歌 へ た 王座 決定 戦。 THEカラオケ★バトル:テレビ東京

フジテレビ♪フジメロ『歌がうまい王座決定戦』

歌 へ た 王座 決定 戦

放送分 114分 回数 2 この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 『 お笑い芸人マジック王座決定戦スペシャル』(おわらいげいにんマジックおうざけっていせんスペシャル)は、でからまで・()に不定期放送されていた。 通称『 マジック王座』『 マジック王座決定戦』。 主に、『』枠で放送された。 概要 [ ] 過去に『』『』と生んだ『』シリーズの第3作といえる。 人気達が、普段やっている・などに、この日のために猛練習したを取り入れたネタで優勝を競う。 笑いとマジックの融合ネタが見られる唯一無二の番組だった。 2009年10月より司会のが『』(現在は降板)、更に2010年4月よりが『』(現在は終了)に出演のため多忙となり、第2回を最後に放送休止状態となっている。 審査方法 [ ]• 1組目は演技終了後そのまま「暫定チャンピオン」扱いとなり、2組目からは演技終了後「暫定チャンピオン」(チャンピオンシートに座っている組)と「挑戦者」(先程演技をした組)どっちが良かったのかを審査する。 「暫定チャンピオン」の勝ち - チャンピオンシートはそのまま維持。 「挑戦者」の勝ち - チャンピオンシートは挑戦者に入れ替え。 これを数回行い、最終組時、最終組の前に座った「暫定チャンピオン」と最終組が優勝を争い、14点を上回った方が優勝となる。 審査員は9人、審査員1人につき3点の持ち点があり、 赤と 青の点数を振り分ける( 赤3- 青0、 赤2- 青1、 赤1- 青2、 赤0- 青3)。 満点が27点と奇数の為、必ず勝敗がつくようになった(兄弟番組の『』、『お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』も同様の審査)。 パターンは下記の4パターンである。 パターン ランプ ランプ ランプ 赤3- 青0 コーナー [ ] マジックカーテン• 第2回で行われたサブコーナー。 当時ブームだった『』のショートスタイルに乗っかり、同番組の常連出演芸人が1分間のマジックショートネタを次々と披露した。 カーテンの開閉の度に芸人が入れ替わる演出だった。 赤数字は最高視聴率、 青数字は最低視聴率。 回数 放送日 放送時間() 優勝者 視聴率 備考 第1回 () 19:00 - 20:54 11. アシスタント [ ]• (フジテレビアナウンサー) 出場者 [ ] 第1回 [ ]• アンガールズ• 品川庄司• ハリセンボン• 審査員 [ ] 第1回 [ ]• 第2回 [ ]• 皆藤愛子• YOU スタッフ [ ]• チーフプロデューサー -• プロデューサー - 、()、(FCC)• 演出 -• 制作著作 -.

次の

芸能人隠れ歌うま王決定戦 Part2!芸能界の「実はけっこう歌がうまい」という“隠れ歌うま”が決まる!「THE カラオケ★バトル 」

歌 へ た 王座 決定 戦

2012年7月、12年ぶりに『ものまね王座決定戦』のトーナメント戦が復活しました。 その番組は『ものまね王座決定戦』。 信じられない高視聴率を叩き出し、数々の名勝負・名場面・名キャラを生み出したこの番組は、2000年を最後に、ひっそりと、本当にひっそりと幕を下ろしました(現在は『そっくりものまね紅白歌合戦』として存続しています)。 筆者の小・中・高校生時代を駆け抜けたこの番組、もったいないので(他に誰もやらないので)こんなページを作ってみました。 なお、筆者が持っている映像は、1985年の『爆笑!オールスターものまね王座決定戦(通称:『第1回爆笑!スターものまね王座決定戦』)が最古。 これより前の回については、数少ない資料とおぼろげな記憶に頼って作成しています。 もし、昔の回について何か情報をお持ちの方はにてご一報いただければ幸いです(どんな些細なうろ覚え情報でも結構です)。 何とか完璧を目指したいので・・ご協力、お願いします。 (注)このHP内の、各対戦ごとの寸評は、あくまでも管理人の勝手な主観に基づいたものです。 この番組の挑戦者並びに出演者には、深く深く敬意を抱いています。 ときおり毒舌っぽい表現も見られますが、決して悪意などはこれっぽっちもありませんので、ご了承ください。 また、本文中は基本的に「敬称略」となっておりますが、決して「敬意」までも略しているわけではございません。 文章のリズムを崩さないための敬称略です。 ・文責は全て管理人にあります。 ・ビデオ(DVD のダビングに関しては、「ビデオ(DVD の交換」という形以外では一切行っておりません。 ご了承ください。 ・リンクは自由ですが、のもとにご一報いただければ幸いです。 since 2003 06 01.

次の

お笑い芸人マジック王座決定戦スペシャル

歌 へ た 王座 決定 戦

だって収録1時間押しましたから!」と笑顔。 また同じくMCの堺正章は「今回の戦いはいつものパターンと違うので、非常に興味が沸いた回でした。 歌の面白さを視聴者のみなさんに知っていただけたらいいなと思いました」とノリノリ。 堺は「そういうものはないけれども、(財産を)数えてみたらありすぎて言えないわ!有栖川公園だわ!」と会場を沸かせました。 また、今大会の見どころを問うとホランは「歌の対決もそうですが、やはり芸能人のみなさんなのでそれぞれの個性を活かしたキャラクターが、どうぶつかり合うのかというところに注目していただきたいです」と話し、堺は「今回ほど歌は万人のものだということを感じた回はなかったです。 歌っていうのは誰でも歌う権利があるんだということが、この番組で発揮されたのではないかと思います。 みなさんにもっと歌を歌うことを好きになってほしいし、どれだけ素敵なことなのか感じていただければ嬉しいです」と熱く語りました。 (以上の収録後インタビューは、3月1日(日)放送の本編では放送されませんのでご注意ください。 その他にも林家たい平さん、アンミカさんなど意外な歌うまが続々登場。 実際の歌声はぜひOAでお確かめください。 カラオケマシンの採点で自慢の歌声を競い合う、まさに『歌の格闘技』ともいえる番組。 J-POPや演歌・アニソン・アイドルからミュージカル・宝塚まで、各界で活躍する歌のプロたちが集う「歌の異種格闘技戦」をはじめ、全国の歌うまシンガーから日本一を決める「全国統一!最強歌うま王決定戦」、さらに18歳以下の歌うまたちが驚きの歌声でハイレベルなバトルを繰り広げる「U-18歌うま甲子園」など、様々な大会を開催。 半年に一度、プロ・アマそれぞれの大会で活躍したシンガーが、歌うまの頂点を競う4時間スペシャルで決勝に進出した7人に「トップ7」の称号が与えられる。

次の