マイナンバーカード怖い。 マイナンバーカードを紛失したら?再発行までの手続き・必要書類を解説

恐ろしいマイナンバーカードの危険性を知っているか? 赤かぶ

マイナンバーカード怖い

ぱぱっと見るならコチラ• マイナンバーカードにポイント付与【マイナポイント】いつから? マイナンバーカードにポイントが付与されるというニュースは、テレ朝ニュースでは次のように報じられました。 低迷しているマイナンバーカードの普及を進めるため、政府はカードを持っている人に対して買い物などで利用できるポイントを与える制度を導入することになりました。 「マイナポイント」と呼ばれるこの制度はマイナンバーカードを持っている人を対象に、QRコードなどを使った民間の前払い式決済でチャージした額に国がポイントを上乗せします。 2万円のチャージに対して25%にあたる5000円分のポイントを付与する案などが検討されています。 来月の消費増税後にはキャッシュレスの「ポイント還元」が始まりますが、来年6月末に終了するため、その後の消費の活性化策という位置付けです。 マイナンバーカードは導入から4年経ちましたが、普及率は依然、13. 9%に低迷しています。 出典: 名称 マイナポイント 対象 マイナンバーカードを持っている人 決済方法 QRコードを使った民間の前払い決済で、チャージした額に国が一定額を上乗せしてポイントを付与します。 ポイント付与率 2万円のチャージに対して25%にあたる5000円分を付与する 予算 二〇年度末までに六千万~七千万枚の交付を目指す。 2020年度当初予算案に関連費用約二千五百億円を計上。 申請期間 2020年9月から2021年3月までの7カ月間 マイナポイント申請はいつから? マイナポイント申請期間は、 2020年9月から2021年3月までの7カ月間を予定しています。 10月1日以降はキャッシュレス決済時にポイント還元が行われますが2020年6月に終了します。 マイナポイント付与は、その後の消費活性化策という位置づけなんですね。 ポイント付与前には、マイナンバーカード発行はかなり混み合うことが予想されます。 そうでなくても申請してから受け取りまでに1ヶ月以上かかるマイナンバーカード。 早目に申請しておくことをオススメします。 マイナポイントが使える決済方法はどれ? 民間決済の例には「〇〇ペイ」の文字があり、おそらくPayPayやLINE Pay、メルペイといったサービスを視野に入れているのだろう。 利用シーンとしては、QRコード決済や、オンラインショップなど。 出典: マイナンバーカードを持つメリットは? マイナンバーカードのメリットは次の通りです。 本人確認の際の公的な身分証明書になる• コンビニなどで各種証明書を取得• 各種行政手続きのオンライン申請 今後、付与されるメリット• 20年度末から健康保険証の機能を持たせる• お薬手帳機能が盛り込まれる• 確定申告での医療費控除も簡単になる 今更ですが、マイナンバーカードとは? 国民一人一人に12桁の番号を割り当てる制度に基づき、希望者に交付される顔写真付きの個人番号カード。 政府は6月に普及に向けた総合的な対策を決め、健康保険証としての利用は2021年3月から本格的に始まる。 国・地方の全ての公務員と家族に取得を強く促し、普及率を高める方針も固めている。 出典: マイナンバーカードの普及が進まない理由 マイナンバーカードの普及が進まない理由としては、次のようなことが考えられます。 役所へ出向かなくてはならない。 申請から受け取りまで1ヶ月以上かかる。 (自治体によって違います)• 受け取りは本人が行かなくてはならない。 メリットが感じられない。 マイナンバーカードの普及率が低くなっている原因として考えられるのは、 「わざわざカードを取得する必要もない」 と考えられているからです。 確かに、マイナンバーカードを取得していれば、 『少しは便利になる』 ことは確かです。 ですが、だからと言って、 『時間を使ってまで取得するかと言われれば、そこまではない』 と考えられているのが、国民の本音でしょう。 出典: このポイント付与を受けるには、マイナンバーカードの発行、民間決済サービスへの紐付けなど、面倒ではありますが、どの程度普及するのか、今度の動向を見守りたいと思います。 マイナンバーカードにポイント付与に対する世間の反応 マイナポイント付与について皆はどのように感じているのか、書き込みをご紹介します。 マイナンバーを電子で管理するのは怖い。 現在どこまで紐付けられているのかもよくわからないし。 電子系は大手の作るセブンペイ・ペイペイでも問題起きているし、政府の能力を信じられない 出典: 当初の価値観とは大きくズレた制度ですね。 くだらない仕事を増やさないでください。 個人情報をさらすシステムを作ってどうするのと、思う …マイナンバーは下手すると、財産を失う可能性があるのに …システムにかかる費用は税金だし 出典: また新しい詐欺が始まるだろう マイナンバー詐欺に注意して下さいが しばらくは日常になりそう 出典: 難しい話抜きにして、25%のポイントはやり過ぎじゃないかな? あと、ポイントを使って買い物された企業にお金を渡すと思うんだが、元々は税金でしょ? マイナンバーカードという全国民に対して行っている政策で、恩恵を受ける業種と受けれない業種(小売りをしてない業種など)が出てくるのは問題だと思うし、全員が恩恵を受けるようにしてほしい。 ポイントで税金が支払えるとか。 出典: 税金を使う。 マイナンバーカードの情報を企業に提供し、漏洩・・・ 政府は金は使うは、情報は漏らすは・・ 国民のことどう思ってるの? 色々と税金を使っているけど、増税しなくてもいいんじゃないの?? わからん! 出典:.

