組みが続いた。 「」潜水艦長を経て、甲種学生として潜水艦長教育課程を修了。 「」、「」、「」、「」と潜水艦長を歴任した。 (昭和14年)10月から、(昭和16年)7月まで潜水学校、「」(「伊27」から名称変更)の艤装委員長として11月6日の竣工を迎え、初代艦長となる。 太平洋戦争 [ ] 伊26潜水艦長 K作戦は二式大艇の最初の実戦投入であった。 同艦は第一潜水戦隊第四潜水隊に属したが、すでに日米開戦は目前の時期であった。 11月19日には、方面の偵察にあたるためを出撃した。 訓練は未成であったため、訓練を行いながらの航海であった。 「伊26」は、米艦船の針路によっては電信を発し、に向かうとの接触を回避する役割を担っていたが、、、などに米艦船を認めることは無かった。 の開戦を迎えた直後、「伊26」は米輸送船「シンシア・オルソン」(2140t)を砲撃によって撃沈した。 横田は船員が脱出できるよう配慮したが、37名と推定される乗員は行方不明となっている。 次いで米西海岸での通商破壊戦に向かったが戦果はなかった。 翌年1月にに戻った「伊26」に待っていたのはである。 この作戦はををもって爆撃するもので、潜水艦6隻が誘導、給油、救助待機などの役割を持ち、「伊26」は給油担当の予備艦としてへ向かい、給油中は哨戒を担当した。 横田が雷撃した「」の離脱により、米海軍の太平洋方面実働空母は「」と「の2隻となり、2週間後にが「ワスプ」を撃沈したため一時は「ホーネット」のみとなる。 3月末に日本へ戻り、「伊26」は修理を受けた。 5月から7月にかけて米西海岸で通商破壊戦に従い、商船「コースト・トレーダー」(3286t)を撃沈し、またの通信施設を砲撃している。 8月には方面に出撃し、付近で僚艦5隻と哨戒中に、大型艦2隻などを発見した。 潜航したため一度は姿を見失ったが、翌朝反転して哨戒区に戻ろうとしたところでを発見する。 これが1、3、7によって護衛されていた「」であった。 横田は距離3000メートルから魚雷6本を発射し2本の命中を得て、「サラトガ」を自力航行不能に陥れる。 「伊26」は5時間あまりの制圧攻撃を回避し帰還。 「サラトガ」は1月に「伊6」潜水艦によって4ヶ月以上戦線離脱する損害を受けたのに続き、今度は3ヶ月以上戦線を離脱することとなり、乗艦していた提督は負傷した。 ただし、戦中の日本海軍は「伊26」のこの戦果を認識していなかった。 「」の戦死者には5名が含まれる。 11月13日早朝、付近での哨戒を命じられた「伊26」は「」、「」などを発見した。 これらの部隊は、前夜に日本海軍の「」などと交戦()した部隊で、「ジュノー」はすでに損傷を受けていた。 横田は重巡を攻撃目標としたが、「あわてて撃ってしまった」 ために、三本発射した魚雷は重巡ではなく、一本が「ジュノー」に命中し、同艦は沈没した。 同艦の戦死者は、艦長をはじめとして676名に達し、米海軍四大悲劇のひとつとなった。 再び日本で「伊26」の修理を行い、(昭和18年)1月、へ進出。 への輸送や、の漂流者救助などを行っている。 方面では交通破壊戦に従事し、「レシナ」(4732t)、「コウアラ」(2125t)を撃沈した。 その後 「伊44」は横田の離任後回天作戦に従い、後任艦長は回天を発進させず更迭される。 この写真は1945年4月3日に撮影されたもので、翌日再び回天作戦に出撃する。 しかし18日に撃沈され回天隊員を含む130名全員が戦死した。 8月、横田は第一潜水戦隊()の首席に補された。 第一潜水戦隊司令部は、第17師団をからへ輸送する任務が与えられており、この船団はT2号輸送部隊と称された。 部隊は「」のほか特設艦船3隻、3隻で構成され人員6000名弱、車両170両、軍需品800立方メートルの輸送に成功した。 (昭和19年)1月、「」潜水艦の艤装員長となり、竣工後に初代艦長に就任。 同艦は第一五潜水隊 に所属し、に策応するため付近で米海軍艦艇を待ち受けたが、米海軍の優秀な潜水艦対策に苦しめられた。 同様の任務に従事していた日本海軍の潜水艦は6隻が撃沈され、「伊44」も飛行機と駆逐艦の連動した攻撃に損傷を受け、潜航を続けることができず浮上した。 ここでスコールに恵まれ駆逐艦からの離脱に成功した。 飛行機は上空に留まっていたが、攻撃してこなかったという。 「伊44」修理のため日本へ戻った横田はの実験に立ち会っている。 10月にへ進級。 第十一潜水戦隊参謀に転じ、潜水艦乗員の訓練を担当した。 (昭和20年)7月、第五十二潜水隊司令となるがほどなく終戦を迎えた。 戦後 [ ] 10月、横田は「」の艦長となり、輸送に従事。 で高校教師を務め、に入信し宣教師となった。 横田は入信の理由を「戦争の虚しさをつくづくと感じ、悔い改めようとした」 と述べている。 出典 [ ] 注釈• 横田は1本の命中と報告したが、実際には2本が命中している。 (『艦長たちの軍艦史』406頁、『艦長たちの太平洋戦争 続篇』165頁)• この日「伊26」はリーフに乗り上げ下部発射管三本が故障していたため、使用可能な発射管は3本のみであった。 この原因として海図の不備が指摘されている。 『海軍兵学校沿革』• 『帝国海軍士官入門』159頁• 『艦長たちの軍艦史』405頁• 『太平洋戦争航空史話(上)』100-101頁• 『潜水艦隊』176-180頁• 2012年7月3日閲覧• 『日本海軍潜水艦物語』73-77頁• 『帝国海軍士官入門』光人社NF文庫、2007年。 『潜水艦隊』朝日ソノラマ、1985年。 『艦長たちの太平洋戦争 続篇』光人社、1984年。 『米内光政秘書官の回想』光人社、1989年。 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。 鳥巣建之助『日本海軍潜水艦物語』光人社NF文庫、2011年。 『太平洋戦争航空史話(上)』中公文庫、2002年。 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』 原書房•

次の