もやし ダイエット 方法。 もやしダイエットで1週間で効果が出た人も!【痩せる理由は?】

もやしダイエットのやり方!効果や口コミは?危険な方法に注意!

もやし ダイエット 方法

スポンサーリンク 「もやし」を活用した「もやしダイエット」の効果的な方法からおすすめレシピや体験談、そしてもやしのおすすめ商品を画像や動画を踏まえてご紹介しております。 もやしダイエットは芸能人にも支持されており、いくつもの成功例を耳にするほど効果のある方法です。 ダイエットのキモである「食事制限」は、食材次第では味気なくて苦しいものになってしまいますが、美味しい食材を活用できれば、ストレスなく続けることができます。 だから現在に至るまでに、「低カロリー&低糖質」だけでなく「美味しい」という条件を加味して、さまざまな「ダイエット食材」が発見されてきました。 アレンジ可能で美味しいダイエットが続けられる もやしダイエットにはどんなダ効果があるのでしょうか?さっそくみていきましょう! 本文を読む時間がない方は【】をどうぞ! 目次• 1週間で効果が出る、そのような体験談もSNSに上がっているもやしダイエット。 そんな短い期間で効果を出せるからには、成分に秘密があるのかもしれません。 もやしと聞くと栄養価の低い食べ物の印象がしばしばつきまといますが、じつはそうではないんです。 「もやしはいろいろな栄養素をふんだんに含んだヘルシーな食品です。 種に蓄えられたデンプンや脂肪、タンパク質など、潜在的な栄養素が加水分解されて、もやしになる段階でエネルギーを放出しながら細胞や組織を作って成長するという特徴があるのです。 さらに、新陳代謝をする過程で、それまで含まれていなかった新しい栄養素が合成されていきます。 発芽というメカニズムには、私たちには図り知れない、複雑で神秘的な反応が起こっているのです。 」 引用:もやし生産者協会 イメージとは違い、もやしには様々な健康成分が含まれているのです。 ダイエットに役立つ成分はどのようなものがあるのでしょうか? 2種類の食物繊維の働き まず最初に触れておきたいのが 「食物繊維」の力です。 一般的に食物繊維は「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」に分類されます。 では両者のあいだには、いったいどのような違いがあるのでしょう? 「水溶性食物繊維は、水に溶けやすく、水に溶けるとゼリー状になります。 小腸での栄養素の吸収の速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。 また、コレステロールを吸着し体外に排出することで血中のコレステロール値も低下させます。 さらに、ナトリウムを排出する効果もあるので、高血圧を予防する効果もあります。 食物繊維は低カロリーで肥満の予防にもなるので、糖尿病、脂質異常症、高血圧、動脈硬化など、さまざまな生活習慣病の予防に効果があります。 水に溶けにくい不溶性食物繊維は、水分を吸収して便の容積を増やします。 便が増えると、大腸が刺激され、排便がスムーズになります。 また、有害物質を吸着させて、便と一緒に体の外に排出するため、腸をきれいにして大腸がんのリスクを減らしてくれます。 また、どちらの食物繊維も大腸内の細菌により発酵・分解され、ビフィズス菌などの善玉腸内細菌の餌になるため、善玉菌が増え、腸内環境が改善されます。 」 引用:公益財団法人長寿科学振興財団 このように、2つの食物繊維は腸内での働きやその特性に違いが見られます。 水溶性食物繊維 水溶性食物繊維には• 血糖値の上昇を抑える効果• コレステロールを排出させ、コレステロール値を下げる効果 といった働きがあることがわかります。 血糖値が上昇するとすい臓からインスリンが分泌され、糖をエネルギー源のグリコーゲンに変換し筋肉や肝臓に貯蔵します。 水溶性食物繊維は脂肪の原料となる糖の供給を抑えることで、ダイエットに貢献しているのです。 また、水溶性食物繊維にはコレステロールを体外へ排出する働きがあります。 何かと悪者扱いされるコレステロールですが、身体にとってなくてはならない成分でもあります。 コレステロールが体外へ排出されると、その不足を補おうと新たにコレステロールが生成されます。 このコレステロールは主に脂肪を原料として生成されます。 水溶性食物繊維のチカラは侮れないですね! 不溶性食物繊維 不溶性食物繊維には便の材料となり、腸内の老廃物(便)の排出を促す働きがあります。 便は老廃物の固まり、長く腸に居座られると体に良い影響を与えるはずがありません。 