痛み入ります 類語。 「恐れ入ります」の意味と使い方、類語「恐縮です・痛み入ります」との違い

痛み入りますの意味は?類語や英語や使い方・お心遣いなどでの使い方も

痛み入ります 類語

「痛み入ります」という表現をビジネスシーンで使用したことはありますか? 「痛み入ります」という言い方は、目上の方や取引先の方に感謝を表す際に適した言葉で、類語もいくつかあります。 正しい意味を知り、使いこなせるようになると、ワンランク上のビジネスマンになることができる、素敵な言葉です。 しかし、意味や使い方を知らずに使用すると、目上の人に不快感を与える言葉となってしまう危険性もはらんでいます。 使い間違いをしないよう、正しい意味や使い方、ビジネスに於いての例文や「痛み入ります」の類語を学習する必要があります。 今回は、 『痛みいりますとは?言葉の意味と使い方』と 『痛み入りますの使い方の間違いと目上の方に使う場合の注意点』さらに 『痛み入りますの類語とビジネスメールでの例文』についてご紹介いたします。 ビジネスシーンでの正しい使い方を身に着けて、正しい敬語をマスターしましょう。 Topics• 「痛み入ります」とは?読み方と由来と意味 「痛み入ります」の読み方は、「いたみいります」です。 「痛み入る」に丁寧語の「ます」がついた敬語表現です。 この場合の「痛み」は心の痛みを表し、「入る」は「泣き入る」や「寝入る」と同じで、「すっかり~する」「まったく~する」という意味を表します。 よって、「痛み入る」とは、直訳すると、「すっかり心が痛んでしまった」「まったく心が痛んでしまった」となり、それが語源となって、現在は「心が深く痛むほど申し訳なく、感謝している」という意味で使われます。 感謝の気持ちと申し訳なく思う気持ち、2つの気持ちが入り混じった表現なのです。 「痛み入ります」の使い方 一般的には、上司や取引先のはからいに対し、深い感謝の気持ちを伝える際に使用する言葉です。 具体的には上司にアドバイスをいただいた時や、取引先に厚意を受けた時に使用します。 例えば、「先日は納期を延長していただき、痛み入ります。 」と言えば、「先日、納期を延長していただいたことが、心が痛いほど申し訳なく、感謝しております。 」という意味合いで相手方に伝わります。 また、例外といたしまして、仲のいい同僚に「痛み入ります」を使う際には、皮肉を孕んだ言い回しになります。 例えば、「ご忠告痛み入ります。 」と言った場合は、「ご忠告ありがとうございます。 余計なお世話です。 」という意味合いになります。 ニュアンスが違えばきつい言葉になりますので、注意して使いましょう。 「痛み入ります」の例文 ・貴重なご意見、痛み入ります。 ・お気遣いいただき、誠に痛み入ります。 ・~様のご厚情痛み入ります。 ・お声かけいただき、痛み入る思いです。 目上の方や取引先の方からご厚意を受けた際に使われます。 古風な言葉ですので、この言い回しをできると、しっかりした人なのだという印象を与えることができます。 「痛み入ります」の使い方の間違いと目上に使用する際の注意点 前述しましたとおり、「痛み入ります」は使い方によっては、皮肉を孕んだ言い方になり、失礼になってしまいます。 くれぐれも使い方を間違えないようにしましょう。 一番よくない使い方は、上司や取引先の方にご意見を賜った際に、「ご忠告痛み入ります」と返事をする使い方です。 このタイミングで言う「痛み入ります」は、人によっては素直に感謝の気持ちとして受け取られますが、「ご忠告はありがたいけれど、余計なお世話です。 」という皮肉を孕んだ言い方と捉える人が多数でしょう。 本当に感謝を伝えたくて発した言葉でも、受け取る側がそう思わなければ、発言した意味がありません。 誤解される恐れがあるのであれば、使わないのがベターでしょう。 また、「痛み入ります」という言い方は、感謝の気持ちと申し訳ない気持ちが入り混じった言葉ですので、「ありがとう」や「申し訳ありません」といった、感謝や謝罪の気持ちを表す言葉を付け足してしまうと、意味が二重になってしまいます。 それは使い方として正しくないので避けましょう。 例えば、「貴重なご意見、痛み入ります。 ありがとうございます。 」のような使い方です。 これは誤りですので、覚えておいてください。 【スポンサードリンク】 「痛み入ります」の返し方 逆に「痛み入ります」と自分が言われた場合、何と返すのがよいでしょうか。 一般的には「とんでもないです」と返します。 これもまた恐縮する言い方ですね。 「痛み入ります」の類語 「痛み入ります」には類語がいくつかあります。 ひとつひとつご紹介いたします。 「恐れ入ります」 「恐れ入ります」は、「痛み入ります」と同じく、目上の方や取引先の方に対し、感謝の気持ちを伝える時に使う言葉ですが、「痛み入ります」より、申し訳ない気持ちが強い言葉です。 「痛み入ります」は「心が痛いほど恐れ多く感謝しています」という意味ですが、「恐れ入ります」の場合は、「ここまでさせてしまって申し訳ないです」という意味合いになります。 また、「痛み入ります」と大きく違う点は、「恐れ入りますが」という使い方ができる点です。 ビジネスでは先方に何かをお願いすることが多々あります。 その際に「~していただけませんか。 」と提案しますが、文頭に「恐れ入りますが」をつけて、「恐れ入りますが、~していただけませんか。 」という文にすると、「申し訳ないですが、~をしてもらえないですか」という意味合いになり、申し訳ない気持ちが追加されます。 「痛み入りますが」という言い方はしませんので、文頭に申し訳ない気持ちを追加したい時には特に有用です。 ビジネスメールにおいても同様の使い方ができます。 「恐れ入りますが、~していただけませんか」という言い回しはビジネスの基本の「き」と言っていいでしょう。 「恐縮です」 「恐縮」の意味は「身も縮まるほどに恐れいること」とされています。 この言葉には「痛み入ります」や「恐れ入ります」と違い、謝罪の意味合いが含まれています。 例えば「お集まりいただき恐縮です」と言った場合は、「お集まりいただき感謝しています。 すみません。 」というような意味合いになります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「痛み入ります」は使い方によっては、しっかりとした自分をアピールできる素晴らしい言葉ですが、使い方を間違えると危険な言葉にもなります。 意味を正しく理解して、マスターできるよう努めましょう。

