ペットショップ 売れ残り。 ペットショップの売れ残りはどうなる?引き取りたい犬を見つけたらアナタがすべき行動

ペットショップで売れ残った犬猫はどうなる?殺処分?保健所行き?

ペットショップ 売れ残り

ペットショップで売れ残った犬、保健所の対応 この葉 さん かつては、ペットショップで売れ残った犬、ブリーダーで飼育放棄された犬が保健所で殺処分されている話しを耳にしました。 今は、法律で動物愛護法が改正され(2013年9月1日より施行)、 保健所へ犬・猫の引き取りが制限されています。 法律の改正前は、保健所に持ちこまれた犬や猫に対して、 保健所は引き取りを断ることができませんでした。 法律が制定され結果、保健所は引き取りを拒否できます。 この法律の施行から、全国で山や人のいない里に犬を捨てる事件、犬の大量投棄がニュースになる日が増えた気がします。 保健所での犬の殺処分数は減少しても、犬の廃棄を代行する業者など暗躍し、売れ残り犬の行方について実態を把握が難しくなっているのが実情でしょうか。 今後、 マイクロチップを装着した犬が増えれば、このデータも変わると願いたいです。 goo. html (リンク切れ) ・栃木県那珂川町の崖下に小型犬27匹の死骸 栃木県那珂川町富山の林道の崖下に、 小型犬27匹の死骸が放置されているのを、県動物愛護指導センターの職員が見つけた。 www. 47news. php (リンク切れ) ブリーダーからペットショップへ販売過程、行方不明な犬の数 風子 さん ブリーダーからペットショップへ犬が流通したが、その後、 行方不明になる犬の数を調査した情報があります。 その数は、年間1万4000匹とも、70万頭とも? 死因が不明で、病気や衰弱により死亡した数も含まれていて、売れ残った犬とのデータとは離れがありそうです。 売れ残った犬について、正確な数値データは見つかりませんでしたが、ニュースとして報道される廃棄された犬の数は氷山の一角なのかなとも。 - 流通の過程で 「行方不明」になっている犬は約1万4000匹。 売れない犬たちがふるいにかけられ、遺棄されている可能性があるのだ。 引用元: ・ 流通不明70万頭? 売れ残りペットはどこへ行く 犬・猫は平均で毎年150万頭が新たに流通している。 しかし、このうち約半分がどのように流通しているのか分かっていない。 引用元: wedge. ismedia. この法令改正により、売れ残りペットの行き先として、 ペットの引き受け業者「ペット引き取り屋」 の指摘が増えています。 ペット引き取り屋とは、ペットショップやブリーダーからの依頼を受け、数万円で犬や猫を引き取る。 散歩も行かず、清掃もせず、劣悪な環境で小さな檻に入れっぱなし、ペット達の死を待つ。 ペット引き取り屋の言い分は「殺さないで、死ぬまで飼う。 殺処分より、生きているので良い」。 ブリーダーやペットショップが劣悪な環境でペット飼育は動物愛護法違反で取締り対象ですが、「ペット引き取り屋」はペットを引き取るだけなので、動物取扱事業者の登録をする必要はなく、動物愛護法の対象外です。 