ともすると、腸内細菌のバランスが崩れ、体調悪化の原因にもなってしまうのです。 スムーズな排便が促されることでデトックスは完了、腸内細菌のバランスも改善されていきます。 すると腸の活動も活発になり、代謝も上がっていきます。 さらに嬉しいことに、水溶性・不溶性の食物繊維は共に腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境を整える作用があります。 ダイエット効果を期待できるだけでなく、 腸内環境を整えて健康的な生活を支えてくれる!食物繊維にはとても嬉しい働きがあるのです。 「ビタミンB群」が代謝を向上させて脂肪燃焼を促す 「ビタミン」と聞けば、たいていの人は美肌効果を連想しがちですが、じつはそれだけではありません。 以下に紹介する 「ビタミンB1」や「ビタミンB2」には身体の代謝機能を向上させる効果があり、結果的に脂肪燃焼効率が高まることが期待できるのです。 ビタミンB1で糖質代謝 ビタミンB1は糖質の代謝に欠かせない栄養素です。 糖質はエネルギー源として必要ですが、必要以上に摂り込まれると「脂肪」として蓄積されてしまいます。 ビタミンB1は糖質の代謝を活発にすることで糖を分解、結果として脂肪に変えられて蓄積される糖質の絶対量を減少してくれるのです。 「糖質」はダイエットを進めるうえで厄介なものですね?ビタミンB1はこの糖質の減少に一役買ってくれるありがたい存在なのです。 ビタミンB2で成長促進 しばしば「発育ビタミン」と呼ばれる「ビタミンB2」。 身体中の細胞の再生と成長を担う、非常に重要な栄養素です。 成長にはカロリーが必要になることは皆さんも経験してますよね? 筆者は成長期の中学の頃、いくら食べてもお腹がいっぱいにならなかった記憶があるのですが、皆さんはいかがでしょうか? 成長といっても今さら身長が伸びる!というわけではありません。 さらにビタミンB2には、 体内の糖質・脂肪を分解してエネルギーに変換する働きを「補酵素」としてサポートする一面もあります。 ビタミンB1と一緒に、消費カロリーの増加に貢献してくれる大切な成分なのです。 もやしダイエットの方法とそのメリット 食物繊維にビタミンB群と、ダイエット効果が期待できる成分が多く含まれていることがわかりました。 これらのダイエット効果を最大限に発揮する、1週間で結果が出るというダイエット法はどのようなものなのでしょうか? 基本は「置き換えダイエット」 もやしダイエットのもっともポピュラーなやり方は、 「置き換えダイエット」です。 ただし、 三食すべてをもやしに置き換える必要はありません!たしかに もやしは低カロリーですが、ある程度の糖質を摂取しておかないと身体のエネルギーが不足してしまい、体調を崩してしまう危険性があるからです。 筆者がオススメする「置き換え」のタイミングは夜です。 「夜」は、わたしたちの身体の活動が鈍くなる時間帯ですので、夕飯で摂取したカロリーや糖質がエネルギーとして変換されにくくなり、余剰分が脂肪の蓄積へと回りやすくなります。 なので、この 夕飯のタイミングでもやしを食べれば、存分にダイエット効果を引き出すことができ、太るリスクを軽減できるようになります。 値段が安くアレンジもしやすいので続けやすい もやしという食材はどんな料理とも取り合わせが効くので、 もやしだけを食べる必要はありません。 みなさんのお好みでアレンジして、どうぞ美味しく食べてください。 ナムルにしてもよし、ビタミンやタンパク質の豊富な豚肉と炒めてもよし。 もちろんスープの具材にもおすすめです。 「どんなもやし料理にしようかな?」と考えるだけで、きっと楽しくなるはずです。 もやしダイエットを成功させるためにもやしダイエットの書籍もとても参考になります。 おすすめのレシピ ここでおススメのレシピをご紹介します。 トマトスープパスタ風 参考: 1人前の材料は• もやし:1袋• トマトジュース:1缶• 溶けるチーズ:1~2枚• オリーブオイル:おおさじ1• クレイジーソルト:適量 です。 作り方は• フライパンにオリーブオイルを入れてもやしを炒める• もやしが少ししんなりしたところにトマトジュースを入れてクレイジーソルトをかける• もやしがクタッっとしたところで溶けるチーズをちぎって入れ、チーズが溶けるまで火を通す これで完成です。 あとはお皿に盛って、パセリなどお気に入りのトッピングを加えてください。 このレシピのおすすめポイントは、 チーズを使ってタンパク質も摂れるところです。 ダイエットには筋肉の原料となるタンパク質の摂取も欠かせません。 また、トマトジュースを使っているのも心憎いです。 