最高 に おば かな ゲーム 答え。 ナンクロかな/漢字単語検索

ナンクロかな/漢字単語検索

最高 に おば かな ゲーム 答え

概要 当時テレビで放送されていた人気アニメ『オバケのQ太郎』 第3期 をゲーム化したもの。 主人公であるQ太郎が、犬などの敵キャラをかわしつつ、ステージ途中で手に入る届け物を、ステージ最後で待っているキャラクターに届けたり、誘拐されたオバケの仲間を助けだす事が目的の横スクロールアクションゲーム。 全12面。 ゲーム内容 操作方法• 画面上部にはパワーゲージが表示されており、時間経過で減少していく。 Bボタンでジャンプ中、Bボタンを押しっぱなしにすると空中に浮かぶ(飛ぶ)ことができ、十字ボタン8方向で自由に動けるが、飛行中はパワーゲージの減少が激しくなり、ゲージが一定量以下になると強制的に地上に降ろされてしまう。 敵や敵の攻撃に触れたり、パワーゲージが全て無くなったり、ゲーム中の時間で20時 午後8時 を過ぎるとミスとなる。 アイテム• リンゴ、ブドウ、おにぎり、団子、ケーキ• パワーゲージが一定量回復する。 Qマーク• 特定の食べ物を取ると出現。 パワーゲージが食べ物よりも多く回復し、かつ半透明になって一定時間無敵となるがワンワン砲にあたると即座に無敵が切れる。 スペシャルキャンディー• 取るとAボタンで飛び道具「ガウガウ砲」により、敵を倒す事が出来る。 1つ取ると4発発射可能で、重ね取りすることによって9発までストック可能。 ミスするかステージをクリアするとゼロに戻る。 また、いくつかのステージ中の穴に落ちると真っ暗な1画面の「地獄」に落とされ、いくつかのステージではある場所からアイテムがいっぱいの「天国」に飛ばされる。 問題点 当時の子供たちに人気のあった『オバQ』だから難易度も子供向け…かと思いきや、これが大人でも相当手こずるほど難しい。 きっちりとパターンを組む必要があり、いい加減なプレイでは1面すらクリアできない。 Q太郎の移動速度はかなり遅い。 ジャンプは空中制御こそ可能だが、非常にもっさりしており、上昇も下降も遅い。 Bボタンでジャンプというあまり馴染みの無い操作方法もさることながら、不用意なジャンプはすぐにミスにつながる。 ゲーム開始直後から、Q太郎を正確に追尾してくる子犬が出現する有様。 原作通り、Q太郎が苦手な犬は敵キャラクターであり、触れれば当然ミスになるのはいいとしても、 スズメやカラス、風船や工場の煙突から出る煙 に触れてもミスになる。 犬も吠える奴がいて「ワンワン砲」を飛ばして攻撃してくるが、 リーチ、速度ともQ太郎のガウガウ砲を上回る。 安易にガウガウ砲で倒しに行こうとすると先にやられやすい。 また、子犬、ブルドッグ以外の、 チャウチャウ、スズメ、カラスといった敵にはガウガウ砲は一切通用しないので、避けていくしかない。 地獄に落ちた場合、見えない足場を使って脱出せねばならないのだが、これがかなり難しい。 しかもこの地獄ではミスしても残機が減らない代わりに脱出できなかったら延々とやり直しさせられる。 おまけに、10面以降は特定の場所を通ると出現するジュエルを取らないと画面上に食べ物が出現しない始末。 終盤は敵キャラに加え、パワーゲージ切れの恐怖とも戦わなければならない。 12面をクリアすると1面にループする が、1周するごとに難易度が上がっていく。 