労働 災害 補償 保険 法。 労働基準法と労働者災害補償保険法|濃縮 社労士

労働者災害補償保険(労災保険)の休業補償給付とは?制度やメリットを確認しよう

労働 災害 補償 保険 法

ロ 配偶者が、(昭和二十二年法律第二十六号)に規定する学校、に規定する専修学校若しくはに規定する各種学校(以下この条において「学校等」という。 )に在学し、(昭和二十二年法律第百六十四号)に規定する保育所(次号ロにおいて「保育所」という。 )若しくは(平成十八年法律第七十七号)に規定する幼保連携型認定こども園(次号ロにおいて「幼保連携型認定こども園」という。 )に通い、又は(昭和四十四年法律第六十四号)に規定する公共職業能力開発施設の行う職業訓練(職業能力開発総合大学校において行われるものを含む。 以下この条及び次条において「職業訓練」という。 )を受けている同居の子(十八歳に達する日以後の最初の三月三十一日までの間にある子に限る。 )を養育すること。 2 厚生労働大臣は、年度(四月一日から翌年三月三十一日までをいう。 以下同じ。 )の平均給与額(厚生労働省において作成する毎月勤労統計(次条、第九条の五及び附則第四十八項において「毎月勤労統計」という。 )における労働者一人当たりの毎月きまつて支給する給与の額(第九条の五及び附則第四十八項において「平均定期給与額」という。 )の四月分から翌年三月分までの各月分の合計額を十二で除して得た額をいう。 以下この項において同じ。 )が平成六年四月一日から始まる年度(この項及び次項の規定により自動変更対象額が変更されたときは、直近の当該変更がされた年度の前年度)の平均給与額を超え、又は下るに至つた場合においては、その上昇し、又は低下した比率に応じて、その翌年度の八月一日以後の自動変更対象額を変更しなければならない。 第九条の四 の厚生労働大臣が定める額(以下この条において「最低限度額」という。 )は、厚生労働省において作成する賃金構造基本統計(以下この項及び第七項において「賃金構造基本統計」という。 )の常用労働者((昭和三十九年労働省令第八号)に規定する事業所(国又は地方公共団体の事業所以外の事業所に限る。 )に雇用される常用労働者をいう。 以下この項及び第四項において「常用労働者」という。 )について、前条に規定する年齢階層(以下この条において「年齢階層」という。 )ごとに求めた次の各号に掲げる額の合算額を、賃金構造基本統計を作成するための調査の行われた月の属する年度における被災労働者(年金たる保険給付(遺族補償年金又は遺族年金を除く。 )を受けるべき労働者及び遺族補償年金又は遺族年金を支給すべき事由に係る労働者をいう。 以下この項において同じ。 )の数で除して得た額(その額に一円未満の端数があるときは、これを一円に切り上げる。 )とする。 5 六十五歳以上七十歳未満の年齢階層に係る最低限度額及び最高限度額についての第一項(第三項において準用する場合を含む。 )の規定の適用については、第一項中「厚生労働省において作成する賃金構造基本統計(以下この項及び第七項において「賃金構造基本統計」という。 )の常用労働者」とあるのは「常用労働者等」と、「常用労働者をいう」とあるのは「常用労働者(以下この項及び第四項において「常用労働者」という。 )及び常用労働者以外の者であつて、六十五歳以上のものをいう」と、「この項及び第四項において「常用労働者」という」とあるのは「この項において同じ」と、「賃金構造基本統計を」とあるのは「厚生労働省において作成する賃金構造基本統計(以下この項及び第七項において「賃金構造基本統計」という。 )を」と、「常用労働者であつて男性である者(」とあるのは「常用労働者等であつて男性である者(常用労働者以外の者については、当該年齢階層に属するものの数の四分の三に相当する数のものに限る。 」と、「現金給与額(」とあるのは「現金給与額(常用労働者以外の者については、当該年齢階層に属する常用労働者の受けている賃金構造基本統計の調査の結果による一月当たりのきまつて支給する現金給与額のうち最も低いものとする。 」とする。 第九条の五 (において準用する場合を含む。 次項において同じ。 )の平均給与額は、平均定期給与額の四月分から翌年三月分までの各月分の合計額によるものとする。 ただし、毎月勤労統計の標本の抽出替えが行われたことにより当該各月分の合計額によることが適当でないと認められる場合には、当該各月について、常用労働者(毎月勤労統計における常用労働者をいう。 以下この項において同じ。 )を常時五人以上雇用する事業所(毎月勤労統計における事業所をいう。 )に雇用される常用労働者に係る当該抽出替えが行われた月の当該抽出替えが行われた後の平均定期給与額に当該抽出替えが行われた後の賃金指数(毎月勤労統計における毎月きまつて支給する給与の賃金指数をいう。 