新型 コロナ かも しれ ない。 コロナウイルスかもしれないと心配

広告ビジネス、専門家6人が明かす新型コロナ後の真実【後編】:日経クロストレンド

新型 コロナ かも しれ ない

新型コロナウイルスによる肺炎のため23日に急死した女優の岡江久美子さん(享年63)が、今月6日に容体が急変する前に「コロナかもしれない」と周囲に語っていたことが25日、分かった。 岡江さんは3日に発熱。 その後、都内の自宅で様子を見ていたが発熱とせきが続いていた。 関係者によると、「4日時点で(夫で俳優の)大和田獏さんもコロナを疑っていた」という。 呼吸困難に陥り、緊急搬送されたのは6日朝。 関係者によると、すでに意識が混濁し、入院後すぐに人工呼吸器を装着するほど重症化した。 それでも回復は難しかった」と指摘。 容体が急変する新型コロナの危険性が改めて浮き彫りとなった。 岡江さんは自宅待機中だった5日に知人と会話した際に「よくなってきた。 部屋でじっとしてるね」とかすれた声で話していたという。 我慢強い性格だし、それで症状が悪化したとしたら悲しすぎます」と肩を落とした。 スポニチ本紙の取材で、岡江さんが発熱した3日に、かかりつけ医の診察を受けていたことも分かった。 がん、糖尿病、心臓病、高血圧など、基礎疾患がある人は37・5度以上の発熱が2日続いてから受診を相談するのが現行の指針。 感染症が専門の中原英臣氏(山野美容芸術短大客員教授)は「発症した時点で検査できるマニュアルづくりが速やかに必要だ」と話した。 検査を受けていない状態で急変を事前に察知することの難しさも指摘する。 埼玉県で陽性判定後、自宅待機中に2人が死亡した事例を挙げ「もはや自宅待機で、コロナの急変に個人的に対処するのは不可能」と強調。 「とにかくまずは検査。 陽性者が滞在するホテルの態勢も整ってきているが、医師が24時間常駐しないと劇症化を救う手立てはない」と早急なシステムの見直しを訴える。 岡江さんの死が、改めて医療体制の課題を投げかける形となった。 診察を受けた医師から4~5日様子を見るよう言われ、自宅待機 ・5日夕 自身でコロナ感染を疑う ・6日朝 容体が急変し、都内の大学病院に緊急入院。 集中治療室(ICU)で人工呼吸器を装着 PCR検査で陽性 ・23日午前5時20分 新型コロナウイルスによる肺炎で死去 ・24日午後5時20分 遺骨が自宅に戻る.