次の

マイナンバーがやってくる―『監視社会の怖さ』と『情報流出の恐れ』

マイナンバーカード怖い

2017年1月16日 利用者フォルダの開設やe-Taxとの認証連携(もっとつながる)など、一部機能の先行稼動を開始• 2017年7月18日 情報連携の試行運用に合わせ、情報提供等記録表示(やりとり履歴)や自己情報表示(あなたの情報)のほか、お知らせ情報表示及び子育てワンストップサービスの一部機能の運用を開始• 2017年11月13日 情報連携の本格運用開始とともに、マイナポータルについても本格運用を開始• 2018年2月19日 マイナンバーカードのパスワードを変更する機能が追加されました。 変更できるパスワードは、利用者証明用電子証明書、署名用電子証明書、券面事項入力補助用の3種類です。 2018年3月20日 マイナンバーカードのパスワード変更機能について、Mac版とAndroid版がリリースされました。 併せて、マイナポータルの「マイナポータルAP パスワード入力画面(ログイン前の画面)」からもパスワード変更機能が起動できるようになりました。 詳しくは、をご参照ください。 2018年7月30日 マイナポータルのメニュー画面等、一部の画面で英語表記ができるようになりました。 2019年11月5日 ご自身の所得情報や予防接種の記録などの自己情報を確認するのみならず、その提供まで行うことができる自己情報取得APIの提供を開始• 2020年1月20日 法人設立関連手続をまとめて行うことができるの運用を開始 マイナポータルアプリケーションのリリースについて• マイナポータルAPを用いることにより、子育てワンストップサービス(ぴったりサービス)における電子申請を行う際、電子署名の付与を行うことができるようになります。 また、マイナポータルAPをインストールすることにより、短時間で簡単に利用者環境の設定ができます。 詳しくは、からご確認ください。 マイナポータルを利用するために必要なもの• 公的個人認証サービスを利用した本人認証を行い、マイナポータルでアカウント開設を行いログインするためには、利用者証明用電子証明書を搭載したマイナンバーカードが必要です。 使用されるPC端末へののインストール及びカードの読取機能を備えたデバイスの準備が必要です。 また、一部のNFC対応のスマートフォンについては、無料でGooglePlay及びAppleStoreからアプリをダウンロードすることでご利用いただけます。 関連リンク• マイナポータルへのログインについてご不明な点は、にお問い合わせください。 0120-95-0178におかけ頂いた後、「4番」のマイナポータルをご選択ください。 民間送達サービスとの連携 行政機関や民間企業等からのお知らせなどを民間の送達サービスを活用して受け取ることができます。 公金決済サービス マイナポータルのお知らせからネットバンキング(ペイジー)やクレジットカードでの公金決済が可能となります。 自己情報表示(あなたの情報) 行政機関等が保有するあなたの個人情報を検索して確認することができます。 お知らせ 行政機関等から配信されるお知らせを受信することができます。 よくある質問/問い合わせ登録 操作方法に関するFAQを確認したり、問い合わせができます。 サービス検索・電子申請機能 子育てに関するサービスの検索やオンライン申請(子育てワンストップサービス)ができます。 情報提供等記録表示(やりとり履歴) あなたの個人情報を、行政機関同士がやりとりした履歴を確認することができます。 もっとつながる(外部サイト) 外部サイトを登録することで、マイナポータルから外部サイトへのログインが可能になります。 代理人 本人に代わって代理人がマイナポータルを利用できます。 マイナンバーカードのパスワード変更 マイナンバーカードのパスワードのうち、利用者証明用電子証明書、署名用電子証明書、券面事項入力補助用の3種類について変更することができます。 でICカードリーダライタにマイナンバーカードをセットし、「ICカードリーダライタを使ったログイン」を押して進んでください。 ご利用にあたって• 利用者はマイナンバーカードでログインすることなく、ご自身の状況にあったサービスを探すことができます。 子育てワンストップサービスには、マイナポータルからもアクセスすることができます。 子育てサービス検索• 調べたい地域、手続のカテゴリー、キーワードなどでご自身にあったサービスを検索できます。 電子申請• 利用者は申請事項の入力や、ファイルの添付を行い申請を行うことができます。 必要に応じてマイナンバーカードを用いて電子署名を付すことが可能です。 お問い合わせ機能• ワンストップサービスの利用方法について問い合わせ機能を提供します。 就労書作成コーナー• 就労証明書の様式が「かんたん入手」できます。 就労証明書を手書きでなくキーボード入力で「らくらく作成」できます。 役所に赴くことなく「すすっと電子申請」できます。 