トマトジュースには• 水溶性食物繊維(ペクチン)• 不飽和脂肪酸(13-oxo-ODA) といった成分が含まれています。 13-oxo-ODAは中性脂肪の減少効果を期待できる成分なんですよ! オムもやし 参考: 1人前の材料は• もやし:1袋• 玉ねぎ:半分• ひき肉:半分• かつおだし:少々• コショウ:少々• ケチャップ:大さじ2• お塩:少々• たまご:1個• 油:少々 です。 作り方は• フライパンに油をひいてひき肉を炒め、火が通ったら玉ねぎとかつおだしを入れてよく炒める• 1にもやしをいれて、塩・コショウを入れて炒める。 もやしがしんなりしてところでケチャップを加え、さらに炒め、器に盛りつける• 卵焼き(薄焼)をつくり、2の上にのせてケチャップをかける これで完成です。 このレシピのおすすめポイントは、卵を使っているところでしょうか? 卵は皆さんもご存知の完全食品、豊富なタンパク質やビタミンが含まれています。 2つのレシピをご紹介しましたが、いずれも健康効果に優れる食材を加えているところがポイントですね! もやし単体ではどうしても味付けが単調になってしまいます。 ダイエットを成功させるためには、「長く続ける」ことが何よりも大切です。 成功談 成功者の一人は、夜の主食をもやしに置き換えることで成功したとのことです。 夕食のおかずはそのまま、 ご飯(炭水化物)を取らない代わりにもやしを2袋分食べ続けていたところ、1週間で1. 5kg、1カ月で5kgのダイエットに成功したそうです。 これは42歳の男性の体験談ですが、この方は並行して通勤時に1駅分(20分ほど)のウォーキングも実践していました。 40代となると痩せにくくなる、とよく言われますが、その不利をものともせず成功したのは喜ばしいですね! 続いて35歳女性の体験談ですが、この方も夕食の主食の代わりにもやしを1袋食べ続けたとのことでした。 1カ月で2kgの減量に成功し、始めて1週間ほどでお通じも快適になったそうです。 お通じの改善はもやしの食物繊維のおかげですね! 共通するのは 夕食の主食をもやしに置き換えた点でした。 やはり 夕食を置き換えることが成功の近道のようです。 他にSNSにも 聞いて聞いて! もやしダイエットしよったら短期間で2. もやしダイエットは確かに効果を期待できそうですね! 失敗談 一方で、痩せなかったという体験談も寄せられています。 36歳の男性は3食の主食のすべてをもやし(朝・昼1袋、夜2袋)に置き換え、1カ月で5kg減量したそうですが、それに気をよくしてもやし食をやめたところ、1カ月で7kg太ってしまったそうです。 リバウンドの典型例ですね?やはり、 極端に炭水化物を制限すると短期間での効果は見込めますが、その後のリバウンドはひどいようです。 摂取する成分のバランスは大切という教訓になる失敗談ですね。 他にも、夕食を置き換えたけど他に食べる量が多くなって失敗した、もやしだけを食べて体調を崩してしまったという方もいました。 もやしダイエットを動画で見る! もやしダイエットの成功、失敗の体験談は上記でご紹介いたしましたが、動画でみるともっと臨場感がでてきますね。 どのようなポイントが大事なのか?何に気をつけているのかなどが動画ではわかりやすいので是非一度チェックしてみてください。 まとめ もやしダイエットは非常に低コストで、誰にでも実践可能なお手軽ダイエットです。 しかも、お腹を膨らませやすく、糖質制限も達成できるので、確かな効果の見込めるメソッドだと言えるでしょう。 もやしダイエットをもっと楽しくできるもやし商品をご紹介しているページもございますので、そちらも是非チェックしてください。 「」 30秒でわかる!「もやしダイエット」ダイジェスト版! わたしたちにとってごくありふれた食材「もやし」。 安価で大量に手に入るので、コスパのいい食材として親しまれているわけですが、これまでもやしを「ダイエット食材」として利用する風潮はありませんでした。 しかし近年、もやしが栄養を豊富に含むヘルシーな食材として再評価されています。 もやしには便秘を改善する食物繊維、糖質代謝を促進するビタミンB1などが含まれています。 「もやしダイエット」の実践方法はじつに簡単で、三食のうち一食の主食をもやしに置き換えるだけです。 オススメは、もっとも太りやすい時間帯の夜です。 夜ご飯の主食をもやしに置き換えるだけで、だいたい一週間もすれば体重にかなりの変化が見られると言われています。 参考元 記事の作成にあたっては記事中で触れた論文・サイトの他、以下の情報を参考にいたしました。 わかさ生活 「わかさの秘密」 厚生労働省 「e-ヘルスネット」.