次の

WHO「新型肺炎、暖かくなっても無くならないかもしれない」警告|ニフティニュース

新型 コロナ かも しれ ない

新型コロナウイルス流行の影響が、全世界に想像以上のインパクトを与えています。 ここ数週間で一気に重苦しい空気が広がって、少し先の未来すら想像しづらくなっています。 一方で、今回のウイルスは以前のSARSや、MERS、また大流行した年のインフルエンザと比べても、身体的ダメージは比較的小さそうです。 0何%程度だという人もいます。 年代により重症化率がかなり異なり注意が必要だということは間違いないのですが、その「病原体」としての威力以上に、世界に大きなインパクトを与えています。 これは何故なのでしょうか?ふと感じたのは 、「これこそが、今回の新型コロナウイルスの一番の特徴なんじゃないか?」ということです。 その最大の特徴は、人間の「思考」そのものに感染すること。 少し前にベストセラーになったという本があります。 イスラエルの天才的な歴史学者であるユヴァル・ノア・ハラリ氏が、今までの人類史を大きく覆す画期的な視点で人類史を紐解き、世界中で読まれました。 端的に言えば今回の新型コロナウイルスは、この「人間を人間たらしめた特性」そのものを直接的に攻撃してきた、人類史上初のタイプかもしれません。 これは決して物理的に脳に感染するという意味ではありません。 結果として人間の思考を惑わすのに一番効果的なタイプになってしまったのではという意味です。 もしこれがもっと高い致死率であれば、人類は過去の経験を生かしてもっとうまく対処し、これほどまでの深いダメージを受けていなかったはずです。 なんとなく「不安」という緩やかな恐怖が、一瞬にして全人類の思考に「感染」しました。 それによって人々が病院に殺到し、そのことが二次感染と医療崩壊を招いて人災的に死者・重傷者を増やすという、人類の「誤作動」を誘引しています。 変な話ですが、Covid-19は「コンピュータ・ウイルス」に非常に近いかもしれません。 すでにそれが要因で株価が乱高下し、様々な経済活動が混乱しています。 それらは過去の感染症の流行時にも起こったのですが、当時は明らかな生死に関わる高いリスクを伴ってのことでした。 ところが今回は、我々のほとんどが「元気」なのです。 しかも仮に罹患しても多くの場合が重症化しない可能性が高いらしい。 もちろんだからといって感染対策が全く不要だというつもりはありません。 しかし身体的リスク以上に、思考や意識が侵されているのは間違いありません。 そして侵された思考が起こす行動自体が、私達を物理的に傷つけるというのが、今回の最大の特徴ではないでしょうか。 すぐできる「自己感染チェック」 この観点に立って考えると、それに感染しているかどうかはPCR検査でなくても可能です。 例えば以下のような項目が思い当たるかどうか確認してみてください。 こんなことがいくつか当てはまると、軽度であれ「思考への感染」は始まっている可能性はあります。 私自身も決してゼロとは言えません。 冷静に現状に鑑みると、これらは非論理的な思考によるものがほとんどです。 私達の思考が、平常時ではありえない影響を受けていることを自覚しなければと思います。 では、果たしてこれに対抗しうる「ワクチン」を、私達はどう作って行けばいいのでしょうか? 今我々が作るべき「思考のワクチン」とは 今回の事態を収集するために、今おそらくすごい人数の医療関係者が世界中でワクチンや治療薬を開発しているはずです。 もちろんそれが完成すれば事態は急速に解決に向かうでしょう。 仮にそれを「思考のワクチン」というとすると、それはどうやって作ればいいのしょうか? ヒントは「ウイルス対策ソフト」にあるかもしれない 前述の通り今回のウイルスが、ハードは傷つけずにソフトを誤作動させる「コンピュータ・ウイルス」に似ているとしたら、その対処は「ウイルス対策ソフト」の考え方にヒントがあるかもしれません。 ウイルス対策ソフトは、侵入したコンピュータ・ウイルスをそのコードのパターンや動きから特定します。 またその効果を発揮する前提として、常にOSなどの基本的なソフトウエアを最新のものにアップデートし、脆弱性を少しでも下げておく必要があります。 また同時に、ウイルスを判別するパターンデータベースを最新にしておかなければなりません。 今回の新型コロナウイルスの影響から発生する「思考の誤作動」を防ぐためにも、それと同様の行動が対策として有効になるはずです。 即ち、まずは私達が「自らの思考や行動」がどのように影響を受けているのかを自己診断すべきです。 平たく言えば「必要以上の不安にかられ、衝動的な行動を起こしたり、逆に自らの行動にブレーキをかけすぎていないか」ということを意識することです。 また同時に、そうした思考を知らず知らずのうちに拡散していないかも重要なチェックポイントになります。 