お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え。 お願いできますでしょうかは敬語?言い換えの言葉やビジネスメール例も

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と社内上司への使い方、返信、言い換え、英語

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

「お忙しい中」は「忙しい状態」を指す言葉ですが、単純に「忙しい」という意味だけではありません。 この言葉には相手への心遣いが含まれています。 相手も人間ですから、決まったスケジュールで動いている筈です。 特にビジネスとなれば分刻みで会議や訪問等予定がある人も多いでしょう。 そんな人に、自分の(用事の)ために時間を割いてもらうことになります。 そのことに関して「お忙しい中」は「ありがとうございます」という感謝なのか、「申し訳ございません」という謝罪の言葉なのかは、「お忙しい中」の後に続く言葉で意味が変わっていきます。 「お忙しい中」は「ありがとうございます」や「申し訳ございません」等の前につけるクッションの役割を持つ「枕詞」になるのです。 「お忙しい中」は、相手にお返事を促す時やお願いをする際に使う表現です。 詳しくは例文で取り上げますが、「お忙しい中恐縮ですが、お返事をお待ち申し上げております」のように使います。 メールでは締めの挨拶としてよく使われるでしょう。 就活中の面接等でもよく使われます。 特に上司や社外の人等、目上の人にお願いをするのはどうしても気が引けるものです。 またはっきりと「お願いします」と言ってしまうと図々しいと思われて失礼になる危険もあります。 「お忙しい中すみませんが…」と一言置くことで、相手が受ける印象を控えめで柔らかくすることが出来るのです。 先で説明したように、相手は忙しい合間を縫って自分のために時間を割いてくれています。 メールも本当は読んでいる時間ですら惜しい人もいるでしょう。 本当に相手がそんな状況かどうかは実際関係ありませんが、相手を気遣う言葉をかけるのはビジネス以前に社会人としてのマナーです。 「お忙しい中」は相手に対してお礼の言葉を述べたり、謝罪の言葉としても使われたりもします。 「お忙しい中足を運んでくださり、誠に恐縮です」や、「お忙しい中、お手数をおかけしてしまい申し訳ございません」のように使うことが多いでしょう。 お礼は主に挨拶、謝罪は社交辞令の決まり文句のようなところがありますが、心を込めて言うことが大切です。 「お忙しい中ありがとうございます」というお礼の言葉は披露宴やパーティー等で司会が使う挨拶の文言としてもお馴染みでしょう。 パンフレットや案内等でも見られます。 「先日はお越しいただき誠にありがとうございました」のような過去に起こった出来事のお礼を挨拶もかねてするのなら、メールでも不自然ではありません。 謝罪はお願いと同じく締めの挨拶として使われる表現です。 また「お忙しい中申し訳ございません。 お返事の程どうかよろしくお願い致します」のように謝罪とお願いを二文にすることで両方の意味を伝えるという使い方もあります。 「お忙しい中」はあくまでも相手を気遣う社交辞令で、相手が本当に忙しいかどうかは関係ありません。 たとえば相手が転職先は決まっているが今はまだ働いていないという場合や、怪我で入院しているという時でも「お忙しい中」は使えます。 ただし、どう見ても忙しくない人に「お忙しい中」は嫌味に聞こえる可能性があるため注意しましょう。 司会が使う挨拶言葉としての「お忙しい中」は、その会場に来ている人全体にかけている言葉に過ぎません。 勿論忙しい毎日を送る人もいるでしょうし、そうでない人もいるでしょう。 個別ではなく大勢の人への挨拶になるのです。 しかし、マナーだからというだけで適当に「お忙しい中」を使って良いというわけでもありません。 特に対面や電話なら、心がこもっていないのはすぐにバレてしまうでしょう。 その表現の意味の通りに心のこもった「お忙しい中」を使うことが大切です。 【例文】 「お忙しい中申し訳ございませんが、資料の送付をお願い致します。 」 「大変お忙しい中恐縮ですが、ご確認の程よろしくお願い致します。 」 「お忙しい中恐れ入りますが、お返事をお願い申し上げます。 」 「お忙しい中とは存じますが、宜しくお願い致します。 」 会議や打合せ等で上司や社外の人へ使う言葉です。 