テレビで放映された現場を見ましたが、犬や猫はやせ細り、毛や足元は汚れ、皮膚病や感染症の病気を持ち、とても可哀想です。 一方で飼主がいないペットを引き取り、50匹以上の犬や猫を真剣に飼育しているボランティアの方がいましたが、悩みはお金です。 毎月の医療費や飼育費など多くのお金が必要なことが分かります。 悪徳な業者は非難され当然ですが、私たちペットの飼主も、ペットを迎え入れる時、里親を募集している犬を候補にするなど考える問題です。 ・売れ残る、又は繁殖にも使えない犬猫は、ケージの中に入れられたまま、給餌や掃除の世話などされない状態で置かれる。 引用元: ペットショップで売れ残り犬の行方どうなる? ごろー さん そもそも、売れ残った子犬を引き取って生涯幸せにと面倒をみるようなブリーダーは、 生体を展示販売し管理も悪いペットショップに子犬を渡しません。 本来なら母犬と飼主が協力して24時間つきっ切りで面倒をみている時期の子犬を、ケースに閉じ込め、十分な世話もしない。 という虐待現場ですから・・・。 ショップで売れ残った子犬に幸せな未来があるのは、宝くじに当たるような確率では? 犬をコンパニオンアニマルとして大切に家族のように扱うブリーダーとは逆に、「家畜」として最低限の世話すら放棄し金儲けの為に繁殖させ、産まなくなったら親犬を捨てるようなブリーダーもいます。 自分は、そういうショップに儲けさせている限り、生体展示販売や悪質ブリーダーはなくならない。 と思うので、生体展示販売をしているショップでは一切の買い物をしない。 という運動に参加しています。 ペットショップで売れ残った犬を引き取る プリモ さん ペットショップで売れ残った犬(4ヵ月半)を引き取りました。 狭いショーケースの中で、眠り続ける姿はとても可哀相でした。 パテラとヘルニアの持病があり、買い手が見つかると思えません。 夫が「この犬に買い手がなかったら、将来はどうなるんですか?」と聞きました。 ペットショップ店長は「 ブリーダーに戻す」と。 「生まれた先のブリーダーに戻すんですか?」と聞くと、「別のブリーダーに卸すこともある」と答えてました。 パテラもヘルニア(ソケイ+ヘソ)もある子犬が、繁殖犬になるのか思いゾっとしました。 どちらにせよ暗い未来が、待っている気がします。 しかもこの店長さんは「子犬を産ますなら、ヘルニアの手術をしないと、子犬が産道通れません。 先にヘルニアの手術して下さいね」と言いました。 病気持ちの犬なのに、繁殖を推奨するようなアドバイスに愕然。 ペットショップでの生体販売は、廃止にするか資格の厳格化を希望します。 Re:ペットショップで売れ残り犬の行方どうなる? M. T さん ありがとうございました。 愛犬家が増える一方、悲しい実情も現実なのですね。 複雑な思いです。 とても勉強になりました。 ペットショップを見るたび、この子に優しいご主人が早く見つかりますようにと願わずにはいられません。

