手足口病 軽い。 子どもが手足口病に!症状が軽い手と足の発疹画像と病状の経緯

手足口病に関するQ&A|厚生労働省

手足口病 軽い

こんにちは、現役看護師のミカです。 今回は、『手足口病は大人の場合軽い症状で経過する?初期にしびれやかゆみはある?』というタイトルでお送りします。 手足口病というのは、夏から秋にかけて多くみられる、乳幼児の間で流行する感染症です。 一般的には手足口病というのは、子供特有の感染症だと思われている人も多いのではないでしょうか? 手足口病は確かに子供達の間で流行する夏風邪の一種ですが、時に大人に感染することもあります。 手足口病は大人の場合軽い症状で経過するのか? 大人の感染の場合は、例えば子供から保護者にうつってしまったり、幼稚園や保育所などの子供達の集まる施設で働いていてうつるなどが考えられますよね。 またそれ以外であっても、どこかでうつされてくることももちろんあります。 子供の場合の症状は熱もそれほど高くなく、発疹も1週間程度で治まってきますが、大人の場合それぞれの症状が強く出ることが多いのです。 では、 大人の手足口病の特徴的な症状を挙げてみましょう。 まずは手のひらや足の裏に水疱がみられます。 口の中の水疱は破れて、口内炎がひどくなることも多く、食事が摂りにくい状況になります。 手足に出る発疹も強い痛みがあり、時にかゆみも出たりします。 症状は1週間から10日くらい続くことが多いです。 熱や発疹、口内炎のほかに全身のだるさや筋肉痛などが出ることもあります。 大人が手足口病にかかったら、軽い症状で治まることはなく、ひどくなることが多いのです。 では手足口病の初期に出る症状として、しびれやかゆみはあるのでしょうか? 大人が手足口病にかかった時に初期にしびれやかゆみは出る?• 2 大人が手足口病にかかった時に初期にしびれやかゆみは出る?• この発疹が出ると、痛みを感じるようになります。 そして、この発疹の痛みが軽くしびれたような感覚を生じることはあるようです。 手足口病は神経などに悪さをしないウィルスが原因ですので、あまりしびれを感じることはないです。 もし、発疹のある部位にしびれを感じることがあるようなら、やはり発疹ができている皮膚の痛みから来る感覚だと思われます。 または、手足口病と一緒に何らかの原因で神経痛が出ている可能性もあるので、その痛みからかもしれません。 もし手足口病が完治した時にもまだしびれが残っているようならば、一度医師に診てもらいましょう。 発疹には痛みが出ることが多いのですが、同時にかゆみが出る場合も多いです。 私も同様の症状がありましたが、 痛がゆいといった感じでしょうか。 痛いし、かゆいし、ヒリヒリして歩くのもつらかったのを覚えています。 でも、このかゆみは、発疹のせいだけとは限らないですよね。 発疹には関係なく、口内炎の痛みなどで水分が摂れず脱水状態で、皮膚も乾燥していれば、カサカサして皮膚が荒れてかゆみが出てきます。 そんな状況の上に皮膚のトラブルとなる発疹ができてしまえば、当然かゆみも出てきますよね。 また、いつも使っているはずの洗剤やシャンプーに過剰に反応してかゆみを余計ひどくさせていることも考えられます。 大人が手足口病にかかったら下痢などの症状は出る?• 3 大人が手足口病にかかったら下痢などの症状は出る?• 手足口病の症状として、胃腸症状である胃の痛みや下痢、嘔吐などが出ることは稀にあります。 主な症状としてあまり取り上げられないですが、特に下痢などの症状が出る人はいます。 ウィルスは便中に多く存在しますので、そのウィルスを出そうとする身体の防衛反応が下痢を引き起こしている可能性があります。 腸の中にはたくさんの免疫細胞が存在していますので、便の中にウィルスがいたら排除しようと下痢を起こすようです。 その場合の下痢ですと、だいたい2~5日程度で治まってくると言われています。 ただ、手足口病にかかると、ただでさえ脱水状態になりやすい状態です。 その上に下痢になるともっと脱水状態は悪化するわけですので、水分補給には十分注意してくださいね。 まとめ• 4 まとめ 今回は大人の手足口病について、色々ご紹介してきました。 冬になるとインフルエンザやノロウィルスなど色々感染しないように注意するのですが、夏になると少し気が緩みますよね。

次の

子どもの手足口病―どのような症状?

