織田彦五郎 家系図。 麒麟がくるの織田彦五郎など織田信長との相関図から対立した人物の関係性を解説!

質問です。

織田彦五郎 家系図

織田信光と織田信長の関係やエピソードを家系図をもとに解説! まずは、周りには敵ばかりの織田信長に味方した織田信光について、二人の関係や当時の状況を家系図をもとに解説していきます。 織田信光と織田信長の関係を家系図から解説 織田信光は織田信秀の弟であり、織田信長の叔父にあたる人物で武勇に優れた人物です。 戦国時代においては、たとえ兄弟であろうと敵対することは多々ありますが、信光は兄の信秀に従い今川家との「小豆坂の戦い」で武功を挙げるなど、お互いに信頼できる関係でした。 信秀は死ぬ間際に「信長、信光、お前たちは実の親子だと思え」と言い残したという逸話もあり、兄のその言葉を受けた信光は信長を守ることを誓ったそうです。 外に目を向ければ強大な今川義元がおり、信秀の死によって織田家内部でも混乱状態にあって、若くして当主となった信長の周りには敵ばかりという状況でした。 そんな八方塞がりで危機的状況にいた信長を助けたのが叔父の信光だったわけです。 織田彦五郎や坂井大膳を破って信長を助けた信光のエピソードを紹介 天文23年(1554年)の夏、信長と敵対関係にあった清洲織田家で事件が起きます。 尾張の守護・斯波義統(しばよしむね)が織田彦五郎の家臣・坂井大膳のクーデターによって暗殺されていまいます。 その時、留守にしていた息子の斯波義銀(しばよしかね)は、助けを求めて織田信長のもとに向かいました。 織田信長にとっては、自国尾張の守護を殺害した坂井大膳とその主の織田彦五郎を成敗する大義名分を得ることになったわけです。 焦った坂井大膳は、織田信長陣営の切り崩しを狙って、信長の叔父・織田信光を味方に引き入れようと画策します。 信長と信頼関係を築いていた信光は、その誘いにのったふりをして清州城へと入り、すぐさま「主殺し」の名目で織田彦五郎や坂井大膳を成敗し、そのまま清州城を奪い取ったのです。 信長と信光は事前に「清州城を奪い取ることができたら、尾張の半分を分割して支配しよう」という約束がされていたのです。 この出来事の後、信長はこの清州城へと移り、信長がいた那古野城は信光が治めることになりました。 こうして信光の働きもあり、敵対する清洲織田家を排除したことで、信長は勢力拡大の足がかりを作ることができたわけです。 織田信光は織田信長に暗殺された?不審な死因について解説! 織田信長を支えた叔父の織田信光は、いよいよ信長が力をつけてきたという時に暗殺されてしまいます。 しかし、なぜ信光が暗殺されたのかは全く不明で、この不審な暗殺事件については様々な憶測がありますので、それについて解説していきます。 織田信光を暗殺した坂井孫八郎と妻の北の方は不倫関係にあった? 清州城を奪い取ってから約半年後、なんと織田信光は家臣の坂井孫八郎によって暗殺されてしまいます。 『甫庵信長記』という書物によれば、坂井孫八郎と信光の妻である北の方が不倫関係にあり、その関係のもつれから犯行におよんだとされています。 ただ、この書物は信憑性がなく歴史資料としての価値も認められていないことから、この説は単なる噂にすぎないものと考えられています。 坂井大膳の引き抜き工作の裏をかいた人物が、不倫騒動で殺されるというのもちょっと考えにくいですよね。 織田信長が暗殺を指示した黒幕だった? 清州城を手に入れた後、信長と信光は尾張の半分を分割して治めるという約束をしていました。 そのことで信光が力をつけ、信長に対しても意見を言ったり従わなくなる可能性は十分に考えられます。 下手をすれば、信光が信長にかわって織田家を牛耳るようになるかもしれません。 そう考えた信長は、信光の存在が邪魔となり「今のうちに殺してしまおう」と思っても不思議ではありませんよね。 そこで、信長が坂井孫八郎を使って信光を殺害させたのではないか?という「信長が黒幕説」もあります。 ただ、このことに関しては確たる証拠もなく、状況的にみると一番説得力のある考え方に過ぎません。 はたして真実はどうだったのでしょうか?あなたはどう思いますか? 大河ドラマ「麒麟がくる」では織田信光と織田信長の関係が見どころ! 大河ドラマ「麒麟がくる」では織田信長役を染谷将太が演じ、今までの織田信長とは一線を画すキャスティングで話題になっていますね。 優しい笑顔の反面、その笑顔のまま恐ろしいことを平気でやってのけてしまう二面性が私達の心を惹きつけますよね。 そんな信長の最大の支援者である織田信光役は木下ほうかが演じます。 織田信光は坂井大膳の誘いにのったふりをしてそのまま清州城を乗っ取るわけですが、いい意味でクセのある木下ほうかがどのように演じるのかが楽しみですね。 異色の織田信長とクセのある織田信光。 大河ドラマ「麒麟がくる」での二人の関係も見どころですね。 さて、このブログでは他にも大河ドラマ「麒麟がくる」の時代背景を取り上げた記事を掲載しています。 登場人物の関係性など、ドラマでは描ききれなかった裏側についても書いていますので、さらに深く楽しみたいと思った人はこちらも併せて読んでもらえると嬉しいですね。