評価点• 時間経過に伴って空の色が変わる。 開始直後の朝なら濃い青、昼間なら水色、夕方ならオレンジ、夜なら黒、といったもの。 Q太郎は犬が苦手、空を飛べる、消える事が出来る、といった原作の設定がきちんとゲームに生かされている。 顔だけとは言え、ハカセ、神成さん、ドロンパ、正太、ゴジラ、小池さんといった主要キャラが一通り登場する。 総評 「子供向けのゲームだと思って簡単だと思ったら大間違い」というバンダイからのメッセージが込められているような作品。 ある意味原作以上に強い犬の存在の前に、当時の多くのチビっ子が撃沈されていったのは想像に難く無い。 バンダイには珍しく極端に遊べない出来ではなく、原作をきちんと活かした特徴あるシステムにも光るものはあったのだが、 いかんせん、バランスが悪いのが惜しい、なんともバンダイらしい作品であった。 よく出来たシステム・構成に高難易度を組み合わせた本来キャラゲーのガワを被せる必要も無い作品だが、バンダイ発売の必然でキャラゲーになってしまったせいで内容に釣り合わない低年齢プレイヤーを呼び寄せ不当にクソゲー評価されてしまった感がある。 大会の景品として金色のカセットがプレゼントされた。 Q太郎の色が金色になっていること以外は、通常版と同じ内容である。 海外でも発売されており、タイトルが『Chubby Cherub』でQ太郎が天使になっている。 当時の特撮番組で、このゲームが使われる場面があった。 『世界忍者戦ジライヤ』第1話で、主人公闘破の義妹ケイがお菓子を食べながら楽しそうにこのゲームをプレイしているシーンがある。 『巨獣特捜ジャスピオン』第42話で、登場人物の浩がこのゲームをプレイしているシーンがあるがBGMが差し替えられている。 『魔法少女ちゅうかなぱいぱい! 』第5話で、主人公のぱいぱいがこのゲームをプレイしているシーンがある。 こちらでもBGMが差し替えられており、なぜか。 どうしてそんな組み合わせなのかは謎。 BGMは中華繋がりと分かるが…….

次の

【頭の体操クイズ】○○に入るひらがな2文字を答えなさい

最高 に おば かな ゲーム 答え

お~い! もう桜が咲きそうなくらいに暖かくなってきたぞ~!! 「春眠暁を覚えず」と言われるように、春はぼんやりとしてしまいがち。 ほげ~としているアナタに問題です! 突然出題する、恒例の「」の時間がやってきたぞ! 今回は、クイズの定番であるマッチ棒クイズだ。 「5+3=9」、マッチ棒で作られたこの数式、2本を動かして式を正しい式にしなさい!! ・答えは2つ 今回の出題も、天才ゲーム開発者の高橋晋平氏によるものだ。 過去の高橋氏の出題と比べると、今回はかなり優しいかもしれない。 瞬時に答えがわかった! という人もいるだろう。 あらかじめお伝えしておくと、答えは2つあり、ひとつは次のようになる。 ・8-3=5 「+」と「9」から1本ずつマッチ棒を取り、「5」を「8」に変えるパターンだ。 これも正解だが、もうひとつ考えてみて欲しい。 わかるかな~? ひっかけ問題ではないので、あまり深く考えないように。 シンプルに考えると答えが見えてくるぞ~。 わかったという人は、へ。 わからない人にはひとつだけヒント、数字は1~9だけじゃないよね? これでわからなければブー! だ。 心の準備が良ければ次へ! 出題: 執筆: イラスト:Rocketnews24.