次の

ペットショップ売れ残り犬を飼うメリットとリスク : 犬のQ&A集 飼い方

ペットショップ 売れ残り

ペットショップ売れ残り犬を飼うメリットとリスク kosho さん ペットショップで売れ残った犬が気になり、飼うことを真剣に検討しています。 長い期間、ショップ内ケージで過ごした犬を飼うメリットとリスクを教えてください。 我が家には2歳過ぎのトイプードル(オス・未去勢)がいますが、留守番が多いこともあり、新たに1匹の犬を迎え入れることを考えている所でした。 近所のペットショップでトイプードル(オス)が1年以上前から売られていて、久しぶりに行くと1歳5ヶ月に成長した犬が、実質ワクチン代のような価格で安売りされていました。 飼主が見つからない状況をとても可哀想に想い、その犬の事が頭から離れません。 そもそもはブリーダーの飼育放棄犬などを、里親募集の縁で迎え入れようと思っておりました。 とペットショップの狭いケージでずっ生きていた売れ残り犬を幸せにできるか、引き取った成犬の飼い方など、いざとなると色々な心配が出てきて踏み切れないでいます。 この犬を育てていく事、家族にする事、ペットショップから引き取る際に確認しておく事などに何かアドバイスを頂ければ幸いです。 ペットショップ売れ残り犬を飼うメリットとリスク wanz さん ショップのケージでずっと暮らしていた子は、吠える、鳴く、犬同士の接触に慣れていないなどの問題がある可能性があります。 1年以上も売れ残り、 ペットショップで十分な社会化もされず、外の広い世界も知らずに育って来た子を受け入れる覚悟はありますか? マンションなど、吠え声が気になるような環境でしたら、良く考えてからの方が良いです。 また、先住犬とその子が仲良くできないなどの問題があったら・・・など、いろいろなことを考えて、冷静な判断をすべきと思います。 迎えてみなければ、どんな問題が生じるかわかりません。 それでも、その子を家族として育てていく覚悟があるのか・・・良く良く考えてほしいと思います。 私は8ヶ月までブリーダー犬舎で育った子を、すべて覚悟して迎えましたが、正直言って楽ではなかったです。 トイレはつきっきりで2週間集中トレーニングし、なんとかなりましたが、それまでは留守にする度にクレートの中におしっこ&うんちをされました。 飼い主が出掛けて姿が見えなくなると、鳴き叫んでましたので、このトレーニングにもかなり時間を費やしました。 また、散歩中、人や犬を見るとパニックになり、人の制止はまったく耳に届きませんでした。 それでも、1年以上愛情をかけ、その子のペースに合わせて、のんびりトレーニングして、やっと他の犬と遊べるくらいに社会化できました。 定期的に友好的な犬と飼い主さんに協力してもらって、時間をかけて取り組んだ結果です。 生活すべてがその子のため・・・って感じでした。 我が家にも先住犬がおりましたが、その子は社会化が十分で、とても友好的な性格だったので、下の子とも仲良くやってくれました。 8ヶ月で迎えた子すらこうですから、1歳5ヶ月までペットショップで育った犬が、どこまで他人や他犬に慣れるか・・・未知ですよ。 その子のために・・・と考えるよりも、先住犬とご自身の生活を考えて、その子を迎えることが全員の幸せにつながるかどうか、考えてみてください。 私は、どんなに下の子の問題で悩んでも、迎えたことを後悔したことはないし、一緒にがんばったことで、私自身も成長できたと思っています。 ペットショップ売れ残り犬を飼う ぽぽん さん 飼主さんが留守が多い環境ならば、躾の出来ていない成犬を迎えるのは難しいように思います。 ましてオス犬同士がすぐ仲良くと、安易にお考えにならない方が良いと思います。 