次の

織田信友

織田彦五郎 家系図

【 】 織田 信秀(おだ のぶひで)は、 戦国時代の尾張国の武将、。 【生涯】 永正8年(1511年)、 尾張国南西部海東郡・中島郡に跨る (愛知県愛西市・稲沢市)を支配する勝幡城主で、 の一人の織田信定の長男として生まれました。 【織田家の地位】 織田信定は尾張の守護代 の一族で、 尾張下四郡を支配する守護代 「織田大和守家」(清洲織田氏)に仕える庶流として、 主家の重臣の清洲三奉行の一家で 弾正忠を称した家を継いでいました。 大永年間(1521〜8年)に勝幡城を築き当時、 伊勢湾に近い木曽川に臨む港と 牛頭天王社(津島神社)の門前町として 繁栄していた津島を支配し、 同家の勢力拡大のきっかけを作ったとされています。 【家督相続】 は父である織田信定の生前である 大永6年4月(1526年)から 大永7年(1527年)6月の間に 家督を譲られて当主となりました。 家督相続からまもなく、 天文元年(1532年)、 主家の織田達勝と清州三奉行の一人である 小田井城の織田藤左衛門と争いましたが、 和議となりました。 この和議を固めるのと自らの威勢を示すため、 翌、天文2年(1533年)7月、 から蹴鞠の宗家飛鳥井雅綱を招き、 山科言継も同道してまず、 7月8日勝幡城で蹴鞠会を開催し、 賓客たちと 数100人の見物衆も含め多くが集まり、 7月27日には清州城に舞台を移し、 連日蹴鞠会を実施したと 「言継卿記」に記されているそうです。 【勢力拡大・信長誕生】 天文7年(1538年)ごろ、 今川氏豊の居城の (名古屋市中区、徳川家の の場所)を 謀略で奪い取り、ここに居城を移して 愛知郡(現在の名古屋市域周辺)に 勢力を拡大しています。 天文3年(1534年)には 織田信長が誕生しています。 その後も勢力の拡大にともなって 天文8年(1539年)に (名古屋市中区)を築き、 居城として二つ目の 経済的基盤となる熱田を支配しました。 織田信長の幼年時か、 天文15年(1546年)の元服前に 那古野城を譲っています。 そして天文17年(1548年)に 末森城(名古屋市千種区)を築いて さらに居城を移しています。 これは、当時の戦国大名は 生涯あるいは代々、 拠点城を動かさないことが多いのに対して、 特異な戦略であると考えられています。 【朝廷重視で幕府にも拝謁】 経済的に伸長し勢力を増し、 上洛して朝廷にも献金し、 従五位下に叙位され、 備後守に任官されています。 さらには室町幕府にも参じて、 第13代将軍・ にも拝謁した記録があります。 天文9年(1540年)から翌年にかけ、 遷宮のため、 材木や銭七百貫文を献上したとの記録があります。 これで、天文10年9月、その礼として朝廷より、 三河守に任じられたと言われてはいますが、 周囲への使用例は現在の処、見当たらないそうです。 さらに天文12年(1543年)には、 朝廷に内裏修理料として4000貫文を献上し、 朝廷重視の姿勢を示していたとあります。 (「多聞院日記」より)。 ちなみに同年7月に、 が献納しましたが、 500貫だったそうです。 【 の祖父との対決】 対外においては享禄2年、 松平清康( の祖父)が尾張に侵入して 織田信秀の支配下の東春日井郡の品野城や、 愛知郡の を攻め取り、 さらに今川の支援を受けて天文4年(1535年)、 守山まで侵攻してきましたが、 そこで守山崩れで 松平清康は不慮の死を遂げました。 【松平・今川VS織田】 それで、混乱する松平氏の隙を突いて三河に侵攻し、 天文9年(1540年)には安祥城を攻略し、 支配下に置き、庶子で長男の を置いています。 松平氏は今川義元の支援を受けましたが、 天文11年(1542年)の 第一次小豆坂の戦いで今川軍と戦って勝利し、 西三河の権益を保持したと言われています。 けれども、 この第一次合戦については 虚構であるという説があります。 【 を支援】 天文11年(1542年)、 美濃では守護の土岐頼芸と子の土岐頼次が によって尾張国へ追放されてしまいました。 織田信秀は土岐頼芸を支援して、 越前国で同様に追放された先々代の守護の子である を庇護下に置いていた と連携し、 美濃に兵を出し斎藤道三と戦い、 一時は を奪います。 【斎藤道三に敗れる】 天文13年(1544年)に 斎藤道三の居城・ を攻撃し 城下まで攻め込みましたが、 斎藤道三の反撃を受けて大敗します。 そして、天文17年(1548年)には 主・織田信清(弟・信康の子)と 楽田城主・織田寛貞が謀反を起こし、 これを鎮圧して従属させました。 