ファミコン スウィート ホーム。 【スウィートホーム】BIOHAZARDの原点とも言える名作!和製ホラー映画がまさかのRPGでゲーム化!【ファミコン・カプコン・レビュー】

スウィートホーム[ファミコン]【買取価格公開】

ファミコン スウィート ホーム

スウィートホームとは、• 総揮、清の。 上記のを元にして同年に発売された同名。 発売元は。 の化作品ながらそれに留まらず、的なを持ちこんだ意欲作であり、関連で「スウィートホーム」と言った場合この版をすことが多い。 にで放映された、をにした。 をす「お」というの登場、および後に「」の全により有名になるムンクさんがとなった。 なお、本作でのムンクさんはとしてされる。 本項では1. 及び2. について解説する。 概要 の取材でフコ画で有名な一郎の館を訪れた5人…という点はもも一緒であるが、その後の展開が異なる。 一応版についても簡単に書いておくが、ここでは版をに説明する。 映画版 館へ着き、取材を開始する5人だったが、であるが供養を壊してしまったことから怪現が発生し、取材どころではなくなる。 その怪現によりとレポーターのはし、さらにであるのエミがの霊にさらわれてしまう。 ゲーム版 館にやって来て取材を開始した途端、が起こり入り口が崩れて通れなくなる。 その後の霊が現れ、館を荒らす者として5人は館に閉じ込められてしまう。 5人は館から脱出するため、館のへと足を踏み入れるのだった。 ゲーム版の特徴 このは最大で3人までしかを組めない(片方は2人となる)。 は基本的にで、に助けをめるともう片方のを動かすことができ、時間内にを行っているの元へたどり着けばに加わることが出来る。 内で鍵になっているのが「のちから」というで、消耗する事で進行や一部の回避率、時の攻撃ブーストなどが行える。 このの特徴は ばそこまでというところ。 他ののように生することが出来ない為だんだんと苦しくなっていくが、そこがこのの味という人もいる。 回復用も「くすりびん」のみで、数に限りがあるため、「のちから」をで乱用しすぎると回復できずで詰まる恐れもある。 また、所持できるも専用とを除き2つまでしか持てない。 既に2つ持っている場合は他のと交換するか、落ちていると持ち変えるしか方法がない(捨てられない為)。 死んだの専用は死体の側でしか使えなくなるが、代用となるが存在するので専用のが使えなくなった、などといった理由で詰まることはない。 各を調べて行き、を解いて先に進んでいくがにもさまざまなが仕掛けられており、そのにかかってしまった場合は直ぐに助け出す必要があり、放置しておくとにかかったは死に至る。 がにかかった場合はの時と同様にもう一方のをその場所まで移動させ、助ける必要がある。 当然ながら死ぬか行動になるととなる。 後に生き残った人数でが変化する当時はしい方式となっている。 登場人物 内は版 和夫 (山新)。 押しが弱い。 ではを使用して紐を燃やしたりできる。 エミ () 和夫の。 和夫と子が結ばれればと思っている。 では鍵のかかったを開けられる。 子 (信子)。 ではを使い、を治療できる。 では夫妻のの供養を壊し、一連の怪現を引き起こす原因を作ってしまう。 胴体を溶かされっ二つになり。 ではを使い、フコ画の撮を行える。 (福美)。 霊感がある。 版ではックなで、倒れてきたが頭に当たり。 ではを使い、床に散らばった破片やフコ画のを吸い取れる。 () 関連動画 プレイ動画(実況含む) TAS・RTA BGM・CM その他 ピコカキコ.