次の

【もやしダイエット】

もやし ダイエット 方法

もやしダイエットとは もやしダイエットは、いわゆる置き換えダイエットの一種になり、1日3食のうち1食分の主食をもやしとするダイエット方法です。 この時に注意すべき点は、あくまでも主食の置き換えという点です。 くれぐれも、夕食をもやしだけにするといった置き換えダイエットではない点です。 ですので主食を置き換えるというやり方になるので、比較的続けやすいダイエットというメリットがあります。 ご飯やパンなどの主食と置き換えるだけですから、チャーハンの代わりに炒めもやしを食べたり、ゆでたもやしを主食に通常通りおかずを食べるなど、バリエーションは豊富です。 もやしは実際には調理法も幅広く、応用が利く食材でもあります。 そのうえ値段は年中安いことが、多くの庶民の心を掴んでいます。 売り切れていない限り、どのスーパーでも購入できますし、お店によってはコンビニに置いてある場合もあります。 もやしは、ダイエットを継続するうえでは、この上ない好条件が揃った食材なのです。 もやしダイエットを実践した芸能人や口コミ もやしダイエットは、実は芸能界にも成功者が存在しています。 音楽業界の風雲児、中田ヤスタカ氏プロデュースで世界的に有名になった【きゃりーぱみゅぱみゅ】も、もやしダイエットの成功者の1人なのです。 女性の心を捉えて離さない、キャッチーなパフォーマンスに加えて、何を着ても似合うそのルックスを保っているのも魅力です。 ただ、その奇抜ないでたちから、ダイエットにはあまり関心が無いのかと思いきや、自己管理にも余念がありません。 もやしダイエットにも挑戦し、1週間で4kgの減量に成功しています。 短期間でこれだけの結果を出せることに、驚いた方も多いのではないでしょうか。 また、芸能人や有名人だけでなく一般からも人気の高いダイエット法のため、口コミを見ても、効果があったという声が多いようです。 以下に、詳細をご紹介します。 ——————————————— テレビで紹介されていたのを見て始めてみました。 2~3kgは痩せられたと思います。 飽きないので、このまま3ヶ月くらい続けてみようと思います。 ——————————————— 娘がダイエットを始めたことに乗じて、私もダイエットを始めました。 最初はニラと一緒にもやしを炒めて食べていました。 気が付いたら二人とも1週間で1kgほど痩せました。 ——————————————— 夕食にゆでたもやしをポン酢でいただいています。 ついでにおやつも止めてみたところ、10日で-2kgの減量に成功しました! ——————————————— 短期間で痩せられる点では多くの口コミがありましたが、その後停滞するという意見も見られました。 一度痩せてから、さらに先を目指す過程で、負荷をかける必要があるかもしれません。 もやしダイエットのためのもやしの種類と選び方 ところで、もやしと一口にいっても、実はいくつか種類があります。 当然、もやしによってそれぞれ特徴があり、原材料なども変わってきますのでしっかり見ておく必要があります。 以下に、多くのスーパーで取り扱っている、代表的なもやしの種類をご紹介します。 緑豆もやし いわゆる「もやし」の代表格です。 一般的に普通にもやしと言えば、これを指すことも多く、パッケージの袋にはっきりと記載されている場合もあります。 緑豆はもやしのほか、春雨の原材料としての顔も持ちます。 太めで食べごたえがあり、食感がみずみずしいのが特徴です。 ブラックマッペ(黒豆もやし) 黒豆を原料にしたもやしです。 黒豆自体に甘みがあり、もやし自体もその甘みを引き継いでいるため、日本人にとっては親しみやすい味わいになります。 インドで食べられるナンも、この豆から作られています。 大豆もやし 大豆もやしも日本で親しまれている種類で、小粒のものと、そうでないものとで分かれています。 小粒の方は、納豆などに使われている大豆を使用しているため、親しみやすい味わいと言えます。 甘みが強くて煮崩れしにくいため、鍋ものにしたり、そのままゆでて食べる方法がポピュラーです。 小粒でないものは、主に外国から輸入された豆を使用していますが、国内でも生産例はあり、津軽伝統野菜の「大鰐温泉もやし」がこの品種になります。 炒めものやナムル、スープなどに用いられ、独特の食感と甘みがくせになります。 もやしに含まれているダイエットに有効な栄養素 もやしには、ダイエットに有効に働く栄養素が含まれています。 以下に、詳細をご紹介します。 ビタミンB群の豊富さ もやしと聞くと「もやしっ子」という言葉のイメージから、どうしても栄養価が低い野菜と考えがちです。 