LINE株式会社のコミュニケーションアプリ「LINE」との連携イメージは、以下のとおりです。 「LINE」のメッセージで子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索 マイナポータルのLINE公式アカウントとのメッセージのやり取りを通じて、マイナンバーや氏名等の個人情報を入力することなく、子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索し、利用者の希望に合ったマイナポータルの「ぴったりサービス」が利用できます。 マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動して電子申請や内容確認 検索した子育て関係サービスで「申請する」ボタンをタップすると「LINE」からマイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(「LINE」からは完全に離れます)して、「ぴったりサービス」上で電子申請やサービスの内容確認ができます。 「友だち」登録はこちらから• PCで閲覧中の方 お手持ちのスマートフォンまたはタブレットでLINEアプリを起動し、QRコードリーダーで下記の二次元バーコードを読み取ってください。 スマートフォンまたはタブレットで閲覧中の方 下記ボタンをタップしてください。 外部リンクページから簡単に「友だち」登録することができます。 ぴったりサービスにおける各市区町村の電子申請の対応状況 「ぴったりサービス」での、各市区町村の行政サービスの対応状況を公開します(令和2年3月31日時点調査)。 個人情報の取扱い 電子申請に必要なマイナンバーや氏名等の個人情報を、「LINE」側で取得したり、「LINE」側が保有したりすることはありません。 よくあるご質問についてはをご覧ください。 株式会社NTTドコモのAIエージェントサービス「my daiz」との連携イメージは、以下のとおりです。 ドコモのケータイ以外でも、dアカウントがあれば利用可能。 「my daiz」で子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索 マイナポータルのmy daiz公式アカウントとのメッセージのやり取りを通じて、マイナンバーや氏名等の個人情報を入力することなく、子育てや介護をはじめとする行政サービスを検索し、利用者の希望に合ったマイナポータルの「ぴったりサービス」が利用できます。 また、音声での検索や、利用者が任意で登録するお住まいの地域情報を利用し、市区町村の選択を省略した、らくらく検索も可能です。 マイナポータルの「ぴったりサービス」に移動して電子申請や内容確認 検索した子育て関係サービスで「申請する」ボタンをタップすると「my daiz」からマイナポータルの「ぴったりサービス」に移動(「my daiz」からは完全に離れます)して、「ぴったりサービス」上で電子申請やサービスの内容確認ができます。 ぴったりサービスにおける各市区町村の電子申請の対応状況 「ぴったりサービス」での、各市区町村の行政サービスの対応状況を公開します(令和2年3月31日時点調査)。 個人情報の取扱い 電子申請に必要なマイナンバーや氏名等の個人情報を、「my daiz」側で取得したり、「my daiz」側が保有したりすることはありません。 よくあるご質問についてはをご覧ください。 「自己情報取得API」は、国民が自己情報の確認のみならず、提供まで行えるよう機能を拡充し、当該機能をシステム間連携によりWebサービス提供者が利用できるようマイナポータルのAPIの一つとして作成・公開するものです。 2.API利用のメリット・概要• 概要 民間事業者や国・地方公共団体など、様々なWebサービス提供者は、自己情報取得APIを活用しマイナポータルと連携することにより、自らのWebサービス利用者の自己情報を、安全かつスピーディに取得し、そのサービスにおいて活用することが可能となります。 想定されるユースケース 例えば、銀行等の民間事業者が、ローン等の審査の際に必要な所得情報をオンラインで即時に取得することで、ローンの審査をスムーズに進めることが可能となります。 3.自己情報取得APIを利用するための手続 はじめに、ガイドラインを参照し、APIの利用について、事業者内で検討して下さい。 なお、必要に応じ随時、内閣府ホームページから、問合せフォームにて、疑問点をお問い合わせ下さい。 利用の意思及び内容が概ね固まったら、「利用企画書」及び「利用条件確認書」を作成し、内閣府ホームページから、問合せフォームにて、事前打合せを申し込んで下さい。 4.関連資料 以下の関連資料はご自由にダウンロードください。 5.連絡先 疑問点のお問合せ、事前打ち合わせの申込みの連絡にあたっては、以下の問合せフォームから当室へご連絡ください。

