伝説 の うなぎ 屋。 うなぎ伝説あれこれ

伝説のうなぎ屋が監修した「松屋のうな丼」ってどれくらいウマいの? 大のうなぎ好きがズバリ斬る

伝説 の うなぎ 屋

入谷の鰻「のだや」 <JR上野駅入谷口から徒歩12分くらい、 JR鶯谷駅南口からは徒歩6分 日比谷線入谷駅2番出口徒歩1分以内> *TV・雑誌、マスコミ関連の。 各種ブランド鰻のご提供スケジュールも発信しています。 (好評価、ありがとうございます!!) *テイクアウト商品、大人気発売中です。 *テイクアウト商品につきましては、当日ランチ時間帯に その日の提供商品や在庫状況をご確認ください。 日や時間帯によって仕入れ・在庫等が変わります。 お時間をいただく代わりに、最高の鰻をご提供いたします。 (通常でしたら45分くらいみてください。 店内混雑具合や 鰻の個体差により蒸し時間が前後して提供時間が変わります。 ) 03-3874-1855 (ご予約)03-3872-0517 *売切御免の可能性がありますので ご予約は、ランチは、11:30〜、 12:00〜、12:30〜、13:00〜 夜は、17:30〜、18:00〜、18:30〜、 の時間でお願いします。 *昼は13:00ころ、夜は19:00ころに 完売御礼になることも多く、 上記時間帯のご予約しかお受けすることができません、 また遅い時間帯のご予約の場合、 選べる商品が少なくなっていると思われますが あらかじめご了承ください。 *ご予約は席のご予約となります。 商品の予約はできません。 「その時にあるものの中から」のご注文となります。 *小学生以上のお子様は大人との来店可能です。 火水木日 昼 11:30〜売切仕舞 金土 昼 11:30〜売切仕舞 夜 17:30〜売切仕舞 定休日: 通常月曜日 (月曜が祝日のときは営業・翌日代休) *仕入れた鰻の在庫(売切)状況を見ながら、 ラストオーダーなります、ご了承ください。 出前のご注文 については <> 出前やお弁当の店頭受取は、鰻の仕入・在庫の確認が できる「当日」のお電話にて承ります。 混み合う日や時間帯は出前ができないときもございますが お弁当の店頭受け取りでしたらご用意できるときも ございますので、お電話にてご確認ください。 鰻を待っている40分くらい、 1品料理をつまみながら「くっ!」と旨い酒でも。 もともとは、2008年9月放送のアド街、入谷鬼子母神特集16位で 紹介された「味乃江戸っ子」という鰻屋さんだったところです。 このお店の主人がご勇退されるとのことで、 が、根岸にあった直営「のだや」を 2013年2月14日移転、オープンという流れになりました。 その団体を 「野田屋東庖会」と呼び、 川魚を主とする日本料理に携わる調理師が在籍し、 各料理店の需要に応えて調理師を紹介斡旋しています。 「野田屋調理士紹介所」は厚生労働大臣の認可を受けており、 在籍調理師の優秀な技術力を、日本国内の各料理店に供給して その繁栄に貢献しています。 特に「鰻蒲焼」の調理に関する技術力は、国内広しといえども 比類なき秀逸さであると評価されております。 ----------------------------------------------- *2014年4月以降、HP内の価格は<外税>となっております。 <フード> 鰻稚魚の不漁のため、最近の鰻はたいへん高価なものとなってしまって いますが、多くの方においしい鰻を楽しんでいただけるよう、 できるだけ努力してゆきたいと思っています。 当店のおススメ 「きょうすいうなぎ」 静岡県大井川(焼津市)で育てられています。 天然地下水(通常は普通に川の水)と、 白身系魚餌(通常は安い光物系の餌)、 で2年程飼育され(通常は半年の短期)、 鰻職人の間では 「幻の鰻」 と呼ばれています。 飼育量も限界があるため、卸先は厳選され 全国40店舗くらい でしか、 食べれないブランド鰻です。 <うな重> *口の中で「ねっとり、とろけます」ご期待ください。 ゆっくりお待ちできる方は、くつろぎなが ら鰻料理が出来上がるのをお待ちください。 <ひつまぶし> *うな重の鰻は関東風、「さばいて」「蒸して」「焼いて」ますが、 ひつまぶしの鰻は関西風 直焼き で、「さばいて」「焼いて」います。 とろけるうな重とは、違った食感・味わいをお楽しみください。 *うなぎ本来の味わいが楽しめる岩塩が人気です。 その宮崎にて二人の養鰻の匠により 育成された鰻です。 *現在、全席禁煙となっております。 母屋と離れの間に喫煙コーナーを設けていますので、 お煙草はそちらでお願いいたします。 ------------------------------------------- <ランチタイム> 11:30〜売り切れタイミングがラストオーダー 通常メニューからのご提供となります。 夜とメニューは同じです。 ------------------------------------------- <出前> *出前も煩忙期以外は受付しております。 配達時間: 営業時間(LOまで)と同じです。 配達エリア: 店舗近隣1キロ目安ですがご相談ください。 個数: 2個合計5000円以上 メニュー: きょうすい(中1匹)¥6,800 三河一色産: かねみつ(特大1匹)¥6,800 うぐいす(太1匹)¥5,800 あさがお(中1匹)¥5,300 *ご注文いただいてから鰻をさばきますので、 配達までのお時間を1〜2時間いただいています。 *配達時間帯、配達個数、配達エリアによって お受けできない場合もございます、お電話にてご確認ください。 (特に店内満席の時間帯の出前は承れない場合もございます、 あらかじめご了承ください。 店頭引渡でしたら可能の場合もございます) *お早目のご相談でしたら、大量のご注文や、配達エリア外 への配達も可能です。 お電話にてご相談ください。 (港区に140個お届けしたこともございます。 ) -------------------------------------------- <お持ち帰り> *お持ち帰り(テイクアウト)も受付ております。 *現在、全席禁煙となっております。 ランチ 11:30〜鰻売切れ時のラストオーダー 夜 17:30〜鰻売切れ時のラストオーダー *鰻の仕入・仕込状況によりまして、閉店時間は前後します。 あらかじめご了承ください。 定休日: 月曜日(月曜が祝日のときは営業) ----------------------------------------------- <交通手段> 日比谷線「入谷駅」2番出口から、約100m1分くらい。 JR山手線「鶯谷駅」南口から、約500m6分くらい。 JR山手線「上野駅」入谷口から、約800m10分くらい。