次の

ゲーム攻略 スウィートホーム/アイテムリスト

ファミコン スウィート ホーム

ストーリー [ ] テレビ取材班5人が画家、間宮一郎の作品が遺されている誰一人住んでいない屋敷に入り込み、壁画のほこりを除去するなど修復した彼らは壁面から連作と思われるフレスコ画を発見し、間宮一郎がその壁画を描いたその経緯を突き止めようとする。 着々と取材を進める一行だが、次々と怪奇現象が起こり、やむなくプロデューサーの和夫とディレクターの秋子は取材を断念し、引き上げる準備を始める。 しかしその最中、カメラマンの田口とレポーターのアスカが怪奇現象によって命を落としてしまう。 そこへ一行が屋敷に入り込んできたことを知った山村と名乗る老人が現れ、供養塔を壊したのはお前たちかと和夫たちを問い詰めてきた。 この館ではかつて、間宮一郎の妻が誤って我が子を死なせてしまい、そのショックから精神に異常をきたして子供たちを次々に攫っては殺害するという事件を起こした末に自らの命を絶つという凄惨な事件が起きていた。 その事件の犠牲者や間宮夫人らの霊を鎮めるために供養塔が作られていたのだが、屋敷に入る時に田口が供養塔を壊したことにより間宮夫人の霊が目を覚まし、悪霊となって蘇ってしまったのだという。 やがて間宮夫人の魔の手は生き残った和夫たちにも迫り、和夫の娘・エミが夫人の霊に攫われてしまった。 和夫と秋子は山村老人の助力を得てエミの救出に向かう。 間宮夫人が潜む部屋の奥へ単身入り込んだ山村老人はエミを救い出すことに成功するが、間宮夫人の操る超高熱の影に侵され、3人の眼前で跡形もなく溶解して死亡してしまう。 間宮夫人の魔の手は容赦なく襲い掛かり、屋敷からの脱出寸前に再びエミが捕らわれ、和夫は秋子に戻らなかったら逃げろと言い残して単身、屋敷に引き返していってしまう。 独り残され途方にくれていた秋子は、エミを救い出すべく気力を振り絞って立ち上がる。 独身であった秋子は、子を亡くした苦悩を抱える母親である間宮夫人の強力な力に対抗するべく、子を持つ母親の気持ちを理解するためにエミの母親の形見の服を身につけ、間宮夫人子供の遺体が入った棺を手に、単身間宮夫人が潜む屋敷の地下へと向かう。 そして間宮夫人の魔力を切り抜けた末、悲劇の発端となった地下焼却炉の中にエミが捕らわれているのを見つけ、山村老人の教えてくれた「心の力」を思い出し間宮夫人が見せ付ける燃え盛る炎の幻影を乗り越えて見事にエミを救い出した。 喜びもつかの間、2人の前についに間宮夫人の悪霊が姿を現し、醜悪な異形の姿に変貌して襲い掛かってきた。 容赦ない攻撃に秋子が倒れ絶体絶命に追い込まれた時、秋子が持ってきた棺を見て何をなすべきかに気づいたエミは、棺に納められていた間宮夫人の子供の遺体を取り出して、間宮夫人に差し出した。 その途端に間宮夫人は大人しくなり、亡くした我が子をその手に取り戻した喜びと共に全ての苦しみから解き放たれ、昇天していくのだった。 全てが終わり、ようやく脱出を果たしながらも和夫を失った悲しみに暮れていた2人の前に、消息を絶ったと思われた和夫が姿を現した。 山村老人が託してくれたお守りの力により悪霊から守られ、命からがら逃げてきたのであった。 再会を喜び一行が屋敷を後にした後、長きに渡る怨念と呪縛から解き放たれたかのように、間宮邸が独りでに崩壊していくのだった。 登場人物 [ ] テレビ取材班 [ ] 早川秋子(はやかわ あきこ) 演 - 本作の主人公。 テレビ番組のディレクター。 きびきびとしたしっかり者のキャリアウーマンで独身。 星野和夫と付き合っており愛し合っているが、彼の優柔不断な面に不満も持っている。 和夫の娘のエミをわが子のように可愛がっている。 