同年、斎藤道三が 大垣城の奪還のために攻めよせ、 救援のため織田信秀が出陣し、 援兵やその救援行動、更には 敵を背後から背後から攻めたり等しましたが、 その留守中に、織田達勝の跡を継いだ が古渡城を攻めたことにより、 大和守家とも争い、 翌年には和解となりました。 その間に大垣城はやがて 斎藤道三側に奪い返されてしまいました。 【小豆坂の戦い】 小豆坂の戦い(あずきざかのたたかい)。 小豆坂の最初の激突の後、 織田氏の尾張・三河国境地帯に対する影響力は高まり、 天文13年(1544年)には、 三河国碧海郡の刈谷城(刈谷市)を中心に 国境地帯に勢力を持つ国人の が、 主・ (徳川家康の父)の 妻・ の兄でありながら松平氏と絶縁し、 今川氏を離反して織田氏に従いました。 【 (徳川家康)人質になる】 この情勢を受けて、 は織田家に対抗し 今川家との関係をさらに緊密にするため、 嫡子・竹千代(後の徳川家康)を人質として 今川氏の本拠・駿府に送ることに決めました。 けれども、天文16年(1547年)、 当時6歳の竹千代の身柄は、 護送の任にあたった田原城(愛知県田原市)の 城主・戸田康光の裏切りによって 織田方に引き渡されてしまいます。 織田信秀は人質の竹千代を利用して 松平広忠に対して今川を離反し、 織田の傘下に入るよう説得したものの、 松平広忠は今川氏を頼って 織田氏への徹底抗戦の構えを崩すことは ありませんでした。 【斎藤道三と和睦・信長の婚姻】 同じ頃、織田信秀は嫡男・織田信長に 斎藤道三の娘・ ( )を娶らせて、 累年の敵であった 美濃の斎藤道三と和睦を推進しました。 これにより北の憂いをなくした織田信秀は 改めて東へと目を向け、 奪取した安祥城を以後の 攻撃の足場とする地点として、 岡崎城の攻略を策謀します。 こうして天文17年(1548年)3月、 織田信秀は岡崎城を武力で攻略することをめざし、 庶長子である織田信広を先鋒として、 4000余の兵を率いて安祥城から 矢作川を渡河、上和田に着陣しました。 今川義元も松平氏救援のため、 約1万の兵を を大将、 朝比奈泰能を副将として出陣させ、 同月19日(4月27日)に 織田軍先鋒の織田信広と接触し 小豆坂で合戦となりました。 この戦いでは、 はじめ今川勢は坂の頂上付近に 布陣していたために優勢でしたが、 織田信広隊も劣勢を悟って無理をせずに 兵を織田信秀本隊のある盗木の付近まで下げ、 本隊と合流して勢いを盛り返した 織田方の奮戦によって松平隊が崩され、 次第に今川方の敗色が濃くなりつつありました。 ところがこの時、 伏兵となっていた今川方の部隊が攻勢に転じ、 織田本軍に横槍を入れたことで織田勢は総崩れ、 再び矢作川を渡って 安祥城まで敗走することとなったのです。 【松平広忠死す】 第二次合戦において 今川氏・松平氏連合は勝利となりましたが、 この合戦のあった天文17年(1548年)に 松平広忠が家臣の手によって刺殺されてしまいます。 松平氏の次期当主である竹千代が 織田氏のもとに人質としてある以上、 岡崎城は無主の状態になってしまいました。 そこで翌、天文18年(1549年)、 太原雪斎は人質交換によって 竹千代の身柄を 今川氏の保護下に奪還することをねらい、 11月8日(11月26日)から 9日(11月27日)にかけて 今川軍と松平軍を率いて安祥城を攻略、 織田信広を捕虜として、 竹千代と交換する交渉に成功しました。 【竹千代、今川の人質になる】 今川氏はそのまま竹千代を駿府に引き取って 松平氏を完全に保護下に置き、 西三河の拠点となる岡崎城に 今川氏の派遣した代官を置きました。 【早い死去】 一方、安祥城の失陥により、 織田氏の三河進出は挫折に終わります。 織田信秀側の勢力が削がれるという困難の続く中、 天文21年(1552年)3月3日、 末森城で死去、享年は42歳の若さでした。 家督は嫡男の織田信長が継ぎました。 葬儀は萬松寺で行われ、 僧侶300人を参集させた 壮大なものだったと伝わっています。 なお、没年には、諸説ありまして、 天文18年(1549年)説や、 天文20年(1551年)説、 天文21年(1552年)3月9日説等があります。 なお、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では 高橋克典(たかはしかつのり)さんが演じられることが決定されています。 【その後の尾張と三河】 後を継いだ織田信長と その弟・ 間で内紛が起こります。 