グラブル ルシファーhl 行動表。 ルシファーHL 闇属性攻略まとめ【グラブル攻略】

ルシファーHL 火属性攻略まとめ【グラブル攻略】

グラブル ルシファーhl 行動表

ルシファーハードに参加するための目安 必須• スパルタを取得済み• HPは 最低でも3万以上• 同じ種族をメンバ内に入れない編成を組める状態で参戦属性で1ターンに1000万以上のダメージを出せる• アビリティ&攻撃ダメージ&召喚石ダメージも全部含めて• ディスペル+スロウを用意できる 理想• 主人公のHPは5万以上、他メンバも4万5000ほど欲しい• 私はHP52000で初クリア• 召喚石黒麒麟3凸を用意できる 編成に組み込むかどうかは自己判断• 召喚石アテナ(3凸ならなお良し)を用意できる。 召喚石テュポーン4凸• ディスペル効果付きの召喚石• ディスペル効果のみの召喚石も強い( ゼピュロス、メタトロンなど)• 召喚石ルシフェル• 召喚石バハムート• 召喚石シヴァ 主に1000万チャレンジまたは最後の押し込み 主人公のEXアビリティの参考 主人公のジョブは現状スパルタ6人固定が多いためアビリティもある程度決まっている。 かばう• シールドワイアー スロウ• クリアオール• ディスペル 「クリアオール」と「かばう」はどちらかを選択することになるが、「クリアオール」は 参戦者全体で3~4枚は欲しいため、不慣れなうちは「かばう」を選択させて欲しいことをPTメンバに伝えるというコミュニケーションもあった方が良い。 「かばう」は回復手段やカット手段が他属性よりも少ない火土属性の方に割り振る事が多い。 また、グラビティも1枚は欲しいがEXアビリティである必要はない。 どうしても用意できない場合外さないためにもアンチラ 弱体性DOWN有り が入りやすい風属性が候補になるか。 基本は赤太字の シールドワイアー、クリアオール、ディスペルの3点。 ルシファーハードに参加するにあたって理解しておくこと• 十二の試練の概要を覚えておく(バトル中にも確認できる)• 同種族を複数入れることを避ける 25%以降強制即死判定• ただ、 明確な意図 オクトーとサラーサでの試練突破など がある場合はその限りではない。 各属性1名ずつにバラける• ディスペルは各自1個から2個 EXアビやカトル、ゼピュロスなど)• カトルのアビは羽にもグラビティが入るため注意が必要• 参戦者全体で6人戦闘不能で強制終了 羽のHP70%以降• カウントなどと略される。 この時点から参戦者のPTメンバーが1人死亡するごとにカウントが1ずつ減り、初期6から0になると強制全滅技「ジ・エンド」が発動して終了となる。 そのため、 回復手段が乏しい火属性の人が踏むことが多い。 アーカーシャと同様のもので敵のCTやアビリティのCTも進むためファランクスもその分回るため深く意識する必要はない。 12の試練 12の試練は羽のHP50%時の特殊行動により発動する。 各試練は戦闘開始前に解除担当を決めておいて処理する。 12の試練となっているが、12個目の試練は他の11の試練を突破すると解除されるのでプレイヤーが意識するのは11種類となっている。 試練の突破をしやすい属性があるためその属性に紐づく事が多い。 福音の赫刃 ルシファー本体が 特殊技を使う度にLvが上がっていくバフのようなもの。 Lv0:攻撃力上昇• Lv1:攻撃力上昇• Lv2:攻撃力上昇+攻撃にバフ消去効果2回が追加• Lv3:攻撃力上昇+攻撃が弱点属性攻撃に変更+無属性ダメージ追加• Lv4:攻撃力上昇+全属性ダメージカット(ファランクス等)無効 発動はある程度仕方がないがLvの上昇だけは避け、Lv1までに抑え込む。 そのため、 ディスペルの重要性は高く、召喚石等の合体召喚でディスペル効果を上手に利用して回していくといった手法が取られることが多い。 参戦者のジョブの種類に応じて被ダメージが一定値に制限され、毎ターンHPを回復する状態(消去不可) 黒き羽が特殊技「マルス」を発動すると解除される。 