子供を失った反動で母親を亡くしたエミをさらった間宮夫人からエミを救うべく立ち向かう。 星野和夫(ほしの かずお) 演 - プロデューサー。 エミの父。 陽気で明るい人物だが反面、優柔不断な面がある(エミ曰く、「気が弱い。 すぐ相手に調子合わせる」)。 秋子を愛しているが、なかなか結婚を言い出せないでいる。 星野エミ(ほしの エミ) 演 - 和夫の娘。 明るく活発な少女だが内心には幼い頃に亡くした母への思慕の念を抱いており、姉のように慕う秋子に母になって欲しいと願っている。 夏休みであるため父に勉強を兼ねて同行している。 母を亡くすという生い立ちゆえに、我が子を亡くして苦しむ間宮夫人の悪霊と引き付けあいさらわれる。 母親の服を形見として持ち歩いており、このことが後に秋子の力の源となる。 田口 亮(たぐち りょう) 演 - カメラマン。 カメラマンとしては優秀だが浅慮で無神経な一面のあるトラブルメーカー。 発電機室に入るために供養塔を壊し、クルーに悲劇をもたらした張本人。 「影」に捕まって下半身を溶かされ半狂乱状態でアスカにすがるが、錯乱したアスカにスパナで殴られて死亡する。 アスカ 演 - 番組のレポーター。 神秘的な雰囲気を持つ若い女性。 芸術に造詣があるらしく、間宮邸の壁に描かれたフレスコ画の修復作業も担当する。 霊感が強く間宮邸の怪異に真っ先に反応し、何者かに取り憑かれたかのように奇行を見せるようになる。 影に下半身を溶かされて半狂乱状態ですがりついてきた田口をパニックの末に撲殺した直後、田口が勝手に持ち出して壁に立てかけていたために倒れてきた巨大な斧に頭を直撃され即死。 さらに死体を間宮夫人の影の超高熱で跡形もなく溶かされ無残な姿で発見された。 間宮家に関わる人物 [ ] 山村健一(やまむら けんいち) 演 - 間宮邸から一番近いガソリンスタンドの主人。 気骨のある老人で間宮家の過去の悲劇を知る人物だが、その素性は謎。 「心の力」と称する不思議な力を操ることができ、エミを失って途方にくれる和夫たちを叱咤しつつ導く。 影に囚われたエミを救出した後に全身を溶かされ死亡。 間宮一郎(まみや いちろう) フレスコ画家で間宮邸の主。 生前に間宮家の日々を描いた巨大なフレスコ画を残している。 間宮夫人(まみや ふじん) 演 - 間宮一郎の妻。 かつては優しい心の持ち主であり、誰もが羨む美人であった。 まさに「スゥイートホーム」と呼べるほどの幸せな家庭のひと時を一郎と過ごしていたが、子供を不慮の事故で亡くしたために精神を病み、付近の家の子供をさらって焼き殺すという凶行を繰り返した末、自ら焼却炉に身を投げて命を絶った。 供養塔によって魂を鎮められていたが、田口が供養塔をうっかり壊したのが原因で憎悪の念と共に悪霊と化し一行に襲い掛かる。 本体は屋敷の地下に潜み、影を自在に操って影に接触したものを超高熱で焼き殺すという凶行を繰り返す。 母親を亡くすという、自分とは逆の境遇に置かれたエミと惹きつけ合い、彼女を自分の子供にしようと目論む。 役場 [ ] 若い上役 演 - 中年の役人 演 - 間宮邸の鍵を預かる役場の職員。 間宮邸に怪異が現れるらしいことを知りながらもテレビ取材班一行に鍵を渡す。 