そのため、よくきゅうりなどと同じように、食べても意味が無いと思われがちです。 しかしながら、実はもやしは意外と栄養価は高いのです。 ダイエットにおいても最も注目すべき点は、ビタミンB群が含有されていることです。 ビタミンBの名を持つビタミンは、他のビタミンと違い、単体で効果を発揮することは難しい構造になっています。 それぞれが協力し合いながら、身体の中で役割を果たすことから、ビタミンB群という名前がついているのです。 ビタミンB1 まずはビタミンB1です。 こちらは糖質の代謝に関わりがある栄養素です。 食事によって摂取した糖質が、きちんとエネルギーとして使われるように働いてくれます。 糖質自体は炭水化物に多く含まれており、体内で分解されることでブドウ糖に変化します。 ブドウ糖が血中に溶け出すと、インスリンというホルモンが、身体の各部位にエネルギーとして運んでいきます。 しかし、このときに使われなかった糖質は、インスリンによって脂肪に変換され、身体に蓄えられてしまうという特徴を持ちます。 これを防ぐために、ビタミンB1は重要な栄養素となるのです。 糖質がしっかりエネルギーになるよう、代謝を助けてくれる働きを持ちます。 また、ビタミンB1が極端に不足してしまうと、心臓の働きにさえ影響を与える栄養素ですから、しっかり摂取する事が必要です。 ビタミンB2 次はビタミンB2です。 ビタミンB1をお父さんとするなら、こちらはお母さんといったイメージになります。 脂質の代謝に貢献してくれます。 脂質というのは、酵素によって脂肪酸に分解され、エネルギーとして用いられるのですが、この作用をサポートしてくれるのがビタミンB2になります。 髪や肌、爪などの新陳代謝にも関わっていますから、美容面からも決しておろそかにできないビタミンなのです。 不足してしまうと、その分だけ脂肪の代謝に影響を及ぼしますから、くれぐれも注意しましょう。 ビタミンB6 最後にご紹介するのはビタミンB6です。 脂肪肝の予防にも役立つビタミンで、脂質・たんぱく質の代謝に関わっています。 ビタミンB2と相性が良く、仲良く協力して任務にあたります。 お酒を飲み過ぎている場合も、積極的に摂取したい栄養素です。 もやしダイエットの効果と継続するメリット もやしダイエットを継続することで、具体的にはどのような効果やメリットがあるのでしょうか。 以下に、詳細をご紹介していきます。 食べ過ぎ予防と便秘解消 もやしには食物繊維が含まれているのですが、その種類は「不溶性食物繊維」と呼ばれる食物繊維になります。 不溶性食物繊維には、お腹の中で膨らんで空腹を抑えてくれる特徴があります。 また、不溶性食物繊維は水分を吸収する性質を持つため、水分と一緒に摂取することで、胃の中でふくらんでいきます。 すると、自然とお腹もいっぱいに感じられるようになり、気が付くと空腹がおさまっているのです。 さらに、不溶性食物繊維の効果はこれだけではなく、便秘を解消するのにも役立ってくれます。 水分を吸収することでふくれ上がった食物繊維は、その分だけ便のかさを増してくれます。 多くの排泄物を感知した腸は、便を排出しようと活発に動き出します。 その結果、お通じが改善され、便秘解消につながるというわけです。 便秘が解消され、腸の動きが活発になってくると、腸の活動に用いるためのエネルギーが必要になります。 腸内に無駄なものが無いため、栄養吸収の効率も高まります。 消化器官にかかる負担が少なくなり、新陳代謝の向上につながっていきます。 美容効果 もやしと聞いてビタミンCを想像できる人は、ほとんどいないと思いますが、もやしにはビタミンCも含まれています。 ビタミンCと言えば、言わずと知れた健康に必須の栄養素であり、美肌を維持するにも欠かせない栄養素の1つです。 肌にシミができる一因となる、メラニン色素の沈着を防いでくれます。 また、お肌のみならず、血管などの材料となる「コラーゲン」の合成を助けてくれるため、身体中のハリと潤いを取り戻してくれます。 さらには抗ストレス効果もあり、仕事やダイエットによって生まれたストレスによる、病気の発生などを防ぐことが期待できます。 ダイエットの面から見れば、活性酸素の発生を抑える働きもあるため、脂肪が酸化して消費されにくくなるのを防いでくれます。 ただし、加熱には弱い特徴を持つため、もやしを長時間加熱する事で失われるリスクもありますので注意が必要です。 そのため、ビタミンCをもやしからメインで摂取するというよりは、副産物的なイメージで想定しておくと良いと言えます。 疲労回復を助ける もやしには「アスパラギン酸」という栄養素が含まれています。 アスパラガスに含まれていることからこの名が付きましたが、もやしにも含まれています。 