手足口病 軽い

子供だと症状は軽く、痛みやかゆみもそんなにありません。 夏がピークで流行し、3日くらい潜伏し発疹があらわれ だいたい1週間で良くなってくると言われています。 実は、手足口病は 子供より大人の方が重症になりやすいのです。 私の周りでもかかった人は発疹はそれほどでなかったものの 高熱におそわれ、食欲もなく辛かったと言っていました。 初めは、寒気や喉の痛み、熱などの風邪に似た症状があらわれます。 この熱もひどい人だと40度を超える人もいるようです。 他にも、頭痛や関節痛がある場合もあります。 熱が下がってきたころに、手足口に赤い発疹があらわれます。 大人だと発疹に痛みを伴う場合もあります。 また、発疹が喉にできると食べ物や飲み物が 飲み込みにくくなってしまうため脱水症状になりやすくなってしまいます。 しっかり水分やをとるようにし、柔らかく負担の少ない ヨーグルトやお豆腐、お粥などを食べるようにしましょう。 手足口病は 💡くしゃみ 💡排泄物 💡潰れた水泡 などから感染しますので、お子さんのいるご家庭は お子さんがかかったら注意が必要かもしれません。 看病の際はマスクやゴム手袋の着用と手洗いを心がけましょう。 合併症を起こす場合もありますので注意が必要です。 髄膜炎、心筋炎、脳炎、小脳失調症、急性弛緩性麻痺等があげられます。 手足口病になった…大人の場合仕事は出勤できる? インフルエンザのように、 仕事を休まなければいけないということはありません。 そして、 手足口病を治す薬はないので 自然に治るのを待つしかありません。 子供と一緒で一週間くらいで治ります。 ただ、周りにうつる可能性はあるので マスクは着用するようにしましょう。 食事もとれ、元気でしたら問題はありませんが 熱が下がらなかったり症状が重いようでしたら 出勤をしても大丈夫か医師に相談してみて下さい。 おわりに 手足口病は今のところワクチンもなく、大人はかからないということはありません。 免疫力が下がっていると、かかりやすくなってしまうので 普段からの食事、睡眠、運動等の生活習慣を正しくすることが 1番の予防法かもしれないですね!.

次の

手足口病に関するQ&A|厚生労働省

手足口病 軽い

手足口病とは Q1 手足口病とはどのような病気ですか? A1 手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。 子どもを中心に、主に夏に流行します。 病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。 Q2 どのようにして感染するのですか? A2 感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。 特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。 理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。 また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。 Q3 どのような症状が出ますか? A3 感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。 発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。 ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。 しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。 (特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。 )また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。 手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。 予防対策について Q4 感染しないようにするために、どのようなことに注意すればよいですか? A4 手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。 治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。 また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。 これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、現実的でもありません。 前述したように、衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。 しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。 これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。 一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。 特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。 特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。 また、タオルの共用はしてはいけません。 手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。 国内及び世界の発生状況について Q6 日本での発生状況は? A6 毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。 過去10年間では、平成23年に最大の流行が発生しましたが、平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、注意が必要です。 手足口病は、ほとんどの場合、軽症で治りますが、重症化する割合が高いといわれているEV71による手足口病も流行していますから、しっかりと経過観察をする必要があります。 Q7 世界での発生状況は? A7 手足口病は、世界中で日本と同様子どもを中心にみられる病気です。 温帯地域では、主に夏に発生します。 EV71による手足口病の流行は、これまでにも、アジア各国で報告されています。 マレーシア、台湾、中国、カンボジア、ベトナムなどでは、近年、EV71による手足口病の大きな流行が報告されています。

次の