思考に入り込んだウイルスの影響を、客観視することで「隔離」し、自ら拡散しないようにできるかどうか。 これが非常に重要な対策ではないかと考えます。 また、その前提としての正しい情報や、最新の世の中の動きを正確にアップデートしておくのも大切です。 ただ、ネットやTVなど様々な情報源が溢れ、その中にデマや不安を煽る情報も混在する現代で、これは決して簡単ではありません。 広く情報を集めたらより正しい情報に行き着くかというと、そうでもないはずです。 そのためには、コンピュータでいうところのOS(基本ソフト)、即ち行動を司る姿勢や思想のようなものを、日頃からアップデートしておく必要もあります。 この点では、私達日本人は、比較的いいものを持ち合わせているかもと、少しは自信をもってもいいかもしれません。 あの大震災の中でも、一定の秩序を保ったことを世界から称賛されたこともありました。 現時点で医療崩壊に繋がっていないのも、もしかしたらそれと同じ要因からきていることかもしれません。 もちろん過信は禁物ですし、全てがうまくいっているわけでもありません。 安易な自国礼賛的な議論に持ち込むのももってのほかです。 それでも私達は、その点では満更でもないような気もします。 「やめること」をやめられるか? 更に重要なのは、仮にそれができたとしても、それを行動に反映しないと意味がありません。 前述の通り、今回の事態が引き起こす悪影響のほとんどが、私達自身の行動によって引き起こされる可能性が高いからです。 その最たる例が、過度な自粛です。 今、世界で起こっている政府による行動制限の成否は、現時点では評価しようがありません。 しかしそれ以上に過度に萎縮し、やってもいいこと、むしろやるべき行動まで制限してしまうことは、想像以上大きな悪影響をもたらすはずです。 もちろん、それができなくて苦しむ立場に追い込まれる人たちも大勢いるでしょう。 であるがゆえに、できる人はできることをやるべきですし、やるのが難しくなった場合には、なんとかそれをやる方法がないかをとことん考えるべきではないかと思うのです。 例えばですが、今全国各地で、あらゆるイベントが中止に追い込まれています。 もちろん妥当な判断もあると思います。 しかし、例えば「Webで開催できないか?」ということを本当に真剣にとことん考えたかどうか。 実はちょっと真剣に考えて、思い切って行動に移せば、コストはもちろん様々な課題も乗り越えて新しい可能性が見いだせたのではないか。 状況によって様々なので、当然一概には言えません。 しかしギリギリまで「やめること」をやめる、もしくは「代替手段を考える」という姿勢を持つことが、実は今回の「思考の誤作動」に対抗する最大の「ワクチン」になりうるかもしれないのです。 今回の事態は、どうやら想像以上に長期戦になりそうです。 今までとは様相の異なるこの状況に対応するには、私達自身が、自らの思考や行動姿勢を客観的に捉え、内省する必要がありそうです。 そしてその事自体は、もしかしたら私達の社会が抱える多くの問題と共通の根っこに繋がる要因なのかもしれません。 もしそうだったとしたら、これを克服することは、私達がこれまで抱えていた課題の多くを解決するいとぐちを見つけるチャンスかもしれないのです。 楽観的すぎるかもしれませんが、そう考えることも、あるいは「ウイルス」対策に有効ではないかと思わずにいられません。 文:ネイティブ倉重 2020年4月12日追記 このコラムをアップして約1ヶ月。 想像を遥かに超えた多くの方に読んで頂きました。 ただこれを書いた時に、今のような世界が想像できていたかと言うと、全くそうではありませんでした。 このウイルスがこれほどまでに大きなインパクトをたらすとは、正直想像できていませんでした。 ある意味考えが浅かったかもしれません。 またある意味では、想像を遥かに超えて「あてはまってしまった」のかもしれません。 もっというと、これからの変化もまた、私達の想像を超えるものになるかもしれません。 そう願わずにいられません。 その言葉が非常に印象深かったので、ご紹介します。 「この感染拡大のインパクトが究極的に何をもたらすのか、あらかじめ決まっていません。 結末を選ぶのは私たちです。 もし自国優先の孤立主義や独裁者を選び、 科学を信じず、陰謀論を信じるようになったら、 この結果は歴史的な大惨事でしょう。 多数の人が 亡くなり経済は危機に瀕し、政治は大混乱に陥ります。 一方でグローバルな連帯や民主的で責任ある態度を選び、科学を信じる道を選択すれば、 たとえ死者や苦しみ人が出たとしても、あとになって振り返れば 人類にとって悪くない時期だったと思えるはずです。 私達人類はウイルスだけでなく、自分たちの内側に潜む悪魔を打ち破ったのだ。 憎悪や幻想・妄想を克服した時期として、真実を信頼した時期として、 以前よりずっと強く団結した種になれた時期として位置づけられるはずです。