次の

【頭の体操クイズ】「5+3=9」 マッチ棒2本を動かして正しい式にしてください

最高 に おば かな ゲーム 答え

美佳のタイプトレーナよくある質問とその答え集 ECS [Enter] Enhanced Console support System V1. 00 が常駐しました. COPYRIGHT C FUJITSU LIMITED 1994. Copyright C S. Ito 1994. 「MIKATYPE. EXE」を実行します。 16ドットフォントを縦に圧縮して表示しているため多少見づらいですが、一応 表示させることができます。 例)MIKATYPE を実行します。 25行表示を解除するには「ECS -R」を実行します。 例)プログラムの常駐を解除します。 00 を開放しました. MACやLinuxでは作動しません。 以前は、各パソコンメーカーのショールームでフリーソフトの作者が、 新機種での自作ソフトの動作チェックを行うことができました。 しかし、今ではソフトの動作チェックは市販ソフトの制作会社のみに対応し、 個人のフリーソフト作者の動作チェックは受け付けないパソコンメーカー が多くなっています。 そのため、株式会社か、有限会社などが法人名義で作成したフリーソフトを除いて フリーソフトの作者が新機種で自作ソフトの動作チェックを行うことはできません。 事前に新機種での美佳タイプの動作チェックを行いたい場合は、 パソコン販売の業者から対象となる機種を借りるなどして、 ご自分で動作チェックを行って下さい。 パソコンの製造メーカーや、販売代理店からの動作確認の問い合わせ、 あるいは動作確認の依頼は受け付けておりません。 顧客からの問い合わせなどありましたら、ご自身の会社でお持ちのパソコンでご自分でお調べ下さい。 美佳タイプはきわめて簡単な作りのソフトです。 したがって動作チェックには複雑な手順はありません。 通常の練習の手順を一通り行い、特殊なケースをいくつか実行します。 練習の手順は付属のドキュメントmikatype. txtを参照して下さい。 以下の手順でテストを行って下さい 各練習を一通り数回行って、練習が正常に行えるかを確認します。 間違ったキーを押して、エラー表示が正しくされるかも確認します。 練習の途中でescキーを押して中断するケースもテストします。 練習の特殊な例として、入力をすべて間違えて、正しい入力を一度もせず、 escで終了するケースを行います。 ポジション練習では練習の途中でスペースバーを押して キーガイドの表示が切り替わるかを確かめます。 キーガイドの表示がないときは、2秒後に入力するキーの位置が表示されるのを確かめます。 ランダム練習では練習文字を全部打ち切って60秒以内に練習が終了する場合と、 全部打ち切ることができずに60秒の制限時間で練習が終了する場合の両方をテストします。 またランダム練習では最初の一文字だけ正しく入力し制限時間の60秒が経過するまで、 入力を行わないケースもテストします。 プログラムを終了して成績ファイルmikatype. sei mikatype. log mikatype. spdが、 正しく書き込まれているのを確認します。 練習の途中で美佳タイプをアイコン化して、再度表示を行って 表示が正しく再表示されるかを確認します。 美佳タイプの表示を他のプログラムのウィンドーで隠した後、再度美佳タイプを 最上位のウィンドーにして、表示が正しく再表示されるかを確認します。 最後に念のため数回起動して、各練習を繰り返し行います。 他の美佳タイプシリーズの動作チェックも同様にして行って下さい。 動作チェックは一つのプログラムにつき20分から30分程度で終わると思います。 美佳のタイプトレーナはフリーソフトですので、 学校にパソコンを納品した業者向けのサポートは行っておりません。 もし質問事項などありましたら、学校のパソコン担当者が直接メールをしていただくよう お願いいたします。 美佳タイプは学校などの教育機関や個人が使用する場合については、 ホームページのFAQ、電子メール等で無料でサポートを行っています。 しかしながら、企業などで業務の一環として、使用している場合については、 場合によっては電子メールでの質問等にお答えしかねることもあります。 学校で使用する教材用のテキストやホームページに美佳タイプの画面を掲載したり、 マニュアルを転載して用いたりするのに許可は不要です。 