ピアスホール 安定 期間。 軟骨ピアスが安定する期間は?早く完成させるコツや痛みや腫れの対処法

ファーストピアスを外す時期!私が見つけたベストタイミングとは?

ピアスホール 安定 期間

この記事の目次• ファーストピアスの穴はふさがる期間が早い! ピアスは種類がたくさんで、穴をあけるとついついいろんなピアスを試してみたくなりますよね。 ですがこのピアスホールがしっかり出来上がるまでのファーストピアスの時が、一番我慢しなければいけない時期です。 実は私もファーストピアスの時期に我慢ができなくて失敗した一人です。 私が初めてピアスを開けたのは19歳の頃でした。 ピアスホールを開けると同時に、ファーストピアスを装着させるセルフのものを使用しました。 ずっとつけたかったピアスなので、嬉しくてファーストピアスの期間を待たずに、自分のお気に入りのピアスをつけてしまったのです。 その結果、ピアスホールが小さくなり、今ではピアスの芯が細いものしか痛くてつけることができません。 金属ではない樹脂ピアスだと太すぎて、つけていると耳がヒリヒリして赤みを帯びてきて我慢ができません。 原因は間違いなくファーストピアスで、ピアスホールが安定するまで待てなかった事です。 開けたばかりの穴は、体が戻そうと必死になっている期間のため塞がるのも早いのです。 今になって本当に後悔しています。 ピアスの穴がふさがる!ホール完成までの期間は? ピアスホールは開けて間もないころは数時間で塞がってしまう事もあります。 人間の体にとって穴をあけることは、傷と認識されるわけですから治癒力が働くのです。 ピアスホールは開けて2週間でやっとホールの内側に、薄い皮膚ができ上がります。 ですがこの時に取り換えるのはまだまだ早いです。 通常6週間はそのままにしておくべきですから、我慢して下さい。 ピアスホール自体が安定するのは1年ほどかかるものです。 ですからその一年間はピアスをつけたままにしたり、派手なものがつけられない時は透明の樹脂のピアスをつけたり、外している時間は、ほんのわずかにしたりとつけ続けて安定させることが必要になります。 お風呂の時も、外さずに耳やピアスの周りをぬるま湯でよく流すようにしてシャンプーなどが残らないように注意してください。 そして風呂上りには、よく拭いて蒸れないようにしましょう。 最初の1年間は基本的にピアスは付けたままです。 交換の目安はファーストピアスを2か月過ぎたら、2週間に一度のペースで好きな物に交換していきましょう。 半年以上経過すれば1週間に1度も可能です。 どんなシーンにも合うようにシンプルなものを選ぶと良いです。 ピアスの穴をあけてからかなり期間が経っているけど勝手にふさがるの? 完成したピアスホールがどうなるのかは、個人差によって違います。 私は15年前に開けたピアスホールは、ずっと使っていませんがまだ貫通しています。 私自身はもう使わないホールなので、閉じてくれてもいいのにと思っているほどですが閉じません。 同じころにピアスを開けた友人は完全に塞がってしまって、本当に久しぶりにつけようと思ったら塞がって入らなかったと言っていました。 ファーストピアスの頃にピアスホールが完成するまでしっかりつけていた人は、穴が塞がりにくいです。 それはピアスホールの内側に皮膚が作られしっかりとしたトンネルが完成するからです。 体が傷と認識しているうちは穴をふさごうと、治癒力がとても働きますが安定すればそう簡単に1年や2年で閉じることはほぼないです。 ですからピアスをつける事をずっとやめていても、3年ぶりにつけてみたらついた!なんてこともあり得るんです。 またピアスホールをなるべく長持ちさせたい人は、時々でもつけてみる事をおすすめします。 ピアスの穴がふさがる!こんな時には病院に行こう! せっかく開けたピアスホールが塞がってしまった場合、必要ならまた開けることになります。 その塞がってしまった穴の部分にしこりができてしまったり、自分ではなかなか開けられない時は皮膚科で診てもらうのが一番安全です。 自分で閉じた穴にもう一度・・・というのは難しいですが皮膚科なら案外簡単にできます。 また自分でやると左右がずれてしまったり、穴がまっすぐ開かないなどの心配がある神経質な人は皮膚科がお勧めです。 一度開けたらその場で何度もやり直しがきくものではないので、開ける位置などは慎重に定める必要があります。 中には塞がった穴の中で化膿して腫れてしまう場合もあるみたいです。 もともと化膿しやすい体質の人はとくに病院で開けてもらうのが良いでしょう。 塞がってしまった穴を再度開けた時は、ファーストピアス時と一緒です。 しばらくの間、外してはいけませんし消毒しながら清潔にピアスホールが完成するまで待たなくてはいけません。 ピアスの穴がふさがった。 もう一度通す方法について ピアスの穴の後は残っているけれど内部が閉じ気味になっている時は、一番細いピアスを差し込んでみましょう。 穴をあけたいからと太めのものやつまようじ、針などで刺してしまうと痛いですし出血して化膿する原因になる可能性があります。 ピアスの芯の部分にオイルなどを薄く塗ってすべりをよくしておくとスムーズにいくでしょう。 ピアスホールに差し込んだら耳たぶの裏側を指で触りピアスの位置を確認し皮膚が一番薄くなっている部分に刺して貫通させていきましょう。 以前の穴が開いていた部分ですと皮膚が薄くなっているので貫通しやすいです。 上手く貫通したらしばらくはそのまま装着してしっかり消毒しましょう。

次の

あなたに合ったファーストピアスの期間。ズバリ外す時期とは?