この結果、尾張・三河国境地帯における 織田氏の勢力は動揺し、 織田信秀の死に前後して 鳴 ・笠寺城 (それぞれ名古屋市緑区・南区)を守る 山口氏が今川方に投降し、 逆に今川氏の勢力が 尾張側に食い込むことになったのでした。 やがて、弟との争いを乗り切った織田信長は 尾張の統一を進めて力をつけ笠寺を奪還、 さらに鳴海城の周辺に砦を築き、 鳴海城に篭った 今川方の武将・ を攻囲します。 これに対し、永禄3年(1560年)に 今川義元は大軍をもって尾張へ侵攻します。 鳴海城をはじめ孤立した今川方の勢力を救援し、 国境地帯の争いを劣勢から巻き返そうとします。 この戦役において勃発した合戦が であり、 主将今川義元を失った今川軍は 三河から急速に勢力を後退させ、 かわって松平元康(徳川家康)に率いられた 松平氏が復興することになります。 まもなく松平氏は 織田氏と同盟(清洲同盟)を結び、 長らく続いた尾張・三河国境地帯の争いは 沈静化していくのでした。 【織田信秀の功績と課題】 織田信秀はその頂点で、 主家の大和守家への臣従関係は保ちつつも、 地位や権威は主家やその主君である 尾張守護斯波氏をも上回るまでに至っています。 弟の や ら一門・家臣を 尾張の要所に配置し、 尾張国内の他勢力を圧倒する 戦国大名の地位を築いていきました。 けれども織田信秀は、 軍事面では戦国大名でしたが、 亡くなるまであくまでも守護代奉行の立場でした。 実質的には尾張を代表する戦国大名として 斎藤、松平、今川ら他国大名と戦い続けましたが、 統治面では尾張を統一しておらず、 形式的主君であった守護代家、 守護家は維持したままで、 尾張国内の大和守家や他の三奉行や 犬山の織田信清など何度も敵対し争ったり、 反乱されたりしているのに、 最後まで徹底して 粛清したり叩こうとはしませんでした。 それらを抱えたまま国外の敵と戦い、 やがて疲弊し、結果的に 死期を早めてしまったのかもしれません。 織田信秀のこうした姿勢や方法は、 旧来の権威や秩序を重んじる 古さがあったと指摘されています。 それらの併呑や排除は 家督を継いだ織田信長の代に 託される事になります。 【織田信秀から織田信長に引き継がれた事】 【尾張での基盤造り】 智勇に優れた武将。 守護代二家の、 更にその大和守家下の庶流という低い地位から 尾張各地、そして一時は西三河まで支配し 尾張国を代表するまで勢力を拡大しました。 その勢力は、織田信長の飛躍の基盤を作りあげました。 【困難に打ち勝つ強靭さ】 何度かの苦戦や困難にも負けずに 戦い抜き、実質上の戦国大名化を果たしています。 天文13年の美濃攻めの大敗北直後の苦しい中、 堂々と勅使を迎えるなど、 苦戦や敗戦に折れることのない精神は、 其の後の織田信長が味わうことになる 第一次信長包囲網の元亀年間の最大の苦闘や、 その後の包囲網でも、 決して苦戦に負けなかった 強靭な人格として父から息子へと 継承されていると言えます。 【経済的センス】 父である織田信定の築いた勝幡城を継承し、 近辺の港と門前町の商業都市津島の 権益を高めた信秀は、 後に同様の地の熱田を支配し、 経済力を蓄えて、 当時の経済流通拠点を支配下に組み込み、 それによって商業の活性化を図るなど、 随所に先見性が見られます。 これらのセンスは、 織田信長に継承されています。 【父と子の信頼関係】 「大うつけ」呼ばれ、 長老衆や周囲の悪評の高い 織田信長に那古野城を譲り、 その後も一貫して自らの後継者に据え続けており、 傍から見るよりはるかに、 父と息子の間には信頼関係があったと推測されています。 【戦略に応じて居城を変える】 居城を勝幡城、那古野城、古渡城、末盛城と、 戦略に合わせ、次々と移転しています。 これは他の主な戦国大名である 武田氏、 、後北条氏、 戦国時代の毛利氏、 などとは異なっています。 その点で織田信秀は特異だと言えますが、 居城移転をするメリットとして、 勢力拡大への効果が大きくなると見なされています。 この居城移転戦略も、 織田信長へと引き継がれています。 【戦国の世の習い・子沢山】 子宝に恵まれており、 40代前半で死去するまでに 正室と多くの側室との間に 12人の息子と10人以上の娘をもうけました。 織田信長も記録にあるだけで20人以上もうけています。 【全国規模での継承】 籠城せず必ず打って出る戦闘方法、 多数の兄弟姉妹・娘息子を活かした縁組戦略などは、 織田信長に全国に規模を広げて拡大継承されています。 