一般の書店で市販されるコンピュータ雑誌などの書籍に掲載するときは、事前に連絡をいただければありがたいです。 オンラインソフトは一般的には圧縮して掲載されています。 1.多数のファイルを一度でダウンロードできること。 2.サイズが小さくなりダウンロードの時間が少なくてすむこと。 などが圧縮されている理由です。 またオンラインソフトを再配布(他の人に配ること)を行うときは、 圧縮形式のままで再配布を行うことがマナーとされています。 1.マニュアルや、著作権を表記した同包ファイルの散逸を防ぐため。 2.プログラムを使用したとき生成されるファイルが同時に再配布されるのを防ぐため。 3.プログラムの初期設定などが、使用時に変更されて配布されるのを防ぐため。 などが理由とされています。 美佳のタイプトレーナシリーズもできるだけ圧縮形式で再配布して下さい。 しかし、パソコンの初心者には解凍の作業はかなり難しいものです。 1.授業で教材として学生に配布する場合。 2.中学生や高校生、高齢者など解凍が困難な初心者に配布する場合。 に限っては解凍して配布してもかまいません。 しかし、解凍したソフトを再配布するのはなるべくしないように、 指導して下さい。 インターネットで美佳タイプのシリーズをダウンロードできるのは当ホームページだけです。 一部の個人や、大学などのホームページに転載されて居ますが、 商用のオンラインソフト掲載サイト等には登録しておりません。 mikatype. lzhのダウンロードですが、 インターネットエクスプローラの場合について説明します。 アンダーラインのあるMIKATYPE. LZHをクリックすると、 「ファイルのダウンロード」の、ダイアログがでてきます。 「このファイルをディスクに保存します」を選んで「OK」ボタンを押すと、 今度は「名前を付けて保存」のダイアログがでてきます。 そこで、保存するフォルダーを指定して、 ファイル名mikatype. lzhを記入して「保存」ボタンを押せばダウンロードできます。 ダウンロードしただけではそのままでは動きませんので、 あとは解凍をして下さい。 またダウンロード手順は市販のインターネット雑誌にも 紹介されていますので、参考にして下さい。 美佳タイプのシリーズはlhaという圧縮プログラムで圧縮された形式で、ホームページに掲載してあります。 解凍プログラムを使って解凍してからでないとプログラムは使用できません。 Windows95、98の場合、解凍用ソフトはいろいろありますが 一般的にはLhasaがよく使われています。 Lhasaは雑誌の付録CDなどで入手できます。 インターネットで入手する場合は、 インプレス社の窓の杜からダウンロードできます。 URLは です 解凍の詳しい説明は、インターネットの雑誌やフリーソフト集の雑誌などに、 詳しく紹介してありますが簡単に紹介しておきます。 Lhasaは自己解凍形式ですので、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、 自動的に自己解凍します。 解凍の結果Lhasa. exeと他のファイルが生成されます。 Lhasaをダブルクリックすると、解凍の設定を行うことができます。 書庫と同じ場所に解凍を選択してください。 あとは、Lhasaにmikatype. lzhなどの圧縮されたファイルををドラッグアンドドロップするだけです。 解凍したあとは、プログラムのアイコンををダブルクリックすれば プログラムが起動できます。 初心者の方には、ダウンロードや解凍はかなり難しい操作です。 簡単な説明だけで理解するのはなかなかできないかと思います ダウンロードや解凍の仕方を説明した市販の書籍がいろいろ発売されていますので お近くの本屋で購入して勉強して下さい。 次の本などもお薦めいたします。 そうすれば、生徒はどのパソコンでも、自宅に持ち帰っても練習できます。 パソコンのハードディスクにインストールするときは、 ショートカットを作成して、成績ファイルをフロッピーに作成するように、 作業ディレクトリーを設定することをおすすめします。 成績ファイルも、ハードディスクに作成する場合は、 ショートカットを生徒の数だけ作るのが一つの方法です。 美佳のシリーズはサイズが小さいので、生徒の人数分ディレクトリーを作って 、そこにプログラムを生徒ごとにコピーしている学校もあります 美佳のタイプトレーナシリーズでは成績の年号を下二桁で表示しています。 