ウォーズ 棋譜検索。 「ぴよ将棋」(iOS版)で他アプリ・サイトから棋譜を読み込む手順

将棋ウォーズの棋譜をダウンロードする方法

ウォーズ 棋譜検索

棋力分布調査方法 400万人以上の会員数からして、この将棋ウォーズの棋力分布が、ほぼそのままアマチュア将棋界全体の棋力分布に相当すると思われます。 では、 どのように棋力調査すればいいのか? 2015年(平成27年)頃の棋力分布についてはを見つけましたが、それ以降の最新データについては一切情報が出てきません。 そこで、開発元のHEROZ(株)にメールで問い合わせてみました。 結果、なんと非公開。。。 自分で調べないといけないのです。 とりあえず、直近の 2018年4月度「第41回将棋ウオーズ段級位最強戦」のより参加者の級段位を調べて行きました。 かなり大変な作業でした・・・。 イメージとしてはこんな感じ。 各級段位クラスごとの参加者の順位リストを調べ、それぞれ地道にカウントしていったのですが、全て調べ終わるまで2〜3時間ほどかかってしまいました・・・。 途中、投げ出しそうになりましたが、それ以上に棋力分布がどうなっているか好奇心があったのです。 集計結果 そして、集計した結果をまとめたものが下記表&グラフになります。 母数が 約14万人(139,722人)なので、そこそこ信頼性のあるデータだと思います。 そして、棋力分布は 1級と2級がほぼ同率で最も多く、両方合わせると 40%近くになる事が分かりました。 やはり、初段の壁は厚いようです。 実際、私も2級から一気に昇級ペースが落ち、初段になるまで約1年かかりましたので・・。 なお、2段になると占有率は一気に減って 9%代に。 5段以上になると 1%を切ってきます。 私の感覚では、初段から2段は並大抵の努力では昇段できません。 詰め将棋も11手詰め以上を解く能力が必要となってくるでしょう。 地方の将棋大会では優勝できるでしょうね。 趣味程度に留めるのであれば、 初段を持てば充分だと思います。 アマチュア将棋会全体の棋力分布もこのようになっていると考えられます。 将棋ウォーズは単なるゲームではなく、自分の棋力が全国レベルでどれくらいか知ることのできる最良ツールとも言えるでしょう。 初段免状 将棋ウォーズで初段を取ると、初段免状を申請する事ができます。 現物はこのようなものです。 横65cm、縦27cmとかなり巨大。 「会長」「名人」「竜王」の直筆署名が入るのが嬉しいですね。 上にも書きましたが、をご確認ください。 あと、免状と一緒にこんなカードももらえます。 (参考)プロ棋士の実力 プロ棋士の養成機関である「奨励会」は6級から始まるのですが、この 奨励会6級が将棋ウォーズでの4〜5段に相当します。 そしてこの奨励会で4段を取ることでようやくプロになれるのです。 いかにプロ棋士がすごい才能の持ち主であるか分かると思います。 なお、名実ともにトップ棋士である羽生善治棋士は プロ9段です。 まあ、A級クラスに在籍している棋士は8〜9段なのですが、凡人からすると神の領域に居る人達ですね。 関連記事はこちらから。 ふたば亭プラス 【職業】化学系エンジニア(某メーカーの研究開発員) 【趣味】将棋(初段) 【所有資格】 エックス線作業主任者、甲種危険物取扱者、第二種電気工事士、知財技能士(2級)、特許サーチャー、甲種4類消防設備士、乙種6,7類消防設備士、高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械2種)、二級ボイラー技士、認定電気工事従事者、アマチュア無線、簿記、有機溶剤作業主任者、特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者、など 【TOEIC】725点(目標:800点) 【好きな言葉】 どんなに辛くても悲しくても「プラス思考」で生きていく! 【ツイッター】 ツイッターもしてますので、当ブログ内容に興味を持って頂ければフォローをお願い致します。

次の

将棋ウォーズ公式

ウォーズ 棋譜検索

考え方としては将棋ウォーズの棋譜をkifuデータに変換しお使いの将棋ソフトにインストールして、観戦、検討するという流れになります。 kifuデータ・・・棋譜をデータ化したもの。 データ化しているので、データ対応しているソフトに読み込めば再生できます。 将棋ソフト・・・kifu for windows というソフトで見ていきます。 [ad co-4] 大まかな流れ 将棋ウォーズから棋譜を取得する 将棋ウォーズの公式HPまたはマイページに棋風を再生するページがあります。 簡単な方法は右上のツイート画面からアドレスだけをコピーします。 例えば下記の公式HPを見ると棋譜が再生されています。 右上のツイート画面をクリックすると ツイート画面にアドレスが表示されていますのでコピーします。 将棋ウォーズの棋譜をkifuデータ化する コピーしたアドレスをkifuデータ化します。 下記サイトが便利なサイトで、アドレスをコピーすればkifuデータをダウンロードすることが可能です。 将棋ウォーズ棋譜保存サイト これでkifuデータをパソコン、スマホに取り込むことができます。 デスクトップに保存すれば こんな感じでデータが出来上がっているはずです。 取得したkifuデータを再生する 柿木のソフトウェアにkifuデータをインストールした場合を見てみます。 <柿木のソフトフェアダウンロードページはこちら> <柿木のソフトフェアの詳細はこちら>.