【朝廷重視】 天文12年(1543年)、 朝廷に内裏修理料として4000貫文を献上した 朝廷重視の姿勢は織田信長にも受け継がれています。 【清洲三奉行】 洲三奉行(きよすさんぶぎょう)とは、 戦国時代の尾張国守護代、 清洲織田氏(大和守家)に仕える奉行三家のことを指します。 尾張守護代である織田氏は、 元々は尾張守護でもある管領の斯波武衛家の家臣でした。 けれども、 における斯波氏の内紛に 派生する混乱のため分裂しており、 それぞれが主家の斯波氏を凌ぎ、 戦国大名化していきました。 戦国時代において、 清洲三奉行が仕える清洲織田氏(大和守家)は を本拠に守護斯波氏を奉じ、 尾張下4郡を支配下に治めていました。 もう一つの岩倉織田氏(伊勢守家)は、 岩倉城を本拠とし尾張上4郡を治めていました。 清洲三奉行体制の成立時期については不明ですが、 織田達勝が守護代の時期に、 「織田家三奉行奉書」なる文書が残っており、 少なくともそれ以前には 成立していたと考えられています。 当時の尾張においては、 守護の斯波義達と織田達定(達勝の先代)が対立し、 織田達定が自刃に追い込まれるという事件が発生しています。 新守護代の織田達勝の下で、 新体制を構築する必要があったと推測できます。 三奉行の他に、清洲城には更に、 小守護代の坂井大膳がいたとのことです。 「 」によると、 清洲織田氏が尾張の下四郡を治め、 岩倉織田氏が尾張の上四郡を治めたとされていますが、 当初は嫡流であった 岩倉織田氏の方が優勢であったと考えられています。 初めて名が明らかになるのは、 清洲宗論の際、奉行人として名を連ねた 織田広長、織田広貞らでした。 織田広貞という人物は、 織田広長の子であると見られており、 織田家三奉行奉書において、 文書に名を連ねる織田広延も、 織田広長の子にあたると見られています。 最後の清洲織田氏当主の織田信友(彦五郎)は 織田達勝の養子で別名広信といい、 因幡守家出身とされるとも 考えらえているそうです。 【藤左衛門家】 藤左衛門家は、 織田家三奉行奉書において名を連ねている 織田良頼が代表的な人物とされているそうです。 織田良頼は弾正忠家の織田信定の岳父とされており、 織田良信と同世代の人物と推測されているそうです。 清洲宗論に名がみえる織田良縁との関係や 藤左衛門家の系図にある 織田常寛(織田久長の子か)との関係は不明です。 (織田良縁と織田良頼が父子で、 常寛は良頼と同一人物とも推測されているそうです) 藤左衛門家は織田信定に嫁いだ良頼の娘が没した後、 一時織田達勝と共に弾正忠家と敵対しましたが、 やがて弾正忠家に従うようになったらしく、 のちの松平&今川と戦った小豆坂の戦いや 斎藤道三と戦った加納口の戦いに参加したとのことです。 小田井城城下の東雲寺を菩提寺とし、 現在でも子孫である 津田氏の菩提寺となっているとのことです。 【弾正忠家】 弾正忠家の元々の系譜は定かではありません。 「満済准后日記」によりますと、 室町時代、当時の守護代である 織田伊勢守入道常松の家臣に、 織田弾正なる人物がいたことが分かっています。 長禄年間の斯波家家老にも 織田弾正忠との記載が確認できるとのことです。 (「朝倉家録」)。 その子孫がのちの清洲三奉行の一家である 弾正忠家と推測されているとのことです。 弾正忠家ではじめて名が明らかになるのは 初代である織田良信ですが、 清洲宗論において、 奉行職の一人を務めたことが伝わるのみでした。 織田良信は「信長公記」にある 西巌ではないかと推測されている説もあります。 また、清巌という法名をもつ 岩倉城主・織田敏信の子(又は同一人物)と 推測されている説もあるそうです。 【織田信定が力をつけ始める】 西巌の次代にあたる 織田信長の祖父・織田信定(月巌)は、 勝幡城を中心に津島や熱田を 勢力下におくなど力をつけ、 これ以降、弾正忠家は 「勝幡織田氏」とも 称されるようになったそうです。 織田家三奉行奉書は、 織田信定の文書の初見であるとされていますが、 その後、織田信定が独自に発給した文書も 存在しているそうです。 【織田信秀の代で戦国大名へ】 その子である織田信秀(桃巌)の代には、 力をつけ戦国大名化し、 主家に対抗するまでに至っています。 織田信秀の代において、 軍事面においては主家を上回りましたが、 統治面においては、 守護・守護代に服従せざるを得ませんでした。 織田信秀の死後、 織田弾正忠家の一族内部も含めた 織田氏内部の抗争が再発します。