エネルギーの元となるグリコーゲンを生成する働きがあり、疲労回復に役立ってくれる特徴を持っています。 もやしダイエットに効果的な食べ合わせとレシピ ここまで、もやしが持つ栄養や、健康に与える効果についてご紹介してきました。 しかし、これらの効果を手に入れるには、毎日定期的に食べ続ける必要があります。 もやしは良い意味でも悪い意味でも淡白な味をしています。 また、もやしは好き嫌いという概念があまりない食材で、あれば食べる、無ければ食べないという位の方が多く、食べ方を工夫しなければ、毎日食べるとすぐに飽きやすい食材とも言えます。 そこで、ダイエットにも効果的な食べ合わせを、以下にご紹介していきます。 併せて、脂肪の燃焼にも効果を発揮します。 豆腐自体にも、脂肪の吸収を妨げる効果がありますから、相乗効果が期待できます。 大豆製品だけが持つ栄養素の代表として、大豆イソフラボンがあります。 女性ホルモンと似た働きをするのですが、ダイエットに有効な抗酸化作用も期待できます。 血流改善にも効果があるため、新陳代謝の増加にもつながります。 実際に食べる際には、一緒に炒め煮にしてしまうと調理が簡単です。 味付けは塩コショウで十分美味しく食べられます。 もやしのえぐみが気になる方は、しょうゆとお酢をほんの少したらすだけで、思いのほか美味しく食べられます。 豆腐自体も、豆腐ダイエットとして人気の1つですから、合わせて良いところを摂っていけるようにしましょう。 きのこは食物繊維も豊富ですし、体内での脂肪吸着を抑える、キノコキトサンという成分も含まれています。 既に体内に存在する脂肪にも働きかける、優秀な成分です。 ビタミンB群も豊富に含まれ、もやしとの相乗効果は抜群です。 食感も十分肉の代わりになるため、きのこもやし炒めにすると、かなりボリューム感のある食事を楽しめます。 もちろん、豚肉を加えて食べても構いません。 ビタミンB群は水溶性のビタミンですから、食べ過ぎても身体に溜まり過ぎることはありません。 きのこも先の豆腐と同じように、きのこダイエットとしてダイエットする方から人気の1つになります。 たくさん摂取しても、過剰な分は尿とともに排出されていきますから安心です。 ちくわの原材料は魚のため、魚類に含まれる栄養素も摂取できます。 もともと塩味が効いていることから、味付けもそれほど難しくありませんし、ちくわダイエットとして成り立つほどダイエットとの相性も良いものになります。 DHA、EPAといった、コレステロールや中性脂肪に効果のある栄養素を摂取できるため、健康面にも有効です。 調理方法も色々選べ、一緒に炒めても良し、もやしだけ茹でておかずとしてちくわを食べるも良しと、バリエーションも豊富です。 お酒を飲む方のおつまみにも最適です。 とはいえ、飲み過ぎ、食べ過ぎにはくれぐれも気を付けましょう。 もやしダイエットの注意点 もやしダイエットを続ける際は、いくつか注意点もあります。 以下に、詳細をご紹介します。 もやしのみを主食としない もやしダイエットの基本的なやり方は夕食の主食をもやしに置き換えるダイエットになります。 しかしながら、身体が慣れてくると、短期間で痩せることを目的とし、3食すべてをもやしに切り替えることを考える人もいるかもしれません。 しかし、これは大変危険な行為のため、絶対にしてはいけません。 もやし自体のカロリーは、とても低く、1袋食べたとしてもたった30kcal程度しかありません。 3食に1袋ずつ食べたとしても、100kcal行くかどうかという数値なのです。 成人が摂取すべきカロリーを大幅に減らすため、低血糖・低体温といった、かえってダイエットを阻害する一因を作りかねません。 もともと置き換えダイエットとして1食分は行っているのですから、減量に重きを置いた無理は控えましょう。 加熱して食べる 一見生でも食べられそうですが、もやしは生食厳禁の食べ物です。 ほとんどの場合、水分量が多くて暗いところで育てられているため、雑菌が繁殖しやすい食べ物なのです。 もちろん、出荷前に洗浄を行なってから市場に出されてはいますが、スーパーに並んでいる際に菌が繁殖してしまう可能性はゼロではありません。 先程もご紹介しましたが、もやしに含まれるビタミンCは、熱で壊れてしまいます。 そのため、少しでも栄養素を減らさないために…と生食を考える人はいると思いますが、健康のために必ず火を通してから食べましょう。 ちなみに、軽く火を通すだけであれば、ビタミンCを壊さずに摂取することが可能です。 軽く炒めるだけでも殺菌効果はありますから、シャキシャキした状態で食べることを意識して炒めましょう。

次の

