タロー社長。 MonotaRO(モノタロウ)の瀬戸会長は、なぜLIXILグループの社長に指名されたのか

Team48(フォーエイト)イケメンTikToker タロー社長の身長は?本名/年齢/炎上/仕事/彼女のあーてぃんとの馴れ初めやおすすめ動画も!【家凸/襲ってみたなど】

タロー社長

新興企業の起業家が老舗大企業の社長に就任という構図 まず、両社の概要を簡単にご紹介します。 住宅設備の最大手メーカーであるLIXILグループの創業は1949年(旧トステム)、売上高は1兆6,734億円(2015年3月期)、従業員数は約6万人という老舗大企業です。 一方、MonotaROの創業は2000年、売上高は449億円(2014年12月期)、従業員数は268人という新興企業です。 ただし、時価総額ではMonotaROは4,200億円と、LIXILグループの8,400億円のほぼ半分に迫っています。 ちなみにMonotaROの時価総額は過去2年間で3倍強に拡大しており、このペースが続くのであれば、追い越すのは時間の問題かもしれません。 すなわち、今回の人事は勢いのある新興企業の起業家が老舗の大企業の社長に就任するという構図として捉えることができるでしょう。 瀬戸氏は商社出身の起業家 会見においてLIXILグループの藤森義明社長は、瀬戸氏を選んだ理由として、「デジタル化とグローバル化」が理由であるとコメントしました。 このことを理解するために、瀬戸氏がMonotaROを起業するに至った経緯を以下にまとめてみます。 瀬戸氏は1983年に住友商事(8053)に入社し、鉄鋼部門に配属されキャリアをスタートしています。 1990年代に米国に赴任し、その間米ダートマス大学のMBAコースに通いながら、創業当初のアマゾンに出会います。 そこで、インターネットを使ったeコマース(電子取引)を商社のビジネスにも応用できないか思いを巡らせる中で、工場で使われる工具や軍手などの消耗品(間接資材)を扱うことを決意します。 当時の間接資材市場は、多くの問屋が介在し流通が複雑、工具商や金物店などの「リアル」の販売ルートでは商材が売れ筋だけに限られる、購入する数量により値段が大きく違う等の非効率・不合理な点が多くあり、ネットを活用することで、これを改善できると考えたからです。 このアイデアを実現するため、間接資材販売の大手である米グレンジャー社と組んで、2000年にMonotaROの前身である住商グレンジャー社を、現社長の鈴木雅哉氏など数名のメンバーとともに大阪で事業を開始ました。 創業当初はカタログ作成、システム構築、物流システム、顧客開拓などの先行コストがかさみ赤字が続きましたが、創業5年目の2005年12月期に黒字化。 2006年2月には社名をMonotaRO(モノタロウ)に変更し、同年12月に東証マザーズに上場しています(現在は東証1部)。 そして、株価を見れば一目瞭然ですが、現在まで同社の快進撃は続いています。 こうした経緯から、上記の「デジタル化、グローバル化」の意味するところは、単に英語のできる元商社マンとしいうことでは全くなく、デジタル技術への知見と、インターネットを「リアル」の世界に活用し、海外企業を出資者として取り込み、事業をゼロから立ち上げてきた行動力であることが理解できます。 新社長のメッセージに注目したい 瀬戸氏は、2016年1月1日からLIXILグループのCOOに就任し、6月の株主総会を経て、同グループの取締役代表執行役社長兼CEOに就任予定です。 1年以上前から声が掛かっていたとのことですので、既に準備は万端で、就任早々に変革へのメッセージが発せられると期待できそうです。 持ち前の行動力と分析力がどのように発揮されるのか、大いに注目したいところです。 一方、MonotaROについては、瀬戸氏とともに創業メンバーの鈴木社長が2012年から社長職を続けていることや、瀬戸氏も非常勤として会長職を継続する予定であるため、ネガティブな変化は起らないと見てよいでしょう。 LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。 その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。 LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。

次の

48 (フォーエイト) メンバーの年齢や身長をまとめ!音羽がイケメン!

タロー社長

人気TikToker こたつがフォロワー100万人を達成したことを機に立ち上げた、人気TikTokerたちによるYouTubeチャンネル「48-フォーエイト」。 今回は、フォーエイトの副リーダーを務める「タロー社長」のプロフィールをチェックしていこう。 本名や年齢、そして気になる仕事や学歴などについて。 出典: タロー社長は現在本名を非公開としているが、過去のツイートを辿ってみると 「本名はこたろう」という記述を発見! しかし、ネタツイートとも取れる文面であることから 本当に彼の本名が「こたろう」であるのかについては不明である。 出典: フォーエイトのメンバーは同級生や幼馴染ではなくTikTokerが集まって作られたグループであるため、全員年齢がバラバラ。 下はあみかの15歳 05年4月生まれ から永ennのアリスの25歳 95年4月生まれ まで、幅広い年齢層のメンバーが在籍している。 身長が小さいとファンからイジられることが多いが、多くの女性ファンからは 「顔も身長も小さくて可愛い!」と非常に好評な模様。 A post shared by taroshacho on Feb 16, 2020 at 3:39am PST また、タロー社長は可愛らしい童顔であるため、 むしろ180cm超えの高身長は似合わないのかも?? 落ち込んだ俺のために一緒に 飛び込んでくれる友達達の優しさ。 俺は良い友達を持った。 — タロー社長🎬 フォーエイト torasann1998 タロー社長は 中高共に男子校に通っていたことをTwitterにて明かしている。 しかし、学校名については現在も非公開となっており、大きく流出はしていないようだ。 また、大学に進学し学生生活を送りながらTikTok活動も行っていたタロー社長。 そっか、、もうすぐ卒業式か… 俺の住んでる学生マンションも引越しの準備であたふたしてる… 今までありがとうな4年生達よ… — タロー社長🎬 フォーエイト torasann1998 Twitterにて4年生についてつぶやいていたことから 4年制の大学に入学していることはわかるのだが、 残念ながら通っている大学名までは明かしていないようだ。 TikTokerといえば、自身の個人情報をうっかりと言ってしまったり周囲の友人にバラされてしまうことも多いが、タロー社長の場合は極端にそういった流出事件が少ないことから、 日頃よりかなり個人情報の取り扱いには気を使っていることが伺える。 現在、インフルエンサーとして活躍が目覚ましいことから、恐らく 大学を卒業後はYouTuber・TikTokerとしての活動に注力していくことが予想される。