現状スパルタ6人で討伐に挑む事が多いため 「マルス」を受けて「福音の黒翼」を解除することが必達となっている。 解除失敗の場合、討伐PTが同ジョブ系統(スパルタ、ホーリーセーバー)6人だと与えるダメージの上限が50万に制限されるため、1ターン1000万ダメージが絶望的になる。 「マルス」を受けると2ターンの間「禁断の果実」という状態効果が味方に付与される。 奥義性能が大きく向上するが、 奥義発動後に無属性ダメージを1万受けることになるためHP管理に注意が必要。 3種類のパラダイス・ロスト パラダイス・ロストは3種類あり、名前こそ同じもののすべて異なるものです(ややこしい)• 開幕のパラダイス・ロスト• ルシファー本体と羽の同時CT MAXのパラダイス・ロスト• どうあがいても3万ダメージは受けるので諦める ルシファー本体と羽の同時CT MAXのパラダイス・ロスト 全属性カット無効の全体8万ダメージ ただし、 属性ダメージカット、無敵効果、ガード、反射などは有効• 対処例• 水属性は、エウロペとリリィの属性変換で対処• 土属性は、ゴブロの無敵効果で対処• 光属性は、ヴィーラの全体かばうにて対処• 闇属性は稀にゾーイのコンジャクションで対処 個人的には水属性、土属性、光属性が容易と感じる。 とはいえ受けることよりもCT調整の方が大変なため水属性が一番やりやすいかなと思っています。 その他の覚えておきたい事項• 特殊行動でCTはリセットされない• ミゼラブルミストなどの攻防DOWNが無効なため、属性攻防DOWN、累積攻防DOWNで弱体化を図る。 麻痺は無効• 5人スタートで全員が救援要請を同じタイミングで出し、オールポーションを獲得して6人目に参加してもらうという方法が採用される場合がある。 その際の救援は騎空団に出される事が多いため、 5人既に入っているルシファーハード戦には入らないほうが吉。 大方は事前にチャットで入らないでくださいなど一言あると思うがない場合もありトラブルになっているようなのも見受けられた。 仕様変更により一部の高難易度マルチでは開幕のスタンプでオールポーションを2個獲得できるようになった。 通常攻撃も強力なため毎ターンファランクス状態で挑むことが望ましいため、 参戦者アビリティ通知をONにしてファランクスの重複を避ける方法もある• 防御値は20(普通の敵の倍と考えれば良い)のため非常に硬い。 1000万ダメージ突破の目安はチュートリアルで防御DOWN系を一切いれずに1000万達成が可能かどうか。 ただし、合体召喚でバハムートをもらえるといった連携が取れる場合は多少考慮しても良いと考える。 属性ごとのオススメキャラ• 火属性• アニラ• エッセル• アテナ• 水属性• カトル• エウロペ&リリィ• ウーノ• 土属性• オクトー• ブローディア 水着も強い• 水着ヴィーラ• サラーサ(バレンタインクラリスが用意できない場合など)• 風属性• ユリウス• アンチラ• シエテ グリームニル• 光属性• リミテッドヴィーラ• フュンフ• 銃ゾーイ• ガイゼンボーガ• 水着ノイシュ• 闇属性• バレンタインクラリス• 水着ゾーイ• シロウ、ヴァンピィなど自由度が高い 私が見た範囲でのオススメキャラとなりますので実際のところこれらのキャラクターが 絶対というわけではありません。 基本的に 限定キャラや最終十天衆が多く、編成難度は高い。 感想 初回チャレンジは記載内容よりも余裕をもたせてチャレンジしたい。 特に12の試練は失敗してしまうとジリ貧になるため何度も挑戦しないと慣れないと感じる。 キャラの編成は特に、加えて装備も完成型、テンプレマグナを揃えていないとやや厳しいという高難易度コンテンツ。 確かにVCでのコミュニケーションがあれば良いとは思うが、そこは試行錯誤しながらチャレンジして行きたい所。 まだまだ突破者が少ないコンテンツですが、流し見しておいていずれ挑戦する際に役立てるように極力ポイントは抑えて記載していますが、それなりに時間がかかるコンテンツのため一部の強制全滅等の処理は割愛しています。 これから挑戦する人の一助となれば幸いです。