また先住犬がひとりぼっちで可哀相、は犬にとってはありがた迷惑な理由です。 犬はママ(ボス)とマンツーマンでいたいんですよ。 確かにショップで売れ残り、成長した犬は可哀相です。 この先どうなるかを考えると引き取ってあげたいでしょう。 でも、wanzさんも仰っていますが相当の覚悟が必要です。 躾は、飼い主が諦めなければいくつになっても入れることは出来ます。 訓練所もありますし。 でも、迷いがあるのなら今回は見送る方が良いように思います。 成犬を飼うリスク クッキー さん うちの二匹目の犬は10ヶ月で迎えました。 おしっこは部屋に漏らし放題、ちょっとの段差も降りれない。 購入の前に先住犬とも相性を見て、購入にいたりました。 人懐っこい子で助かりましたが、やはり最初はトイレのしつけなど大変困りました。 うちもオス同士ですが、相性は悪くないものの嫉妬で時々大喧嘩になります。 留守番のときは、ほとんど寝てます。 犬が寂しいだろうとの理由で、2頭目を迎え入れるのはやめたほうが良いと思います。 飼い主の愛情を今まで独り占めだったのに、邪魔者が来たと迷惑がる犬ちゃんもいますよ。 dogoo. comの関連ページ ペットショップ売れ残り犬のメリット良いところ かるご さん ペットショップに勤めていた頃、ショップ内のゲージで多くの時間を過ごした犬を見てきました。 自分の経験談ですが、吠えるなどの多少問題のある犬ほど飼主宅に連れて行かれると、嘘のように大人しくなる犬が多いように思えます。 皆さんと意見が違うので、私が経験し見てきたパターンって事で、思ってください。 長い期間ペットショップにいた犬はケージに慣れている分、ケージに対してのストレスがないので、留守番はすんなりと入る。 排泄はケージの中でトイレと分けて置けばできるなど・・・。 この際、人間の都合で外(ケージとは別の場所)で排泄する場所を教えるのは、苦労します。 犬の生活サイクルがあるので、なかなかケージの外で何かするのは難しいかと。 ただ、 ペットショップのケージで長い時間を過ごした売れ残り犬が、全て問題が多いとすぐ結び付けないで欲しいです。 むしろ私のが見てきた犬は、ケージに慣れてる事や、健康面、構われてる時間が元々少なかったので、我慢も出来るという犬が多かったです。 我が家に引き取った犬も、売れ残り犬(生後10ヶ月)です。 当時は忙しかったけれど、このままでは・・なんて正義感に駆られて迎えてしまったんですが、吠える所かケージを開けてるのに、しばらく遊んではすぐ戻ってケージで寝てるような犬でした^^; 昼間もお留守番だから少しでもって思っていたけど、ケージは「自分の部屋」と認識てたのだと思います。 これもショップよりますが、ショップの営業時間が終われば、犬たちは薄暗いケージなどで一晩を過ごすので、夜も暗くすると大人しく吠えたこともありませんでした。 ペットショップ売れ残り犬の良いところを述べましたが、質問主さんが迷っている犬を迎える事がいいかは別です。 先住犬から見れば友達ではなくてライバルでしかありません。 新しい子がそれに戸惑い問題が起こるとも限りませんし、そもそも先住犬がすんなり受け入れる事はまずないと思ってください。 どちらにしても、迎え入れた時は飼い主は相当苦労します。 それが仔犬であれば、体調の事を考慮するればもっと神経を使わないといけないでしょうし。 迎え入れた時にある程度時間の余裕がないとどの子を迎えても大変なので、慎重に答えを出してくださいね それと、里親犬預かりや、トレーニングをしてきた経験上。 一度誰かに飼われた子よりは、長くショップいた子の方が正直躾は付けやすいです^^; でも、完全に躾が出来てる子もいるのでよく犬を見ることです。

