履歴書 郵送 切手。 履歴書の封筒に貼る切手の値段は?記念切手はOK?常識的な送り方

履歴書を郵送するときの切手代はいくら? 正しい貼り方は?|転職ならdoda(デューダ) |転職ならdoda(デューダ)

履歴書 郵送 切手

履歴書や職務経歴書などの応募書類をクリアファイルに入れて送るときに、ちょうどいい大きさの封筒です。 この「角2」は普通の封筒(定形郵便物)よりも大きいので、 「定形外郵便物」という区分けに入ります。 重量が、 ・50グラム以内なら郵送料は全国一律で100円 ・100グラム以内なら140円 ・150グラム以内なら205円 です。 必要書類をクリアファイルに入れてこの封筒にまとめると、重さは50グラム前後になることでしょう。 切手代は100円か、140円になる公算が大きいです(返信用封筒などを同封するとさらに重くなります)。 これがいちばん確実です。 【郵便局から送るメリット】 それにポストに投函するよりも郵便局から送ったほうが、時間もちょっぴり短縮される可能性があります。 履歴書などの応募書類を郵送するときには、少しめんどうでも習慣づけることをおすすめします。 【ポストに投函するのは危険?】 自分でいい加減に切手をはってポストに投函するのはちょっぴり危険です。 2つのケースが考えられます。 1.切手が料金不足だった場合 もし料金不足なら送り返されて 期日に間に合わなくなるおそれがあります。 応募先企業のほうで特別に立て替えてもらうことになったら、評価ダウンはさけられません。 2・切手を多く張りすぎた場合 逆に、切手を多く貼りすぎてしまったら、 無駄なことを平気でする人間だと思われます。 同じ書類をライバルが安い料金で郵送してきているのに、あなただけ切手料金がちがっていれば目立ちます。 こういうリスクをなくすために、履歴書などの応募書類は、ひと手間かけて郵便局から発送するようにしましょう。 最近は、休日や時間外に対応してくれる 「ゆうゆう窓口」が増えています。 大都市部には24時間営業の窓口もあります。 この窓口を使えば、土日でも夜遅くでも履歴書を発送することができます。 あなたの自宅などに近い、便利な「ゆうゆう窓口」を見つけて活用するようにしましょう。 日本郵便のホームページで近くの「ゆうゆう窓口」を確認してみてください。 【派手な記念切手やキャラクター切手は使わない】 まず、派手な記念切手やキャラクター切手は使わないようにしましょう。 ユーモラスでかわいらしい切手は見た目を美しくしてくれるかもしれませんが、ビジネスで使うものではありません。 ビジネスの常識を疑われることがないように、 普通の切手を使うようにしておきましょう。 【たくさんの切手を並べて貼らない】 次に、たくさんの切手をベタベタと並べて貼らないようにしましょう。 これもビジネスマナーに違反します。 多くても2~3枚程度にとどめましょう。 【封筒を強引にポストに突っ込まない】 最後に、 「角2」サイズの封筒を強引に小さなポストに突っ込まないようにしましょう。 せっかく苦労してつくった書類が台無しになります。 郵便ポストは、そこに入れられる郵便物なら定形外郵便物でも投函して問題ありません。 「角2」サイズを入れられるポストも増えていますので、そういうポストを探して投函するようにしましょう。 もっともポストを探すよりも、郵便局に行くほうが早いかもしれません。 郵便局の活用をおすすめします。 こちらも併せて読んでおくことで、ミスなく履歴書を郵送できます。