対面の場合でも、依頼だけでなく主に締めの挨拶として使われることも多いでしょう。 お願い・依頼の意味での「お忙しい中」には「恐縮」や「申し訳ございません」等がよく続きます。 特に後者の場合は、「お時間がないのに申し訳ありません」という謝罪の意味も兼ねた表現にすることが出来ます。 話し言葉として対面や電話で言うのは勿論、ビジネスメールでも使える表現です。 【例文】 「大変お忙しい中恐縮ではございますが、お返事をいただけますと幸いです。 」 「先日はお忙しい中お時間を頂き、誠にありがとうございました。 」 「この度はお忙しい中ご対応いただきありがとうございました。 」 「お忙しい中お手数をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 」 メールでの「お忙しい中」はお願いの意味でもよく使われます。 一方でお礼や謝罪は過去の事について使うことが多いでしょう。 勿論現在形でも使えますので、状況に合わせるのがベストです。 「お忙しい中」は丁寧な表現であることから上司にも取引先にも使えます。 「お忙しい中」は口語表現で、本来メールや手紙には「ご多忙」のような別の固い表現があります。 ただ「お忙しい中」の方が優しい感じがする、という印象からビジネスメールでも使う人は多いです。 固すぎるのも印象が悪くなることがありますので、必要に応じて使うのが良いでしょう。 【例文】 「ご多用の折恐縮ですが、宜しくお願い致します。 」 「ご多用」の「多用」とは、「忙しいこと」という意味の言葉です。 これに「ご(御)」をつけて敬語表現にしたのが「ご多用」になります。 丁寧な表現なので「上司や目上の人が忙しくしている様」を指していると言えるでしょう。 「ご多用」の使い方は「お忙しい中」とほぼ同じで、お願いやお礼の言葉を述べる言い回しで使われます。 「ご多用のところ」「ご多用の折」という表現もありますが、感謝の気持ちを強く伝えたい場合は「ご多用にも関わらず」を使うと良いでしょう。 「ご多用」は書き言葉で使われることが多いです。 少し固い表現のため、話し言葉としてはあまり向きません。 逆にメールや手紙には使えるため、固さを出したい場合は「お忙しい中」を「ご多用」で言い換えると良いでしょう。 【例文】 「ご多忙の中恐縮ですが、ご協力くださいますようお願い致します。 」 「ご多忙にもかかわらずご協力いただき、誠にありがとうございました。 」 「ご多忙」の「多忙」も、「用事が多くて忙しい」という意味の表現です。 敬語表現なので上司や社外の人に使えます。 「ご多忙」も固い表現であることから、メールや手紙等の書き言葉でよく使われるでしょう。 「ご多用」と「ご多忙」は意味や漢字が似ていますが、「ご多忙」は冠婚葬祭には使うことが出来ません。 「忙」という字は「亡くなる」という漢字が入っていることから、縁起が悪いとされているからです。 「お忙しい中」もそうですが、「ご多忙」を使うのはビジネスシーンや日常会話に留めておくようにしましょう。

次の

「恐れ入ります」の意味と使い方、類語「恐縮です・痛み入ります」との違い

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

「お忙しい中」は「忙しい状態」を指す言葉ですが、単純に「忙しい」という意味だけではありません。 この言葉には相手への心遣いが含まれています。 相手も人間ですから、決まったスケジュールで動いている筈です。 特にビジネスとなれば分刻みで会議や訪問等予定がある人も多いでしょう。 そんな人に、自分の(用事の)ために時間を割いてもらうことになります。 そのことに関して「お忙しい中」は「ありがとうございます」という感謝なのか、「申し訳ございません」という謝罪の言葉なのかは、「お忙しい中」の後に続く言葉で意味が変わっていきます。 「お忙しい中」は「ありがとうございます」や「申し訳ございません」等の前につけるクッションの役割を持つ「枕詞」になるのです。 「お忙しい中」は、相手にお返事を促す時やお願いをする際に使う表現です。 詳しくは例文で取り上げますが、「お忙しい中恐縮ですが、お返事をお待ち申し上げております」のように使います。 メールでは締めの挨拶としてよく使われるでしょう。 就活中の面接等でもよく使われます。 特に上司や社外の人等、目上の人にお願いをするのはどうしても気が引けるものです。 またはっきりと「お願いします」と言ってしまうと図々しいと思われて失礼になる危険もあります。 