以下この項において同じ。 )を当該抽出替えが行われた月の当該抽出替えが行われた後の賃金指数で除して得た数を乗じて得た額の合計額によるものとする。 2 毎月勤労統計の調査の範囲、対象等の変更が行われたことにより前項の規定により算定した平均給与額によることが適当でないと認められる場合においては、同項の規定にかかわらず、当該変更が行われた月の属する年度のの平均給与額は当該変更が行われた月以後の十二月分の平均定期給与額の合計額(当該合計額により難い場合には、十二を下回る厚生労働大臣が定める数の月分の平均定期給与額の合計額。 以下この項において同じ。 )を当該変更が行われなかつたものとした場合に得られる当該十二月分の平均定期給与額の合計額で除して得た率(以下この項において「補正率」という。 )を当該変更が行われた月より前の各月の月分の平均定期給与額に乗じて得た額を当該変更が行われた月より前の各月の月分の平均定期給与額とみなして前項本文の規定を適用したときに得られる同項本文の合計額によるものとし、当該変更が行われた月の属する年度より前の年度の同号の平均給与額は同項の規定により算定した平均給与額(同号の平均給与額がこの項の規定により算定した額によるものとされた場合にあつては、当該算定した額)に補正率を乗じて得た額によるものとする。 5 既に身体障害のあつた者が、負傷又は疾病により同一の部位について障害の程度を加重した場合における当該事由に係る障害補償給付は、現在の身体障害の該当する障害等級に応ずる障害補償給付とし、その額は、現在の身体障害の該当する障害等級に応ずる障害補償給付の額から、既にあつた身体障害の該当する障害等級に応ずる障害補償給付の額(現在の身体障害の該当する障害等級に応ずる障害補償給付が障害補償年金であつて、既にあつた身体障害の該当する障害等級に応ずる障害補償給付が障害補償一時金である場合には、その障害補償一時金の額(当該障害補償年金を支給すべき場合において、において準用する各号に掲げる場合に該当するときは、当該各号に定める額をの給付基礎日額として算定した既にあつた身体障害の該当する障害等級に応ずる障害補償一時金の額)を二十五で除して得た額)を差し引いた額による。 七 障害補償年金の支給を受けることとなる場合において当該障害補償年金の払渡しを受けることを希望する金融機関((昭和二十二年大蔵省令第九十四号)の日本銀行が指定した銀行その他の金融機関(日本銀行を除く。 )をいう。 以下同じ。 )の名称及び当該払渡しに係る預金通帳の記号番号又は当該障害補償年金の払渡しを受けることを希望する郵便貯金銀行((平成十七年法律第九十七号)に規定する郵便貯金銀行をいう。 以下同じ。 )の営業所若しくは郵便局((昭和二十四年法律第二百十三号)に規定する郵便窓口業務を行う日本郵便株式会社の営業所であつて郵便貯金銀行を所属銀行とする銀行代理業((昭和五十六年法律第五十九号)に規定する銀行代理業をいう。 )の業務を行うものをいう。 以下同じ。 )の名称 2 第十二条第二項から第四項まで及び第十二条の三第一項から第三項までの規定は、療養給付たる療養の給付の請求について準用する。 この場合において、第十二条第二項中「第四号に掲げる事項」とあるのは「第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、同条第四項中「前項第三号及び第四号」とあるのは「前項第三号」と、第十二条の三第一項中「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、同条第二項中「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、「第十二条第三項」とあるのは「第十八条の五第二項において準用する第十二条第三項」と、同条第三項中「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、「第一項及び第十二条第三項」とあるのは「第十八条の五第二項において準用する第一項及び第十二条第三項」と読み替えるものとする。 2 第十二条の二第二項及び第三項の規定は、療養給付たる療養の費用の請求について準用する。 この場合において、同条第二項中「第四号に掲げる事項」とあるのは「第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、「同項第五号及び第六号」とあるのは「前項第五号及び第六号」と、同条第三項中「同項」とあるのは「第十八条の六第一項」と読み替えるものとする。 2 第十三条第二項及び第三項の規定は、休業給付の請求について準用する。 この場合において、同条第二項中「前項第三号から第七号まで及び第九号に掲げる事項(同項第六号に掲げる事項については休業の期間に、同項第七号に掲げる事項については厚生年金保険の被保険者の資格の有無に限る。 )」とあるのは「前項第三号、第五号から第七号まで及び第九号に掲げる事項(同項第六号に掲げる事項については休業の期間に限るものとし、同項第六号の二中「業務上の」とあるのは「通勤による」とし、同項第七号に掲げる事項については厚生年金保険の被保険者の資格の有無に限るものとし、同項第九号中「休業補償給付」とあるのは「休業給付」とする。 )並びに第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、「、同項第六号」とあるのは「、前項第六号」と、同条第三項中「第一項第八号」とあるのは「第十三条第一項第八号」と、「同項」とあるのは「第十八条の七第一項」と読み替えるものとする。 3 第十四条の二第二項から第四項までの規定は、障害給付の請求について準用する。 この場合において、同条第二項中「前項第三号から第五号の二までに掲げる事項(同号に掲げる事項については、厚生年金保険の被保険者の資格の有無に限る。 )」とあるのは「前項第三号、第五号及び第五号の二に掲げる事項(同号に掲げる事項については、厚生年金保険の被保険者の資格の有無に限る。 )並びに第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、同条第三項中「第一項」とあるのは「第十八条の八第二項」と、同条第四項中「第一項第六号」とあるのは「第十四条の二第一項第六号」と、「同項」とあるのは「第十八条の八第二項」と、「前項」とあるのは「第十八条の八第三項において準用する第十四条の二第三項」と読み替えるものとする。 3 第十五条の二第二項及び第三項並びに第十五条の三から第十五条の五までの規定は、遺族年金の請求並びに遺族年金の請求及び受領についての代表者の選任及び解任について準用する。 この場合において、第十五条の二第二項中「前項第四号から第六号の二までに掲げる事項(同項第四号に掲げる事項については死亡の年月日を除き、同項第六号の二に掲げる事項については厚生年金保険の被保険者の資格の有無に限る。 )」とあるのは「前項第四号、第六号及び第六号の二に掲げる事項(同項第四号に掲げる事項については死亡の年月日を除き、同項第六号の二に掲げる事項については厚生年金保険の被保険者の資格の有無に限る。 )並びに第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、同条第三項中「第一項の請求書」とあるのは「第十八条の九第二項の請求書」と、「第一項第二号の遺族」とあるのは「請求人以外の遺族年金を受けることができる遺族」と、「前条」とあるのは「第十八条の九第一項において準用する第十五条」と、「第一項第七号」とあるのは「第十五条の二第一項第七号」と、第十五条の三第二項第二号中「第十五条」とあるのは「第十八条の九第一項において準用する第十五条」と、第十五条の四第一項中「後段」とあるのは「において準用する後段」と、「」とあるのは「において準用する」と、同条第二項第二号中「」とあるのは「第十八条の九第一項において準用する第十五条」と読み替えるものとする。 2 第十六条第二項から第四項までの規定は、遺族一時金の請求並びに遺族一時金の請求及び受領についての代表者の選任及び解任について準用する。 この場合において、同条第二項中「前項第三号ロからニまでに掲げる事項(死亡の年月日を除く。 )」とあるのは「前項第三号ロ及びニに掲げる事項(死亡の年月日を除く。 )並びに第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、同条第三項中「第一項」とあるのは「第十八条の十第一項」と、「」とあるのは「において準用する」と、「」とあるのは「において準用する」と、「遺族補償年金」とあるのは「遺族年金」と読み替えるものとする。 2 第十七条の二第二項及び第三項の規定は、葬祭給付の請求について準用する。 この場合において、同条第二項中「前項第四号から第六号までに掲げる事項(死亡の年月日を除く。 )」とあるのは「前項第四号及び第六号に掲げる事項(死亡の年月日を除く。 )並びに第十八条の五第一項第一号から第三号までに掲げる事項(同項第二号イ、ニ及びホ中住居を離れた年月日時並びに同号ハ中当該移動の起点たる就業の場所における就業終了の年月日時及び当該就業の場所を離れた年月日時を除く。 )(同項第一号及び第三号に掲げる事項については、事業主(同項第二号イからホまでに掲げる場合の区分に応じ、それぞれ同号イからホまでに掲げる就業の場所に係る事業主をいう。 以下この項において同じ。 )が知り得た場合に限る。 )」と、「傷病補償年金」とあるのは「傷病年金」と、同条第三項中「第一項」とあるのは「第十八条の十二第一項」と、「遺族補償給付」とあるのは「遺族給付」と読み替えるものとする。