次の

履歴書の郵送するときの添え状・切手・書き方|メール/速達

履歴書 郵送 切手

この記事の目次• 封筒サイズは『A4サイズの白』が一般的 履歴書を送るとき使う封筒は、 『A4サイズの白』が一般的です。 履歴書のサイズは現在日本ではA4か、B5の2種類ですが、A4サイズが一般的です。 履歴書は折り曲げずに入れるのが望ましいので、A4サイズが入る 角2封筒を使いましょう。 「小さいサイズの封筒に折って履歴書を入れたらいいのでは」と思う人もいるかもしれませが、 履歴書は出来る限り折らずに送付するほうがよいでしょう。 受け取り手からすると、折り目のついた履歴書は読みづらい、ファイリングしづらいなどのデメリットがあるため、相手のことを考えて折らずに送れるA4サイズを選ぶのがマナーです。 封筒の色についていうと、茶色と白色が多いですが、 茶色だと安っぽい印象を与えてしまうため、白封筒を使う方が、受け取った際の印象はよくなります。 白やA4以外がダメなの? 必ずしもA4サイズの白でないといけないわけではありません。 B5サイズでも茶色など白以外の封筒でもOKですが、応募者が多かったりする求人では、ほかと比べられますのでより印象が良く見える方おすすめします。 封筒の宛名の書き方(表裏) まず、宛名を書くときは必ず 黒のサインペンを使用します。 黒のボールペンでもマナー違反になるということはありませんが、細くて読みづらいため、太過ぎないサインペンを使うのがおすすめです。 封筒に書かれた字の印象は大事です。 字がへたなのはしようがないですが、丁寧に書いているかは重要です。 適当に書かれた字は分かりますので、可能な限り丁寧に書きましょう。 郵便番号のマスがない封筒の場合は、 〒〇〇〇-〇〇〇〇と英数字で記載しましょう。 省略せずに、会社のホームページや求人票や送られてきたメールを確認して、正しい住所を記載しましょう。 担当者の部署名や役職名がある場合は間違えずにきちんと記載します。 送り先の担当者名が分からない場合は、「採用ご担当者様」としましょう。 この場合、赤のサインペンもしくはボールペンでも構いません。 企業には一日に多くの書類が届きます。 送った書類が急ぎで見るものなのか、そうでないのか、といったことが判別できると相手も時間のロスを防げます。 そのため、履歴書のように期限がある重要なものについては中身が分かるように明記するのが一般的です。 こちらも住所は都道府県から建物名、部屋番号まで省略せずに記載しましょう。 名前はやや大きめに、住所と名前の尻を揃えましょう。 記載位置は中央でもかまいません。 (両面テープでもOK)封をしたら「〆」と記入しましょう。 ) 履歴書はクリアファイルに入れてから封筒に入れる 履歴書を封筒に入れる際には、クリアファイルに入れましょう。 郵送時には、書類が折れ曲がったり、雨の日の配達で濡れてしまったりする可能性があります。 そういった状態で届いた場合、受け取り手の印象も良くありません。 クリアファイルに入れることで、しわができないようケアできます。 また、クリアファイルに入っていると、 管理するほうも取り出しやすい、見やすいというメリットがあります。 クリアファイルを選ぶときは、どこかの企業の名前が入っているものや、キャラクターなどが描かれたもの、色付きなどは避けてください。 履歴書はあくまでビジネス用の書類です。 「無色」で、「透明」もしくは「半透明」を選びましょう。 入れる向きは履歴書の顔写真が見える面を表にしていれましょう。 添え状・送付状を入れるとさらに好印象 郵送する場合、履歴書だけを入れて送るよりも、 添え状や送付状を入れると印象がアップします。 必要書類だけを入れて送ってもマナー違反というわけではないですが、ビジネスの世界では書類を送る際に何を目的とした書類なのかがわかるように、必ず添え状を付けるということが一般的とされています。 そのため、添え状が付いていると、受け取り手からすると「社会の常識を知っている人」「丁寧な人」という印象を感じます。 添え状の書き方はこちらにありますので確認しておきましょう。 併せてこちらの記事もCheck! 切手は必ず不足がないように重さを量る 履歴書を郵送する場合、気を付けておきたいのは切手代です。 仮に切手代が足りなかった場合、状況に応じて次のような事態となります。 日本郵便のホームページでCheck! 送るときの切手も、家にあるからといって 記念切手やキャラクター切手などを貼って出すようなことは避けましょう。 あくまで履歴書は「ビジネス」用の書類です。 友人に送るような手紙とは違いますので、遊びのような要素は避けましょう。 受け取り手によっては「遊びと仕事の線引きができない人」という印象を持たれるかもしれません。 以上から考えても、少し手間かもしれませんが、面接用の書類を送るときは郵便局の窓口に行って提出したほうが間違いはなく、安心といえます。 速達や簡易書留で送る必要はある? 履歴書は普通郵便で送るということが一般的ですので、速達や簡易書留で送る必要は基本的にはありませんが、次のような場合は利用しましょう。 応募締め切りぎりぎりに送付する 通常手紙が届くまでの日数として送り先にもよりますが、1日~3日程度かかります。 日数に余裕があるのであれば通常郵便で問題ないですが、応募締め切りがあったりして、翌日に届ける必要がある場合は速達で送りましょう。 簡易書留は不要 「簡易書留」を利用すれば、その時に発行される番号で書類の行先を確認できます。 ただし、受け取り手がサインをしないといけないという手間が発生します。 バイト履歴書の郵送では簡易書留を利用することはあまり一般的ではありませんので、応募先から指示された場合に利用しましょう。 併せてこちらの記事もCheck!