ピアスホール 安定 期間

セカンドピアスとは? セカンドピアスとは、ファーストピアスの後に、ホールが完成するまで着けておくピアスのこと。 ホールはある程度安定しているけど、完璧に完成していない期間につけるピアスなので、デザインや素材選びにも注意が必要です。 セカンドピアスの期間の目安は? セカンドピアスはいつからいつまで着けているのものなのか、期間の目安をご紹介します。 セカンドピアスはいつから?つける目安は? ホールが安定したらファーストピアスを卒業して、セカンドピアスを着けます。 ピアスを開けてからホールが安定する期間は、個人差はありますが 1ヶ月〜3ヶ月程度と言われています。 ホールが安定する前に、ファーストピアスを外してセカンドピアスに付け替えてしまうと、ホールを傷つけてしまったり、痛めてしまうので焦りは禁物。 ピアスを回しても痛くないか、血は分泌液はないか、ホールがしっかり安定しているのを確認してからセカンドピアスに変えましょう。 まだ触ると痛かったり、分泌液がある場合は、セカンドピアスに変えるのはもう少し待ちましょう。 私はピアスを開けて半年〜1年以上待ってからセカンドピアスに変えます。 ファーストピスを着けている期間が長いほど、ホールへの負担が少ないので完成が早くなりますよ。 セカンドピアスはいつまで?外す目安は? セカンドピアスは、 ピアスホールが完全に完成するまで着けています。 なので、セカンドピアスを着けている期間は 3〜6ヶ月ほど。 ピアスを引っ張ったりくるくる回しても痛みがなく、ホール内の新しい皮膚の赤みが取れ肌色になっていたらホールが完成しているという事です。 ホールが完成している事を確認できたら、セカンドピアスは卒業! セカンドピアスを外して、おしゃれなファッションピアスを楽しむ事ができますよ。 ですが、ホールが完成した後もセカンドピアスを着け続けても大丈夫です。 私は普段はあまりピアスを付け替えしないので、セカンドピアスを付けっ放しにしています。 スポンサーリンク セカンドピアスもつけっぱなしにするの? セカンドピアスも、基本的にファーストピアスと同じように つけっぱなしにします。 寝る時やお風呂に入る時も外さずにつけたままで、セカンドピアスをつけたまま洗浄して清潔に保つようにします。 ホールが安定していても完全に完成するまでは簡単に閉じてしまうので、セカンドピアスは長時間外したままにはしない方がいいですよ。 ファーストピアスからセカンドピアスに変えた後も、 ホールが完成するまでの半年ほどはつけっぱなしにしておくことをおすすめします。 セカンドピアスの期間の注意点は? セカンドピアスに変えた後も、ホールが完成するまではケアをしっかり行わなければいけません。 セカンドピアスを着けてる期間の注意点をいくつかご紹介したいと思います。 毎日お風呂で洗浄して清潔に保つ ピアッシングした直後は、毎日お風呂に入る時などに洗浄してアフターケアをしますよね。 それと同様に、セカンドピアスを着けている期間も、洗浄してピアスとホールを清潔に保ちます。 消毒は必要ありません。 殺菌作用のある石鹸をよくあわ立てて、 セカンドピアスを着けたまま洗うだけで大丈夫です。 上のような泡で出てくるタイプの洗顔料は、毎日の洗浄が楽になるのでおすすめですよ。 汗は拭き取り金属アレルギーを予防 汗をかいた時や、お風呂に入った後などは、ホールやピアスについている水分をしっかり拭き取りましょう。 特に汗には塩分が含まれていて、金属アレルギーを起こしやすくなってしまいます。 運動した後や、夏はこまめに汗をふき取るようにしてくださいね。 カラーやパーマは控える セカンドピアスを着けている期間中は、ホールはまだ完成ではありません。 まだ完成していないデリケートなピアスホールにカラーの染料やパーマの化学薬品がついてしまうと、アレルギーが起きたりトラブルの可能性があります。 カラーやパーマをしたい場合は、ピアスを開ける前に済ませておくといいですよ。 あまり着け外しはしない セカンドピアスの期間中も、ファーストピアスと同様にあまり着け外しはしない方がいいです。 完成前のホールに傷をつけてしまったりと、負担が大きくなります。 なるべくセカンドピアスを付けっ放しにしておいた方がホールの完成が早いですよ。 スポンサーリンク セカンドピアスの選び方は? ファーストピアス同様に、セカンドピアスの選び方にもいくつかのポイントがあります。 素材やデザインなど、セカンドピアスに適切なピアスをご紹介します。 素材選びは重要 ホールが完成するまでは、まだ傷の状態です。 セカンドピアス期間中も、ファーストピアス同様に 金属アレルギーを起こしにくい素材を選びましょう。 おすすめは、医療用 ステンレスか、 チタンでできているセカンドピアスです。 この2つの素材は、ファーストピアスにもよく使われているので、セカンドピアスも引き続きこの素材のピアスを選ぶといいですよ。 キャッチ部分は引っかかりにくいものを セカンドピアスはホールが完成するまで、寝る時もお風呂に入る時も基本的にはつけっぱなしにしています。 なので、服やまくらに引っかかりにくいデザインのセカンドピアスを選ぶようにしましょう。 飾りのない スタッドピアスがおすすめです。 フックタイプや重たいピアスはNG フックタイプや重たいピアスはセカンドピアスとしては適切ではありません。 なぜなら、フックタイプや重たいピアスはホールへの負担が大きく、完成前のホールを傷つけてしまう可能性があります。 それに、セカンドピアスはずっとつけていないといけないので、フックタイプのデザインだと邪魔になってしまいます。 セカンドピアスとしては、シンプルなストレートバーベルやスタッドピアスを選ぶようにしましょう。