スタッフ [ ]• 製作総指揮:伊丹十三• 製作:• プロデューサー:細越省吾• 監督・脚本:• 撮影:• 照明:桂昭夫• 録音:小野寺修• 音楽:• 美術:中村州志• 編集:• チーフ助監督:久保田延廣• 助監督:、佐々木浩久、• 撮影助手:、、石山稔、岩崎登• 待機助手:龍田哲児• 照明助手:橋本好和、島田正、白岩正嗣、能村盛二、平田孝浩、• 録音助手:桜井敬吾、葛木誠、酒井雅章、石井ますみ• 録音効果:斎藤昌利• リーレコ:杉本潤• スタジオアドバイザー:中山義廣• 製作担当:川崎隆• 編集助手:米山幹一• ネガ編集:• 美術助手:沖山真保、• 装置:林崎忠雄• 装飾:富沢幸男、、栗原牧子• 衣装:小合惠美子• スタイリスト:白井萌児、寺戸愁子、水谷幹子• 特別衣装製作:長沢修身• 結髪:小沼みどり• 結髪助手:横瀬由美• 特機:落合保雄• 装飾:山崎輝• SFX総指揮 :• SFXコーディネーター:• SFXスーパーバイザー:トム・カルナン• イメージデザイン:• 音楽プロデューサー:• グラフィック・デザイン:佐村憲一• :江川悦子、トム・カルナン、エディ・ヤン、マイク・ホッシュ、スティーブ・ダナン、グレッグ・ケイトン、大池しおり、島崎恭一、佐和一弘、ピエール須田、南泉雅昭、寺田高士、久保秀美、磯金秀樹• スペシャルビジュアル:粟飯原君江、、滋沢雅人• 操演:東京オールイフェクト• VTR:インパクト• 記録:小山三樹子• スティル:野上哲夫• 通訳:星由美子• タイトル影絵:影絵劇団かかし座• キャスティング協力:N. 製作進行:岩下真司、土門征一• デスク:• 特別衣装製作:• 壁画協力:宇野亜喜良• カースタント:• ボディスタント:• 現像:• フィルム:FUJICOLOR F-series• スタジオ:• 企画:• 録音スタジオ:にっかつスタジオセンター• 音響効果:斉藤昌利()• リーレコ:杉本潤• 撮影機材:三和英材社• 照明機材:東洋照明株式会社• 車輪:富士映画• オリジナルサウンドトラック:• ミキサー:大森政人、松浦雅也、STEVE ALLAN• 録音スタジオ:NEW・TON STUDIO OSAKA 、LILLIE YARD STUDIO UK• 挿入曲:• 作詞:LINDA HENNRICK• 作曲・編曲:松浦雅也• 協力:IMAGICA、富士写真フイルム株式会社、報映産業株式会社、株式会社西友、オーヤマ照明株式会社、Avon House• 製作:伊丹プロダクション• 配給: 映像ソフト [ ]• 『スウィートホームへ連れてって! 』 (1989年6月1日発売、メイキングビデオ、東宝)• 『スウィートホーム』(1989年9月1日発売、、)• 『スウィートホーム』(1989年11月21日発売、、東宝) オリジナルサウンドトラック [ ]• 映画版『スウィートホーム』(1989年1月21日発売、) 音楽: 訴訟問題 [ ] 映画公開後、より用のおよびが発売されたが、このビデオを巡って監督の黒沢が伊丹プロと東宝を提訴した。 ビデオ販売にともなう監督への追加報酬が合意されたか否か、ビデオ化およびテレビ放映に際してなされた編集が監督の著作者人格権を侵害しないか否かなどが争点となったが、黒沢の敗訴が確定している [ ] [ ]。 判決自体は伊丹プロらのビデオ化を是認するものであったが、現在本作品のビデオは絶版、DVD化もされていない。 他媒体への展開 [ ] ゲーム 『』を参照のこと。 漫画 著『惨劇館7』(原著1990年11月1日)。 に収録。 タイトルは『御茶漬版スウィートホーム』。 間宮家の30年前の惨事を漫画にしており、32Pで端的にまとめられている。 若き日の山村が間宮家の召使として描かれている。 ラストのコマでは和夫一行が描かれ、ここから映画につながる。 ゲームブック 尾崎克之、レッカ社『スウィートホーム 魔性の棲む館( ファミコン冒険ゲームブックシリーズ)』(原著1989年12月1日)。 双葉社のファミコン冒険ゲームブックシリーズとして発売。 映画作中においても和夫が『』と思われるゲームブックを読んでいるシーンがある。 サウンドトラック 映画版とゲーム版の2種類が存在する。 映画版はのが担当。