「お忙しい中すみませんが…」と一言置くことで、相手が受ける印象を控えめで柔らかくすることが出来るのです。 先で説明したように、相手は忙しい合間を縫って自分のために時間を割いてくれています。 メールも本当は読んでいる時間ですら惜しい人もいるでしょう。 本当に相手がそんな状況かどうかは実際関係ありませんが、相手を気遣う言葉をかけるのはビジネス以前に社会人としてのマナーです。 「お忙しい中」は相手に対してお礼の言葉を述べたり、謝罪の言葉としても使われたりもします。 「お忙しい中足を運んでくださり、誠に恐縮です」や、「お忙しい中、お手数をおかけしてしまい申し訳ございません」のように使うことが多いでしょう。 お礼は主に挨拶、謝罪は社交辞令の決まり文句のようなところがありますが、心を込めて言うことが大切です。 「お忙しい中ありがとうございます」というお礼の言葉は披露宴やパーティー等で司会が使う挨拶の文言としてもお馴染みでしょう。 パンフレットや案内等でも見られます。 「先日はお越しいただき誠にありがとうございました」のような過去に起こった出来事のお礼を挨拶もかねてするのなら、メールでも不自然ではありません。 謝罪はお願いと同じく締めの挨拶として使われる表現です。 また「お忙しい中申し訳ございません。 お返事の程どうかよろしくお願い致します」のように謝罪とお願いを二文にすることで両方の意味を伝えるという使い方もあります。 「お忙しい中」はあくまでも相手を気遣う社交辞令で、相手が本当に忙しいかどうかは関係ありません。 たとえば相手が転職先は決まっているが今はまだ働いていないという場合や、怪我で入院しているという時でも「お忙しい中」は使えます。 ただし、どう見ても忙しくない人に「お忙しい中」は嫌味に聞こえる可能性があるため注意しましょう。 司会が使う挨拶言葉としての「お忙しい中」は、その会場に来ている人全体にかけている言葉に過ぎません。 勿論忙しい毎日を送る人もいるでしょうし、そうでない人もいるでしょう。 個別ではなく大勢の人への挨拶になるのです。 しかし、マナーだからというだけで適当に「お忙しい中」を使って良いというわけでもありません。 特に対面や電話なら、心がこもっていないのはすぐにバレてしまうでしょう。 その表現の意味の通りに心のこもった「お忙しい中」を使うことが大切です。 【例文】 「お忙しい中申し訳ございませんが、資料の送付をお願い致します。 」 「大変お忙しい中恐縮ですが、ご確認の程よろしくお願い致します。 」 「お忙しい中恐れ入りますが、お返事をお願い申し上げます。 」 「お忙しい中とは存じますが、宜しくお願い致します。 」 会議や打合せ等で上司や社外の人へ使う言葉です。 対面の場合でも、依頼だけでなく主に締めの挨拶として使われることも多いでしょう。 お願い・依頼の意味での「お忙しい中」には「恐縮」や「申し訳ございません」等がよく続きます。 特に後者の場合は、「お時間がないのに申し訳ありません」という謝罪の意味も兼ねた表現にすることが出来ます。 話し言葉として対面や電話で言うのは勿論、ビジネスメールでも使える表現です。 【例文】 「大変お忙しい中恐縮ではございますが、お返事をいただけますと幸いです。 」 「先日はお忙しい中お時間を頂き、誠にありがとうございました。 」 「この度はお忙しい中ご対応いただきありがとうございました。 」 「お忙しい中お手数をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 」 メールでの「お忙しい中」はお願いの意味でもよく使われます。 一方でお礼や謝罪は過去の事について使うことが多いでしょう。 勿論現在形でも使えますので、状況に合わせるのがベストです。 「お忙しい中」は丁寧な表現であることから上司にも取引先にも使えます。 「お忙しい中」は口語表現で、本来メールや手紙には「ご多忙」のような別の固い表現があります。 ただ「お忙しい中」の方が優しい感じがする、という印象からビジネスメールでも使う人は多いです。 固すぎるのも印象が悪くなることがありますので、必要に応じて使うのが良いでしょう。 【例文】 「ご多用の折恐縮ですが、宜しくお願い致します。 」 「ご多用」の「多用」とは、「忙しいこと」という意味の言葉です。 これに「ご(御)」をつけて敬語表現にしたのが「ご多用」になります。 丁寧な表現なので「上司や目上の人が忙しくしている様」を指していると言えるでしょう。 