しかし年号の比較は行っていませので、2000年問題は発生しません。 美佳カナは半角カナ文字で入力する必要があります。 通常のカナ漢字変換モードで入力すると、一文字キーインするたびに、 入力確定のためリターンキーまたはエンターキーを押さなければなりません。 これでは、練習が不都合ですので、カナ漢字変換を行わないモードで入力する必要が あります。 カナ漢字変換を行わずに入力行うための方法は、 Windowsのパージョンによりやりかたが異なります。 Windows 98、ME、2000、XPでは、付属の説明書あるいは市販のキー入力操作 を解説した入門書などを参照して下さい。 IME 98 、2002 では、変換モードを無変換、入力モードを直接入力に設定して、 言語バーの右下にあるKANAボタンを押してカナキーロック状態にしてください。 ATOK15では、入力モードを半角モードにしてキーボード状態をカナに設定してください。 変換モードや、入力モードの用語がわからないようでしたら、 パソコン付属の説明書や、市販の解説書をお読みください。 メーカーや、ソフトの会社によって、「半角カナを無変換で入力するモード」の呼び方が違っています。 問い合わせを行う際は「カナ文字を半角で入力したいのですが、そのさいにカナ漢字変換の操作を毎回行わずに、連続して文字を打ち込むやり方を教えてください」 と詳しく操作方法を説明して問い合わせてください。 Windows 3. 1、95、NTのMS-IMEでは無変換モードと直接入力モードがあります。 無変換モードではMS-IMEのバージョンによっては美佳カナは作動しません。 そのためMS-IMEでは直接入力モードの半角カナモードで入力して下さい。 切り替えのためのキー操作はキーボードの種類によって違いますが、 次のようにして下さい。 直接入力モードで以下のキーを押します。 SYSをCONFIG. SYSに 組み込まないと、表示ができません。 あらかじめ出荷時に組み込んである機種と、組み込んでない機種があります。 組み込みがされていない機種では、自分で組み込みをしないといけません。 初心者の方にはすこし難しいですが次のようにして下さい。 Windows95の場合 CONFIG. SYSに以下の行を追加します。 SYS Windows3. 1の場合 CONFIG. SYSに以下の行を追加します。 SYS DOSの場合もANSI. SYSのあるディレクトリーに対応して CONFIG. NT に「ANSI. SYS」を追加します。 例)以下の行を追加します。 sys これで、エスケープ文字が正しく表示されるようになります。 旧バージョンの美佳タイプでは、ファイルに書き込みを行う際にエラーのチェックを行っていません。 そのため、成績ファイルや、ログファイルに書き込みをした際にエラーがあると、 Windowsの場合はシステムがエラーメッセージを表示します。 MS-DOSの場合も、同様にプログラムではエラーチェックはしていませんが、 MS-DOSのシステムがエラーを無視しますので、エラーメッセージは表示されません。 書き込みエラーは、ハードディスクの場合は、 1.成績ファイルなどのファイルが読み出し専用になっている時。 2.ハードディスクの容量がいっぱいで書き込みができないとき。 などに起きます。 またフロッピーの場合は 1.フロッピーが挿入されていない場合。 2.フロッピーが、書き込み禁止になっているとき。 3.フロッピーの容量がいっぱいの時。 などの場合起きます。 現在リリースされている最新バージョン(mikafreeを除く)では異常終了はしないよう修正しました。 ただし、成績ファイルに書き込みができない場合でもエラーメッセージは表示されませんのでご注意下さい。 美佳タイプは入力速度の表示を小数点下一桁で行っています。 しかし、プログラム内部では倍精度実数で計算しているため、 下一桁以下の成績がわずかでも前回を上回っていると、記録を更新したと判定されます。 MIKATYPEでは、ポジション練習の記録は、合計の練習時間しか保存されません。 最高速度の記録はランダム練習、英単語練習、ローマ字練習のみです ポジション練習の記録も保存したいときは、美佳のタイプトレーナ もぐらたたき編を使って下さい。 