次の

フォーエイト

タロー社長

新興企業の起業家が老舗大企業の社長に就任という構図 まず、両社の概要を簡単にご紹介します。 住宅設備の最大手メーカーであるLIXILグループの創業は1949年(旧トステム)、売上高は1兆6,734億円(2015年3月期)、従業員数は約6万人という老舗大企業です。 一方、MonotaROの創業は2000年、売上高は449億円(2014年12月期)、従業員数は268人という新興企業です。 ただし、時価総額ではMonotaROは4,200億円と、LIXILグループの8,400億円のほぼ半分に迫っています。 ちなみにMonotaROの時価総額は過去2年間で3倍強に拡大しており、このペースが続くのであれば、追い越すのは時間の問題かもしれません。 すなわち、今回の人事は勢いのある新興企業の起業家が老舗の大企業の社長に就任するという構図として捉えることができるでしょう。 瀬戸氏は商社出身の起業家 会見においてLIXILグループの藤森義明社長は、瀬戸氏を選んだ理由として、「デジタル化とグローバル化」が理由であるとコメントしました。 このことを理解するために、瀬戸氏がMonotaROを起業するに至った経緯を以下にまとめてみます。 瀬戸氏は1983年に住友商事(8053)に入社し、鉄鋼部門に配属されキャリアをスタートしています。 1990年代に米国に赴任し、その間米ダートマス大学のMBAコースに通いながら、創業当初のアマゾンに出会います。 そこで、インターネットを使ったeコマース(電子取引)を商社のビジネスにも応用できないか思いを巡らせる中で、工場で使われる工具や軍手などの消耗品(間接資材)を扱うことを決意します。 当時の間接資材市場は、多くの問屋が介在し流通が複雑、工具商や金物店などの「リアル」の販売ルートでは商材が売れ筋だけに限られる、購入する数量により値段が大きく違う等の非効率・不合理な点が多くあり、ネットを活用することで、これを改善できると考えたからです。 このアイデアを実現するため、間接資材販売の大手である米グレンジャー社と組んで、2000年にMonotaROの前身である住商グレンジャー社を、現社長の鈴木雅哉氏など数名のメンバーとともに大阪で事業を開始ました。 創業当初はカタログ作成、システム構築、物流システム、顧客開拓などの先行コストがかさみ赤字が続きましたが、創業5年目の2005年12月期に黒字化。 2006年2月には社名をMonotaRO(モノタロウ)に変更し、同年12月に東証マザーズに上場しています(現在は東証1部)。 そして、株価を見れば一目瞭然ですが、現在まで同社の快進撃は続いています。 こうした経緯から、上記の「デジタル化、グローバル化」の意味するところは、単に英語のできる元商社マンとしいうことでは全くなく、デジタル技術への知見と、インターネットを「リアル」の世界に活用し、海外企業を出資者として取り込み、事業をゼロから立ち上げてきた行動力であることが理解できます。 新社長のメッセージに注目したい 瀬戸氏は、2016年1月1日からLIXILグループのCOOに就任し、6月の株主総会を経て、同グループの取締役代表執行役社長兼CEOに就任予定です。 1年以上前から声が掛かっていたとのことですので、既に準備は万端で、就任早々に変革へのメッセージが発せられると期待できそうです。 持ち前の行動力と分析力がどのように発揮されるのか、大いに注目したいところです。 一方、MonotaROについては、瀬戸氏とともに創業メンバーの鈴木社長が2012年から社長職を続けていることや、瀬戸氏も非常勤として会長職を継続する予定であるため、ネガティブな変化は起らないと見てよいでしょう。 LIMO編集部は、個人投資家向け金融経済メディアであるLongine(ロンジン)の執筆者である国内外大手証券会社で証券アナリストや運用会社のファンドマネージャーとして長年の調査や運用経験を持つメンバーやビジネス系インターネットメディアでの運営経験者等を中心に立ち上げ。 その後Longineのサービスは2020年3月に終了となったが、Longine編集部のメンバーは引き続きLIMO編集部のメンバーとして在籍し、お金のプロとしてコンテンツ編集や情報を発信しています。 LIMO編集部は、証券・金融業務メンバーに業界紙出身の新聞記者などもメンバーに加え、国内のみならずグローバルの視点から、金融・経済ニュースや投資に関する知識・アイデア、ビジネスパーソンの役に立つ情報をわかりやすくお届けします。

次の