「ご多用」の使い方は「お忙しい中」とほぼ同じで、お願いやお礼の言葉を述べる言い回しで使われます。 「ご多用のところ」「ご多用の折」という表現もありますが、感謝の気持ちを強く伝えたい場合は「ご多用にも関わらず」を使うと良いでしょう。 「ご多用」は書き言葉で使われることが多いです。 少し固い表現のため、話し言葉としてはあまり向きません。 逆にメールや手紙には使えるため、固さを出したい場合は「お忙しい中」を「ご多用」で言い換えると良いでしょう。 【例文】 「ご多忙の中恐縮ですが、ご協力くださいますようお願い致します。 」 「ご多忙にもかかわらずご協力いただき、誠にありがとうございました。 」 「ご多忙」の「多忙」も、「用事が多くて忙しい」という意味の表現です。 敬語表現なので上司や社外の人に使えます。 「ご多忙」も固い表現であることから、メールや手紙等の書き言葉でよく使われるでしょう。 「ご多用」と「ご多忙」は意味や漢字が似ていますが、「ご多忙」は冠婚葬祭には使うことが出来ません。 「忙」という字は「亡くなる」という漢字が入っていることから、縁起が悪いとされているからです。 「お忙しい中」もそうですが、「ご多忙」を使うのはビジネスシーンや日常会話に留めておくようにしましょう。

次の

「お忙しいところ恐れ入りますが」のビジネスメールでの使い方・例文

お忙しいところ恐れ入りますが 言い換え

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方 「お忙しいところ恐縮ですが」は依頼するときの前置き 「お忙しいところ恐縮ですが」は「 相手に手間をかけ、時間を費やしてくれたことに対して申し訳なく思う気持ち・謙虚な気持ち」を表現するクッション言葉として使用される言葉です。 「お忙しいところ申しわけありません」というように、「お忙しいところ」のみでもクッション言葉になりますが、「お忙しいところ恐縮ですが.... 」と依頼することによって、 「迷惑をおかけしますが... 」などと謙遜した気持ちを表すことができます。 さらに「恐縮」には、「申し訳なく思う」という意味が含まれているので、相手への配慮も示すことができます。 「すみませんが〜」「失礼しますが〜」などだと軽い感じがするので、代わりに「恐縮ですが」と使用されます。 ビジネスメールの多くは、相手に何らかの要求をする内容になります。 なので自然と「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになりますので、覚えておきましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」は忙しくない時でも使う謙遜表現 「お忙しいところ恐縮ですが」は 単に社交辞令になります。 つまり「お忙しいところ〜」は本来の意味と違い、 相手が暇そうな場合でも使える謙遜表現です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「お忙しいところ恐縮ですが」は上司など目上に使える 「お忙しいところ恐縮ですが」は、申し訳ないという謙虚な気持ちを伝える表現であるため、上司など目上の人に使用することができます。 依頼をする前に「お忙しいところ〜」を添えるだけで、相手に対してへりくだる気持ちを伝えることができ、相手に与える印象がだいぶ良くなります。 また少々頼みにくいことだったり言いにくい内容でも、「お忙しいところ〜」を使うことで相手に失礼にならずに伝えられるというメリットがあります。 「お忙しいところ恐縮ですが何卒〜」だとより丁寧 「お忙しいところ恐縮ですが」は、「何卒」という言葉を使用して、「 お忙しいところ恐縮ですが」とすると、より丁寧な表現になります。 「何卒」の読み方は「 なにとぞ」です。 「何卒」は「どうぞ」の堅い表現で、「期待する」ニュアンスが含まれているため、相手に何かを強くお願いする場合に用いる表現となります。 つまり、「お忙しいところ恐縮ですが何卒〜」は、「 お忙しいところ恐縮ですがどうぞ〜」という意味合いになります。 ただし、「何卒」はビジネスメールや手紙などの書き言葉で使われることが多い表現であるため、話し言葉として使うと、相手に大げさな印象を与えてしまいます。 使用する場面には十分に注意しましょう。 お忙しいところ大変恐縮ですが、何卒よろしくお願い申し上げます。 ・先日ご案内した、アンケートの提出期限が近づいてまいりましたので、ご連絡申し上げます。 