次の

Amazon

ファミコン スウィート ホーム

物を燃やせる。 くすりばこ あきこが最初から持っている。 状態異常を治せる。 HP・心の力は回復できない。 カメラ たぐちが最初から持っている。 フレスコに使う。 そうじき あすかが最初から持っている。 ガラスの破片やほこりを吸い取れる。 カギ えみが最初から持っている。 扉を開ける事ができる。 2コのカギ 扉のカギ。 あおいライト 光ってる影の前で使うと、通れるようになる。 戦闘中にも使える。 ゾンビなどに効く。 あおいローソク 3対の像に使う。 あんぜんぐつ ねばねばの床の上を歩いてもくっつかない。 ガソリン 発電機を動かすために必要。 かたみのふく 心の力が全回復する。 かっしゃ 移動速度アップ。 きんのカギ 扉のカギ。 くすりびん HPと心の力が全回復する。 マップ上で使うと、パーティを組んでいる人全員が回復(最高3人)。 戦闘中に使うと、戦闘に参加している人全員が回復(最高5人)。 ぐんて 使うと、いばらの上を歩いてもダメージを受けない。 クッキー ステータス異常を治す事ができる。 薬箱と同じ効果。 こどものひつぎ 最後の戦いで必要。 しゃしん 最後の戦いで必要。 しょうかき 炎を消せる。 1回使うと無くなる。 じょうぶないた 何回通っても大丈夫。 戦闘中に使うとダメージ(つちおとことふらんしたい)。 スライド 映写機に入れる。 すいしょうだま 青い火を消すのに必要。 敵にダメージを与えることもできる。 スコップ 供養塔を掘るときなどに使う。 ちかしつのカギ 扉のカギ。 てつのカギ 扉のカギ。 てつのぼう 敵に攻撃できる? どぐう 地下室へ行くのに必要。 最後の戦いでも使用。 なわばしご 吹き抜けを降りるときに使う。 にっきのカギ 日記を見るために必要。 にっき 最後の戦いで必要。 ばけつ 血を汲むときに使う。 この血で緑色の像を溶かすことができる。 はりがね 扉を開けることができる。 カギと同じ効果。 ハンマー 岩を壊せる。 敵にも効く。 ヒスイのゆびわ もう一つの指輪と一緒に使うと・・・。 ピッケル 使うと、水に流されない。 青い床に乗っても滑らない。 ほうき 掃除機の代わりになる。 ボーガン 向こう側へ渡るときに使う。 ロープよりも遠くへ行ける。 ポラロイド フレスコに使う。 カメラと同じ。 ボロボロのいた 何回か通ると壊れてしまう まさかり 積みあがった木を壊すことができる。 マッチ 物を燃やす事ができる。 ライターと同じ。 まるた 水の上を渡るのに必要。 よろいのやり 庭へ行くのに必要。 ルビーのゆびわ もう一つの指輪と一緒に使うと・・・。 ローソク 暗い場所で使う。 ロープ 向こう側へ渡るときに使う。 武器名 生物系攻撃力 - 幽霊系攻撃力 おもいおの 38-14 かがやくやり 92-30 ぎんのおの 7-24 ぎんのけん 132-65 ぎんのナイフ 0-4 くだものナイフ 3-0 けん 15-5 こんぼう 62-5 スキ 25-65 せいなるけん 15-36 とびだしナイフ 20-8 ながいけん 55-25 ひかるおの 112-45 ひかるナイフ 77-32 ぼくとう 30-1 まよけのやり 5-3 まよけのおの 5-5 みつまたのほこ 179-120 やり 6-2 (下に行くほど、生物系の敵に強い武器) 武器名 生物系攻撃力 - 幽霊系攻撃力 ぎんのナイフ 0-4 くだものナイフ 3-0 まよけのやり 5-3 まよけのおの 5-5 やり 6-2 ぎんのおの 7-24 けん 15-5 せいなるけん 15-36 とびだしナイフ 20-8 スキ 25-65 ぼくとう 30-1 おもいおの 38-14 ながいけん 55-25 こんぼう 62-5 ひかるナイフ 77-32 かがやくやり 92-30 ひかるおの 112-45 ぎんのけん 132-65 みつまたのほこ 179-120 (下に行くほど、幽霊系の敵に強い武器) 武器名 生物系攻撃力 - 幽霊系攻撃力 くだものナイフ 3-0 ぼくとう 30-1 やり 6-2 まよけのやり 5-3 ぎんのナイフ 0-4 まよけのおの 5-5 けん 15-5 こんぼう 62-5 とびだしナイフ 20-8 おもいおの 38-14 ぎんのおの 7-24 ながいけん 55-25 かがやくやり 92-30 ひかるナイフ 77-32 せいなるけん 15-36 ひかるおの 112-45 スキ 25-65 ぎんのけん 132-65 みつまたのほこ 179-120.

次の