次の

【グラブル】ルシファーN攻略/敵行動表とドロップ情報|ダークラプチャーN【グランブルーファンタジー】

グラブル ルシファーhl 行動表

使用編成 キャラ、アビ アビリティは基本この3つ。 光がパラロスを担当するという場合に限り、センチュリオンが入ったりします。 ノアはリミヴィーラで代用可能。 自分はガイゼン未所持なので、3キャラ目にノイシュやゾーイを入れて挑むことが多いです。 フュンフ ヒール、クリア、ディスペル 奥義 とルシHLに重要な要素を持っているため優先度大。 現状外す理由も無く、取得難易度も高くないため実質必須。 リミヴィーラ リミノアかリミヴィーラのどちらかは欲しい。 私はノアを持っていないのでヴィーラ。 あまりやらないが、1アビをうまく使うと光がパラロス受けを担当出来たりもする。 その他候補 現状では上記の2キャラが必須に近いキャラで、3キャラ目は自由枠と言えます。 候補としては、• 水着ノイシュ:1アビのカットを使ったターン回し、3アビでの奥義火力伸ばしなど。 他キャラと種族が異なるのもgood。 水着ハールートマールート:無属性ダメ試練を光が担当できるようになる。 リミヴィーラと種族が被っているため、闇がバレクラ無し、土がサラーサ無しのときぐらいしか使わない気がする。 銃ゾーイ:3アビによる強化が強力で、安定性が大きく増す。 種族がリミヴィーラと被っているので控えに1キャラ置きましょう。 アルベール:スロウによりCT管理の事故を軽減できる。 サルナーン:ヒールとスロウ持ち。 ソーン:マグナの場合は火力が不足しやすいので選択肢に。 ガイゼンボーガ:持っているなら使ってあげましょう。 ガイゼンボーガはルシHLにて最強。 などが挙げられます。 光の3キャラ目は自由度が高いため、使い勝手の好みで決めてしまっていいと思います。 装備 エデン3、サティ2のゼウスルシ編成でやってます。 ゼウス4凸実装により、火力もHPも確保しやすくなりました。 イーリアス4凸で代用できるため、エデン2でも問題ないとは思います 試したこと無いので確証はない。 サティは1でも問題ないので、 サティ 1 エデン 2 が神石編成の最低限のラインなのかなと勝手に思ってます。 それより少ない場合は大人しくマグナでやりましょう。 HPはガ剣2とコロ拳1で確保しています。 コロ拳を2にするとガ剣0でも十分なHPを確保できるため、装備の自由度が少し上がります。 オーラフラルジェム4凸がある人はそちらを使ってください。 召喚石 ゼウスルシ編成です。 召喚石は特に変哲もない普通の編成ですが、ルシを持っていないため黒麒麟を2枚入れています。 光は、ヴィーラの1・2アビ、フュンフの1アビ、ゾーイの3アビなどターン回しに有効なアビリティが多いため、 黒麒麟が使いやすい属性となっています。 サティフィケイトや黄龍槍などで奥義ダメージを伸ばしやすいため、バハは入れてません。 試練突破に不安のあるマグナ編成の場合は優先度が上がります。 立ち回り 初動 どの属性にも言えることですが、初動はある程度固定化できます。 とやっています。 2Tは部屋や使用キャラによって変えていますが、1Tは毎回これでやってます。 光でルシをやるときに意識していること ターンを回す ヴィーラ1アビ、ノイシュのカット、ゾーイ3アビ、豊富なヒールとディスペルなどがあるため、 光はターン回しが圧倒的に楽な属性です。 通常攻撃であれば、ファラ無しでヴィーラ 1 アビだけでも十分に受けられます。 クリアやファラが無くて他のメンバーが動けなくなっている場合は、光がターンを回してファラやクリアを打ってあげましょう。 ターンを回せる属性がしっかりターンを回してアビや召喚石を投げるのが大事です。 頑張りましょう。 ターン回しも簡単であるため、羽50になる前に停止してまで試練の準備をする必要はないです。 黒麒麟は躊躇せず使う ルシ HL は、試練を突破するまでが一番難しいコンテンツです。 光は、黒麒麟でゾーイ3とリミヴィーラ1アビが使用可能になるため、他の属性より局面を打開しやすくなります。 グダって試練が突破できないぐらいなら、黒麒麟を使って多少無理やりでも突破してしまいましょう。 まとめ 編成面での敷居はそこまで高くない リミヴィーラと最終フュンフさえいればマグナでも十分戦力になれます。 ただしマグナの場合は火力に難があるため、3キャラ目や召喚石で補いましょう。 ターン回しがやりやすい ヴィーラ1アビが強いため、他の属性に比べてターンが回しやすいです。 そのためターンを回して削ったり、召喚石やアビリティのリキャストを進めて他属性のサポートをすることが大きな役割になります。 総じて初心者向け 編成面で用意がしやすく、動きやすい属性なためルシ初心者でもやりやすい属性となっています。 しかし、ターンを回せないと役割が果たせない側面もあるため、行動表とにらめっこしながら練習部屋などで経験を積むと良いと思います。 最後に、ルシHLは6人がしっかり役割を果たして攻略するようにデザインされていることから、 中々手が出しにくいようなコンテンツだと思います。 ですが、実際に挑戦してみないと分からないことも多いので、練習部屋などを立てるなどして積極的に挑戦してみてください。