次の

「お気遣い痛み入ります」の意味と使い方・「お心遣い」との違い

痛み入ります 類語

例文 目次• 「痛み入ります」の意味や使い方は? 相手の厚意に対しお礼を述べる場合に感謝を表す言葉として使われます。 ニュアンスとしてはやや 「恐縮している」言葉となりますので、大切な取引先や目上の人、顧客などに対して使う言葉であり、同僚や目下の人には使わいません。 痛み入りますという言葉には実は「相手の厚かましさにあきれる」という意味や使い方もあるのですが、現在ではあまりこのような用法では登場しません。 そのような場合には 「恐れ入る」が使われるケースが多いようですね。 社会人になるまではまず使う機会のない「痛み入ります」ですが、丁寧に感謝の気持ちを伝える際には便利な言葉ですので、是非使い方を覚えておいてくださいね。 「痛み入ります」の例文 ・この度は突然の申し出に対し快くお引き受け頂き本当にありがとうございます。 皆様のお心遣い痛み入ります。 ・私の入院中、皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしました。 また、わざわざお見舞いまで頂き誠に痛み入ります。 なんとか退院することが出来ましたので、今後は恩返しの意味も込めましてより一層業務に邁進したいと考えております。 ・本日は私のためにこのような会を催して頂き痛み入ります。 今後は気を引き締め、国民栄誉賞受賞者として恥ずかしくない行動を心がけたいと思います。 ・この度は身に余るお褒めの言葉を頂戴しまして誠に痛み入ります。 スポンサードリンク.