次の

セカンドピアスの期間はいつからいつまで?つけっぱなしでも大丈夫?

ピアスホール 安定 期間

Contents• ファーストピアスの期間は?1週間2週間3週間で外した場合は? ファーストピアスを付ける期間や 早く外した場合はどうなるのか見てみましょう。 ・ファーストピアスを装着する期間 ピアスを開けてから 約1ヵ月で傷口の皮が丈夫になり 他の皮膚と同じように厚くなります。 この頃にファーストピアスを 外しても大丈夫ですが まだホールはまだ完全に 出来上がっていない場合が多いでしょう。 できれば 3ヵ月以上は ファーストピアスを装着したままの方が良いと思います。 中には完成するまでに 1年の期間が必要な人もいます。 ・1週間で外す場合 ピアスを開けてからわずか1週間で外した場合 再びファーストピアスを装着するのは大変困難です。 おそらくピアスホールから出血してしまうでしょう。 やがて穴が塞がってしまうので 再びピアスをつける場合は 再度ピアスホールを開け直す必要があります。 ふさがってしまっているのに 無理やりピアスを通そうとすると 非常に痛いので注意が必要です! ・2週間で外す場合 ファーストピアスを装着してから2週間後も ピアスホールは完成していません。 まだ傷と同じ状態なので ファーストピアスを外してしまうと 穴が塞がってしまう可能性があります。 ・3週間で外す場合 3週間目も完成までは まだ時間がかかる期間ですが 人によっては ホールが維持できている可能性もあります。 ファーストピアスを外してから 再びピアスを装着した時に痛みを感じる場合や 出血がみられる場合は無理にピアスをつけないでください。 スポンサーリンク ピアスホールが完成するまでの流れ ピアスホールが完成するまで 第一治癒期間と第二治癒期間という二つの期間があります。 ・第一治癒期間 ピアスホールを開けた直後は 皮膚の 内部の肉とピアスが直接触れている状態です。 時間が経過するとともに ピアスと肉の間に薄い皮膚が作られます。 この薄い皮膚が作られている状態を 第一治癒期間と言います。 この期間は人によって個人差がありますが 大体1ヶ月程です。 薄い皮膚が出来ても ピアスホールが完成したわけではないので注意してくださいね。 この期間中にファーストピアスを外してしまうと ホールが閉じてしまう可能性が高いです。 ・第二治癒期間 第一治癒期間でできた薄い皮膚が しっかりとした表皮へと 変わっていく期間が第二治癒期間です。 傷口は表面から内側に向かって 徐々に治癒していく為 表皮がしっかりしてきたと思っても 内側はまだ不完全なこともあります。 焦ってファーストピアスを外したり しないようにしましょう。 第二治癒期間が終わるのは ファーストピアスを開けてから約3ヵ月後です。 この期間が過ぎれば ようやくファーストピアスから セカンドピアスに付け替えることができます。 ファーストピアスを外すタイミングが遅過ぎたらどうなるの? ピアスホールが完成していないのに ファーストピアスを外してしまうのは問題ですが 3ヵ月以上ファーストピアスを つけたままにしていても問題はありません。 デザインが気に入っているなどの理由で 1年以上つけたままにしている人もいます。 ただし、ずっと同じピアスを つけたままにしているのは衛生面上よくないので 毎日きちんと洗浄をするか 第二治癒期間を過ぎているのであれば 外してピアスを洗浄しても良いでしょう。

次の