もやしダイエットのやり方は?効果はいつから。メリットデメリットを紹介

もやし ダイエット 方法

もやしダイエットの効果的なやり方と口コミ! 栄養価が高いのに低カロリー、加えて値段が安いことから、ダイエット食品として人気のある「もやし」。 味に癖がないためどのような料理にも合いやすいのも、ダイエットを続けるコツとなっているようです。 しかし、どうしてもやしがダイエットに向いている食材なのかを知っている方は以外と少なく、また間違った知識によってダイエットを失敗させてしまう方も多いと聞きます。 そこで今回は、 もやしダイエットについて調べてみました。 もやしで痩せられる理由の他にも、もやしダイエットを成功させるポイントにも触れていますので、もやしダイエットに挑戦してみたいと思っている方は勿論ですが、過去にもやしダイエットを行って失敗してしまったという方にも是非ご覧頂ければと思います。 もやしは本当にダイエット効果があるの? もやしは100gあたり13~15㎉ととても低カロリーな食材です。 一般的にスーパーなどで売られているもやしは1袋で200g入っていますので、全部を食べても30㎉程度となります。 また、もやしは食物繊維が多く含まれているので便秘の解消にも役立ち、脂質や糖質を分解・燃焼させる働きのあるビタミンB2も豊富に含まれていることから、ダイエットに有効な食材と考えられます。 さらに、よりダイエット効果を得たい場合は「 大豆もやし」を選ぶのがよいでしょう。 大豆もやしには通常のもやしの約2倍のカリウムと食物繊維が含まれています。 食物繊維は腸の蠕動運動を活発にして便秘を解消し、カリウムは水分を排出する働きがあるためむくみが解消され、顔や体がすっきりとしたラインになります。 もやしダイエットの成功する方法 もやしダイエットは、朝・昼・夕のいずれに行っても構いませんが、より効果的に行うなら夕食がおすすめです。 その理由として、朝食や昼食を食べる日中は自律神経の中の交感神経が優位に働いているため、食べ物から摂取したカロリーは消費されやすくなっていますが、副交感神経が優位になる夕方以降は摂取したカロリーを消費しづらくなるため、高カロリーな食べ物を摂るとその分脂肪が蓄積してしまうからです。 このようなことから、 夕食にカロリーの少ないもやしをメインに食べることにより脂肪がつきやすくなるのを防いでくれます。 もやしダイエットのポイントや注意点! もやしと一口に言ってももやしには種類があり、もやしの中でもダイエットにお勧めなのは、 大豆もやしと呼ばれる種類になります。 大豆もやしは、文字通り大豆から発芽しているものになるのですが、お通じの改善効果が期待できる食物繊維や、むくみの解消作用があるカリウムが多く含まれています。 単にカロリーを抑えるだけであれば、種類にこだわる必要はないかも知れませんが、少しでもダイエット効果を高めたいのであれば種類に気を付けてみましょう。 また、もやしダイエットを行う場合には、いくつか注意しておきたいことがあります。 それは、もやしのみを食べる「置き換えダイエット」は行わないこと。 食事をもやしのみにすれば、摂取カロリーを大幅に減らすことができますが、体に必要な栄養が不足するため体調不良になったり、空腹に耐え切れずに暴飲暴食をしてしまい、結果的にダイエットに失敗しやすくなってしまいます。 もやしはあくまでも炭水化物の代わりにして、おかずは今まで通り食べるようにしましょう。 なお、もやしを使った料理は食事の最初の方に食べることで、他のおかずの食べ過ぎを防ぎ、無理なく食事を制限することができます。 もやしダイエットにおすすめなレシピ! 安価なため、お財布がピンチの時につい頼ってしまいがちなもやしですが、実は栄養も豊富でカロリーも低いことからダイエットにとても向いている食材の一つと言われています。 そこでここでは、もやしダイエットを行う時におすすめなレシピをご紹介したいと思います。 もやしと野菜のナムル ピーマン、大根、にんじんは千切りにします。 ピーマンはレンジで40秒ほど加熱し、もやし、にんじん、大根は鍋で茹でます。 茹でた野菜を水切りし、冷ました後軽く絞ったら、ごま油、素、鶏ガラスープの素、にんにくチューブ、クレイジーガーリック(省略可)、砂糖を加えて混ぜ合わせ、最後に乾燥わかめを入れて完成です。 参考URL: 節約&ダイエット 伝説のもやし焼きそば フライパンに油、もやし、ほんだし、カレー粉を入れて炒めます。 中火~強火にしたらとんかつソースを加えてしっかりと焼きつけるように炒め、器に盛ってかつお節と青のりを振りかけて完成です。 