次の

マイナンバーカードは作らない方がいいの?意外なデメリットとは!?

マイナンバーカード怖い

しかし、悪徳業者が他人のマイナンバーの情報取得に動いているようで、今後は漏洩件数が圧倒的に増えてくることが予想されています。 マイナンバー制度については、日本では2015年よりスタートしましたが、マイナポータルの運用はまだ先のようなので、それほど浸透しているとはいえません。 だからこそ、一般市民の意識が低くなっているのも事実です。 今から、マイナンバー関連の脅威についてもしっかりと把握しておくべきでしょう。 一部の海外の国ではマイナンバー制度がすでに始まっており、長い歴史を持つ国もあります。 アメリカでは不正に情報を取得してマイナンバーを入手し、本人になりすまして様々な犯罪に活用しているケースも多いようです。 犯罪に使われると自分が犯人に仕立て上げられる可能性もあるので、特に要注意だと言えるでしょう。 マイナンバーはそれぞれの個人が有するとても貴重な情報なので、当然価値は大きいです。 自発的に自分からマイナンバーを誰かに売るということまで発生しており、秩序が無茶苦茶になってしまっているという現実もあります。 徐々にマイナンバーが浸透していくと、日本でも上記のようなマイナンバーの悪用が行われるかもしれません。 それによって不正にマイナンバーや、その他の個人情報を使用された、という事例も多いです。 他の国でも悪用されている例は多く、マイナンバーを不正に入手され、銀行口座を開設されてしまい、犯罪に使用されることもあります。 自分の名義の口座が、犯罪に関わるお金の受け渡しに使用されるケースもあるのです。 マイナンバーが漏洩することによって、知らないところで巻き込まれてしまったり、自分の財産を取られたりすることもあるので、慎重に扱うことが求められるでしょう。 またマイナンバーを扱う企業はより対策を強化しなくてはならず、まずは漏洩を徹底的に防いできちんと管理をしてください。

次の