次の

痛み入りますの意味と使い方 類語(上司・目上宛)

痛み入ります 類語

「恐れ入ります」の読み方と意味 「恐れ入ります」の読み方は「おそれいります」 「恐れ入ります」は「 おそれいります」と読みます。 「恐れ入る」の基本の意味は「迷惑をかけて申し訳なく思う」 「恐れ入る」の意味は、 「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」です。 相手に対して恐縮している気持ちを 恐れ入ります 恐れ入りますが というような言い回しで、 お願いをする場面やお礼の気持ちを伝える場面で使用します。 そこから転じて「心が苦しいほど、ありがたく思う」という意味も 「恐れ入る」という言葉には、「相手にたいして申し訳なく恐縮している気持ち」を言い表す言葉であると上述しましたが、そこから転じて「 心が苦しいほど、ありがたく思う」という意味合いもあります。 つまり、 自分からみて目上である人に対してのお礼の気持ちを言い表す言葉であるということです。 例えば、「〜をしていただいたようで、大変恐れ入ります」というように使用すると、「〜をしてくれたようでありがとうございます」とお礼を述べる丁寧な言葉になります。 また、目上の人に褒めてもらったというような場面で「ありがたいお言葉恐縮です」というようなニュアンスで「恐れ入ります」と返します。 「ありがとうございます」とストレートに伝えるよりも、「恐れ入る」という「申し訳ない」というニュアンスのある言葉を使用することで、謙虚な気持ちを表現を込めることができます。 「ます」は丁寧語(敬語)なので、目上に使える 「恐れ入ります」の、 「ます」は丁寧語に分類される敬語です。 「丁寧語」は、相手に対して敬意をしめす表現であるため 目上の人に使用することができます。 言葉の後ろに「です」「ます」「ございます」がつくのが丁寧語です。 つまり、 「恐れ入ります」は目上の人に対しても使用することができる言葉です。 「恐れ入ります」のメール・電話での使い方 謝罪・お詫び 「恐れ入る」の意味は「 申し訳なく思う」なので、 意味的に最も基本的な使い方は謝罪・お詫びです だいたいは、「恐れ入りますが〜をしていただいてもよろしいですか」といったように、お願いをすることに対する申し訳なさを表現するために使用される言葉ですが、ビジネスシーンでは誘いを断るときなどによく使います。 しかし 「自分に非がある」という場合は「申し訳ございません」を使用して謝罪をすることが基本です。 場合によっては失礼だを感じる人もいますの使用には相手と場面に注意して使用しましょう。 依頼・お願い時の「恐れ入りますが」 依頼・お願いするときにも「申し訳ないですが」と、 謙虚な気持ち・恐縮した思いを表現しますよね。 なので「おそれいりますが」という形で、 依頼する際に使用するクッション言葉として使用することができます。 クッション言葉 ・お忙しいところ ・ご多忙の中 ・ご多忙の折 ・ご面倒でなければ ・ご都合がよろしければ というような言葉にうしろに「恐れ入りますが〜」というようにお願いをします。 例文 「お忙しいところ恐れ入りますが、企画書にお目通しいただけますか」 「ご多忙の中恐れ入りますがぜひご来店いただきたく存じます」 「ご面倒でなければ、恐れ入りますが一度足を運びいただければ幸甚です」 「ご都合がよろしければ、恐れ入りますが参加していただると幸いに存じます」 「尚、恐れ入りますが出演者は変更となる可能性がありますのでご了承ください」 感謝・お礼(褒められた時など) 「恐れ入る」は、「申し訳ない」から転じて「ありがたい」という意味でも使うことができる言葉です。 多くは、相手に「ありがとう」という気持ちを伝える場面や、相手にお礼を言われたときに、「ありがたいお言葉恐縮です」というようなニュアンスでで「恐れ入ります」というように使用します。 