次の

ペットショップ 売れ残り 猫 里親, 売れ残り猫の里親になる方法は? ペットショップで売れ残ってしまった場合、 ボランティア団体などど連携して 譲渡会に出す こともあります。 または、そのまま ペットショップ内で 里親を募集するケースも ある

ペットショップ 売れ残り

ペットショップの売れ残りとなってしまったわんちゃんや、猫ちゃん達がどうなっているか考えたことはありますか。 生後まもない子犬や子猫は、見るからに愛らしく、どんどん売れていきます。 犬の場合では、小型犬などは世話をしやすいという理由から、引き取り手も多いとは思いますが、大型犬になると、世話が大変という理由から、なかなか引き取り手は少なくなってしまいます。 生後半年ともなると、わんちゃんも、猫ちゃんも、 ペットショップで売れ残りになってしまうことがよくあります。 そんな誰も貰い手のなかったわんちゃんや、猫ちゃんたちは、いったいどうなるのでしょうか。 生後まもない赤ん坊のような子犬や子猫は、もちろんかわいい。 けれども、もう、ペットショップのケースは狭すぎるような、大きくなってしまった子犬や子猫を引き取って、育ててあげるのも、大切なことかもしれません。 そこで今日は、そんな ペットショップで、売れ残りになってしまった犬猫ちゃんを飼うメリットについてお伝えします。 悲惨な運命から救える可能性があります。 やはり、人気なのは、月齢の低い子達。 ですから、犬でも猫でも、生後半年ともなると、ほぼ、 貰い手はなくなります。 ペットショップの売れ残りとなってしまった子達は、運がよければ、店員さんなどに引き取ってもらえるか、里親さんを探してもらえるか。 けれども多くは、保健所で殺処分。 あるいは、悪質なブリーダーなどに引き取られ、繁殖機械のように扱われ、掃除もしてもらえないゲージの中で、ひたすら赤ん坊を産み続ける…という 生き地獄のような暮らしを送る羽目に陥ってしまう場合もあります。 大切に慈しんで育てたら、楽しく生きることができるかもしれなかった犬や、猫たち。 まだあどけない子犬や子猫を、人間の都合で、ペットショップのガラスケースの中に押し込め、あげくのはてに殺すか、繁殖機械にするかなんて、 あまりにも残酷すぎる仕打ちではないでしょうか。 生後半年を過ぎた子を引き取ったら、そんな悲しい運命から、救ってあげることができるかもしれません。 子犬や子猫の時期が、しつけに一番大切な時期だと言われています。 月齢が低いうちに、社会化させて、人間や他の犬や外の世界のさまざまなものに慣らしておいた方がいいということも本当です。 だから、月齢の低い子を飼いたくなるかもしれませんが、 生後半年を過ぎた子だって、あなたのとてもよいパートナーになる可能性は、十分にあります。 ペットショップにいったら、どうしても、月齢の低いあどけない子犬や子猫を、注目してしまいがちですが、 ペットショップの売れ残りの大きな子達のことも、注目してあげてください。 値段はお安くなります やはり、月齢の低い人気のある子たちの方が、高い値段がつけられます。 売れなければ売れないほど、値段は どんどん安くなりますから、 お買い得ともいえるでしょう。 その上、生後半年過ぎていたって、やっぱり、子犬も子猫もかわいらしいですから、 ペットショップの売れ残りの子たちを、買い取る価値は十分にあります。 生後半年過ぎの子でも、おりこうな子はたくさんいます 生後半年過ぎても、ペットショップにいた子なんて、社会化が全然できていなくて、しつけに苦労するかもしれないというイメージが強いかもしれません。 先程も書いたように、 犬でも、猫でも、しつけを開始する時期が、早ければ早いほど、飲みこみもスムーズにいくということは事実。 子犬や子猫の頃に覚えたことは、一生ずっと覚えていますから、子犬や子猫の間に、たくさんのことを覚え込ませた方が、後々、穏やかにくらせます。 だからといって、生後半年過ぎるまで、ずっとペットショップにいた大きな子が、問題行動を起こすような子ばかりかというと、そうでもありません。 実際、生後半年過ぎるまで、ペットショップにいた柴犬の男の子がいますけれども、特に大きな問題はなく、 他の犬や人ともトラブルを起こすこともなく、穏やかに暮らしています。 大きくなりすぎてしまった子だから、しつけが大変だと一概にはいえません。 ペットショップの売れ残りの大きな子たちだって、おりこうな子はたくさんいます。 いかがでしょう。 ペットショップをのぞいたら、犬や猫の赤ん坊がズラリと並んでいて、やはり可愛いですよね。 でも、一方で、裏側には とても残酷で、悲しい面があるのもまた事実。 可愛くて、健康的な子たちは、どんどん売れていきます。 けれども、病気が見つかったり、大きくなりすぎてしまった子たちには、ペットショップで売れ残りになってしまい、楽しい未来は待っていません。 悲惨な運命が、待ち構えているのです。 病気だから、大きすぎるからという理由は、犬や猫たちのせいではありません。 それなのに、残酷な扱いを受けなければならないなんて、あまりにも悲痛すぎるのではないでしょうか。 そんな今の日本をいきなり変える事はできませんけれども、もしも、ペットショップで、犬や猫を飼おうかなと思っている方は 、ペットショップの売れ残りの犬や猫の事を、気にしてみて下さい。 その子たちが、 あなたのかけがえのないパートナーになってくれるかもしれません。 まとめ ペットショップの売れ残りの子たちを引き取るメリットとは ・売れ残った子たちがたどる悲惨な運命から救い出すことができる ・売れ残った子たちは、値段がお安い ・売れ残った子でも、おりこうさんは多い.

次の