次の

労働者災害補償保険(労災保険)の休業補償給付とは?制度やメリットを確認しよう

労働 災害 補償 保険 法

この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。 また最新の法令改正を反映していない場合があります。 ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。 もお読みください。 労働者災害補償保険法 通称・略称 労災保険法 昭和22年4月7日法律第50号 種類 効力 現行法 主な内容 、(旧労働福祉事業)について 関連法令 、 条文リンク 労働者災害補償保険法(ろうどうしゃさいがいほしょうほけんほう、昭和22年4月7日法律第50号)は、により、業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害、死亡等に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行い、あわせて、業務上の事由又は通勤により負傷し、又は疾病にかかつた労働者の社会復帰の促進、当該労働者及びその遺族の援護、適正なの確保等を図り、もつての福祉の増進に寄与することを目的として制定された、のである。 略称で 労災保険法とも。 構成 [ ]• 第一章 総則(第一条 - 第五条)• 第二章 保険関係の成立及び消滅(第六条)• 第三章 保険給付• 第一節 通則(第七条 - 第十二条の七)• 第二節 業務災害に関する保険給付(第十二条の八 - 第二十条)• 第三節 通勤災害に関する保険給付(第二十一条 - 第二十五条)• 第四節 二次健康診断等給付(第二十六条 - 第二十八条)• 第三章の二 社会復帰促進等事業(第二十九条)• 第四章 費用の負担(第三十条 - 第三十二条)• 第四章の二 特別加入(第三十三条 - 第三十七条)• 第五章 不服申立て及び訴訟(第三十八条 - 第四十一条)• 第六章 雑則(第四十二条 - 第五十条)• 第七章 罰則(第五十一条 - 第五十四条)• 附則 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。 - この項目は、分野に関連した です。