次の

実家の親が新型コロナウイルスに感染したら、もう会えないかもしれない

新型 コロナ かも しれ ない

もし、親が新型コロナウイルスに感染したら…… 先日、僕は離れて暮らしている親に電話をし、「新型コロナウイスルに感染しないよう、くれぐれも気をつけてね」と伝えました。 日本では、親と同居しない方が大半です。 親と離れて暮らしている方、最近、いつ会いましたか? ……と言っても、「親に会いに行きましょう」と、皆さんに伝えたい訳ではありません。 むやみに帰省すると《感染する・感染させる》の恐れがありますからね。 今回は、新型コロナウイスルがパンデミックを起こしている最中、「親がご健在の方は、ぜひ電話・ビデオ通話をしてください」という話をお伝えします。 なぜなら、 もし親が新型コロナウイルスに感染したら、もう会えないかもしれないからです。 そうならないためにも、できることをやろう! 新型コロナウイルスで入院すると、家族であっても面会できない 画像参照元: これは、大阪市北区にある「北野病院」のホームページです(本記事執筆時)。 【新型コロナウイルス感染症】原則面会禁止のご案内 新型コロナウイルス感染症による入院中の患者様への感染予防のため、当院では、2020年3月16日(月)より全ての病棟におきまして ご家族も含めて原則面会禁止とさせていただくこととしました。 新型コロナウイルスに感染し、入院すると、家族であっても面会は原則禁止なのです。 これは北野病院だけに限りません。 日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)も、虎の門病院(東京都虎ノ門)も、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から搬送された100人以上の感染者を受け入れた自衛隊中央病院(東京都世田谷区)も、どこでも面会は認められていません。 もし、自分の親であっても、新型コロナウイルスに感染すると、退院するまで会えないのです。 でも、退院できるのか? 新型コロナウイルス 年代別致死率(死亡率) 画像参照元: 新型コロナウイルス感染症は、高齢者になるほど致死率が高くなっています。 高齢の方は、何としてでも感染しないよう気を付けないといけません。 もし、不幸にも亡くなったら、一体どうなるのか……。 2020年2月24日時点の統計。 新型のウイルスですので、この数値は今後変化していくと思います 顔を見たり、花を添えたりできないまま、火葬場へ 新型コロナウイルスは、指定感染症です。 そのため、亡くなったあとのご遺体の取り扱いについても、定めがあります。 ので、一部引用します。 遺体の搬送や火葬場における火葬に際しては、遺体からの感染を防ぐため、遺体について全体を覆う非透過性納体袋に収容・密封することが望ましいです。 遺体を非透過性納体袋に収容・密封後に、納体袋の表面を消毒してください。 遺族等の意向にも配意しつつ、極力そのままの状態で火葬するよう努めてください。 つまり、 新型コロナウイルスで亡くなると非透過性納体袋に収容され、できるだけ速やかに火葬される、という訳です。 非透過性納体袋は、映画などで見たことがある方もいると思いますが、ご遺体を入れチャックで密閉する袋です。 非透過性というのは、透明ではない・水やウイルスなどを通さないという意味です。 非透過性納体袋に収容されたご遺体は、もう中を見ることはできません。 ご葬儀では一般的に、棺桶の小窓から故人を見たり、火葬前に故人に触れながらお花を敷き詰めてお別れ言ったりしますが、そうしたことが出来ないということになります。 今すぐ、親に予防のお願いを電話して欲しい ここまでの話、不謹慎だとは思わないでください。 こうならないためにも、どうすれば良いのかを各々の考えて欲しいのです。 まず、親と別居されている方は、 今すぐに親に予防のお願いを電話などで伝えましょう。 新聞、テレビ、インターネットなどで散々見聞きしている情報かと思いますが、やはり息子・娘からも注意を呼びかけられることで、より《自分ごと》となり、用心してもらえるでしょう。 些細なことがきっかけで、助かるかもしれないのですから。 また、あってはならないのですが、万が一に備えて、今のうちの親と電話などでしっかりと話しておきましょう。 子どもがいる場合は、LINEやメッセンジャーなどのビデオ機能を使って、じいじ・ばあばとお話しても良いでしょう。 とにかく、離れて暮らす親と「この難局を無事に乗り切ろう!」と、話すことが大事です。 そうすることで、親も、自分も、危機意識をより高めることができるからです。 このブログ記事を書いているとき、ちょうど東京都知事の記者会見がありました。 「3つの密を避けて行動を」とのことです。 換気の悪い密閉空間• 多くの人の密集する場所• 近距離での密接した会話 手洗い・うがいは当然として、こうしたことも話題にあげて話すと良いでしょう。 「人の密集する場所に行かずに済むようにするには、どうすれば良いかな?」など。 今後、さらに新型コロナウイルスが感染拡大すると、ロックダウン(都市封鎖)も現実味を帯びてきます。 不安が高まるにつれ、 スーパー、ドラッグストアなどに人が殺到するようになるでしょう。 そうした人混みに紛れるのは感染リスクのアップになるので、特に、 食料品・生活必需品は早めに数週間分 備蓄しておいてください。 もちろん、買い占めは無しで。 また、楽天やAmazonなどのネットショップで注文しておくのはおすすめです。 重さを気にせず、まとめて買えるので楽チンです。 僕も先日、 LOHACO ロハコで、缶詰、パスタ、レトルト食品、お菓子、トマトジュース、トイレットペーパー、サランラップ、石鹸などをネットで購入しました。 現在、トイレットペーパーやテッシュペーパーは、品切れのお店が多いですが、LOHACOでは比較的在庫がありました。 欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

次の