次の

織田信長の家系図を簡単に解説。見えてくるその人物像

織田彦五郎 家系図

経緯は分かりませんが、彦五郎信友は「大和守家」の織田達勝の後継者となり、尾張守護・斯波義統を擁立して権力を握りました。 しかし、実際の彦五郎信友は家臣の坂井氏や河尻氏に主導権を握られたお飾りの主君であったともいわれています。 やがて交易の要衝・津島、熱田を抑えた『清洲三奉行』の一つ「織田弾正忠家(以下、弾正忠家)」の織田信秀が経済力を背景に勢力を伸ばし始めると、「大和守家」の彦五郎信友は「弾正忠家」の信秀と尾張国の覇権をめぐって対立しました。 元々、主君と家臣の関係にあった両家。 彦五郎信友は「大和守家」の当主として、家臣筋の「弾正忠家」が栄えることには抵抗があったに違いありません。 しかし、両家はその後、お互いを潰すところまではいかず、しばしば小競り合いと和睦を繰り返していきました。 出典: スポンサーリンク 信秀死後、彦五郎信友は「弾正忠家」に対して戦を仕掛けましたが、信秀の後を継いだ信長と信秀の弟・信光の前に敗れます。 徐々に勢力を失いつつあった彦五郎信友は信長暗殺計画を企てますが、事前に斯波義統の家臣が信長に密告したために失敗。 逆に清須城が焼き討ちを受けるなど反撃を受け、彦五郎信友はどんどんと追い込まれていきました。 天文23年(1554)、彦五郎信友は「小守護代」と呼ばれた家老の坂井大膳と謀り、斯波義統を暗殺します。 すると逃亡していた義統の子・義銀を擁した信長から攻められ、またしても彦五郎信友は大敗し、多くの家臣を失ってしまいました。 天文24年(1555)、彦五郎信友は起死回生の一手として、信長の強力な支援者・信光の調略を計画します。 しかし、逆に信光はこれを機に彦五郎信友を亡き者にすることを考えていました。 そして味方をするフリをして清須城にやってきた信光によって、何も知らない彦五郎信友は酒宴の席で殺されてしまいました。 この彦五郎信友の死により「大和守家」は断絶し、信長の織田氏と尾張国の統一が前進することになっていきます。 忘れないでね 出典:.

次の