例えば、「最近業績が伸びてきていて素晴らしいね」と上司に褒められたというような場面で「恐れ入ります」というように返事をするときに使用します。 「そんなことないですよ」という謙遜する気持ちと「褒めてくれてありがとう」というような意味合いで「恐れ入ります」と使用します。 例文 「恐れ入ります。 素晴らしい結果をのこせたのも皆様のご協力あってこそです」 「この度はこのような素敵な会に声をかけていただき恐れ入ります。 お陰様で素敵な時間を過ごすことができました」 「この度は素敵なプレゼントをお送りいただきどうも恐れ入ります。 大切に使わせていただきます」 過去形「恐れ入りました」は感心・感激の意 過去形の「恐れ入りました」は 関心・感激の意をしめす言葉になります。 相手の優れている点に、すっかり感心し、すごいですねと感心・感激する気持ちを伝えるときに使用します。 「恐れ入る」は目上の人に使用できる言葉ですが、「恐れ入りました」は 「見直しました」というニュアンスが含まれるので相手を見下していると思われてしまう可能性があるため注意が必要です。 目上の人に使用する場合は「改めて恐れ入りました」という言い方をすると、「前からすごいと思っていましたが、改めてすごいと感心しまた」という意味合いになるので、好ましいでしょう。 ビジネスシーンでは、 部下を褒めるという場合に使用することができます。 例文 「我が社トップの売上だなんて改めて恐れ入りました」 「恐れ入りました。 もう力では君にはかなわないよ」 「本一冊分の内容を一晩で丸暗記するなんて恐れいりました」 「恐れ入ります」の類語 恐縮です 「恐縮です」は、「 きょうしゅくです」と読みます。 「恐縮」の意味は「 身もちぢまるほどに恐れ入ること・相手に迷惑をかけたり、厚意を受けたりして申し訳なく思うこと」です。 相手からの厚意などを自分には勿体無いと思い、申し訳なく感じ恐れ入ることを表します。 本来の「恐縮」の意味は「おそれて身がすくむこと。 おそろしくて身がちぢむこと」です。 こちらの意味ではほとんど使いません。 「大変恐縮です」「誠に恐縮ですが〜」などと口語で使うイメージが強いですが、 「恐縮」は主に書き言葉として使います。 書き言葉として使うのが一般的なので、会話で使ってしまうとどことなく相手に冷たい印象を与えてしまうことがあります。 そのため、 「恐縮です」よりも「恐れ入ります」が口語では無難です。 「恐縮ですが〜」と会話で使いたくなったら、代わりに「恐れ入りますが〜」を使うようにしましょう。 例文 「お忙しい中、足をお運びいただき大変恐縮しております」 「この度は丁寧なお中元品を賜り、大変恐縮です」 「わざわざ折り返しご連絡をいただき恐縮です」 「日頃よりお心遣いいただき、大変恐縮しております」 痛み入ります 「痛み入ります」は、「 いたみいります」と読みます。 「痛み入る」には「 相手の親切や好意に恐縮し、感謝すること」という意味があります。 「痛み入ります」は、 他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなく、あくまでも「感謝」の気持ちを表します。 目上の人に使用できる言葉で、 お心遣い痛み入ります ご厚情痛み入ります お気遣い痛み入ります というような言い回しで使用されます。 例文 「わざわざ子供用の席を用意していただき、お心遣い痛みはいります」 「身に余る程のお褒めの言葉をいただき、痛み入ります」 「皆様からの日頃のご厚情痛み入ります」 「画面道をおかけすることになり、痛みに入る思いです」 かたじけなく存じます 「かたじけなく存じます」は、 「かたじけない」という言葉と「存じます」という二つの言葉を組み合わせた言葉です。 「かたじけない」の意味は、 ・過分の恩恵や好意を受けて)身にしみてありがたい。 感謝にたえない ・(尊貴さがそこなわれるようで)もったいない。 恐れ多い。 恐縮だ ・恥ずかしい。 面目ない です。 