参考URL: もやしと豆腐のお好み焼き 洗って水を切ったもやしと豆腐をボールに入れ、スプーンで豆腐を潰しながら卵、小麦粉、水を入れて混ぜ合わせます。 フライパンに油を入れ、そこに生地を流し込んで両面を焼き上げます。 お皿に盛って、ソース、マヨネーズを掛けて完成です。 参考URL: 口コミは? もやしダイエットを実際に行ったことがある方の経験談によると、ある方は一週間で2kgの減量に成功し、またある方は体調不良に陥り失敗してしまった、と結果が二分していることがわかります。 これは、成功した方の多くがもやし以外にもバランスのよい食事を心がけ、適度な運動を行っていたのに対し、失敗した方の大半は「もやしだけ」を食べていたことが挙げられます。 もやしは栄養の多い食材ではありますが、やはりそれだけでは偏りが生じてしまいます。 特に人に必要なたんぱく質不足は深刻な体調不良をもたらすため、もやしダイエットを行う際には、まずはもやしを食べある程度お腹を満たしたところで必要な栄養を補うようにしましょう。 もやしダイエットで痩せない場合の原因と対処法! もやしダイエットは、もやしのみを食べるのではなく主食の置き換えとして食べるので、他のおかずに関しては特に摂取制限をする必要はありません。 とは言え、主食をもやしに置き換えさえすれば、みるみる痩せるダイエットでもありません。 当然ながら、カロリーの高い食事を行えば、いくら主食をもやしに置き換えて摂取カロリーを減らしても意味がなくなってしまいます。 しかし、ダイエットに失敗してしまう人の中では以外と「もやしでカロリーを抑えているから、少しくらい食べても大丈夫だろう」と思って、結局はカロリーオーバーを招いているケースは少なくないのです。 もし、もやしダイエットをしても思うように結果が出ないという場合は、もやし以外の食事の摂り方について改めて考えてみましょう。 脂質の多い肉類を多く摂ってはいないでしょうか? また、糖質は主食だけではなく、お菓子や果物などにも含まれています。 もやしダイエットを成功させるには、ダイエット中だと言うことを忘れず、栄養バランスを考えながらも摂取カロリーを減らす努力をしなくてはいけないでしょう。 もやしダイエットとは? もやしダイエットとは、 3食のうちの1食の主食をもやしにするダイエット方法の一つです。 とは言え、もやしのみを食べるのではなく、ご飯やパンと言った主食(炭水化物)の代わりにもやしを食べるので、その他のおかずは通常通り食べることができることから、ストレスが少なく続けやすいダイエット法となっています。 もやしの栄養成分は? もやしは水分を多く含む野菜のため、栄養が少ないように見られがちですが、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、カリウム、カルシウム、食物繊維といった栄養成分を始め、消化酵素のアミラーゼや、アミノ酸の一種であるアスパラギン酸やGABAなどの特有の成分を含んでいます。 とは言え、あの白い細長い風貌から、このような豊富な栄養を含んでいるのはちょっと信じられない気もしますよね。 では、もやしの原料が大豆や緑豆と聞いたらどうでしょうか。 豆には数多くの栄養が含まれていることは、一般的によく知られたこと。 そんな豆からできるもやしにも、多くの栄養が含まれているとしても何ら不思議ではありませんよね。 もやしの効能・効果は? 美肌効果 もやしには、原料の豆の段階では殆ど含まれていないビタミンCが、発芽が進むについて含有量が増えてきます。 ビタミンCは、肌のハリの元となるコラーゲンの生成に関わったり、 シミの原因となるメラニンの生成を抑制するために働くことから、美肌作りに役立つと考えられます。 ストレスの緩和 もやしに含まれるカルシウムやGABAには、 イライラを鎮めて精神を安定させる作用があることから、ストレスの緩和に効果があると言われています。 疲労回復 ビタミンB1やビタミンB2の働きにより、エネルギーの産生が活性化されることで疲労の回復が早まります。 また、アスパラギン酸にも疲労回復効果があると言われており、さらに消化酵素のアミラーゼの作用によって胃の働きが活発になることで、食欲不振や夏バテなどを防ぎ、疲労を溜めない体を作ることができると言われています。 むくみの改善 もやしに含まれるカリウムには、 体内の余分な塩分を排出してむくみを改善する働きがあると言われています。 まとめ もやしダイエットは、正しく行うと1週間ほどで効果が現れると言われています。 また体重の減少だけではなく、気になるウエスト部分やぽっこりお腹を引き締める効果もありますので、ちょっと食べ過ぎたなと思ったら、数日だけもやしダイエットを取り入れてみるのもよいでしょう。

次の