美佳タイプでは時間の経過をパソコンのクロックを参照して表示しています。 パソコンのクロックが正常に作動していないときは、経過時間が正しく表示されないときがあります。 パソコンのクロックは長期間パソコンを使用していなかったり、プログラムが暴走したときなどに狂うときがあります。 DOSのDATE、TIMEコマンドなどで、クロックが正しく設定されているか確認して下さい。 クロックが正しく設定されていない時はDATE、TIMEコマンドを用いて設定し直して下さい。 00で作成されています。 そのためプログラムが作動するためにはMFC40. DLLがあらかじめインストールされている必要があります。 通常のパソコンではMFC40. DLLはあらかじめインストールされて出荷されています。 しかし一部の旧式なパソコンや、自作パソコンではインストールされていない場合があります。 MFC40. DLLはパソコン雑誌の付録や、インターネットで入手できますので、インストールしてご利用下さい。 MIKATYPEでは自作のテキストを練習する機能はありません。 MIKATEXT「美佳の英文タイプテキスト練習編」を使って下さい。 MIKATEXTには付属の英文があり MIKA001. mit〜MIKA006. mit のファイルに納められています。 ファイル名は固定になっています。 自作の英文をこれらのファイルのどれかと入れ替えて下さい。 英文ファイルの最初の一行は、MIKATEXTのメニューに表示される練習テキスト名になりますので、 適当な練習テキスト名を半角30文字以内で書いて下さい。 練習行の横幅は最大で80文字ですので、60〜70文字程度で一行が終わるように かならず改行を入れて下さい。 最後の一行はよく改行を入れ忘れますので、最後の一行もかならず改行を入れて下さい。 また最初の一行目の練習テキスト名には全角文字も使用できますが、 練習テキスト自体はすべて半角で入力して下さい。 美佳タイプでは、タイプ速度はすべて一分あたりの入力文字数で表示されます。 一分ちょうどで練習が終わった時は、入力した文字数がそのままタイプ速度になります。 一分以内に練習が終わったときは 入力文字数X60/入力秒数 の式で計算した値を四捨五入して、小数点一桁まで求めます。 従って一分以内で入力を完了した場合は、通常は小数点以下一桁の端数がでます。 美佳タイプの成績ファイルmikamogu. seiの中身をみるためにはエディターが必要です。 ファイルをダブルクリックしても中身は見ることができません。 エディターをお持ちでないなら付属のプログラム、ワードパッドでも代用できます。 ワードパッドを起動してファイルを開く指定でファイルを選択すれば、 mikamogu. seiを見ることができます。 ワードパッドはスタートメニュー、プログラム、アクセサリーの順にたどれば 起動できます。 ファイルを開くダイアログのときには、ファイルの種類ですべてのファイルを 指定して下さい。 mikatype. spd mikatype. logのファイルも同様にして見ることができます。 美佳タイプのWindows版の旧バージョンでは、ランダム練習、英単語練習、ローマ字練習で、 経過時間が61秒になることがごくまれにあります。 新バージョンではすべて修正済みです。 美佳タイプのWindows版の旧バージョンでは、フォントのサイズが18ドットのとき、 0ゼロとOオーの区別がきわめて見づらくなっています。 新バージョンでは22ドット以下の0ゼロとOオーのフォントを明朝体にすることにより 区別がしやすくなりました。 ウィンドーのサイズをなるべく大きくすると、フォントのサイズも大きくなり区別はより見分けやすくなります。 それでも、区別が難しいようでしたら、拡大ボタンにより画面を最大化して使って下さい。 Vector のサイトから「BEEP音制御ユーティリティ」 (フリーソフト)をダウンロードします。 解凍したプログラム「BEEP. COM」を、「MIKATYPE. EXE」と 同じディレクトリにコピーします。 コマンドプロンプトで「MIKATYP. EXE」のあるディレクトリに 移動します。 「BEEP OFF」と実行します。 例)プログラムを常駐させます。 「MIKATYPE. EXE」を実行します。 これで、タイプミスしても、ビープ音が出なくなります。 例)MIKATYPE を実行します。 