お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 「お忙しいところ恐縮です」と電話では一度区切って使う 例文 「お忙しいところ恐縮です。 いつもお世話になっております。 営業部の飯田様はいらっしゃいますか?」 「お忙しいところ恐縮です。 4日の会議について確認したいことがあるのですが、5分ほどお電話よろしいでしょうか?」 「お忙しいところ恐縮です」は、電話対応でも使用することができます。 電話で「お忙しいところ恐縮です」と使用する場合は、「お忙しいところ恐縮です。 用件と名前を伝えた後は、「今お時間よろしいでしょうか」と一言入れるととても丁寧になります。 相手が忙しいとわかった上で、依頼をしているわけなのであまり強要するような言い方はしないように気をつけましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」の例文 お忙しいところ恐縮ですがご査収 「ご査収」は「 物品・書類・金額などをよく調べて受け取ること」を意味します。 つまり、「お忙しいとこと恐縮ですがご査収」は「お忙しいところ恐れ多いですが、確認してください」というようなニュアンスで使用される言い回しであるということがわかります。 例文 ・請求書を送付いたしますので、お忙しいところ恐縮ですが、ご査収くださいませ。 ・新商品のサンプルを郵送いたしますので、お忙しいところ恐縮ですがご査収ください。 ・お忙しいところ恐縮ですが、ご依頼いただきました資料をお送りいたしましたので、ご査収ください。 お忙しいところ恐縮ですがご確認 「確認」は、「 確かにそうだと認めること」「 また、はっきり確かめること」を意味します。 「確認」に、「ご」をつけることで「相手がそうだと認めること・たしかめること」という意味をもつようになり、「 確かめてください」「 認めてください」というような意味合いで、目上の人やビジネスシーンで使用できるようになります。 つまり、「お忙しいところ恐縮ですがご確認」は、「お忙しいところ申しわけありませんが確認してください」と相手に確認をお願いする場面で使用することができる言い回しです。 例文 ・お忙しいところ恐縮ですが、資料をご確認いただければ幸いです。 ・こちらに記載の内容にお間違いがないか、お忙しいところ恐縮ですがご確認お願いします。 ・お忙しいところ恐縮ですが、見積書のご確認をお願いいたします。 お忙しいところ恐縮ですがご教示 「ご教示」は「教示」という言葉に、接頭辞の「ご」をつけた言葉で、「教示」は「 知識や方法などを教え示すこと」を意味しています。 上司など目上の相手に「 教えてください」とお願いをする場面で使用する丁寧な表現です。 つまり、「お忙しいところ恐縮ですがご教示」は「お忙しいところ申し訳ありませんが、教えてください」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 例文 ・お忙しいところ恐縮ですが、報告書の作成方法についてご教示いただきたく存じます。 ・今回の件について何か知っていることがあれば、お忙しいところ恐縮ですがご教示いただけますと幸いです。 ・お忙しいところ恐縮ですが、入力方法をご教示いただけますでしょうか お忙しいところ恐縮ですがご対応 「対応」の意味は「 相手や周囲の状況に応じて物事を行うこと」です。 「お忙しいところ恐縮ですがご対応」は、例えば、「新商品のサンプルを送ってほしい」といった場合や、「質問に答えてほしい」など、相手に依頼するような場面で、 申し訳なさを表現しながらお願いをすることができる言い回しです。 例文 ・契約書にサインをいただきたいので、お忙しいところ恐縮ですがご対応お願いしたく存じます。 ・購入した商品に不具合があるようなのでお忙しいところ恐縮ですが、ご対応の程お願いいたします。 ・お客様より作品に関する質問の連絡がきておりますので、お忙しいところ恐縮ですが、ご対応方お願いしたく存じます。 お忙しいところ恐縮ですがご返信 ビジネスメールにおいて必ず返信が欲しいという状況は多々あります。 目上の人に対して「返信してください」「返信待っています」などと伝えると、上から目線なニュアンスになり、だいぶ失礼な印象を与えてしまいます。 そこで「返信」に「ご」を付けて「ご返信」とすることで、相手に丁寧な印象を与えます。 