相手の身にあまる程の親切や好意に対して、ありがたく思うこと・ありがたくて逆に申し訳ないことを表します。 「かたじけない」は相手に何かをしてもらい、『ありがたく思う』『ありがた過ぎてかえって申し訳ない』という意味で使用される言葉です。 「存じます」は 「思う」という言葉の謙譲語です。 つまり、「かたじけなく存じます」は「 大変ありがたく、恐れ多い、もったいなく思います」という意味合いで使用される言葉です。 「 相手に世話をしてもらったことを労い、迷惑をかけたことを詫びる言葉」として使用されます。 「すいません」と言われることもありますが、 正式な言葉は「すみません」です。 そのため手紙やメールなど文字にする際は「すみません」を使うのが適切です。 「すみません」は動詞の「済む」に丁寧語の「ます」が入った「済まぬ」に、打ち消しの助動詞「ぬ」がつき「済みませぬ」となり、それが現代では「すみません」となりました。 要するに「すみません」は、 「済まぬ」の丁寧語となります。 「すみませんが」は尊敬語ではなく日常的にも使われておりくだけた印象があります。 ビジネスシーンなどかしこまった場面ではあまり使わないようにしましょう。 例文 「すみませんが、荷物を移動してもらってもいいですか?」 「お忙しいところすみませんが、確認してもらいたい書類があります」 「寝坊をしてしまったのですみませんが、先に行っててください」 「すみませんがまだ準備が整っていないのでもう少し時間をください」 あいにくですが 「あいにくですが」は、 「あいにく」という言葉の言い回しの1つです。 「あいにく」は、「 物事が予想や期待した通りに進まず残念である事を表す言葉」「 目的と合わずに都合の悪いさま」「 折悪しく」という意味です。 期待や予想通りではないことや、目的と合わないことに対して「残念」だという思いがあることを表す言葉です。 「あいくですが」は 丁寧な表現なので目上の相手に使うことができます。 そのため、ビジネスシーンでもよく用いられています。 主にビジネスシーンで「あいにくですが」という言い回しは、 断りの言葉や、相手にとって都合が悪いことを伝えるときに使用します。 ただ断るだけでは、相手は不快に思ったり都合の悪いことを言ってしまったななどと思ってしまうかもしれませんが、「あいにくですが」を付け加えることによって、「すみませんが・・」「残念ですが・・」というニュアンスを伝えることができます。 残念だけど断らなくてはならない事情がある、ということを伝えられるのでとても便利な言葉です。 例文 「あいにくですが予約予定枚数を終了してしまいまして、予約を受け付けることができません」 「あいにくですが、そのような注文はお受けすることができませんのでご了承お願いいたします」 「あいにくですが、本日は雨ですので児童クラスの遠足は延期とさせていただきます」 お手数おかけしますが 「お手数」は、「 おてすう」「 おてかず」と読み、「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしますが」は「お〜する」という謙譲語になります。 正しい敬語表現であり、上司や取引先など目上の相手に使うことができます。 「お手数をおかけします」は「お手数をおかけして申し訳ないです」といったように謝罪をするときに使います。 「お手数をおかけしますが」という形にすると、 相手に依頼・お願いをするという場面で使用するクッション言葉になります。 クッション言葉を使うことによって、 相手への配慮や思いやりを示すことができるため、言いづらいことも伝えやすくなりまし、丁寧な印象を与えられるので覚えておきたい言い回しです。 「お手数をおかけしますが、ご連絡お待ちしております」 「お手数をおかけしますが、こちらにお送りいただけませんか」 「大変お手数をおかけしますが、明日お伺いしてもよろしいでしょうか」 「お手数をおかけしますが、提出をお願いいたします」.

次の