次の

ルシファーHL 土属性攻略まとめ【グラブル攻略】

グラブル ルシファーhl 行動表

青石を引き、モバミじゃんけんでも1勝が限界ですこんばんは。 前回の記事が水十天衆の話で、そこでルシHLに挑みたいならカトル優先という話をしました。 そこで今回はルシに挑むに当たり最も気楽な水属性攻略について話していこうと思います。 キャラさえ揃っていればめちゃ簡単なので、是非ともチャレンジしてみてください!• 参戦条件 ルシに挑むに当たり、どの属性でも必要な条件はこんな感じ。 全員のHPが30000以上• デバフ抜きで無属性木人に1ターン1000万ダメージが出せる これだけは必要不可欠です。 1000万試練は全解除しなくても勝てるのですが、だからといって前提条件をクリアしていないのに参戦してはいけません。 アビポチ全開フルチェ等で1000万出せない火力では、流石に火力が低すぎます。 野良で何度か遭遇したパターンです。 逆に言えば最低限これさえ達成していれば、 マグナ編成でも問題ありません。 ここに100%カットループを行う水属性限定の条件を加えます。 リリィ・ リミテッド ・最終カトルを持っている• ガーネット又はカーオンを合わせて2枚持っている• 七星剣 水 又はミュルグレスを1本持っている これでOKです。 リリィはサプチケ対象、はリミテッドなので敷居は高いですが、カトルはで取得できます。 また、カーオンの方が火力も上げられるため強いですが、ガーネット2枚でも問題ありません。 また、3ターン目の動きのためにせめて七星剣が欲しいですね。 詳しくは後ほど。 ルシファーHARDに挑むうえで、全属性で一番敷居が低いかもしれません。 や季節限定キャラがいなくてもいいので。 実際の編成 自分はマグナがめちゃ弱なので具体的な編成は示せないのですが、HPは基本的にオールドオベロンで確保するみたいですね 3本編成の人をよく見かけます。 また、メイン武器には七星剣かミュルグレスを装備しましょう。 火力、HPを簡単に盛るにはやはりヴァルナ編成が楽ですね。 でヴァルナ・ディビジョンを入手していた人ならそれでも問題ありません。 最悪、無凸でもなんとかなります。 主人公アビはクリアオール、ディスペル、シールドワイアです。 実践ではリリィの2アビやカトル1アビ、更に10ターン経過していれば4アビも使えるのでダメージの上乗せは簡単です。 なので杉玉は必須ではありません。 リミ武器の代わりにオベロンを積んでも構いません。 あれば楽だし火力も増せるので持っていれば入れない理由はないです。 不安な人は、面倒ですけど10ターン奥義オフでリロ殴りしてからカトル4アビを使用して試してみてください。 また、水属性ではも必須ではありません。 味方の為に入れているだけなので、他の強い石でも構いません バハムートとかとか。 黒はポースポロス対策や味方のためのクス加速、パラロス受けをしたい人はあるといいですね。 こちらも必須ではありません。 HPは見にくいですが 最低ラインがの32996です。 2本目のミュルグレスが入っている枠とかに終末4凸を入れれば更に増やせます あまり意味ないけど。 とりあえず、HPさえ稼いでおけば火力はなんとかなることが多いです。 