さらに、「お忙しいところ恐縮ですが」を使用することにより、「忙しいのに申しわけないのですが」という謙虚な姿勢で返信をお願いすることができます。 例文 ・先ほどの質問についてお忙しいところ恐縮ですが、ご返信お願いいたします。 ・お忙しいところ恐縮ですが、明日までにご返信いただけると、大変助かります。 ・先日の件について、大変恐縮ですがご返信をお願いしたく存じます。 お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします 「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします」の「よろしく」は 希望の実現のために相手になすべき配慮を期待していう語になります。 「よろしくお願いします」「よろしく頼みます」「よろしくお伝えください」などの形で依頼やお願いをする文章で使用することができます。 ビジネスメールでは、お礼や依頼、確認などどんな内容であっても、締めくくりに「お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いいたします」を入れることによって全体的にフォーマルな印象となります。 例文 ・来週の打ち合わせに関する書類をお送りいただけますか。 お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 ・企画の内容についてご検討のうえ私までご連絡をお願いいたします。 お忙しいところ恐縮ですが何卒よろしくお願いします。 お忙しいところ恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。 「お忙しいところ恐縮ですが」の言い換え 「お忙しいところ」の類語は「ご多忙の中」「ご多用の中」 「お忙しいところ」の類語は、「ご多忙の中」「ご多用の中」です。 ・「 ご多忙の中」 「ご多忙」の意味は「 非常に忙しいこと」です。 「ご多忙」は、「多忙」という言葉に丁寧語の「ご」をつけた言葉で、「非常に忙しいこと」という意味で、 何かとお忙しくしている様子に対して使用する言葉です。 したがって、「ご多忙の中」は「非常に忙しい中」という意味合いになり、「お忙しいところ」と同義であるということがわかります。 例文 ・先日は、ご多忙の中ご親切にご案内くださいまして、誠にありがとうございました。 ・ご多忙の中申し訳ありませんが、何卒ご参加くださいますようお願い申し上げます。 ・「 ご多用の中」 まず「多用」の意味は、「 用事の多いこと・忙しいこと」です。 それに尊敬を表す接頭語「ご」をつけて「ご多用」となります。 「ご多用」は「 目上の人が用事が多くて忙しくされていること」を表していて、要望を出したり依頼をするときや、感謝に意を伝える場面で使用されます。 「用事が多くて忙しいときに悪いですが」という謙虚さを伝えた後に、本題に入るための言葉です。 例文 ・ご多用の中ご無理を申し上げますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・ご多用の中恐れ入りますが、何卒ご参加くださいますようお願い申し上げます。 「恐縮ですが」の類語は「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」「恐縮ではございますが」「お手数ですが」 「恐縮ですが」の類語は、恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」「恐縮ではございますが」「お手数ですが」です。 ・「 恐れ入りますが」 「恐れ入る」の意味は「自分のいたらなさや相手への迷惑を、申し訳なく思う」「恐縮する」で、「恐れ入りますが」の意味は「 申し訳ありませんが」「恐縮ですが」となります。 謙譲語や尊敬語ではありませんが、へりくだった表現になるため目上の相手に使うことができます。 例文 ・ご多忙の中恐れ入りますがぜひご来店いただきたく存じます。 ・ご面倒でなければ、恐れ入りますが一度足を運びいただければ幸甚です。 ・「 申しわけありませんが」 「申し訳ない」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 相手に依頼やお願いをするときに使用する「申し訳ありませんが」は、自分のミスなどを謝っているのではなく 相手に手間をかけさせてしまうことに対しての謝罪になります。 