次の

履歴書の郵送、切手はいくら分?|履歴書を郵送する際のマナーと注意点

履歴書 郵送 切手

この記事の目次• 封筒サイズは『A4サイズの白』が一般的 履歴書を送るとき使う封筒は、 『A4サイズの白』が一般的です。 履歴書のサイズは現在日本ではA4か、B5の2種類ですが、A4サイズが一般的です。 履歴書は折り曲げずに入れるのが望ましいので、A4サイズが入る 角2封筒を使いましょう。 「小さいサイズの封筒に折って履歴書を入れたらいいのでは」と思う人もいるかもしれませが、 履歴書は出来る限り折らずに送付するほうがよいでしょう。 受け取り手からすると、折り目のついた履歴書は読みづらい、ファイリングしづらいなどのデメリットがあるため、相手のことを考えて折らずに送れるA4サイズを選ぶのがマナーです。 封筒の色についていうと、茶色と白色が多いですが、 茶色だと安っぽい印象を与えてしまうため、白封筒を使う方が、受け取った際の印象はよくなります。 白やA4以外がダメなの? 必ずしもA4サイズの白でないといけないわけではありません。 B5サイズでも茶色など白以外の封筒でもOKですが、応募者が多かったりする求人では、ほかと比べられますのでより印象が良く見える方おすすめします。 封筒の宛名の書き方(表裏) まず、宛名を書くときは必ず 黒のサインペンを使用します。 黒のボールペンでもマナー違反になるということはありませんが、細くて読みづらいため、太過ぎないサインペンを使うのがおすすめです。 封筒に書かれた字の印象は大事です。 字がへたなのはしようがないですが、丁寧に書いているかは重要です。 適当に書かれた字は分かりますので、可能な限り丁寧に書きましょう。 郵便番号のマスがない封筒の場合は、 〒〇〇〇-〇〇〇〇と英数字で記載しましょう。 省略せずに、会社のホームページや求人票や送られてきたメールを確認して、正しい住所を記載しましょう。 担当者の部署名や役職名がある場合は間違えずにきちんと記載します。 送り先の担当者名が分からない場合は、「採用ご担当者様」としましょう。 この場合、赤のサインペンもしくはボールペンでも構いません。 企業には一日に多くの書類が届きます。 送った書類が急ぎで見るものなのか、そうでないのか、といったことが判別できると相手も時間のロスを防げます。 そのため、履歴書のように期限がある重要なものについては中身が分かるように明記するのが一般的です。 こちらも住所は都道府県から建物名、部屋番号まで省略せずに記載しましょう。 名前はやや大きめに、住所と名前の尻を揃えましょう。 記載位置は中央でもかまいません。 (両面テープでもOK)封をしたら「〆」と記入しましょう。 ) 履歴書はクリアファイルに入れてから封筒に入れる 履歴書を封筒に入れる際には、クリアファイルに入れましょう。 郵送時には、書類が折れ曲がったり、雨の日の配達で濡れてしまったりする可能性があります。 そういった状態で届いた場合、受け取り手の印象も良くありません。 クリアファイルに入れることで、しわができないようケアできます。 また、クリアファイルに入っていると、 管理するほうも取り出しやすい、見やすいというメリットがあります。 クリアファイルを選ぶときは、どこかの企業の名前が入っているものや、キャラクターなどが描かれたもの、色付きなどは避けてください。 履歴書はあくまでビジネス用の書類です。 「無色」で、「透明」もしくは「半透明」を選びましょう。 入れる向きは履歴書の顔写真が見える面を表にしていれましょう。 添え状・送付状を入れるとさらに好印象 郵送する場合、履歴書だけを入れて送るよりも、 添え状や送付状を入れると印象がアップします。 必要書類だけを入れて送ってもマナー違反というわけではないですが、ビジネスの世界では書類を送る際に何を目的とした書類なのかがわかるように、必ず添え状を付けるということが一般的とされています。 そのため、添え状が付いていると、受け取り手からすると「社会の常識を知っている人」「丁寧な人」という印象を感じます。 添え状の書き方はこちらにありますので確認しておきましょう。 併せてこちらの記事もCheck! 切手は必ず不足がないように重さを量る 履歴書を郵送する場合、気を付けておきたいのは切手代です。 仮に切手代が足りなかった場合、状況に応じて次のような事態となります。 日本郵便のホームページでCheck! 送るときの切手も、家にあるからといって 記念切手やキャラクター切手などを貼って出すようなことは避けましょう。 あくまで履歴書は「ビジネス」用の書類です。 友人に送るような手紙とは違いますので、遊びのような要素は避けましょう。 受け取り手によっては「遊びと仕事の線引きができない人」という印象を持たれるかもしれません。 以上から考えても、少し手間かもしれませんが、面接用の書類を送るときは郵便局の窓口に行って提出したほうが間違いはなく、安心といえます。 速達や簡易書留で送る必要はある? 履歴書は普通郵便で送るということが一般的ですので、速達や簡易書留で送る必要は基本的にはありませんが、次のような場合は利用しましょう。 応募締め切りぎりぎりに送付する 通常手紙が届くまでの日数として送り先にもよりますが、1日~3日程度かかります。 日数に余裕があるのであれば通常郵便で問題ないですが、応募締め切りがあったりして、翌日に届ける必要がある場合は速達で送りましょう。 簡易書留は不要 「簡易書留」を利用すれば、その時に発行される番号で書類の行先を確認できます。 ただし、受け取り手がサインをしないといけないという手間が発生します。 バイト履歴書の郵送では簡易書留を利用することはあまり一般的ではありませんので、応募先から指示された場合に利用しましょう。 併せてこちらの記事もCheck!

次の