次の

労働基準法と労働者災害補償保険法|濃縮 社労士

労働 災害 補償 保険 法

]事業を行うことができる。 ]事業を 適用 てきよう : application適用 事業 じぎょう : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。 ]事業 とする とする : shall beとする。 2 前項 ぜんこう : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の 規定 きてい : provision規定にかかわらず、 国 くに : the State[原則], national government[地方公共団体と比較する場合]国の直営 事業 じぎょう : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。 ]事業、 官公署 かんこうしょ : public agency官公署の 事業 じぎょう : business[商法上の「営業」に対し、会社法上の「事業」の訳語として使用する。 ]事業((昭和二十二 年法律第…号 ねんほうりつだい…ごう : Act No. ]事業を除く。 ) 及び および : and及び(昭和十四 年法律第…号 ねんほうりつだい…ごう : Act No. 以下「…」という いか「…」という : hereinafter referred to as "…"以下「徴収法」という。 );ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。 );ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。 ) とする とする : shall beとする。 )については、次に定めるところによる。 以下この…において同じ いかこの…においておなじ : hereinafter the same shall apply in this …以下この号において同じ。 4 前項 ぜんこう : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項 …の規定は、…について準用する …のきていは、…についてじゅんようする : the provision of … shall apply mutatis mutandis to …の規定は、第二項第二号の厚生労働大臣が定める額について準用する。 この場合において、…中「…」とあるのは、「…」と読み替えるものとする このばあいにおいて、…ちゅう「…」とあるのは、「…」とよみかえるものとする : in this case, the term "…" in … shall be deemed to be replaced with "…"この場合において、前項中「最も低い賃金月額に係る」とあるのは、「最も高い賃金月額に係る階層の直近下位の」と読み替えるものとする。 )については、次に定めるところによる。 一 算定 さんてい : calculation算定事由発生日の属する年度(四月一日から翌年三月三十一日までをいう。 以下同じ いかおなじ : the same shall apply hereinafter以下同じ。 以下この…において同じ いかこの…においておなじ : hereinafter the same shall apply in this …以下この号及び第十六条の六第二項において同じ。 第九条 年金 ねんきん : pension年金たる 保険給付 ほけんきゅうふ : insurance benefit保険給付の 支給 しきゅう : payment[金銭], provision[物]支給は、 支給 しきゅう : payment[金銭], provision[物]支給すべき事由が生じた月の翌月から始め、 支給 しきゅう : payment[金銭], provision[物]支給を受ける 権利 けんり : right権利が 消滅 しょうめつ : extinction[存在や権利等の消滅一般], expiration[期間満了による消滅等], extinguishment[債務の弁済による消滅や契約の解除・取消による消滅], lapse[条件不成就や権利の不行使による権利・特権の消滅・失効]消滅した月で終わるもの とする とする : shall beとする。 以下同じ いかおなじ : the same shall apply hereinafter以下同じ。 )に関し、 年金 ねんきん : pension年金たる 保険給付 ほけんきゅうふ : insurance benefit保険給付( 遺族 いぞく : surviving family[個々の遺族を指す場合], surviving family member[個々の遺族を指す場合], bereaved family遺族 補償年金 ほしょうねんきん : compensation pension補償年金 及び および : and及び 遺族 いぞく : surviving family[個々の遺族を指す場合], surviving family member[個々の遺族を指す場合], bereaved family遺族 年金 ねんきん : pension年金を除く。 同一の傷病に関し、 年金 ねんきん : pension年金たる 保険給付 ほけんきゅうふ : insurance benefit保険給付( 遺族 いぞく : surviving family[個々の遺族を指す場合], surviving family member[個々の遺族を指す場合], bereaved family遺族 補償年金 ほしょうねんきん : compensation pension補償年金 及び および : and及び 遺族 いぞく : surviving family[個々の遺族を指す場合], surviving family member[個々の遺族を指す場合], bereaved family遺族 年金 ねんきん : pension年金を除く。 以下同じ いかおなじ : the same shall apply hereinafter以下同じ。 ただし、 年金 ねんきん : pension年金たる 保険給付 ほけんきゅうふ : insurance benefit保険給付を受ける 権利 けんり : right権利を(平成十四 年法律第…号 ねんほうりつだい…ごう : Act No. 2 前項 ぜんこう : immediately preceding paragraph, the preceding paragraph前項の 保険給付 ほけんきゅうふ : insurance benefit保険給付( 傷病補償年金 しょうびょうほしょうねんきん : injury and disease compensation pension傷病補償年金 及び および : and及び 介護補償給付 かいごほしょうきゅうふ : nursing care compensation benefit介護補償給付を除く。 一 (平成十七 年法律第…号 ねんほうりつだい…ごう : Act No. );ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。 );ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。 );ただし、第5条に規定する場合に限るに限る。 )による。

次の