解除するには、もう一度「BEEP」を実行します。 例)常駐を解除します。 上記の手順を、BAT ファイルにするには、以下のようにします。 '------------------------------------------------------------ 'MIKA. EXE、BEEP. すると今度は、ベルがなるほうがいいとの意見が多数寄せられてきました。 次回はベル音はオプションにして、WAVEファイルで, 好きな音を指定できるようにしたいと思います。 次回のバージョンでは、もう少し工夫したいと思います。 WAVEファイルで、「おめでとう」とかの声をだすのもいいのではと思っています 女性と男性では、色の好みにはかなり差があるようです。 次回のバージョンでは、もう少し工夫したいと思います。 次回のバージョンでは、背景の色や模様には、 もう少し工夫したいと思います。 将来は対応したいと思います。 タッチタイプの練習は、ピアノの練習よりはやさしいと思います。 特に最近の子供はゲーム機になれているので、キーボードの操作には抵抗はないようです。 小学校の3、4年程度の学年からなら十分練習できると思います。 初めてパソコンを勉強する初心者の方には、ローマ字入力をおすすめします。 ローマ字のほうが、カナ入力より修得が容易であること、 英文字の入力も英文タイプや、プログラムの入力のために練習したほうがいいこと、 などがその理由です。 カナ入力のほうが、打つキーの数が、ローマ字のほぼ半分になるのは確かです。 しかし、だからといって、打つ速度は二倍にはなりません。 カナ入力では、タッチタイプが困難な最上段のキーを打たなければなりません。 最上段のキーを打つとき、タイプスピードはかなり遅くなります。 またローマ字入力では、文字の組み合わせを指が覚えてしまうので、 カナ入力にくらべて、かなり高速で打つことができます。 カナ入力はかなり練習してもローマ字入力より2割から4割増し程度しか速く打てません。 ローマ字入力でタイプ練習を始めると、最初の頃は、 ひらがなをローマ字に変換しながら打つことになります。 そのために、ローマ字変換はなめらかな思考をじゃまするからよくないと、 主張されるかたがおられます。 しかしローマ字で打つのになれてくると、ちょうど自転車に乗っているとき、 ハンドル操作のことを全然考えないのと同じように、 ローマ字変換のことを考えなくても自然に指が動くようになります。 したがって、思考のじゃまになるということはありません。 次のような資格がありますので、受けてみましょう (通称、キータッチ2000テスト) 主催、文部省後援 美佳のタイプトレーナのランダム練習と、英単語練習のような練習問題を、 10分間に2000字打つ試験です。 不合格はなく、10分間にタイプできた文字数が認定されます。 10分間に2000字を全部打てたら、ゴールドホルダーの称号が授与されます。 ワープロの入力速度と、美佳タイプのローマ字単語練習との相関については、 があります。 概略の数値ではローマ字単語練習の80文字がワープロの300文字に相当するとの結果がでています。 ワープロ検定の合格に必要なタイプ速度は 一級800字、二級500字、三級350字、四級280字(10分間) です。 (平成10年4月1日より、基準が変更になっています) 検定に合格するには上記の基準に2〜4割ていどの余裕をみて、美佳タイプのローマ字単語練習の速度 一級 260〜300 二級 160〜190 三級 110〜130 四級 90〜105 が合格の目安になると思います。 ブラインドタッチが差別用語かどうかについては、 パソコン通信の世界で長年にわたり不毛の論争がくり広げられてきました。 したがって、パソコン通信やインターネットでは、この話題については、 質問を書き込んだりはしないことをおすすめします。 タッチタイプの方が一般的に用いられる用語だと思いますので、 なるべくこちらを使いましょう。 確かにチャットをするとタイプの速度はぐんぐん速くなります。 チャットが好きな方は一日3、4時間もチャットに夢中になります。 毎日こんなにタイプを打てば速くなるのも、もっともなことです。 チャットをする際の注意事項を二つあげておきます 一つには、課金と電話代に十分気をつけること もう一つは、チャットでHな話に誘われたらかならず断ることです。 特に深夜の時間帯では、気をつけましょう。

次の