例文 ・申し訳ありませんが、来週までに提出いただけますようよろしくお願いします。 ・突然のお願いで申し訳ありませんが何卒よろしくお願いいたします。 ・「 恐縮ではございますが」 「恐縮」は、上述しているとおり「 申し訳なく思い、恐れ入ること」を意味していて、相手に迷惑をかけたり世話になったことに対して、身も縮まるほど申し訳なく思っていることを表します。 「恐縮」という言葉は感謝やお詫びをする場面でも使いますが、「恐縮ではございますが」という形では依頼・お願いで使うのが基本です。 例文 ・先日の件については以上となります。 大変恐縮ではございますがご理解の程、よろしくお願いいたします。 ・「 お手数ですが」 「手数」は、「 それに施すべき手段の数」「 その物事または他人のために特に力を尽くすこと」を意味しています。 例えば、依頼をするときに「お手数ですが」と使用すると、「 自分が頼んだことによって、相手に何らかの労力や時間を割いてもらって申し訳ない」というお詫びの気持ちが含まれます。 一方で「お忙しい中、申し訳ありませんが、確認していただけるとありがたいです」と感謝の気持ちも含まれています。 したがって「お手数をおかけしますが」は、申し訳ない気持ちと有り難い気持ちを足して2で割ったような感情の表現と言えます。 例文 ・お忙しい中お手数をおかけしますが、資料の送付をお願いできないかとメールを差し上げた次第です。 ・お手数をおかけしますが、ご返事いただければ幸いです。 「お忙しいところ恐縮ですが」の使用上の注意点 「お忙しいところ恐縮ですが」で申し訳なさを伝え、依頼メールの内容は簡潔に 「お忙しいところ恐縮ですが」は、忙しいであろう相手に申し訳無さ伝える言葉です。 依頼のメールで使用する場合は、内容を簡潔にまとめましょう。 基本的に、ビジネスメールでは相手の時間をたらせないような、わかりやすくまとめることが鉄則となっています。 「お忙しいところ恐縮ですが」と申し訳無さを伝えているのにも関わらず、内容をだらだらと書いてしまっては意味がありませんので注意しましょう。 依頼メールを書くときは部下以外には「〜してください」と命令文は使わない 「お忙しいところ恐縮ですが」と謙虚な姿勢をみせたとしても、その後に「〜をしてください」というような言い回しをしてしまうと強制的なニュアンスを含んでしまいます。 「〜してください」という言葉は、「〜をしてくれ」という命令をする意味合いのある言葉の丁寧語であるため、どうしても「〜してください」ではきついイメージになってしまうのです。 得に目上の人や取引先の人に使用する場合は、相手に敬意を示し、できるだけ丁寧な言い回しを心がけることが基本です。 電話した後にメールする際は「お忙しい中お時間を頂戴し、誠にありがとうございました」を使う 電話で対応してもらった後に、お礼のメールをする場合は「お忙しい中お時間を頂戴し、誠にありがとうございました」という言い回しを使用します。 メールは、相手のタイミングで確認をし、返信をすることができますが、電話はこちらの都合で相手の時間を拘束してしまうことになってしまいます。 電話で対応してもらったときには、一言お礼のメールを入れておくと印象がいいです。 「忙」という漢字を避ける人も 「忙」という漢字を分解すると、「心」を「亡くす」となります。 このことから、 「忙しくてこ心を失う」という悪い意味をもつ漢字であるというい認識で使用することを避ける人も多くいます。 これは、結婚式などで縁起の悪い言葉の使用を控えるのと同じような理由になります。 絶対に使ってはいけないということはありませんが、頭に入れておくと場面や状況によっては使用を避けることができるので覚えておきましょう。 「お忙しいところ恐縮ですが」の英語 I understand you are busy, but... 「お忙しいところ恐縮ですが」の英語表現は、 ・I understand you are busy, but... ・I know you are occupied, but... などの表現をよく使います。 直訳すると「あなたが忙しいのは理解しているけど」となります。 「occupied」は「手がいっぱいで」という意味です。 I am sorry to bother you, but... ・I am sorry to bother you, but... ・I am very sorry to disturb you, but... などとすると申し訳ない気持ちが強くなります。

次の