次の

うなぎ伝説あれこれ弐話

伝説 の うなぎ 屋

うなぎ伝説あれこれ弐話 うなぎ伝説 弐話 祇園辰巳橋の側、細い路地の奥に「望月」という町家がある。 陶変木人と会うのは、四条の京のきもの屋で 『フランス料理と京の器』という展示 会をして以来、何年ぶりのこと。 路地の格子を開けると、打ち水がされた石畳が続く。 そこには時間の止まった祇園町があった。 「こんばんわ」 曇りガラスの町家の格子戸をそっと開けると、品のよい、ふくよかな女将が待ってい た。 「陶変木人先生もうおこしどすえ」 ギシギシと音をたてながら二階にあがると、 「春の桜の辰巳橋もええけど、紅葉した桜の葉もええな。 季節ごとの桜見は、数寄 や」 薄暗いはだか電球の下に、彼はいた。 「山岡はん。 あんたもこっちへ来て見とうみ」 「はい」 「祇園の桜は、ここが一番や」 格子戸の開く音が聞えた。 「お連れさん、おこしどすえ」 「こんばんわ」 「はぜどん、朝も遅いけど晩も遅いな!」 「すんまへん」 「紹介しときます、こちら陶変木人さん。 仕事は陶器関係やけど、ほんまは何した はるかわからへん人や」 「陶変木人はん。 山岡さんがうなぎの季節は、秋やと言わはったんやけど、ほんま ですか」 「結論からいうと、秋や!」 「そやけど、夏が旬といわはるうなぎ屋さんは多いのと違いますか」 「昔は、今と違ってうなぎが脂濃い食べものやったんや。 あんまり夏にはうなぎは たべなかったんや。 そこで土用の丑の日ができる訳や」 「土用の丑の日が出来た話はこの間ききました」 「天然うなぎは海で生まれ、川で育って海に帰る。 秋になると産卵の為にまるまる と太ったうなぎが河口付近でたくさん漁れた」 「そうか、それでうなぎは『秋が旬』というのが正しいのんや」 うなぎ屋の暖簾をかき分けて 「おやじ、一人前とお酒一本」 と言いながら二階に上がると、広間と小部屋がふたつ。 五分ばかりして、浅漬けの大根、古漬けの茄子を肴に熱めのお酒がでる。 うなぎ屋は、三、四十分待たないと蒲焼は出て来ない。 肴は漬け物のにかぎる。 酒一合を楽しんでいる内に白焼きうなぎが一切れ、そこでもう一本。 「うなぎ丼がでると酒は呑まない、それと漬け物は一切れ残しておく。 うなぎ丼は 温かい内に食し、一口のごはんと蒲焼を少々残す」 「なんで」 「最後に一口のごはんと蒲焼で茶漬けをする。 そのために漬け物をのこしておく。 お茶は番茶に限る。 口の中もさっぱりするし丼に残ったタレやごはんもたべられる」 「すごい!こんどからそうしよう」 「陶変木人さん。 関東風、関西風はどのあたりが境なんですか」 「名古屋は関西風、豊橋は関東風。 関西風は腹開きで地焼き、関東風は背開きで蒸 して焼く、ところが三河岡崎では東西が混ざり背開きで地焼きという処がある」 近年、京都では関西風のうなぎ丼屋を見なくなった。 大半の店が関東風である、京 都の七不思議の一つ。 うなぎの包丁は関東、名古屋、京都、大阪、九州の五種類に分かれる。 特に京都は 京包丁と呼ばれ特異な型をしている。 江戸包丁 名古屋包丁 京包丁 大阪包丁 九州包丁 包丁が分かれているようにうなぎ丼も地方によって形が違う。 名古屋では 『ひつまぶし』 九州では 『せいろ蒸し』 そして 関東風、関西風うなぎ丼。 ひつまぶしはタレをまぶしたごはんを小さなおひつに入れ、 細かく切った蒲焼を上にのせる。 それを飯茶碗に取り分けて食し、最後の一膳はねぎなどの薬味をのせて茶漬けにする。 せいろ蒸しは、福岡柳川で生まれた。 タレをかけたごはんをせいろに入れ蒲焼をのせて蒸す方法で丼とは違う形態である。 おもしろいのはうなぎの焼き方である。 ここではうなぎに串を打つことはしない、一尾、一尾箸で挟んで焼く。 箸でひっくり返しながら蒲焼を焼くのは相当難しい。 地方によって色々の調理方法、道具、食べ方があり、そこには地方独特の文化が存在する。 「はぜどん、京都本来の蒲焼の焼き方や食し方を残していくべきうなぎ丼屋さんが少なくなっていくのは寂しいもんや」 「はい」 「此処、望月は古い町家を再生しやはったんや。 祇園の町家経営の新しい方法をとり、京都の文化を大切に守ったはるんや」 「高いんでしょ」 「会員制で一見さんおことわり。 でも、紹介があれば誰でも席を借りられるシステムにはなっている」 「紹介してもう!」 「陶変木人さん次の展示会はここでしたね」 「二年後の秋の予定です。 それまでにええ季節に陶器の話でもしましょう」 「あ!おもいだした。 来年の春3月末に作品展 をするのや!!」 「何処でするんですか?」 「 錦市場 でします!山岡はんもはせどんも案内出しますさかい、見に来て下さい」 「ぜったいいきますわ!な、山岡さん」 「楽しみにしてます」 つづく・・・.