100%カットループのやりかた やり方は簡単です。 最初に2アビで敵の属性攻撃を火に変換します。 また、 クスを受けることが前提です。 怖い人は常に味方全員の火属性ダメカが切れていないか確認すると良いと思います。 このループには召喚石の召喚が不可欠です。 そのため、他の参戦者が浮かす石に注意する必要があります。 水属性はディスペルも不足しないし、HP回復も自前で十分であるため、浮いているディスペル石やを拾ってしまうと、迷惑をかけてしまうことになります。 そのため、なるべくどうでもいい石が浮いているときや何も浮いていない時に使用しましょう ただし、何ターンも動かないくらいなら割り切って拾いましょう。 攻略チャート 100%カットループのスタートはカーオンを持っているかどうかで変わってきます。 今回はどちらも紹介します。 ファラを待って または使って から攻撃は大前提。 安定性が増しますね。 鞄しかない場合はリリィの3アビを使うなどして2ターン耐えればループに入れます。 他の属性はループなどしていないですし、2ターンは問題なく耐えられます。 3T目に主人公奥義が溜まっていない場合 質問がありましたので追記します。 3T目に主人公奥義が溜まっていない場合の対処法は2つあります。 シールドワイアで本体のCT技をズラす まず考えたい対策がこれです。 ここでCTをズラしてしまえば、クスのみで耐える事が可能です。 この場合、奥義OFFをキチンと行っていれば流石に次の4T目には主人公奥義は使えると思うので、 3T目:ファラのみで殴り HP次第でオール使用。 シールドワイアが外れた場合 この場合、ちょっと火力を落とすことで調節します。 この時、 敵がオーバードライブになってから殴ること。 そうすることで敵の特殊技がイブリースになり、 バフ全消去を喰らいません。 つまりリリィ1アビは消去されません。 更に春風で弱体効果も1つ回復してくれる為、クリアオールやリリィ3アビで立て直しやすいです。 ここで2回目のイブリースorパラダイスロストだが、ここまでずっと奥義OFFなのでフルチェイン可能、つまりカトルの奥義スロウが羽にのみ入ってイブリース確定します。 カーオン未所持ならこのターンはクスのみで耐えて、8T目からループ開始です。 6T目まで奥義を全く使わないため貢献度は落ちますが、キャラが落ちるよりは断然良いのでしっかり6T目まで奥義温存しましょう。 いくつか注意点をあげますと、• クリアオールを要求されたら使う• パラダイスロストは全属性ダメカ無効• ルシファーは本体OD時、本体と羽のCTが両方ともマックスの時にパラダイスロストを使用します。 リリィ1アビと石を使えば出来るが、その後のループが途切れる ワイアやカトルの奥義スロウで遅延しましょう。 ワイアの場合、外れた場合は仕方ないのでリリィ1アビのみで耐えましょう 余裕で耐えられます。 また火鞄でも余裕で耐えられ、HPが25000くらいあればカーオンのみでも耐えられます。 ただし、 2アビのカウントが1減ります。 見落とすと後々壊滅する原因になるので注意してください。 ずっと無敵な水が免除されても意味がないどころか迷惑になるので 絶対に踏まないでください。 羽を先に撃破するか、試練を先に全解除するかは部屋の人と相談して下さい。 