次の

将棋ウォーズ公式

ウォーズ 棋譜検索

6までアップグレードしています。 コンピューター(ひよこ)との対戦ももちろんできます。 ひよこののレベル(強さ)の選択も可能。 そしてひよこが強いのなんの…私は全然勝てません…。 ぴよ将棋での将棋ウォーズの棋譜検索の方法 将棋ウォーズで対戦をした後、ぴよ将棋を開きます。 赤枠の「ウォーズ棋譜検索」を押すと、将棋ウォーズの棋譜を探す画面に飛びます。 将棋ウォーズのIDを入力。 持ち時間を選択してください。 入力したら、「検索」をタップしてください。 過去の対戦履歴が出てきますので、棋譜解析をしたい対戦の「ぴよ将棋」のバナーをタップすると、その勝負の棋譜解析が出来ます。 ぴよ将棋での棋譜解析(自動検討)の方法 無事棋譜を読み込むことができました。 ここからその時の対戦の振り返りが出来ます。 ここから色んな事が出来るのですが、今回は「棋譜解析」(自動検討)機能を使って自分の対局を振り返りをします。 自動でやってくれるのでとっても楽です。 ちなみにコンピュータ相手の対局で自分が勝った対局になります。 本当は負けた対局こそを振り返る方が成長するのでしょうが… 相手は将棋ウォーズのAIである「Boy Pona4級」でした。 棋譜を読み込んだら、赤枠の「メニュー」をタップ。 赤枠の棋譜解析(自動検討)をタップ。 解析レベルを設定します。 レベルは24くらいで充分ですが、お好みで選んでください。 レベル毎に比較検討したことは無いのですが、30ですとかなり時間がかかるので僕はいつも24で解析しています。 形成評価グラフもお好みでどうぞ。 私はいつも表示しています。 グラフで見たほうがわかりやすいですから。 準備ができたら、右下の解析開始ボタンを押してください。 最初は定石通りに進むと一瞬で解析が進みます。 めっちゃ早いんですこれがまた。 下の枠に実際の差し手と推奨手が表示されます。 YouTubeで動画挙げてみたので良かったら見てみてください。 実際のどれくらいの時間がかかるか?がわかります。 この対局は約90秒で棋譜解析が終わりました…早くないですか? 人のを見るとゆっくり感じるかもですが、自分の対局だとじっくり見られて楽しいですよ! ぴよ将棋アプリで 悪手、最善手を見ると発見がある さて、解析を観終わったら 僕は推奨手を見ています。 どうやって打つのが正解だったのか?の答えはなかなか難しい…。 ですので、判断材料として上記の写真のように 「推奨手の評価値が29998」の時はその手を見てみるようにしています。 後はあまりにもグラフが急激に動いていたりとか、自信が無かった手、ミスったかな?という手も推奨手をチェック。 それが正解かどうかはともかく、 「こういう手もあるよ」という事を知るのは勉強になるはず。 グラフを触っても移動出来ます。 推奨手が「29998」の時や自分が「悪手」の盤面まで移動してから、「メニュー」を押して、「推奨手を棋譜にコピー」を押してください。 これも動画をとってみたので、ご覧ください。 殆ど変化はありませんね。 グラフの表示が少し違うかな? 戦いは進み、コンピュータの悪手で後手番の私がぐっと有利になりました。 ちなみにこのグラフがどれくらい正確なのか、私にはよくわかりません。 指している最中は勿論自分が有利なのかどうかもよくわかっていません。 この局面はコンピュータがよくわからないところに銀を打っていますね…。 戦いは進み、今度は私の手が悪手と判断されていますwまだまだ悪手だらけです。 ミスを減らす、という事の難しさよ…。 この局面は確か相手の飛車を取ったところですね。 途中のグラフを見ると形勢が互角に戻っていますね…。 ですが私の手が好手と判断されています!うれしい…! 好手の場合は推奨手は表示されませんね。 ぴよ将棋のAIはこれが最善手だと判断したのでしょう。 そして棋譜解析が終了。 90手で後手の勝ちとなりました^^先手の悪手・疑問手の数に大分助けられています。 私も悪手・疑問手ともに多いですが好手も2手あったのでその差ですね…。 私の王が居玉のまま丸裸…。 ぴよ将棋での棋譜解析・振り返りの方法まとめ 以上が「ぴよ将棋」での棋譜解析(自動検討)のやり方レポートでした! この他にも「あの時こういう手だったらどうなった?」という「推奨手を棋譜にコピー」機能。 詰み将棋の練習や棋譜並べ、プロの対局中継、入門講座、そしてコンピュータとの対戦(強すぎる)など。 将棋を楽しむ為の機能が盛り沢山…。 そして何がすごいって、 このアプリ無料なんです。 対戦するのが一番楽しいんですが、将棋は「勝負事」なので勝つときもあれば負けることもあります。 初心者の頃は特に負けてばかりで、それが悔しいし全然勝てないしで辞めたくなる…。 が、動画を見たり本を読んだりして勉強するのもいいですが、「自分が勝った棋譜を見てニヤニヤする」というのはなかなか気持ちがイイ(真顔)。 ところで2017年11月現在未だに将棋ウォーズ4級のまま… 追記 ぴよ将棋のおかげで将棋ウォーズ3級になれました! 10ヶ月と17日かかりました。 僕が読んだ将棋の本を紹介させてください。

次の