次の

鰻家

伝説 の うなぎ 屋

「お客様へ、投稿のための写真撮影はご遠慮いただきますようお願いします。 」 鰻家さんは(掲載を目的とした)撮影禁止です。 料理や内装の撮影禁止の趣旨に反しないと思われるので、撮影禁止の札の写真だけ載せておきます。 お店のスタッフは大将ともうひとり女性。 上司に合わせて、うな重(上)を注文。 値段は4000円前後ぐらいだったと思います。 最初にうまきが出されます。 そしてお櫃に入ったうな重。 正方形のお櫃にの中に正方形切り分けられた鰻が敷き詰められています。 食べてみると、外側がカリッと焼き上げられていてとっても香ばしい鰻です。 なるほどこれが人気の鰻なのか、と納得。 う~んやっぱり鰻は美味しいですよね。 かって西中島には、5丁目に宇奈甲というそれなりに人気の鰻店がありましたが、いつの間にか閉店してしまいました。 この先も鰻を食する環境が良くなっていくことはないんでしょうね。 鰻家さんほどのレベルでなくてもいいので、もうちょっと気軽に鰻を食べれるようになればいいですよね。 ごちそうさまでした。 鰻家さんの営業時間は一応の基本はあるようですが、鰻の仕入れの状況もあるでしょうし、結構不定休気味だと思います(自分が店前を何度か通った感想)。 また鰻が完売でも終了となりますので、行かれる方は食べられたらラッキーぐらいな感じで訪問するのがいいかもしれません。 正確な情報は公式ページなどをご確認ください。 【鰻家 地図 】 食べ歩き人気記事• 大阪日本橋の電気街通り、堺筋の[日本橋4]交差点を西に曲がったすぐにある喫茶店POMMIER... 大阪駅前ビルのうどん四天王の一つ、「踊るうどん梅田店」に。 大阪駅前第3ビルのB2にあります。... 尼崎の武庫川にあるらーめん店の和海 なごみ さんへ。 テレビ番組で兵庫県No. 1として取り上げられ... かって大阪鶴見にあった鰻の名店、鰻家 うりずん。 が突然閉店。 それからしばらく経って、そのお店が... 箕面にある中華料理の綉花(しゅうか)に。 国道171号線、西宿交差点を北に曲がって少し進ん... 阪急うめだ本店の地下1F食品売り場(デパ地下)にあるサンドイッチのお店ファミーユ(FAMIU... EXPOCITY エキスポシティ のららぽーと内エキスポキッチンにある、「ごはんとわたし」へ... 大阪池田市にあるカフェ、GULI GULI グリグリ に。 入口は写真のような感じで、一見カ... 川西市に新しくできたオアシスタウン キセラ川西に行ってみました。 ご飯を食べようと思ったら、こ... 箕面市の小野原エリアにあるパン屋さんサニーサイド(Sunny Side)に。 小野原の東西に走... 大阪ラーメンの人気記事• 大阪梅田の西側の大淀エリアにある「らーめん 伊藝(いげい)」に。 梅田スカイビルからさらに... LUCUA OSAKA ルクア大阪)にあるラーメン店「銀座 篝(かがり)」さんに。 銀座篝... 大阪九条のにんにくラーメン店天洋(てんよう)さんに行ってきました。 地下鉄の九条駅から東のモー... 箕面にある「ごま味噌ラーメン味噌之達人 箕面本店」に。 国道171号の【今宮】交差点を南に曲が... 大阪市福島区の野田・海老江エリアにあるらーめん店、無限(むげん)さんに。 昔から名前をちょくち... 中崎町の商店街にあるラーメン店、「麬にかけろ 中崎壱丁」さんに。 後で気づきましたが、店名の「... 西中島南方にある言わずと知れた有名ラーメン店、人類みな麺類(じんるいみなめんるい)に行ってき...

次の