因みに羽先撃破の方が圧倒的にクリア率が高いです。 理由については最後に書きます。 試練先部屋ならまず本体にアビダメぶっぱからのフルチェ、その後羽殴り。 羽先部屋ならとにかく羽殴り。 羽撃破のタイミングで奥義ゲージを全員マックスにしておきましょう。 それでは注意点• ポースポロスは強化効果消去してくる• パラダイスロストは全属性ダメカ無効• 羽先撃破ルートなら羽撃破まではそもそも発動しないです。 強化効果消去は、火属性ダメカを消してきます。 そのため、1人だけループから外れてしまう訳です。 ただし、 2アビのカウントがなくならない様に注意。 無くなってしまったら黒を使うか、リスキーながら再使用可能になるまでターンを回しましょう。 パラダイスロストは全属性ダメカ無効なので、HPによっては召喚石の効果だけでは壊滅します。 また、ダメージを受けるので2アビのカウントが全員1減ります。 2アビの効果がきれていないかの確認は必須です。 慣れないうちはスロウで回避しましょう。 慣れてきたらリリィ1アビで受けるのもいいですね。 解除を待ちましょう。 ここまでがルシファーHARD最大の難関です。 これを突破すれば勝ちも同然です。 注意するのはポースポロスのみです。 羽先撃破ルートなら、羽撃破の直後に1000万試練を解除しましょう。 このルートなら、確実に10ターンも経っているのでカトルの4アビも使えますね。 むしろノーダメージなので楽ですね。 それでは注意点• 召喚不可になる• バトルの経過ターンが2〜3になる• 赫刃レベルを3以下に抑える• リリィの2アビは使わない• 勿体ないので。 ディスペルで赫刃レベルを下げたり、ワイアのスロウ効果を使ってとにかく赫刃レベル下げを怠らない様にしましょう。 リリィの2アビを使うと、累積デバフを最新にしてしまいます。 本体トリガーで最新のデバフは消されるので、絶対に使わないように。 全員が殴り終わったら、ファラ殴りしましょう。 これで〆ですね。 まとめ ごちゃごちゃと色々書いてきましたが、注意すべき点は他の属性と比べて圧倒的に少ないです。 パラダイスロスト• 奥義ゲージの管理 こんなもんです。 他属性ではポロス以外のトリガー全てに注意しなければならないので、こんな簡単にはいかないです。 最も参戦のハードルが低い水で、ルシファーHARD挑戦してみてはいかがでしょうか? ランクがある程度低くても、自発すればいいのでね 流石にランク185の味方全体HPアップLBは欲しい。 なくても勝てるけど編成の難易度が少し上がる。 それではまた次回お会いしましょう! ばいば~い! 羽先撃破が良い理由 おまけです。 水以外の人にとって、本体トリガーはかなり痛い攻撃です。 更に試練開始後から羽撃破までの間、本体のCT技が赫刃レベルを2も上げる・アポカリプスに変化します。 ガンガン赫刃レベルが上がります。 水以外はかな~り辛い状況になります。 なので全力で羽撃破に集中して短いターンで羽を撃破した方が結果的に楽にクリアできるのです。 因みに羽先撃破かどうかはクト出発前に決めておいた方がいいですよ。 意思統一してないと不意打ち喰らってしまうので 水以外の人が。 KoshianFOB.

次の